こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

看護婦はなぜ患者にタメ口の人が多いのですか?

 以前からずっと思ってたことです。
 看護婦さんで患者に対してタメ口で話す人って多くないですか?私は聞いててものすごく抵抗があるんです。(もちろん、全ての看護婦さんがそうだということではないので。)
 私は入院したことがないので自分の経験というよりはお見舞いに行った先での体験ということになりますが。
 病院側にしたら患者さんてお客さんですよね?その患者たちあってこそ病院の経営が成り立つのではないですか?それとも病院と普通のサービス業(?)を一緒に考えたらダメなんでしょうか。
 私は自分に対してのことは割り切って考えることにしたとして、もし自分の両親が年老いて病院の世話になることになったとして、見舞いに行ったときに若い看護婦にタメ口で話されてたら我慢できないです。言うと思います。
 タメ口であることがそれだけ看護婦や先生と患者が打ち解けているという証拠であるなどの意見もあるかと思います。
 反論、同感だという意見、看護婦さんたちの意識など多くの話が聞きたいです。

投稿日時 - 2002-09-19 00:39:01

QNo.361622

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

批判的な意見が多いようですね。違う視点で一点だけ。

私も知人のお見舞いに行った際に看護婦さんの言葉遣いに驚いたので看護婦である知人に聞いたところ、
「患者との距離感をなくすのと同時に患者になめられないように(言葉が悪くてごめんなさい)するために
あえてそういう言葉遣いにするようにと指導を受けた」と言っていました。
看護婦は患者の世話をするのが仕事ですが、その線引きを勘違いして必要以上の世話を求めてきたり、
「なんでもやって当たり前」という態度だったり、好意と勘違いしてしまったりする患者も世の中にはけっこういるそうです。
医療行為として必要な世話をするのを仕事とし、ある程度毅然とした態度で患者に接するために
あえてそのような言葉遣いや態度をしているそうです。

もちろん病院によって方針もあるのでいろいろなケースがあると思いますがこのような考え方もあるそうです。

投稿日時 - 2002-09-20 14:20:40

お礼

 rubyredさん、回答ありがとうございます。
 まさに実際現場で働いておられる看護師の方のお話を伺うことができてとても参考になります。

 >あえてそういう言葉遣いにするようにと指導を受けた
 この部分はかなり私にとっては衝撃的です。
 #12のmiyosinoさんの
 >まわりから言葉遣いについて指導をうけないのか?
 という疑問を投げかけた場合、その答えが返ってくるってことですよね。(おっしゃるとおりもちろん病院の方針によるでしょうが)びっくりです。

 でも、でもですよ、「言うことを聞かない患者」に対する対策のひとつとして「タメ口」という手段が出てくることが私には納得できません。なんか違うんじゃないの???って感じです。

 貴重なお話、大変ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-20 19:40:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(24)

ANo.24

#14 #18 のCityyです。

>ただ、こう言われてしまうと意見の交換というもの自体を否定されているようでとても悲しいです。

私も同様の悲しみを感じてしまいました。
世の中には、人によって受け止め方が違うことが多々あると思います。その時、自分の受け止め方が少数派であるのか多数派であるのか、また受け止め方の違いが生じる背景などを知りたいと思うことは自然な思いであって、そんな理由で広く意見を求めることは、それなりに意義のあることだと思っています。
様々な意見に接して、場合によっては自分の受け止め方が見直される場合もあるでしょうし、逆に一層強まることもあるでしょう。自分の受け止め方が変わらなかったとしても、逆の受け止め方が発生する背景のようなものを知ることができる場合もあり、どういう結論に終わったとしても、意見交換から得るものは計り知れないものがあると思います。
また、今回rakkuさんの発したような質問形態は、このサイトではとくに異質なものではなく、同様の形態の質問は多々あり、決して不適切な質問ではないと私は思っております。
「回答に対するお礼」に関しても、異例とも思えるくらいのご丁寧な内容で、また自分の受け止め方を強引に押し付けているようなふしも私には微塵も感じられません。
こういったケースでは得てして、感情的なきつい言葉のぶつけ合いに陥りやすいものですが、そのようなこともほとんどなく、質問者の対応としては模範的であるとさえ思えるくらいです。
また、問題視していることに対して「具体的に提案・行動する」前に、問題視していることについての他者の受け止め方について広く意見を求めることは、ある意味当然の行為のようにも思えます。

尚、本来のご質問内容からは大きく外れた回答であることをお許しください。

投稿日時 - 2002-09-23 09:07:15

補足

 ご意見頂いた皆様、大変ありがとうございました。多くの方のお話を伺うことができてとても意義のあるものになったと思っています。特に数回にわたって回答頂いた方には深くお礼申し上げます。

 結論を言いますと私の意見が変わることはありませんでした。むしろさらに強まりました。自信がつきました。

 また、それとは別に、入院経験のない私にとって病院の実情などを教えて頂けたことはとても良かったです。私が今後病院の世話になるようなことになった際には周りに迷惑をかけないという当たり前の常識を備えた行動をとりたいと思います。その上で毅然と意思表示をします。

 尚、ポイントについては今まで自分にとって認識外であった情報が含まれた回答という視点でつけさせていただきました。

 みなさま、ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-24 20:43:19

お礼

 Cityyさん、何度も回答頂き、ありがとうございます。

 今回のCityyさんのご回答、非常に嬉しく思いました。

 私自身、お礼の欄を書かせていただく際、
 -自分の意見に矛盾がないこと
 -自分とは反対の意見について、まずご意見頂いたことに敬意を表すること、それから各個人のお考えを尊重し、その上で自分の意見を述べること
という点に細心の注意を払って書かせて頂いてきたつもりです。それでも中にはいたらない点もあり、回答者の方を不快な気分にさせてしまったときもあったようです。

 ですが、今回この質問を投げかけたことによって、これほどまで多くの方に興味をお持ち頂けたことは予想外でしたし、おっしゃるとおり思いのほか得るものがたくさんありました。良かったと思っています。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-23 17:33:09

ANo.23

3回目です。すみません、少し気になりました。

結論出てますよね、rakkuさん。
>「『タメ口』が『抵抗を感じる』」のです。極論を言うとどんなに優しい雰囲気の人でも、どんなに親身になってくれる人でも、「タメ口」であれば「それ、やめて~」と感じるということです。

つまり単純にいって、rakkuさんは「タメ口は許せない」という結論が出てます。
何が言いたいかと申しますと、rakkuさんがそう思っている以上は、
それはそれで全然いいと思うのです。
そう思う事には異論は全くありません。その通りでいいと思います。

でも、回答する立場から申しますと、
そういう意見を持っている人からすれば、私のように経験上抵抗を持たなかった、
許容範囲であると思っている人間からすれば、ていのいい、格好の反対勢力として
扱われた気分がします。ピエロの気分でした。

現に#20のお礼に、タメ口で相談しにくいなんてそんな事がないとか言って、
暗に批判されてますね。直接私に言っていないのはわかります。でも、
私はそんな事あると思っている立場なんですよ。私も範疇に入っていると思います。
rakkuさんがそうであるように、私も自分が思っている事、感じている事は
簡単には変えられません。
だから、何回も言いましたが「人それぞれに受け止め方が違う」と言ってるのです。


> すみませんが私の思うところを正しくご理解下さい。
このお礼の部分もかなりの違和感を感じてしまいました。
普通に読めば、そんな事は微塵も書かれていないからです。
どこをどうとって、そのように解釈しろと?正直、戸惑いました。。。

感情を逆撫でさせてしまったかもしれません。
ただ、結局このような質問というのは、とどのつまり
「自分が心の中でそう思っていればいいだけの事」だと思います。

仮に病院でのタメ口を問題提起するのであれば、私でしたら、
「病院でのタメ口が不快に感じます。改善させたいと思いますので
しかるべき所に訴えたいと思うのですが、どこに相談すべきか、
もしくはどのような提案をすべきか教えて下さい」と、
文章下手ですが、こんな質問のしかたこそが
「教えてgoo」の適した使い方ではないでしょうか?

