こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スーツケースは日本人だけ?

スーツケースを持って行くのは日本人だけというのを聞きましたが本当でしょうか?海外ではソフトキャリーバックが主流なので、スーツケースを持っていると日本人だと丸わかりで危険でもあるとか。

いままで海外旅行といえば、スーツケースしか頭になかったのですが、ソフトのほうが使い勝手、セキュリティー面(中の物が潰れたり、ナイフで切られたり)で問題なければソフトにしたいと考えています。

あと一点どうでもいいことかもしれないですが、おしゃれなのがありませんね。当方、男ですが気になります(笑)。

使われてる方、実情に詳し方ご意見を伺いたいです。

投稿日時 - 2009-03-05 23:42:59

QNo.4771904

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

旅行会社を経営しています。到着した空港の荷物が出てくる場所(税関の手前)やホテルで内外の方々のお荷物を見る経験も長いです。

ハードケースは日本人に多い、と言うのはまんざらデタラメでもないようです。しかし欧米人がハードケースを使わないか、というと決してそんなことはありません。私の印象では日本人が7-8割、欧米人で3-4割程の人がハードケースのユーザですね。

海外旅行がまだ高嶺の花だったときに、スーツケースも海外旅行の代名詞、つまり贅沢の象徴だった時があります。もう30年以上も前のことですけどね。めったに行けない海外旅行では奮発して高いサムソナイトを買う人も大勢いました。ハワイに行くにも空港に集合した大半の男性がネクタイ姿でした。

まだまだ日本人にとっては海外旅行はやはり非日常の出来事です。壊れ物を入れるな、鍵をしっかり掛けろ、名札は2つ以上付けろ、目印になるベルトも巻け、と言う様な助言のほかに、スーツケースは手荒い取扱いを受けるからハードケースを選べ、なんてことも言い続けました。

日本人の利用割合が多いのはまだその影響が残っているのかもしれません。またソフトケースに優れたデザインの商品がないことも原因の一つでしょう。

ハードケースの所有者が盗難の被害に遭いやすい、なんてことは都市伝説に(苦笑)なっていますが、そんなことはありません。持っているケースではなく、注意力の足りない旅客は1回の旅行で何度でも狙われます。プロは荷姿ではなく、旅客の行動をじっと見ているのですよ。

投稿日時 - 2009-03-06 14:30:58

お礼

返信が遅れてしまいすみません。
やはり、持ってる物云々よりその人自身の立ち振る舞いだったりするのですね。
専門家のご意見はとても参考になります。

投稿日時 - 2009-03-27 11:42:18

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

ANo.7です。
> ポールスミスってことは結構高価だと思いますが、
旧モデルのセール期間中だったので、1週間用のサイズで3万円ほどでした。以前使っていたソフトキャリーもそのくらいの値段でした。それを渡航100回くらい使ったので、1回300円ですね(笑)。
> はやり、ソフトにするならそれなりの物のほうがいいってことなのでしょうか。
実は以前に安いソフトケースを購入したのですが、2回ほどの渡航で壊れてしまいました。値段よりも、キャスターなどの可動部分のできをよく調べてから購入したほうがいいと思います。

投稿日時 - 2009-03-07 23:03:40

お礼

100回も!ですか。
はやりそれなりの物を用意したほうがいいということですね。

投稿日時 - 2009-03-27 11:43:59

ANo.10

在米10年です。 私も昔はハード(サムソナイト)を使っていました。 ただ、日本に帰る度に「重い~」と思っていました。空でもです。それで、こちら(アメリカ)でみていると確かにソフトが多い。で、3年前にソフトを買ってからもう、ハードを使うことはなくなりました。ほんとに使い勝手がいいんです。2年前には友人のリクエストでバーボンを買って帰りましたがタオルと洋服で巻いていれたら大丈夫でした。チョコレートの箱もOKでした。 今はハードでもかぎをかけてはいけないので、安全面ではなんら違いがありません。 しいていうならば、雨でしょううねー。
成田でターンテーブルをみていると、ソフトのスーツケースをピックアップしているのは確かに外国人と私だけ? と、思うくらい日本人はハード愛好家が多いですね。ちなみに、こちらではソフトはひまわりやさくらんぼの柄。ペーズリー、チェック柄があります。私は派手なピンクのを買いましたので、空港でも一目で自分の、とわかります。
ということで、私はソフトがおすすめ。とくに、エクスパンドできるタイプのがいいですよ。

