こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スイスの住宅に設置されている核シェルターについて

スイスでは、すべての国民の住宅に、核シェルターが設置されてるようですが、
下記のURLの動画によると、
スイスの核シェルターの建設費は、通常で1万スイスフラン(日本円で約80万円)との説明がありました。

http://www.youtube.com/watch?v=kFlO--FS9Ak
(3:21 ~ 3:28 あたりの司会者コメント)

日本で核シェルターを建築するとなると、数百万円はすると思います。
この値段の差は、どういう理由があるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-11-15 11:17:19

QNo.7134412

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>スイスでは、すべての国民の住宅に、核シェルターが設置されてるようですが

つい最近まで「連邦法で各家庭に核シェルターの設置が義務付け」されていましたので。

つい最近、法が緩和され、77室以上ある大きな建築物だけになったようです。

>この値段の差は、どういう理由があるのでしょうか?

スイスの一般家庭にある「核シェルター」は、エアコンに似た形状の機器をマンションやガレージ、倉庫、地下室などに設置し、室内の気圧を高め、ろ過装置をつけることで、放射能物質や細菌、有毒ガスなどを除去するような、簡易的な物です。

日本人が想像する、地下などに新たに作るj本格的な核シェルターとは、まったく別の物です。

シェルターにする建物自体は「既存の建物をそのまま使うだけ」なので、1万スイスフランもあれば設置できるでしょう(1万フランは、大卒初任給の1.4ヶ月分くらい。日本で言えば30万ほど)

上記のような「スイス製の家庭用核シェルター」は、日本で280万円ほどで販売されているそうです。

スイス製の輸入品は高いですが、日本で同程度の装置を開発して量産すれば、30万か40万で設置できる物になると思います。

なお、スイスでも、食料庫があって厨房や寝室などを備えた本格的な地下核シェルターを作ると、30~40万スイスフランくらいかかるそうです。

投稿日時 - 2011-11-15 12:19:25

お礼

すばらしいご回答、ありがとう御座いました。

実際に核攻撃を受けた時、あまり使えなさそうですね。
スイスに対して、国民皆兵や核シェルターで、自力で永世中立を守り抜く、厳格な国家というイメージがありましたが、少しイメージが変わりました。

投稿日時 - 2011-11-16 11:40:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問