話を整理しますね。
受け止め方は人それぞれです。心の中で思っていればいいのです。
問題視するのであれば、具体的に提案し、行動すべきです。

投稿日時 - 2002-09-22 22:07:54

お礼

 kunkun-2さん、何度も回答頂き、ありがとうございます。

>つまり単純にいって、rakkuさんは「タメ口は許せない」という結論が出てます。
 そうですね。「今回質問したことによって私の考えが変わることはなかった」という結論が出たと思います。

>ていのいい、格好の反対勢力として扱われた気分がします。ピエロの気分でした。
 随分気を悪くされたようで申し訳ありません。そんなつもりはまったくなかったのですが現にそう思わせてしまったことについては謝ります。私が皆さんに対する回答の中で自分の意見を譲る部分がなかったことが原因でしょうか。ただ、こう言われてしまうと意見の交換というもの自体を否定されているようでとても悲しいです。

>> すみませんが私の思うところを正しくご理解下さい。
このお礼の部分もかなりの違和感を感じてしまいました。
普通に読めば、そんな事は微塵も書かれていないからです。
どこをどうとって、そのように解釈しろと?正直、戸惑いました。。。
 この部分について再度述べることでまたkunkun-2さんのお怒りに触れることを懸念しましたが、すっきりしないのもお互いイヤだと思うので覚悟の上で「言いなおし」をさせていただきます。
 #17のご回答の中で「『抵抗を感じるような(感じるほどの)タメ口言葉』で」、「rakkuさんが感じたように抵抗のあるタメ口で」という記述がありますよね。ここを読んで、kunkun-2さんは、私が「タメ口の中でもより感じの悪い印象を受けるものに対してイヤだ」と思ってらっしゃるのかと解釈したので、そうではなく、「『タメ口』自体がイヤなんですよ」ということがいいたかったのでそう書かせて頂いたのです。もし最初からこのとおりに認識頂いていたようであれば申し訳ありませんでした。

 >感情を逆撫でさせてしまったかもしれません。
 私は今回頂いた回答に対して感情的に「?」と感じたのは#10のご回答を読ませていただいたときだけです。(Eivisさん、申し訳ありません。。。)これに関してはお互いに認識にずれがあったのが原因だと思っています。ので、kunkun-2さんに対してもご回答に対し真摯な気持でお礼の内容を書かせて頂いてきたつもりです。いや、つもりではなく、そうだと言い切れます。逆に私の説明不足から今回は完全にkunkun-2さんの感情を逆なでしてしまったようですね。申し訳ありません。

 >「病院でのタメ口が不快に感じます。改善させたいと思いますので
しかるべき所に訴えたいと思うのですが、どこに相談すべきか、
もしくはどのような提案をすべきか教えて下さい」と、
 今回質問を投げかけて多くの方のご意見を伺うことができましたので、それを受けて自分が病院においてそういう態度で対応された場合、はっきり意思表示をしようと強く思いました。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-22 23:17:22

ANo.22

去年入院してきました。

看護婦さんにはよくしていただきました。
でも、言葉づかいには「?」って感じる時がありましたね。
その思いは退院するまでなくなりませんでした。

病院って所はこんなものなのかなって思ってましたけど。
もしかしたら、こんなふうに認めちゃう私達にも責任があるかもしれないですね。

タメ口のおかげで距離感が縮まったとは思えないですね。
今から思えば、縮め方が強引に思えて、逆効果だったかもしれないです。

本当にタメ口に、距離感縮めたり迅速って効果があるなら、
医師と看護婦の間でもタメ口にしたらいいと思うんですけどね。

余談ですけど、
ファーストフードは、「味」より「速さ」が売りだと思いますけど、
タメ口使われたら許せないですね(^^;

投稿日時 - 2002-09-22 16:31:38

ANo.21

去年入院してきました。

看護婦さんにはよくしていただきました。
でも、言葉づかいには「?」って感じる時がありましたね。
その思いは退院するまでなくなりませんでした。

病院って所はこんなものなのかなって思ってましたけど。
もしかしたら、こんなふうに認めちゃう私達にも責任があるかもしれないですね。

タメ口のおかげで距離感が縮まったとは思えないですね。
今から思えば、縮め方が強引に思えて、逆効果だったかもしれないです。

本当にタメ口に、距離感縮めたり迅速って効果があるなら、
医師と看護婦の間でもタメ口にしたらいいと思うんですけどね。

余談ですけど、
ファーストフードは、「味」より「速さ」が売りだと思いますけど、
タメ口使われたら許せないですね(^^;

投稿日時 - 2002-09-22 16:31:29

お礼

 wonderfulさん、回答ありがとうございます。

 >でも、言葉づかいには「?」って感じる時がありましたね。
その思いは退院するまでなくなりませんでした。
 やはり私と同様の意見をおもちの方はそもそも「礼儀とは」とか「病院と患者の関係とは」という部分でそういう疑問を抱いているわけですからおっしゃるとおり「その思いは退院するまでなくなりませんでした。」というのはごもっともだと思います。

 >病院って所はこんなものなのかなって思ってましたけど。
 病院というところに対して特別視せざるを得ないというなかばあきらめの気持を持ってしまうのも仕方のないことかもしれません。でも、その病院の方針や対応などで「ここはすばらしい病院だなあ」と思わせてもらえるような病院に出会えたときって単純にすごく嬉しいですよね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-22 17:16:08

ANo.20

こんにちは!
入院経験のある者です。

>極論を言うとどんなに優しい雰囲気の人でも、どんなに親身になってくれる人でも、
>「タメ口」であれば「それ、やめて~」と感じるということです。もちろん、
>その人がいい人であれば憤慨するというより「それがなかったらな~」という感じ方になると
>思いますが。

いやぁぁぁ、同感どうかん!!!
2度の入院経験があるんですけど、まさにこんなことを、しょっちゅう感じてましたよ (笑)
同室の人とそのことで不平を言い合ってましたから (笑)
タメ口使われると、ストレスがたまって、あれは絶対に健康によくないですよ (笑)
僕は百害あって一利なしだと思ってますね。
打ち解けやすくなるって人もいるかもしれないですけど、
反対に反感を持たれてかえって壁を作ってる人も多そうです。
しょせんは赤の他人で、友達でもなんでもない人達でしょ?
心底心から打ち解けるなんて無理なんだから、
通常の社会常識に基いた態度で接してほしいですよ。
(金を払っている者に対して常識的な丁寧な言葉を使うということ)
そりゃあ、院内の規則を平気で破るような者には、タメ口でもいいと思いますよ。
でも、そんなのは少数派ですよ。
それに、1分1秒をあらそうような、緊急オペの時まで丁寧語を使えなんて言わないですよ。
質問者さんだって当然そうですよね?
時間を持て余している時だってタメ口ですからね (笑)
タメ口と丁寧語から生じる時間的ロスが問題になってくるような場面は、
病院内だってよほどの稀な状況ですよ (笑)
飲食業の方がよほど、そういった時間的ロスが問題になる状況が多いんじゃないかな?
入院とかしちゃうと転院は非常に難しいですよね。
それを逆手にとって、客に逃げられないから、言葉遣いに気を配らないって感じなんでしょうね、きっと・・・
でも、最近は言葉遣いに注意を払う病院が増えているようですね。
やっと間違いに気づいたってことじゃないですか?
少しずつ競争社会の原理が入り込んできてるってことですかね・・・

以上、体験者の率直な思いでした。
ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2002-09-22 07:08:57

お礼

 utan00さん、こんにちは。回答ありがとうございます。入院経験をおもちということで、貴重なご意見をお聞かせ頂けることにとても感謝します。

 やはり入院経験のある方でも私と同様に感じる方はいらっしゃるんですね。

>同室の人とそのことで不平を言い合ってましたから (笑)
タメ口使われると、ストレスがたまって、あれは絶対に健康によくないですよ (笑)
 おっしゃるとおりだと思います。utan00さんのように他の人に愚痴をこぼすなどできる状況であった方ならまだいいですが、ご指摘の通りそれを溜め込んで余計なところで苦痛を感じる方もいらっしゃると思うんです。そしておっしゃられているように
>反対に反感を持たれてかえって壁を作ってる人
となってしまう状況も多々あるでしょう。

