こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「相違ない」と「違いない」のちがい

「相違ない」と「違いない」のちがいを教えてください。
問:この色と筆づかいから見て,この絵は絶対ゴッホの絵に(?)
  1)相違ありません 2)違いありません

問題集の正解は1)相違ない ですが,どうして2)違いありません が正解でないのかが分かりません。
回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-04-06 01:38:39

QNo.5805841

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 状況によって「相違ありません」と「違いない」の、どちらが適切であるのかは変わって来ると思います。
 「相違ない」は、「間違いない」という事が判明している事実である場合において、その事が事実であるという事を表す時に、主に使われる言葉です。
 一方、「違いない」は、事実である事が確認されていない場合であっても、「間違いない」と独断的に断言する場合等でも使われます。
 ですから、例えば問題文の

>この色と筆づかいから見て,この絵は絶対ゴッホの絵に(?)

という台詞が、色と筆づかいという証拠に基づいて、鑑定士が「ゴッホの絵である事が確認出来ました」という鑑定結果を報告するものである場合は、「相違ありません」が適切な表現になると思います。
 又、その台詞が、鑑定をする能力が不足している只の絵画のコレクターやマニアのもので、充分な証拠が無いにも関わらず、「この絵は、きっとゴッホの絵だ」と頭から決めてかかっている場合には、「違いない」が適切な表現になると思います。
 従って、どちらも有り得る表現であり、状況次第で適切あるのか不適切であるのかが、入れ替わってしまいますので、この御質問文の中に、前後の状況に関する説明が無い以上、どちらが正解であるのかに関しては、判断する事が出来ないと思います。

投稿日時 - 2010-04-07 00:08:26

お礼

回答ありがとうございました。
分かりやすい説明と例を挙げていただいたので「相違ない」と「違いない」が理解することができました。
本当に本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-08 00:03:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>「相違ない」と「違いない」のちがい

        ↓
私の個人的な解釈、使い分けですが・・・

本設問のケースでは

◇どちらも、「間違いが無い」の意味であり、普通は「相違ない」「間違いない」を使います。
さらに「違いない」も「間」を省略しているが意味が通じ、日常の会話や文章で使用するのに特に支障は無いと思います。

しかし、「違いありません」は「違いがありません」とすると、これも同じ意味でしょうが、簡潔・広く普及の観点から、「相違ない」が正解とされているのでは。

投稿日時 - 2010-04-06 09:53:54

お礼

素早い回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2010-04-08 00:15:08

ANo.1

「違いありません」が言葉としておかしいとかそういうこと?

「違いない」は辞書に載っていますが、違いあり…?

もしくは
相違ありません=「間違いありません」、なら正解だと思いますが、
「違いありません」と言われると差異がないようにも取れます。

※これが正解だとは言い切れません。

投稿日時 - 2010-04-06 05:53:02

お礼

素早い回答ありがとうございました
「違いありません」という使い方はしない日本語として正しくないということでしょうか。

投稿日時 - 2010-04-08 00:20:25