投稿日時 - 2009-03-06 14:25:33

お礼

返信が遅れてしまいすみません。
最近、ソフトも店でよく物色するようにしてるんですが、
たしかにそんなに柔じゃないし、頑丈なのもありますね。
これだったら、自分の足にぶつけても痛くないしソフトのほうがいいかも
しれませんね。

投稿日時 - 2009-03-27 11:40:12

ANo.9

20年以上昔に成りますか。当時評判の丈夫さに惹かれてゼロハリバートンを買ってアフリカのジンバブエに行きました。高いところから落としたときに下に小石か何かとがった堅いものが在ったのでしょう。
穴開き寸前までへこみました。修理不能。友人のゼロハリは鍵を壊されてトランクを開けられました。鍵の修理代が高かったと零していました。私は軽さをとってソフトで行くことが多いのですはこちらも盗難に遭いました。
中に壊れ物を入れないならソフトの方が便利です。
盗難に遇うか否かは運次第と愚考します。

投稿日時 - 2009-03-06 12:47:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
盗難、トラブルに会うかは運次第で、
ハードでもソフトでも変わらないってことですね。
だとすると、使い勝手で選ぶべきなんでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-06 22:30:27

スーツケースを、というより、ハードタイプかソフトタイプだと思いますが、確かに日本人はハードタイプのスーツケースが多いとは言われています。
だから狙われるということは聞いたことありませんが・・・。
バックパック背負っていても狙われるときは狙われますし。
日本人は日本人ですから。

>セキュリティー面(中の物が潰れたり、ナイフで切られたり)

結局そういう心配をする日本人が多いから、日本ではハードタイプが売れるんじゃないでしょうか。

あるいは、海外旅行のハシリの時代に、スーツケースを売り出したメーカーが「絶対に飛行機に乗って海を越えるんだから。飛行機の荷物の積み下ろしは荒いんだから」と考えて、日本ではハードタイプを主流に売り出したのか?
売ってるメーカーも日本人で買うほうも日本人なら、メンタリティは似ているでしょう。
そもそも売ってるものがハードばかりだったら、日本の世の中には
「スーツケース=硬いもの」という基準が出来上がりますよね。
ひいては、「柔らかい=なんだか不安」というのも。

しかし、実際にはソフトタイプもそれなりの厚みがありますし、
簡単にナイフで切られることはないと思います。
(安くてペラペラのはどうか知りませんが)
ただ、壊れ物の保護にどこまで対応できるかは分かりません。
それはやっぱり、ハードタイプのほうがいいのかもしれません。

最近は日本でも、ソフトタイプ/キャリーケースが増えたと思います。
今試しに「スーツケース ソフト」でネット検索してみたら、いろいろ出ました。

私は日本で買ったサムソナイトのピギーを持ってますが、
型が古くて後ろに引っ張るしか出来ないので、重くなると引くのがけっこう疲れます。
最近のは横に持って転がせるのがあるから良さそうだなと思います。

ちなみに布バッグを預ける日本人もいます。
これこそ切り裂かれそうですが、逆に金持ってなさそうでいいのかな?
数回やりましたが今のところ大丈夫です。

投稿日時 - 2009-03-06 09:53:09

お礼

ご回答ありがとうございます。
最近、ファスナータイプのハードがありますけど、
あれも考えたらペコペコ凹みますよね。大丈夫かこれ?って思いましたし(笑)
なので、やはり柔らかい=不安というのはあると思います。