>それに、1分1秒をあらそうような、緊急オペの時まで丁寧語を使えなんて言わないですよ。
質問者さんだって当然そうですよね?
そうです。病院というのは生死にかかわることを処置する場であるというのは分かっています。しかしだからといって例えば検温などで検診にきた際などは少なくともそこまでの緊迫した状況ではないはずです。なぜそんなときまでもタメ口で話されなければならないのかと思うのです。

>でも、最近は言葉遣いに注意を払う病院が増えているようですね。
やっと間違いに気づいたってことじゃないですか?
少しずつ競争社会の原理が入り込んできてるってことですかね・・・
 そうですね。同感です。いいお医者さん、看護師のいらっしゃる病院ももちろんあります。そういう病院だと基本がしっかりしているんだなとこちらも安心して診ていただけます。何人かの方がおっしゃられていましたが丁寧語を使われるからといって相談しにくいなんてことはまったく思いません。むしろ逆です。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-22 10:24:36

ANo.19

再度の登場です。

>>大人であれば、
>タメ口=付き合いの深い人、未成年(特に高校生以下)に使う
>丁寧(敬)語=付き合いの浅い人に使う
>ではないでしょうか。
> 私はこれをそのまま患者に対しても用いて良いのかという事を言いたいのです。

用いるべきでしょう。ただし状況に応じて、だとは思います。
rakkuさんは入院経験がない、とおっしゃられていました。ここでタメ口がどうも・・・とrakkuさんと同調されている方も入院経験がない方と想像します(私もありませんが(^^;)。ここにある共通点は自分で本当に体験しているのは外来だけだ、という事です(お見舞いで感じたのは所詮看護師と入院患者のやりとりを横目で見た感想でしかないと思います)。私も外来に限れば、タメ口は失礼に当たると感じます。上記したようにお互いの距離縮める必要性があまりないと感じるからです。しかし、入院患者に対しては建前の少ないタメ口でお互いの思った事をハッキリ主張し合えるような仲になった方が良いと感じました。

長くなりますが、いい体験例があります。私は現在30歳になります。少し前までは言葉遣いに対してはたぶんrakkuさんよりも厳しい視点を持っていたと思います(タメ口は仲の良い人だけ。後は全て敬語。少々年下であっても敬語。)。少し前に姉の友達の関係で高校生の知り合いができました。初めからタメ口で話してきて、非常に不快でした。rakkuさんが看護師さんに感じた数十倍は不快だったでしょう(笑)。しかし、家が近い事もあって近所などで何度か出会う度に仲が良くなってきました。そして、最近になって思うのです。これだけこの高校生と仲が良くなったのはお互いがタメ口で遠慮もなく話し合っているのが一番の原因だったな、と。相手が敬語を使っていれば、こちらから大きく歩み寄らない限り、仲は良くならなかっただろうな、と感じます。
全てがそうとは限りませんが、丁寧語や敬語を使って話すという事はどこかで相手に遠慮を持って(へりくだって)いるわけですから、距離を簡単に縮めるのは難しくなると思います。しかし、タメ口というのはそれをする事ができやすい言葉だと。私はこの事実を感じた時から言葉遣いに関して若干考え方を変更しました。

>>看護師と患者がお互いに一歩引いたような関係を無くすため(一気に付き合いを深くしているような関係にするため)には言葉遣いをタメ口にするのが一番簡単にでき、もっとも効果のある行為なので
> 私はそうは思えません。むしろ私のように嫌悪感を持つ人も少なくないという事実から逆効果になっていることになりますよ。

嫌悪感を感じるのは初めだけです。というのも二度三度会う内にお互いの距離は勝手に縮まっていくからです。嫌悪感を感じ、嫌がって離れようとしても縮まっていくのです。ですから同じ人から発するタメ口に持っていた嫌悪感は何度も何度も会う内に確実に薄れてくるはずです。上に書いた私の体験も一つの例でしょう。

>>「こっちのベットに移ってね」
> 「こっちのベットに移ってくださいね」といえばいいのです。このふたつにそんなに時間的差がありますか?

屁理屈とは感じませんが、返し方は少々屁理屈のようなもので返させていただきますね。
「こっちのベットに移ってね」
「こっちのベットに移ってくださいね」
この二つ、どちらも言い方一つとは言え、どちらも嫌悪感を感じるようには思えません。嫌悪感を感じたとしても、このふたつにそんなに嫌悪感に差がありますか?
ハッキリ言ってその程度の差なんだと思います。だからどちらでも良い、そうは思えませんか?

前回、書こうかと思ってやめた他のサービス業との違いも書かせていただきます。Cityyさんが#18で書かれている混雑したレストランの話に沿いますが、レストランは迅速がとりえのサービス業ではないはずです。また、いかに混雑していようと言葉遣いで時間を端折って迅速に対応する事が何事かの向上になる事は少ないです。料理を早く出せる、という事はあったとしてもその料理が仕上がっていなければ、何の意味も持たない行動でしょう。そうです、レストランは味が一番のサービスなのです。その味を追求するところに「迅速」が必要でないケースが多く存在します。よって、言葉遣いを丁寧にする事は一番必要な味というサービスの質を落とさずに使用できるサービスだから、使うのだと思います。それに対し、病院は一番何が大事か、医療(医術)ですね。医療のほとんどは素早く正確な診断と迅速な対応が必要なわけです。医療を追求すればするほど「迅速」は必要なものになってきます。ましてや、生死を争うような場合はさらに必要になってきますよね。ですから、医療の質を落とす可能性のある言葉遣いの丁寧さを全てにおいて要求するのは難しいと感じます。rakkuさんが求めているほんのちょっとの心遣いが欠けてしまう事があったとしても状況によってはいた仕方ない事もあると思います。

また、こうも考える事はできないでしょうか。ラーメン屋が気に食わない、だったら隣のハンバーガー屋にしようか。ファミリーレストランは駄目、じゃ回転寿司なんかどう?このコンビニはサービスが悪いな、ではスーパーでお買い物しましょう・・・このように他のサービス業では何なく他のお店への乗り換えができます。しかし、病院ではここの内科は駄目だから小児科に行きましょう、外科はサービスが最悪だから、心療内科へ・・・なんて事はできないのです。そして外来する程度の病気や怪我であれば、乗り換えを考える余裕もありますが、手術を要する状態になったりとか、特別なケースを除いて入院する場合など、わざわざ色んなところへ乗り換えを考える事もできないと思います。そういう背景がある限り、他のサービス業と同じレベルで病院を扱うのは無理なんではないかと感じます。

後、最後にもう一つ。サービスを受ける時、お客側はマナーを守る、という事でサービスを受ける権利を与えられると考えます。例を示せば、他のお客さんに迷惑になるような行為をする人がいて、丁寧な言葉で諭されても言うことを聞かないのであれば、その人は追い出されてもレストランの人に不遜な扱いを受けても文句は言えないでしょう。それと同じように患者もしっかりとマナー(規則)を守る人であれば、サービス(丁寧な言葉)を受ける権利を与えられるのだと思います。rakkuさんがわがままの一つもこぼさない優良な患者でいられるのであれば、確実に丁寧な言葉遣いをされなければならないもかも知れません。

