こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

あなたの糧(ため)になった本、教えてください。

ここのカテゴリーを見ていらっしゃる方々は恐らく数多くの本を読んできたのだと思います。
その数多く(もちろんそうでなくとも)の本の中で、教養や思考などであなたに大きな影響を与えた本を教えてください。

簡単に言うと、タイトル通りです。
あなたが読んでいてためになったという本を教えてください。
(できれば漫画以外でお願いします。)

投稿日時 - 2007-10-17 18:04:58

QNo.3437533

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その人の求める傾向というものがありますので
質問者さんが過去に影響を受けられた作品や作家を
何点か併記されているとアドバイスしやすいかもですね。
ここに挙げさせて頂いたのはあくまでも一部の代表作で
これらの方々の作品全般に於いて読むに値するものとお薦めします。

アーサー・ミラー「みんなわが子」「るつぼ」「価値」
真継伸彦「鮫」「無明」
遠藤周作「沈黙」「深い河」
バーナード・マラマッド「魔法の樽」「アシスタント」「修理屋」
重松清「失踪」「その日の前に」他

投稿日時 - 2007-10-20 16:46:26

お礼

ありがとうございます。
私は回答者さんの影響の受けた本が知りたかったので特に求める傾向はないのです。
それに私は実用書の類しか読まないので、
それ以外のジャンルではどんなのが面白いのか知りたかったというのもあります。
ですが具体例を挙げた方が良かったかもしれませんね。
musashi024さんは回答からしてそれぞれのニーズに合わせて図書を紹介できるようですね。すごいです。
相当な本を読んできたのだと思います。
musashi024さんの挙げた本はチェックして書店で探してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-20 20:27:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

藤原新也さんのエッセイで「何も願わずに手を合わせる」
「名もない花」「インド放浪記」
小説では
山田詠美の「アニマルロジック」
その他いろいろあるけど今瞬間的に思いついた作品です       

投稿日時 - 2007-11-09 22:28:44

ANo.8

No.7誤記です。重松清は「疾走」でしたm()m

投稿日時 - 2007-10-21 00:14:30

宮本輝「道頓堀川」「蛍川」
司馬遼太郎「竜馬がゆく」
代ゼミで昔活躍した田村秀行先生の参考書
駿台で活躍した伊藤和夫先生の「ビジュアル英文解釈」
岸田秀「嫉妬の時代」「ぐうたら精神分析」
長谷部恭男「憲法と平和を問いなおす」
法律系の伊藤真先生の本、参考書
夏目漱石「こころ」「私の個人主義」
カウンセラー増井武士さんの本「迷う心の整理学」など
小野善康「景気と経済政策」
木下清一郎「心の起源」
江原啓之「いのちが危ない!」
飯田史彦「生きがいの創造・決定版」「ツインソウル」
まだまだありますが、思いつくまま書くとこうなります。

投稿日時 - 2007-10-18 19:36:07

お礼

江原さん・・・
ありがとうございました。
思いつくままでここまで挙げられるのはすごいです。

投稿日時 - 2007-10-19 18:10:36

ANo.5

小説では、
宮部みゆきの現代ミステリもの
東野圭吾のほぼ全作品(特に『白夜行』(集英社文庫))
古川日出男『アラビアの夜の種族』1~3(角川文庫)などなど。

小説以外では(マイナーなのを含みますが)、
飯塚訓『墜落遺体』(講談社プラスアルファ文庫)
吉野源三郎『君たちはどう生きるか』(岩波文庫)
藤原正彦『若き数学者のアメリカ』(新潮文庫)
ドリアン・T・助川『食べる 七通の手紙』(文春文庫)
江井英雄『自由民権に輝いた青春』(草の根出版会)
斉藤兆史『英語達人列伝』(中公新書)などなど。

投稿日時 - 2007-10-18 16:30:20

お礼

どんな内容なのでしょうか。
書店に行ったら探してみようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-19 18:05:50

ANo.4

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(文春文庫)
ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」(早川書房)
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」(新潮文庫)

いろいろと影響を受けた作品です。

投稿日時 - 2007-10-18 13:29:05

お礼

面白そうなタイトルですね。
読んでみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-19 18:03:48

ANo.3

ヴィクトール・E・フランクルの「それでも人生にイエスと言う」

人間について考えさせられる数々のエピソード、「自分が人生に問いかけるのではなく、人生が自分に問いかけている」という言葉は、まさしく発想の大きな転換になりました。

投稿日時 - 2007-10-18 13:19:35

お礼

高尚なテーマですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-19 18:03:07

ANo.2

私例ですが、ライ麦畑以外のサリンジャーの作品。

投稿日時 - 2007-10-18 03:11:38

お礼

サリンジャーといえば、ライ麦畑ですが。
それ以外ということは、サリンジャー=ライ麦畑~というのは間違いということでしょうか。
ありがとうございます。読んでみます。

投稿日時 - 2007-10-19 18:02:09

ANo.1

恋愛系→大切にされる女になれる本:男女の考え方の違いが分かり、あぁなるほど!と思い、勉強になりました。
癒され系→リラックマ生活:疲れたときや元気がない時に見ると癒されます。

遺伝子が解く!女の唇のひみつ:竹内久美子→遺伝子の観点から日々の生活の中での疑問をQ&A方式に、エッセイのように書いています。読みやすいし面白いし、生活の中で役に立ちます^^

古今和歌集:時代は違えど考え方や感じ方は一緒なのかぁと、感慨深くなります。

投稿日時 - 2007-10-17 18:25:37

お礼

私は男性ですが、大切にされる女になれる本、読んでみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-10-19 18:00:55

あなたにオススメの質問