投稿日時 - 2009-03-06 22:28:29

ANo.7

北京在住です。
確かにハードスーツケースを持っている旅行者の8割くらいは日本人のような気がします。ただ、明らかに欧米人の外見の人でもリモワのハードケースを持っているような場合も見かけますので、必ずしも日本人だけがハードケースを持っているわけではなさそうです、
私自身も10年以上前から、普段の移動はソフトキャリーです。ただ、海外勤務の赴任や帰任など、大量の荷物を持って歩くときのために、大型のハードケースを1つだけ残してあります。
今私が使っているソフトキャリーは横浜の丸井で購入しました。ほかでは見かけなかった少しおしゃれなものもいくつかありましたよ。私はPaul Smithのソフトキャリーをここで買いました。製造はACEバッグですので、おしゃれなだけでなく、かなり頑丈ですよ。前に使っていたソフトキャリーは、同じくACEバッグ製でしたが、10年間で100回以上の出張に耐えてくれました。

投稿日時 - 2009-03-06 07:26:08

お礼

ご回答ありがとうございます。
リモアって人気ありますね。
東急ハンズでもリモアコーナーがあるくらいだし。
ポールスミスってことは結構高価だと思いますが、
はやり、ソフトにするならそれなりの物のほうがいいって
ことなのでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-06 22:23:36

ANo.6

私がターンテーブル(海外)で目にした限り、確かにソフトの方が多いですね。しかしハードを使う人もちゃんといらっしゃいます。

ハードスーツケースが破損したことがあり、海外で代替を探した時に感じたのは、日本に比べてサイズ、色などのチョイスがあまりないということでした。アメリカでは特になくて、特定のメーカーのが欲しければそのメーカーの直営店みたいなところにいかないと、なかなか日本で購入したものと同じ満足度の得られるものはみつかりませんでした。

ソフトのよいところは、それ自体の重さが軽いことですね。今航空会社はあの手この手で収入を増やす努力をしていて、受託手荷物の重さがどんどん減らされ、ちょっとでも重量を超えると超過料金が課せられます。ハードはそれだけの重さでソフトより1キロとか、場合によってはもっとあります。なので預ける重さを考えたら少しでも軽いものをと思うのは当然でしょう。難点は似たようなものが多いということです。何度も人にピックアップされ、あ、違ったとしてまたターンテーブルに投げられるのを見ています(笑)だから破損しやすいものを入れる場合は注意が必要です。
使う頻度がよほど高くなく、上から押されてもさほど問題ないものを入れるのであればソフトでいいと思います。特にセキュリティー上の理由で、受託手荷物に鍵をかけられない場合はハードのしっかりした鍵は意味がないですからね。だったらソフトでいいというのも理解できます。

セキュリティーに関しては、アフリカ以外ハードで訪れたことありますが、ハードだから狙われたという経験はありません。逆に似たようなものが多いので間違って持っていかれる可能性はソフトの方が高いかもしれません。

投稿日時 - 2009-03-06 05:53:28

お礼

ご回答ありがとうございます。
そういえば、ソフトって黒とか地味なのが多いみたいですね。
破壊されなくても間違えて持って行かれたときのほうが厄介かも(笑)
たしかに、以前黒のバッグを持って行ったとき(国内)は、
結構間違えそうになりました。バッグはとにかく黒が多いから。

投稿日時 - 2009-03-06 22:20:06

ANo.5

どのような旅行スタイルかで異なるのでは。

ソフト(布)の場合雨が降るとしみ込むのが難点です。
ハードでもファスナー式のも同様です。

*スーツケース=ハードタイプでは有りません。
*ソフトもハードもキャリー式も皆スーツケースです。

投稿日時 - 2009-03-06 00:55:04

お礼

ご回答ありがとうございます。
ハードのファスナータイプが軽くていいかな、と思っていましたが、
やはり雨のこととかがありますね・・・。

スーツ=ハードという認識でした。
ソフトもスーツケースというんですね。

投稿日時 - 2009-03-06 01:23:59

ANo.4

私の妹も海外に住んでた時に、現地でそう言われたと言ってました。
外人から見た日本人のイメージは昔は「カメラ、眼鏡」でしたが
今は+スーツケースなのかも・・・?と思ってしまいます。