私はそう思いました。

投稿日時 - 2002-09-22 04:40:37

お礼

 yaasanさん、何度も回答頂き、ありがとうございます。有意義な意見の交換がはかれることにとても感謝いたします。

>rakkuさんは入院経験がない、とおっしゃられていました。
 ここに頂く回答の中で実際入院経験のある方から患者側のモラルの欠如の指摘など、今まで知らなかったことがあったので私自身、病院の実情に対して認識不足があることは事実ですし、正直今回痛感したぐらいです。でも「入院してみれば分かる」と言われてしまうとその経験がない以上何も返せなくなってしまいます。

yaasanさんの体験例について
私の友人にも年上の人にも平気でタメ口を使うコがいます。平気で、というと言葉が悪いですがおそらくそのことに対して悪意のようなものはなく、ほんとに「なんとも思ってない」ようです。そのこは誰とでも打ち解けやすくとても気さくないいコなんでそのキャラでカバーできてしまってるような気がします。また、私もyaasanさんと同じく年下のコにタメ口で話されることもあります。そのコとは今では随分打ち解けた間柄です。しかし、この二人の話方について「それは違うと思う」という思いが消えることはありませんよ。会った時から今まで思いの度合いも変わらないです。「タメ口で話してもらったから距離がはやく縮まったね」というようなことはまったく思っていません。そこはやはり違うと思うんです。それが「礼儀」というものであるというのが私の考えです。

>この二つ、どちらも言い方一つとは言え、どちらも嫌悪感を感じるようには思えません。嫌悪感を感じたとしても、このふたつにそんなに嫌悪感に差がありますか?
ハッキリ言ってその程度の差なんだと思います。だからどちらでも良い、そうは思えませんか?
 私は最初の方の言われ方にだけ嫌悪感を感じます。その程度の差なんて全然思えませんよ。ここには大きな差を感じます。このふたつの言葉は短く、内容で言えばまったく同じことですよね。でも敬語を使うか使わないかと言うことは、その背景にはその言葉を発する人の意識、相手への接し方に対する考えという部分で大きな違いがあるのです。私が言ってるのはそういう部分なんです。細かいと感じられるかもしれませんが突き詰めるとそういうことになってしまいます。

 レストランと医療の現場で求められる「迅速さ」というものの持つ意味の違いというのはおっしゃるとおりだと思いました。

 >そういう背景がある限り、他のサービス業と同じレベルで病院を扱うのは無理なんではないかと感じます。
 これは病院側の視点であり、患者側がその考えに合わさざるを得ないというのが実情なんだと思います。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-22 10:02:39

ANo.18

#14のCityyです。

新たに感じたことがありましたので、お邪魔させて頂きました。
あくまでも漠然と感じたことであって、私のものの感じ方が少々ずれている可能性もあり得るという前提で、述べさせてもらいたいと思います。
まず、同様の質問がありましたので、ご紹介します。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=281326

やはり賛否両論のようですが、rakkuさんの考えに近い方の方が多いようにも思えます。また、会社の同僚に意見を求めてみたのですが、看護婦のタメ口に不快感を感じたことがあるという者が多かったです。
病院ごとの方針の違いによる問題というご意見もあるようですが、私の経験で言わせてもらうのなら、同じ病院でもタメ口の人もいればそうでない人もいるといった具合に、必ずしも統一されたような状況ではなかったように思えます。
タメ口によって効率的な医療の実現(患者になめられない・打ち解けやすい雰囲気を作る)を求めているのであるなら、そういった方針の病院の看護婦は右をならえでタメ口になっていると思いますが、そんな病院も探せばあるのでしょうが、私はそのような病院を訪れたことはないです。
ちなみに私は主に東京の病院を利用しています。国公私立の大病院から個人のクリニックまでかなりいろいろな所を利用しています。同じ東京の病院でも、タメ口に不快感を感じられない方もいらっしゃるようなので、地域差による問題でもないような気がしてます。
また、医療の現場では迅速さが要求されるからタメ口もやむを得ないというご意見もあるようですが、例えば混雑したレストランで、いくら迅速さが要求されるからといって、「オーダーは?」「うんうん。他には?これだけでいいのね?」なんて物言いをされたなら、私は絶対に容認できません。

看護婦のタメ口は、個々の看護婦のモラル観に起因しているような気がしてなりません。もちろん、医療の効率を考えた上で意図的にタメ口を使って、実際にその効果をあげて、患者からも不快感を持たれないというケースもあるとは思います。
しかし、そういったことからではなく、「診てあげているこちらの方が偉い」という思いが、露骨なものでなくても、意識の深層に根付いているがゆえのタメ口の方が多いような気がしてなりません。
病院というところは医者に対する絶対的な権威主義が今尚揺ぎ無く存在していると思います。患者は頭を下げて医者に診察をして頂き、診察を終えたら頭を下げて去っていきます。また、とくに宣伝などしなくても、サービスの向上をはからなくても、客である患者はひっきりなしに自分達の元に訪れてくれます(もちろん、昨今はそれなりに状況の変化はあると思いますが)。
そんな構図に毎日接している看護婦達の脳裏に、知らず知らずの内に、「医者は偉い。患者は偉くない」という意識が醸成されていくのは、ある意味自然なことなのかもしれません。
そして、「患者に失礼がないように」という意識よりも「医者に無礼があってはならない」という思いの方が、いつの間にか優位にたってしまうのではないでしょうか。
医療界の露骨な権威主義を表す一つの例として、「院長先生」という呼び方があります。通常だったらとても考えられない、敬称の二つ重ねをなんのためらいもなく外部の人間に対して使ってきます。
また、昨今医療ミス発覚のニュースが頻繁に伝えられるようになっていますが、発覚される医療ミスは氷山の一角とも言われています。それは今尚、秘密主義・隠蔽主義がまかり通っているからのように思えます。
医療の現場というのは、通常の常識がまかり通らない異質な世界という様相を呈しやすい状況にあり、その一例として、看護婦のタメ口が考えられるような気がしています。

看護婦のタメ口にとくに不快感を感じることはないという人も多数いると思いますが、逆の思いの人が多数いることも事実だと思います。
そこで思うのは、看護婦が通常のサービス業従事者と同様の言葉遣いに統一されたとしたら(タメ口廃止)、果たして、不快感を感じる人が今と同じくらいいるのだろうかと、疑問に感じるところです。

前回も最後に明記させて頂きましたが、最大限の敬意を払ってやまない医療従事者の方が多数いらっしゃることは、私自身が身をしみて感じております。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=281326

投稿日時 - 2002-09-21 09:59:52

お礼

 Cityyさん、再度回答頂き、ありがとうございました。そして参考URL、拝見させていただきました。こちらでは私の同意見の方が多いようですね。そしてなにより看護師の方で私と同じ疑問を抱いている方がいらっしゃるということを知ってとても嬉しく思いました。

>医療の現場では迅速さが要求されるからタメ口もやむを得ないというご意見もあるようですが、例えば混雑したレストランで、いくら迅速さが要求されるからといって、「オーダーは?」「うんうん。他には?これだけでいいのね?」なんて物言いをされたなら、私は絶対に容認できません。
 私もCityyさんのこのご意見にまったく同感なんです。これに対して「別にいいと思う」という方っていらっしゃるんでしょうかねえ。結局やはりここでまた病院経営と一般のサービス業は・・・という議論に戻るんでしょうね。そもそも今回の私の質問内容って、結局「病院経営の位置付け」に対する認識の違いからさまざまな意見の違いが生じるような気がします。

>医療の現場というのは、通常の常識がまかり通らない異質な世界という様相を呈しやすい状況にあり、その一例として、看護婦のタメ口が考えられるような気がしています。
 そうですよね。だから強い違和感を覚えるんだと思います。

 みなさんから頂いた回答で最初の方肯定派が多かったので、そんなこと思ってるのは自分だけ???とは思いつつあったんですがやはり私の意見は変わらないです。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-21 20:30:05

ANo.17

#8のkunkun-2です。再登場させていただきますね(^^)

ここまでの回答と回答に対するrakkuさんのお礼を読んでて、
これはどうも、「住んでいる地域」と「利用している病院」によって
意見が分かれるように感じました。

なぜかといいますと、私は東京に住んでいるのですが、
私が利用する地域の幾つかの病院では、rakkuさんの言われるような
「抵抗を感じるような(感じるほどの)タメ口言葉」で話す看護婦さんがいるようには
ほとんど思いませんし、感じないのです。
だからこれは意外にも、住んでいる地域とお世話になっている病院によって
受け止め方が違うのでは思った次第です。

