こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

固定資産の減価償却について

こんにちは

実は減価償却の仕方について困っています。
耐用年数が過ぎて償却済みの建物の玄関扉や窓サッシを取替工事した場合、耐用年数はあくまでも建物で見て償却済みとするのですか?それとも玄関扉や窓サッシごとで見るのですか?

投稿日時 - 2001-10-26 16:53:30

QNo.157898

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

建物本体は償却済みでも、玄関扉や窓サッシを取替工事した場合は、別途、固定資産として計上して、減価償却を行ないます。

具体的には、建物附属設備の、前掲のもの以外のもの及び前掲の区分によらないものとして
主として金属製のもの → 18年
その他のもの → 10年
を、適用します。

投稿日時 - 2001-10-26 19:25:11

お礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-11-01 17:34:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

#1 の方の仰るとおりですが、
減価償却を行います。

玄関、窓サッシという単位ではなく、
玄関の取替え、窓サッシの取替え という単位で
償却することになります。

投稿日時 - 2001-10-26 17:55:12

お礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-11-01 17:36:50

ANo.1

建物が償却済みだから、新しい設備も償却済みとすることは、有りえません。
 個別に見ます、耐用年数は、国税庁や税務署で聞けばわかります。

投稿日時 - 2001-10-26 16:59:41

お礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-11-01 17:38:08

あなたにオススメの質問