こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ウレタン塗装とラッカ-塗装の違い

ウレタン塗装とラッカ-塗装の違いってなんなのでしょう。もちろん一液性二液性の違いはわかるんですが、どういうところで使い分けるのでしょうか。また塗膜の強度はどっちがすぐれているのでしょうか。耐光性とかもあるんですかねえ。大きめの作品なんかだとウレタン塗装で仕上げてあるのをよく目にしますので何か理由があるのだろうと思います。どなたか教えて下さい。お願いします。

投稿日時 - 2006-06-22 16:41:56

QNo.2231546

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

NO-3です。
最終仕上げとしての、艶、耐抗性を 求めるなら、ウレタンです。でも、紫外線による、退色の効果はありません。これは、その下のカラー塗料の問題です。
カラー塗料としても、退色は ラッカーより優れています。
注意事項として、
塗料メーカーは、下と上の塗料が 異なった時、一切責任を持ちません(ラッカーの上にウレタンなど、と、いう場合、それ以外、同じ名称(ラッカーにラッカー)でもメーカーが異なってもです)

さて、カラーをラッカー、最終仕上げ、ウレタンの時の最大の注意点ですが、ウレタンは、一気に全面を仕上げる必要が有ります(厚塗りの為(垂れを防ぐ為の10-5分の休憩は除く)。
1日おいて、2度ぶきなどは、原則出来ないと考えてください。1回目の塗装が、うまくいって、すべてにクリヤーが乗ったときは別ですが、このときは、2回目を吹く理由はないでしょう。
問題は、拭き残しがあったときです。化け学的な正確な理由ではありませんが、一番考えやすい理由付けですが。

2回目のウレタンで、1回目のウレタンの隙間から(拭きのこしがある)シンナーがラッカーに到達。ラッカーがシンナーを吸って、膨張、でも、上のウレタンは、もう、シンナーで反応しませんから、伸びない。上下で、膨張に斑が起きて、塗装面がちじれる、しわがよる。が、発生します。(綺麗にウレタンでカバーされていれば、別)
同じことが、修理の時に 起きます。上のクリヤーウレタン、一部剥ぎ取る。色ラッカーで、修理。すると、禿げていない、ウレタンの下、ウレタンの際に ちじみがでます。

これが、仕上げのみ、ウレタンを使う時の最大の問題点です。

カラーからウレタンの時はまったく問題はありません。
ウレタンの難点は、乾燥が遅い。これだけです。
埃のつかない、乾かす場所があるなら、すべて、ウレタンをお勧めします。
下地は、ウレタンのプライマーがいいでしょう(FRPですから)

投稿日時 - 2006-06-24 13:51:06

お礼

すごく分かりやすく説明していただき有難うございました。ラッカーの上にウレタンでクリアをと思っていたのでまさに聞きたかった事でした。
慎重にやらねばと身がひきしまりました。

投稿日時 - 2006-06-24 15:42:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

68人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

>大きめの作品なんかだと

が 何を指すのか、教えていただくと、もっと的確な回答が、寄せられるかも。

No-1の方はプラモデル、No-2の方は ラジコンですね。

投稿日時 - 2006-06-23 15:41:50

補足

FRP製の等身大のキャラクターです。展示用なのですがア-ト作品としての耐久性もほしいと思って質問しました。

投稿日時 - 2006-06-24 09:31:04

ANo.2

こちらの重ね塗り適合表をクリックしてください。
ウレタンは艶、仕上がり、耐久性に優れますがやや重くなる傾向があります。ラッカーは手軽で色も豊富ですがラジコンエンジン用ですと耐グロー性の関係でラッカーのみでは不十分で最低ウレタンクリヤーの上塗りが必要です。パワーに余裕がない場合はラッカー、余裕がある場合はウレタンがよいかもしれません。

参考URL:http://www.toho-kaken.co.jp/rc/index.htm

投稿日時 - 2006-06-23 12:34:07

お礼

参考URLも大変勉強になりました。ウレタン塗料を試そうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2006-06-24 09:30:30

ANo.1

ウレタン塗装の一番のメリットは塗膜の強さです。カーモデルなどのように、艶を出してピカピカに仕上げたい場合など、ウレタンのクリアを吹いて、研ぎ出しを行ないます。更にコンパウンドやワックスで研磨します。ですので、ある程度、塗膜の強度が求められます。

ラッカークリアでも研ぎ出しは出来ますが、ウレタンに比べて塗膜が弱く、何度も重ね塗りをしないと、艶が出ません。

デカールの段差を消したい場合にも、ラッカークリアを何度も重ね塗りするより、ウレタンクリアを吹いた方が手間が省けます。

ウレタンの欠点は、塗料の値段が割高、地方では入手が難しい、取り扱いが若干面倒な点でしょうか?

投稿日時 - 2006-06-22 19:48:01

お礼

早速の御回答ありがとうございます。なるほどそうですか。勉強になりました。

投稿日時 - 2006-06-24 09:26:14