こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

4つ塩基の構図を?覚えなさいと言われ

はじめまして、授業の中で
4つの塩基の構図(何ていうのでしょうか)
HとかNH2とかの形と位置…を来週まで
覚えるようにと言われましたが…
違いは分かっても(プリンとピリミジン)
正確な形まではすっと入らない。

何コツの様なもの、もしくは
何を見ると覚えやすいのか(注目点)
語呂合わせ、などございましたら
よろしくお願い致しますTT

周期表見ないな覚え方の様なものが^^;

投稿日時 - 2004-10-05 19:47:30

QNo.1029935

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

簡単に、テキストだけ、載せておきます。

-------------------------------------------------
まず、4つの塩基はA(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)のことです。
そして、塩基は2つに分けられます。

 塩基
*プリン---A(アデニン)
---G(グアニン)

*ピリミジン---C(シトシン)
---T(チミン)
      <---U(ウラシル)>

です。ウラシルについては4つということなのでおいておきます・・・。
1位、2位というのも分かりにくいと思うので、HPも参考にしてください。

まず、大まかな感じを覚えてください。

次に細かい構造式を覚えるときには、
☆C(炭素)----4本
☆N(窒素)----3本
☆O(酸素)----2本
☆H(水素)----1本
と、それぞれの元素から出ている手の数(棒の本数)は、決まっているので
これを覚えておけば、迷っても考えれば分かりますよ・・・。
もしよければ、詳しい図などは下記HPにのせたので参照してください。

(1) まず、プリンとピリミジンの構造を覚えます。

ピリミジンから覚えてください。

)ピリミジンは6つの元素の環状構造になっています。(6員環:6いんかん といいます)
  環状構造とは丸くわっかになっていると思ってください。
  そのうち、1番(1位)の部分と3番(3位)のところが
  炭素(C)ではなくて窒素(N)であることに注意してください。あと、Nでない4つはすべてCです。
  そしてその先につくものはすべて、H(水素)だけです。

  このとき、環状構造の一番左側だけが2重結合になって
  います。

)プリンはピリミジンの左側に5つの元素の環状構造が
  くっつきます。(5員環です)

  このうち、7位と9位が(つまり上と下)がNです。
  残りの1つ、一番左は、Cです。
  これでは、後の二つの残りは??と思われるかもしれませんが、2つはピリミジンの部分
  との結合に使われます。


(2) ピリミジンとプリンが覚えられたら、ピリミジンに分類されているC(シトシン)とT(チミン)
  です。

) C(シトシン)

   基本のピリミジンの4位に-H(水素)に代わって-NH2、
 2位に-H(水素)に代わって=O(酸素)がつきます。

) T(チミン)

   シトシンの-NH2の部分が=O(酸素)に、そして、5位の部分に-H(水素)に代わって
   -CH3がつきます。

(3) 次にプリンです。プリンはA(アデニン)とG(グアニン)です。

) A(アデニン)

   アデニンはプリンの6位に-H(水素)に代わってがつきます。-NH2がつきます。

) G(グアニン)

   グアニンはプリンの2位に-H(水素)に代わってがつきます。-NH2がつきます。
   また、6位に-H(水素)に代わって=O(酸素)がつきます。

説明文としてはこれくらいしかかけないので、詳しい図を載せて、HPにアップしておきます。

下のURLのところの基礎医学をクリックしてください。そして、小さな図があると思うので
クリックしてください。拡大図がでます。
その横にテキスト、.txtというのがあると思うのでクリックしてもらえれば
この文が出てくるようにしておきますので、もしお役に立てるようでしたらプリンターで出力するなり
してください。

また分からなければ、どうぞ☆

From kosumosudouri 2004/10/06 14:55:29

投稿日時 - 2004-10-06 15:00:19

 はじめまして。ご希望に沿うようなお答えはできないかもしれませんが、1週間あるとのことなので、以下のことに注目して少しずつ覚えてはいかがかなぁ?と思います。

 まず、4つの塩基はA(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)のことです。そして、塩基は2つに分けられます。

 塩基
*プリン---A(アデニン)
---G(グアニン)

*ピリミジン---C(シトシン)
---T(チミン)
     <---U(ウラシル)>

です。

まず、プリンとピリミジンの構造を覚えます。

ピリミジンから覚えてください。
ピリミジンは6つの元素の環状構造になっています。
そのうち、1番(1位)の部分と3番(3位)のところが
炭素(C)ではなくて窒素(N)であることに注意してください。あと、Nでない4つはすべてCです。そしてその先につくものはすべて、H(水素)だけです。
このとき、環状構造の一番左側だけが2重結合になって
います。

プリンはピリミジンの左側に5つの元素の環状構造が
くっつきます。

このうち、7位と9位が(つまり上と下)がNです。
残りの1つ、一番左は、Cです。
これでは、後の二つの残りは??と思われるかもしれませんが、2つはピリミジンの部分との結合に使われます。


中途半端でごめんなさいね。

kosumosudouri



  

投稿日時 - 2004-10-06 08:01:20

ANo.1

4つの塩基は
A(アデニン)
T(チミン)
C(シトシン)
G(グアニン)
だと思います。
AはTと、CはGと相補的(上手く互いに結合する)な関係にあります。

これについては語呂合わせなど聞いたことないです。
AとG・CとTはある程度似ていますね。
あとは、全体の六員環の2つのNの場所は一緒なので、
そこを起点としてどう違うのかを、何度も書いて覚えるのが良いと思います。

あとは下のHPを参考にして下さい。

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/NAs.htm

投稿日時 - 2004-10-05 23:12:36

お礼

形をじーと見ると確かに似てますね…これを覚えろ!といわれパニックになってしまい^^;参考させていただきます、有難うございました。

投稿日時 - 2004-10-08 22:09:15