ですので、自分なりに全然足りませんが、少しだけ以下の事を調べました。

2~3年前のデータですが、全国に
病院は9266ヶ所、診療所は90556ヶ所もありました。

これだけあれば、ピンからキリまで色々な病院があるでしょう。

8年ほど前に旅先の兵庫県の病院にお世話になった時には、
なんて言葉使いがきついのだろう・・・と思った経験あります(^^;)

ちなみに看護婦さんの数ですが、これは調べ方が悪いのか、
どうしても判りませんでした。

ただわかった事は、日本の1つ当りの病院に勤務している看護婦の数は
欧米諸国と比較した場合、3分の1~4分の1しか人数がいないそうです。

なので、1人当りにかかる看護婦の負担は相当なものがあるそうです。
ちなみに私は看護婦さんを弁護、擁護してるつもりはありません(^^)

#8の時にも書きましたが、人それぞれに受け止め方は変りますし、
そして地域や病院によっても、当然受ける印象は変ると思います。

私も重篤な喘息を患って、長期間入院した事があります。
心細く、精神も気持ちも萎えててつらかった時に、先生や看護婦さんの
気さくで、くだけた感じで話かけられるのは自分にとっては
余計なプレッシャーを和らげ、気持ちを落ち着かせてくれるものでした。

ね、やっぱり人によって受け止め方は違うんですよ(^^)♪

ただ、ここまで言っても、先に説明した通り全国にあれだけ病院や診療所があれば、
当然、問題のある病院も絶対あります。ないはずはないでしょう。

そういう病院の中には間違いなくrakkuさんが感じたように抵抗のあるタメ口で
話しかける、悪い印象の病院もあると思います。

そういう時は、ちゃんと厳しく相手に伝えたほうがいいと、
私も思います!

長文失礼致しました

投稿日時 - 2002-09-21 01:51:01

お礼

 kunkun-2さん、再度回答頂き、ありがとうございます。
 そして実際のデータの調査、分析までしていただき、質問を投げかけた当人でありながらとても参考にさせていただきました。大変ありがとうございました。

>「抵抗を感じるような(感じるほどの)タメ口言葉」
 すみませんが私の思うところを正しくご理解下さい。私は「抵抗を感じるような(感じるほどの)タメ口言葉」が嫌なのではなく、「『タメ口』が『抵抗を感じる』」のです。極論を言うとどんなに優しい雰囲気の人でも、どんなに親身になってくれる人でも、「タメ口」であれば「それ、やめて~」と感じるということです。もちろん、その人がいい人であれば憤慨するというより「それがなかったらな~」という感じ方になると思いますが。「抵抗がある」というのはそういう意味です。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-21 20:16:37

ANo.16

興味深い話なので参加させてください。

rakkuさんの言われる
タメ口=年が同じ以下の人に使う
丁寧(敬)語=年上(目上の人)に使う
という感じで書かれている分け方が非常に理解に苦しみます。

大人であれば、
タメ口=付き合いの深い人、未成年(特に高校生以下)に使う
丁寧(敬)語=付き合いの浅い人に使う
ではないでしょうか。(初めからこういう風にお考えであれば、勘違い申し訳ありません)

その上において、看護師と患者という付き合いの浅い関係をそのままにして医療がスムーズに行われるのであれば、言葉遣いも丁寧(敬)語であったであろうと思われます。

しかし、他の方々が書かれている色々な入院中の例(規則を守らないのを叱る、話相手になる、親身になって励ます、その場の雰囲気をできるだけ明るくする、などなど)を前提に看護師と患者がお互いに一歩引いたような関係を無くすため(一気に付き合いを深くしているような関係にするため)には言葉遣いをタメ口にするのが一番簡単にでき、もっとも効果のある行為なので、タメ口になるのではないでしょうか。

こういう一面もあると思います。丁寧(敬)語で話すよりタメ口の方が早く言葉を伝える事ができます。ですから、基本的に何事においても迅速を最も要求される医療現場ではタメ口の方がより便利な言葉遣いとして、使われていると思われます。
「すみません、こちらのベットに移動していただけませんか」よりも
「ちょっと、こちらのベットに移動してもらえますか」よりも
「こっちのベットに移ってね」の方がよりストレートに、より迅速に伝わると感じます。

何にせよ、実体験した方の意見、特に

>元気なときには「私はあんたのツレか?」と思うような口調であっても
>何日もご飯が食べられなくて「どうなるんだろう・・・」と
>1人寂しく入院してる者にとって、明るくなれる瞬間はありがたいです

という意見がなぜタメ口であるのか、を最も表現している意見だと感じます。

投稿日時 - 2002-09-21 00:38:15

お礼

 yaasanさん、回答ありがとうございます。

 私の質問に対し、興味をお持ち頂き、貴重なご意見を頂いたことに深くお礼申し上げます。できるだけ多くの方のご意見を聞きたかったのでとても嬉しいです。

>大人であれば、
タメ口=付き合いの深い人、未成年(特に高校生以下)に使う
丁寧(敬)語=付き合いの浅い人に使う
ではないでしょうか。
 私はこれをそのまま患者に対しても用いて良いのかという事を言いたいのです。#12のmiki12さんのご回答に対するお礼の中でも述べました。(長年の付き合いがあるなどの特別な関係の相手に対してというのは除きます。)という部分がそれです。

>看護師と患者がお互いに一歩引いたような関係を無くすため(一気に付き合いを深くしているような関係にするため)には言葉遣いをタメ口にするのが一番簡単にでき、もっとも効果のある行為なので
 私はそうは思えません。むしろ私のように嫌悪感を持つ人も少なくないという事実から逆効果になっていることになりますよ。

 >「こっちのベットに移ってね」
 「こっちのベットに移ってくださいね」といえばいいのです。このふたつにそんなに時間的差がありますか?(私は決して屁理屈でかえそうと思ってるわけではありませんので気を悪くなされないことを願います。私の思いを正確にご理解頂きたいだけです。)

 確かに頂いた回答の中で「タメ口」の方がいいとおっしゃる方もいらっしゃるのでやはり受け取り方の違いですごく驚いています。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-21 20:04:45

ANo.14

>看護婦さんで患者に対してタメ口で話す人って多くないですか?私は聞いててものすごく抵抗があるんです。

私も同様のことを思っていました。
自分が診療を受けた時や身内の付き添いなどで病院を訪れた時などに、タメ口を使われて不快に感じたことがしばしばありました。
他の回答者の方が言われているような、
[緊張感を和らげるため・打ち解けて話しやすい状況を作るため]
なんて理由がある場合もあるでしょうが、私には、タメ口の中に横柄さが見え隠れてしていることの方が多かったように思えています。
横柄さということですと、当然、医師に対しても感じることが多々ありました。単に病状について質問しただけなのに、声を荒げて叱責に近い態度をとられたこともありました。
結局、医療というのは、殿様商売なんだと思います。多少は状況に変化があるかもしれないですが、需要と供給のバランスが他のサービス業に比べて著しく偏っていることから、「診てやってるんだ」という意識が芽生えやすい状況にあるような気がします。
また、「職業に貴賎なし」なんて言葉があること自体が貴賎の存在を認めていると思うのですが、医療という職に対して、「貴」の最たる部分に位置するという認識を持つ人が多いように思えます。そのことが、医療従事者の少々の横柄さを許容する雰囲気を作り出しているようにも思えます。
医療全体を覆っている秘密主義・隠蔽主義みたいなものも、結局は「横柄さ」の一つの現われと思えてなりません。

以上、私の漠然とした思いを述べさせてもらいましたが、「横柄さ」などとは無縁の医療従事者が多数いらっしゃることも事実だと思っています。

投稿日時 - 2002-09-20 13:05:04

お礼

 Cityyさん、回答ありがとうございます。

 >結局、医療というのは、殿様商売なんだと思います。
 同感です。これは看護師というより医者と接したときに感じますよね。もちろん人間的に立派な医者もたくさんいらっしゃると思いますが。

 確かに医者や看護師など、生半可な努力ではなれない、続けていけない職業です。その部分だけ考えても実際お医者さんに接すると「すごいんだな~」と思う気持が自然と出てくるのも事実です。でも、ボランティアでされてらっしゃるわけじゃないですよね?(一部の方を除いて)患者からお金を頂くわけでしょ?って思うんです。

 Cityyさんのご意見には、とても同感です。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-20 19:38:59

ANo.13

#10のEivisです。

「保健師助産師看護師法施行令」は《改題》平14政004・旧・保健婦助産婦看護婦法施行令により[看護婦→看護師]に決りました。


>文中のどこに悪意がこもっていると思われるのか教えていただけませんでしょうか。

rakkuさんが『私は聞いててものすごく抵抗があるんです。』と言う事は判っています。


しかしながら『看護婦さんで患者に対してタメ口で話す人って多くないですか?』・・・看護師さん語は[タメ口]なのでしょうか?