投稿日時 - 2009-03-06 00:52:56

お礼

ご回答ありがとうございます。
やっぱり、スーツケース=日本人ってイメージは
少なからずあるんですね。ん~でも、危ない場所(国?)に行かなければ、
気にすることはないんでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-06 01:21:38

ANo.3

スーツケースが日本人「だけ」ってこともないと思いますよ?
でも買い物イッパイするから確かに大きいスーツケース持ってる人は多いですよね。んできれいなやつ。ファッションの一部というか。
外人さんのスーツケースはホント「物が運べりゃいい」ってゆう感じな印象だなー

セキュリティー面もどういった事が一番気になるかじゃないですか?
切り裂かれるのが怖いならハードがいいだろうし(まあそもそもやられる時はなんでも豪快にやられますけど)中がつぶれるのが嫌ならソフト
私は海外は団体旅行がほとんどなので、まあ旅行会社はそうそう危ないとこにも連れてかれないし…スーツケース持って宿探しまわったり逃げなきゃイカン時なんかも無いと思いますのでw断然ハード派です(団体旅行はバスにいれっぱだし、ホテルでは鍵かけて簡易ロッカーみたいな感じで使えるし)
気ままな個人旅行だったら逆に邪魔になる時もあるでしょうから全然変わってくるでしょうね
一概にこれがいいともいえないんじゃないでしょうか

ソフトキャリーは百貨店とか空港にブランドとかの比較的おしゃれなのがあった覚えがあります。
おかんは海外ででかいRIMOWAを買いました。台湾でだったかな?安かったので。海外で探すのも面白いですよ

飛行機なんて数回乗ってりゃ扱い雑だから(普通に投げてるし)すぐボコボコになるけどね…まあそれも味なんですが

投稿日時 - 2009-03-06 00:26:41

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
たしかに、外人さんってそういうの気にしないようですね。
車のバンパーも当てるためにあるんだっていうし。
日本人が神経質なだけでしょうか?(笑)

自分も気ままな旅といよりは、ホテルも目的も決まった旅行しか
しないので、普通にハードケースで十分なのかな、という気がします。
RIMOWAもよさそうですが、それなりのお値段がしますね(泣)
やっぱり、消耗品という割り切ったとらえ方のほうがいいのでしょうか(笑)

投稿日時 - 2009-03-06 01:18:23

ANo.2

そんなことないですよ。ターンテーブルで荷物を待っていても、でてくるのは、ほとんどはハードケースです。ソフトケースや、段ボールはごく一部と言った感じです。

ソフトケースで行く事もあります。
メリットは軽いこと、デメリットは衝撃に弱いことです。問題があったことはありませんが、ワインや壊れ物のを買う予定の時は、ソフトケースでは行きません。

おしゃれなハードケースはないわけではないですが、ぶつかって汚れたりすると、シンプルなものよりしょぼくなってしまうのが難点です。

投稿日時 - 2009-03-05 23:59:25

お礼

ありがとうございます。
ん~ハードが多いんですか。やっぱり、軽いってのは重要ですね。
逆に壊れ物を中に入れることがなければ、ソフトって感じがしてきました。

投稿日時 - 2009-03-06 01:12:38

ANo.1

普通にたくさんいる。
ベルトで更に開かないようにグルっとまわしてるのは日本人がほとんど。

投稿日時 - 2009-03-05 23:46:48

お礼

早速ありがとうございます。
そうなんですか、でも、ベルトは日本人が多いんですね。

投稿日時 - 2009-03-06 01:09:48

あなたにオススメの質問