ここ2、3年、毎年40日ほど入院しましたが看護師さん達の言葉遣いは、病が重いときほど共に頑張りましょう的な励ましの

感じで患者さんに接する傾向があると感じています。

したがって健常者から見れば、それが如何にもわざとらしくも見え反感を買うのかも知れません。

ましてご高齢でややボケている傾向のある人には、いつも子供に対するような話し振りになり、

それがご本人やご家族にとっては優しい言葉に感じる方もいる一方、不愉快に感じられるのかも知れません。。。


10数人の方が書かれている[タメ口]とはどういう感じなのか判りませんが、病院によっては無愛想な対応が多いとも聞きます。

以前お見舞いに行って驚いたのは国公立系の病院ではビシバシズムが徹底しているというか、カサカサな感じでそれも困りますね。


問題は、高齢者や患者に接する時に使う言葉自体が日本語として確立されていなくて、幼稚園語の延長上にあることだと思います。

投稿日時 - 2002-09-20 08:14:13

お礼

 Eivisさん、再度回答頂き、ありがとうございます。

 「看護師」ですね。知りませんでしたので勉強になりました。

 >看護師さん語は[タメ口]なのでしょうか?
 Eivisさんのおっしゃる「看護師さん語」というのがどういうものなのかわからないんですが。

 どうやら「タメ口」という言葉に対する認識に違いがあるようですね。ちなみに私は20代なんですが「タメ口」という言葉が最近よく耳にするようになったというより、気づいたらごく普通に使っていたという世代なんでしょうか。私の周りでは(これが一般的だと思うのですが)「タメ」というのは同級生(=同い年)という意味で使ってます。
 例えば友達にある人を紹介された時、その人が自分と同じ年だったとします。すると、「あ、タメなんだ~」といった感じです。ここには悪意も、乱暴さも、見下した意味もありません。ただ、「同い年」というそれだけです。
 だから、「タメ口」という言葉も「同い年の相手と話すときの口調」という意味です。なので同い年の人の間でタメ口で会話がされるのは普通ですが、その口調を目上の人に対して使うと失礼だということになりますよね。

 私が言いたいのはmiyosinoさんのご回答を引用させていただくと、「靴下脱いでねー」ではなく、「靴下脱いでくださいねー」と言ってほしいということです。

 ここに回答頂いた方も「タメ口」という言葉に対して私と同じ認識であると思われます。なぜなら「『タメ口』で話しかけてもらうほうがいい」という方がいらっしゃるからです。「タメ口」というのが悪意のある口調であると思っている方がそいういうことを望まれるとは思えないからです。

 ちなみに私も「タメ口」という言葉に対して興味がわいてきましたので少し調べてみました。よろしければ下記URLをご覧下さい。
 http://osaka.yomiuri.co.jp/mono/991101d.htm
 http://homepage2.nifty.com/osiete/seito308.htm

投稿日時 - 2002-09-20 19:30:41

ANo.12

私もrakkuさんと同感です!
私自身も通院で、あきらかに年下と思われる看護婦に
タメ口で話されてムッときました。
「靴下脱いでねー」という具合に。
その人は医者には丁寧に話すのにですよ!
別に親しみやすくも明るくもなかったです。

あと、祖母が入院したときに、幼児言葉で話しかける看護婦もいました。
祖母は痴呆ではなくて、単に白内障の手術をしただけです。
祖母はとてもしっかりしたお洒落な人ですので、
幼児言葉で話しかけられるのを見て、見舞いに行った私たちは屈辱感を覚えました。それに、その看護婦も別に親しみやすくも明るくもなんともなかったです。
もちろん、すべての看護婦や医者がそうではありませんでしたが、
幼児言葉でお年寄りに話しかける人って結構多いですね。
丁寧な言葉遣いで明るく親しみやすい人も大勢いますよ。

私が不思議なのは、まわりから言葉遣いについて指導をうけないのか?
ということです。
親しくなった患者さんに対してくだけた言葉遣いをしてしまうことは
あると思うのですが、最初は丁寧な言葉遣いをしてほしいです。
特に、お年寄りに対しては。

投稿日時 - 2002-09-19 10:42:59

お礼

 miyosinoさん、回答ありがとうございます。

 >私自身も通院で、あきらかに年下と思われる看護婦に
 これは正直かなり腹立ちますよね~。私なら少々ムッとしながら「え?」と聞き返すかもしれません。
 そうするとたいてい2回目は敬語になる傾向が強くないですか?(笑)

 だって、ふつう客(に値する)人に対してタメ口で話すなんて考えられないと思うんです。それが普通になってるのが不思議で仕方ないんです。

 >祖母はとてもしっかりしたお洒落な人ですので、幼児言葉で話しかけられるのを見て、見舞いに行った私たちは屈辱感を覚えました。
 このmiyosinoさんと同じ意見、以前新聞の投稿か何かで見かけて「そうそう!!」と思ったの覚えてます。
 自分はともかく自分の身内に対して(年齢が高ければ高いほど)というのは私も耐えられません。特に病院というのは当り前ですが体調に不具合があるときに行くところですよね。だからなおさらです。

 >私が不思議なのは、まわりから言葉遣いについて指導をうけないのか?ということです。
 まったく、まったく同感です。
 でもここに頂いてる回答を読ませて頂いてる限りでは自分の意見が少数派であるようでびっくりしてます。だから他の方はなんとも思ってないから、、、ってことなんでしょうか。

 私はいやですが。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:53:09

ANo.11

私もあの言葉づかいにはちょっと抵抗がありますね。
長期通院していて顔見知りならともかく、初めて行った病院でいきなりやられると、えっ…?って思っちゃいます。
病院という場所柄、明るく親しみをこめているというつもりなのかもしれませんが、丁寧な言葉づかいでも気持ちがこもっていれば事務的だとはとられないのではないでしょうか?
どちらにせよ、笑顔のすてきな優しい看護師さんだとほっとします。

投稿日時 - 2002-09-19 08:35:16

お礼

 h_anabiさん、回答ありがとうございます。

 私と同じ意見を持つかたでしょうか。どうやら小数派のようですね。(笑)

 >病院という場所柄、明るく親しみをこめているというつもりなのかもしれませんが、丁寧な言葉づかいでも気持ちがこもっていれば事務的だとはとられないのではないでしょうか?
 そうなんです。h_anabiさんと同じくこれが私の思うところなんですが・・・。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:50:42

ANo.10

タメ口?・・・たぶん[矯め口]と書くのでしょうか?

ここ10年か20年間にTV(ヴァラェティ系?)から蔓延った言葉かと思いますが、非常に耳障りな言葉ですね。。。


やや悪意をこめた、このような尖がった感じの言葉で書かれると、看護師さんが、いかにも悪者に聞こえますが。。。

(現在は看護婦とは呼びません)

投稿日時 - 2002-09-19 08:05:54

お礼

 Eivisさん、回答ありがとうございます。

 >やや悪意をこめた、このような尖がった感じの言葉で書かれると、看護師さんが、いかにも悪者に聞こえますが。。。
 私は「抵抗がある」と言っているんです。よく読んでください。文中のどこに悪意がこもっていると思われるのか教えていただけませんでしょうか。「タメ口」という言葉に対してよほど不快感を感じられるのでしょうか。というか、「回答」には「回答」に値する内容を書いていただきたいです。
 なぜこのようにゆがめて受け止められるのかが分からないのですが・・・。こういう風にとられるところを見るとEivisさんは医療関係の方でしょうか?違っていたら申し訳ありません。謝ります。もしそうであるならぜひ現場におられる方としての意見を聞かせていただけたらと思うのですが。

 私が抵抗があると思っている以上、実際に看護士の方からそういう印象を受けているという事実がありますよね。このことに対する看護士さん側の意見があれば聞きたかったのです。

 いろんな方から回答を頂いてタメ口の方がいいという方が多いようですが私のようにタメ口で話されることに嫌悪感をもつ人間もいます。もし私が入院してそういうスタンスで対応されたら私は精神的に苦痛を覚えることになります。そういう人間に対するケアは考えてもらえないんでしょうか。(これは病院側への意見です)

 ありがとうございました。

 ちなみに、「看護士」「看護師」どちらが正しいのでしょうか。「カンゴシ」と打って変換すると「看護士」の方が出てくるのですが。細かいことは私には分かりませんので。

投稿日時 - 2002-09-19 19:49:57

ANo.9

私が入院した病院の看護婦さんもタメ口が多いです
他の患者さんとの会話を耳にする限り
患者さんの年齢や性格?などで使い分けてるように感じました

入院患者は何らかの不安を抱えてます
Dr.に言えないことでも看護婦さんになら言えます
元気なときには「私はあんたのツレか?」と思うような口調であっても
何日もご飯が食べられなくて「どうなるんだろう・・・」と
1人寂しく入院してる者にとって、明るくなれる瞬間はありがたいです

親しく話すことのできる看護婦さんには
ちょっと痛いところがあったときにスグ言えます
聞いた看護婦さんは私のカルテに
「痛みがある」と書いてくれる筈です
「痛みがある」と書いてあれば主治医に伝わります
主治医に伝われば、そうすれば良いか?を考えてもらえます

(一線を引いたような)丁寧な口調看護婦さんには話しにくくて
「ちょっとくらい我慢しよう・・・」と思ったことだって何度もあります
ずっと我慢して、話しやすい看護婦さんが来たときに話すと
「どうして言わないの!」って怒りながら点滴してくれました・・・(^_^;)

患者が「明るく過ごすためのお手伝い」や
「痛いときに痛いと言える雰囲気を作る」のも看護婦さんの大切なお仕事だと思ってますし
どんな口調であれ「患者と看護婦」の関係が上手くいってるのであれば
家族がどう思っても関係ないと思います

投稿日時 - 2002-09-19 04:07:16

お礼

 hanakomailさん、回答ありがとうございます。

 >患者さんの年齢や性格?などで使い分けてるように感じました
 なんとなく分かるような気がします。私と同じように抵抗がある人もいるでしょうからその雰囲気を察したらその人にあった接し方をしようとされるんでしょうね。そういう方には気遣いを感じます。

 ここにいただいてる回答はほとんどが肯定的な意見ですね。
 でも・・・、どの患者にも敬語で接する人で親近感や安心感を与えてくれるような看護士さんの話が見られないですね。そういう方はいらっしゃらないんでしょうか・・・。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:48:20

ANo.8

うーん、こればっかりは、やっぱり人それぞれです。

ただし、私個人は病院はサービス業だと思えませんし、
患者=お客というのは申し訳ないですが、これもちょっと違う様に感じます。

サービス業は商売の面で考えれば、「いくら儲けてなんぼ」という側面が
ありますね。ですので、たくさん儲ける為には一生懸命丁寧な接客をして、
お客様に満足して頂いて、結果利益を得るのが本質だと思います。

でも病院は違いますよね、どう考えても。
私などはむしろタメ口で話しかけられた方が、色々な事が相談できますし、
それにほとんど大半の看護婦さんはタメ口とはいっても、
ある一定の礼儀をちゃんと持った上で話してると感じます(^^)

逆に丁寧過ぎる、杓子定規な話方をされると、なんだか固い感じがして馴染めません。

以上は私の場合の受け止め方になります。
どうです、やっぱり人によってこんなに受け止め方が違うでしょ(^^;)

ちなみに私があえて、抵抗がある言葉使いがあったとしたら、
・冷たく、突き放したような話し方をする人
・乱暴な言葉使いの人
・噂話のようにこそこそ話す人
以上いかがでしょうか?
もしこんな話し方をする看護婦さんがいたら、それこそ嫌ですね。

投稿日時 - 2002-09-19 03:07:32

お礼

 kunkun-2さん、回答ありがとうございます。

 >ただし、私個人は病院はサービス業だと思えませんし、患者=お客というのは申し訳ないですが、これもちょっと違う様に感じます。
 以前、ある病院で受付の仕事を募集していたときに面接にいった際、そこの医師にこんなことを言われました。
 「例えば飲食店にとって食べにこられる方はお客様です。病院にとっては患者様=お客様です。患者様あってこそ病院が成り立つのです。」と。
 私は「いい病院だな~」と思いましたよ。
 まったく同じに考えるべきかといわれたら私も分かりませんが、でもどこが違うのかも分かりません。

 >どうです、やっぱり人によってこんなに受け止め方が違うでしょ(^^;)
 ほんと、びっくりしてます。入院の経験がある人とない人でも変わってくるんでしょうね。

>ちなみに私があえて、抵抗がある言葉使いがあったとしたら、
・冷たく、突き放したような話し方をする人
・乱暴な言葉使いの人
・噂話のようにこそこそ話す人
 そうですよね。特に3番目のは・・・(笑)。場所が場所だけに不安でいっぱいになるでしょうね。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:45:31

ANo.7

私の祖母は 「くだけた感じの口調でしゃべる個人病院」と
「敬語で話す総合病院」の2箇所に入院したことがあります。
(今はもう遠い世界にいってしまいましたが)
個人的にはタメ口で話してくれる看護婦さんのほうが嬉しそうでしたよ。
自分の孫のように思えたかららしいです。
かけてくれる言葉にも優しさや愛情を感じたように思えます。
敬語で話す看護婦さんからはあくまで「これは仕事」というかんじの
割り切った冷たい印象を受けました。
そのせいかその動作や対応まで冷たく見え、不満に思いました。
たとえば寝たきりの老人の身体の向きをかえるときもぐいぐいと機械的に
動かされたように感じます。が、タメ口看護婦さんの病院は
「ばーちゃんだいじょぶー?痛くなかった?ごめんね」と声をかけて
くれました。

老人は声をかけてくれるのが嬉しいですから。親身になってくれれば
余計嬉しさも増したでしょう。
ちなみに私もタメ口看護婦さんのほうがいろいろと話しやすいです。

投稿日時 - 2002-09-19 01:39:36

お礼

 miki12さん、回答ありがとうございます。

 みなさんに頂いた回答を見てると「タメ口=親しげ」、「敬語=そっけない」と感じる方が多いようですね。敬語でも打ち解けた関係は築けると思うんですがなぜなんでしょう・・・。

 ちなみに私は20代なんですが、自分より年上の人にタメ口で話すということができません。絶対に失礼だという意識があるからです。(この場合、それが正しいだとか間違ってるだとか、状況によるだとかはおいといてください。あくまで感覚としてです。)

 みなさんは年上の方にタメ口で話せますか?(長年の付き合いがあるなどの特別な関係の相手に対してというのは除きます。)

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:43:31

ANo.6

自慢ではありませんが、わたしは、盲腸を含めて4回手術で入院をし、それ以外でも、内科や精神科などにも2回入院した経験があります。
今年の冬も胃潰瘍などが悪化して一ヶ月ほど入院しました。
これらの経験からしか、分かりませんが、病院の規律を守ることや管理が主となるのは仕方ないかなと思っています。ひとつは、看護師や看護助手の数が少なくて、素早く応対しないといけないこと。患者さんの中には、とくに長く入院している人は、かなり規則を破っているので、本人や家族の人にたいしても、叱りつける立場になりやすいことがあるとおもいます。
入院すると、世の中での資格や社会的地位とかも無関係になります。そういう意味で、尊敬の念をもって話しかけて欲しいという希望はもっともなことですが、どの患者さんにも対等に接する場合、あまり丁寧な言葉遣いができないのも事実だと思います。たとえば、病院食以外に、食べ物を買ってくる患者さんもいますし、夜にスナックに行くために外出する人もいます。
ただ、田舎の病院などに行くと、お見舞いの人や外来患者さんの出入りとかも少なく、のんびりした過ごしやすいところもあります。
なお、看護婦さんなどは、病院に雇われている人なので、経営的にどうかという視点は、あまりないと思います。

ようするに、慣れです。慣れてしまえば、ここがホテルでも老舗旅館でもないのが分かると思います。

投稿日時 - 2002-09-19 01:29:59

お礼

 jun95さん、回答ありがとうございます。
 数々の入院歴をお持ちのようで、今現在はもう大丈夫なんでしょうか?お大事になさって下さいね。

 何度も言いますが私は入院の経験がないので分からなかったんですが、ここに頂いてる回答を見ると患者で病院の規律を守らない、医者や看護士の言うことを聞かない人が結構いるんですね。知りませんでした。これはいけませんよね。自分の病状が悪化するだけでなく他の患者さんにまで悪影響を与えるようなことは絶対にしてはならないですよね。

 >入院すると、世の中での資格や社会的地位とかも無関係になります。そういう意味で、尊敬の念をもって話しかけて欲しいという希望はもっともなことですが、
 違います。そういう意味で尊敬の念をもって話しかけて欲しいと言ってるのではありません。私の説明不足であればすみません。患者も病院を選ぶことができますよね。(病状などによっては選ぶなどという場合ではない状況もありますが)そういう意味ではサービス業に相通じるものであると私は思っているのです。客に対してタメ口で話す店員がいますか?私が言いたいのはそういうことです。

 >慣れてしまえば、ここがホテルでも老舗旅館でもないのが分かると思います。
 別にホテルや飲食店に行ったときのようなサービスを求めてるわけじゃないんですよ。
 言葉遣いが気になるといってるんです。

 >なお、看護婦さんなどは、病院に雇われている人なので、
 それは世間一般のサービス業に従事していらっしゃる方も、経営者以外は皆その店なり、会社なりに雇われている人でしょ・・・?同じだと思うんですが。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:42:27

ANo.5

医療者ではありませんが...

確かに、rakkuさんが言われるように、言葉使いに疑問を感じる場面も多いことでしょう。
このことは人によって感じ方が異なると思います。
個人的には、事務的な口調よりも知り合いに接するような言葉使いを用いた方が仕事は円滑に進むと思います。
これは、看護師にとって都合がいいと言う意味ではなく、検査結果が安定したり、リハビリが上手く行くことを意味します。
実際に、白衣を見ただけで血圧が上昇する方が多いですから。


サービス業という点では、その通りだと思います。
病院によっては、「患者さん」ではなく、「患者様」と呼ぶところも増えてきています。
しかし、他のサービス業と完全に同じ観点で語ることは困難だと思います。
そこまで要求するならば、給料の是正などが必要になる気がします。

投稿日時 - 2002-09-19 01:23:26

お礼

 cerevisiaeさん、回答ありがとうございます。

 >実際に、白衣を見ただけで血圧が上昇する方が多いですから。
 おっしゃるとおり、そういう方にとってはそれで気持ちが落ち着いたりするのならその方がいいということになりますよね。一般論を言えば一人一人の患者に対してどうケアすればより早く回復に向かうかが一番重要ってことでしょうか。

 >そこまで要求するならば、給料の是正などが必要になる気がします。
 敬語で接して欲しいといってもものすごく敬った扱いをして欲しいといってるのではないです。丁寧語で(「ですます」口調です)話すのが礼儀だと思うというのが私の意見です。これって給料を上げないとかなえてもらえないような内容なんでしょうか・・・。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:39:49

ANo.4

こんばんわ。

ではでは、先の回答とは違う?路線で…

個人的に感じるのは、対等な口を利くことで「親身になっている」事を表現しているのだと思います。
ここでも、自殺志願などの質問が投稿されると、多少なりともそういう回答がつきますよね。

まあ、悪く言えば「親身になっているつもりでいる」もので、個人的には好きではありません。ですますで話して欲しいです…。

ではでは

投稿日時 - 2002-09-19 01:13:00

お礼

 kaname_sさん、こんばんは。回答ありがとうございます。

 タメ口の方がいいというかたが多いようでとても驚いてます。
 いろんな感じ方があるんですね。
 わたしもkaname_sさんと同じでやっぱり「ですます」で話すべきだという意見は変わらないです。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:38:31

ANo.3

少しは看護婦さんとお知り合いなので感想などを。

タメ口というか言葉が乱暴というか、そういう人って外科に多いような気がします。

で、なぜって質問したら、やさしくしてたら言うことを聞いてくれないとか。
たとえば歩けなかったりするわけですが、その他はいたって健康であり、ヒマを持て余してるのでわがままになりがちだとか。

逆に内科系統は、重症だと動けなくて精神的にも落ち込んでいるので、そのケアが大事なのでやさしくなるとか。
ただ、軽症の場合は自覚症状もあまりなく、自分では治ったと勘違いしてなかなか言うことを聞かないので、ついきびしくなるそうです。

どこまで本当かは知りませんが、そんな答えが返ってきた記憶があります。
そういえば以前外科に入院した時は、ちょっとのこと(だと思うのですが)で怒られてましたなあ。。。って、規則を破るほうが悪いのか(^^;;;;

投稿日時 - 2002-09-19 01:05:32

お礼

takatosenさん、回答ありがとうございます。
 病院内での事情がとてもよくわかるご回答ですね。

 言うことを聞かない患者さんを相手にするというのはとても大変なんだなと思いました。看護士(指摘がありましたので以後こう表現します)さんたちは、言うとおりにしてもらわないと病状が悪化するなど大変な事態にもなりかねないという心配を抱えているのに、それを理解しようとしない患者がいて迷惑をかけてることってあるんだなと思いました。私は前にも述べましたが入院の経験がないのでなんとなく実際の病院の雰囲気が分かってきたような気がします。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-09-19 19:34:24

ANo.2

看護婦の職業上の使命として、患者を暗くさせないことが大切です。病院内が少しでも明るくなるようにしているんですよ。この看護婦さんの努力がなかったり、励ましがなかったら、患者も寄り付かなくなるでしょう。

投稿日時 - 2002-09-19 00:57:34

お礼

 teo98さん、回答ありがとうございます。
 おっしゃってることは私も同感なんですが、明るくすることや励ますことは敬語で丁寧に接することでもできることではないんでしょうか。
 もちろん明るい雰囲気で和やかに患者と話をされてる看護婦さんもいらっしゃいます。
 でも、なかには結構事務的な感じでなおかつタメ口だと「え?」と思ってしまいませんか?(看護婦さんも忙しくて大変な職業だとは思うんですが)
 こんな風に思ってるの私だけなんでしょうか・・・。

投稿日時 - 2002-09-19 01:09:33

ANo.1

う~ん。感じ方はそれぞれでしょうが。。(-"-;)

僕が腰痛で通院している頃は
『看護婦さんが慣れ慣れしいいと、こちらも砕けて接する事が出来る』
と感じていました。

どうしても病院は緊張するので、ある程度砕けた対応をしてくれる方が、気楽で良かったです。

投稿日時 - 2002-09-19 00:45:16

お礼

 Neginebuさん、回答ありがとうございます。
 そういう受け止め方のかたもいらっしゃるんですね。
 価値観(?)の違いでしょうか。
 自分とは違う意見が聞けてとても参考になります。
 ありがとうございました。(^_^)

投稿日時 - 2002-09-19 01:01:27

あなたにオススメの質問