こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

刀と武士の心

しばらくぶりに、何か参考になるご質問とご回答はないかと、「歴史」カテを覗いてみますと、「日本刀の持ち方」という質問がありました。私は剣道もしませんし、喧嘩も弱いので、「日本刀の持ち方」なんて全く関心がありませんが、「日本刀」という言葉で、ふと「武士の魂」という言葉を連想してしまいました。時代劇なんか観ていますと、「痩せても、枯れても、刀だけは」というのが、武士たる者の精神……今流に言うと、「僕の立場」……が「刀」に込められていたのではないかということが、感じられるような映画やドラマも昔はあったように思います。

何故、こんなことを言うかというと、最近、幕末・維新のことを、歴史本などで読んでいて、それは、西洋の文明が入ってきているから、仕方ないと思いますが、刀でもって働かなければならない幕臣どもの体たらく……刀が使えなくても良いから、一生懸命使え……みたいな「憤り」(*^_^*)がありました。

嘘か本当かは、知りませんが、坂本龍馬は、銃を持っていたそうですね。しかし、死ぬときに「脳をやられた」と言って死んだそうですが、「刀でやられた」のではないですか?もし、そうであれば、ごく一部の武士には、「刀」は、精神的なものではなく、武器としても生きていたようにも思います。良くは分かりません。

質問は、
(1) 武士が、刀を、武器としても、精神のよりどころとしても失ってしまったのは、いつ頃のことでしょうか?その背景は何でしょうか?ご回答をいただく前に、勝手に想像してもいけないとは思いますが、江戸時代のことですよね。それと「武器」として失うことと、「精神的なよりどころ」として失うこととは、時期がずれるのでしょうか?

(2) もう一つは、明治以降も、立派な軍人さんは、「刀を持って」写真に写っていますよね。「刀」には、何か、男としてのよりどころみたいなものがあるのでしょうか?

(3) それと、これは、もしご存じであれば、ということですが、私の記憶に間違いがなければ、かなり昔、私は観ていない映画……これも確かではありません<(_ _)>が、「切腹をせざるを得なくなった武士が、お城の前で、竹光で切腹をした」というような映画があったような記憶があります。その映画をご存じであれば、「何故、その武士は竹光で切腹をしなければならなかったのか?」、その時代と切腹の背景を教えていただければありがたいです。

(4) これも、ご意見があればという程度です。今の日本人にとって、「刀」の意義を見いだすとしたら、それはなんでしょうか?ただ単に「銃刀法違反」の世界であって、意義は見いだせないし、見いだすべきものでもないのでしょうか?

投稿日時 - 2015-04-13 17:09:27

QNo.8954982

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

明治9年に廃刀令が出され、帯刀が士族(旧武士)を含めて軍人や警察官を除きすべて禁止されてしまった後のことを、昭和になって次のように回顧している元武士の老人がいました。「明治九年の廃刀令、それからは二年経っても三年経っても、どうも、みんな腰の辺が淋しい。永い間の習慣で刀を手離すことが出来ないような気持がするので、太い仕込杖にこしらえたり何かして持って歩きました。いや仕込杖の流行ったのなんのって大変なものです。」(「戊辰物語」)

考えてみれば、これは微妙な話です。「刀は武士の生命だと考えていたので仕込杖にしてでも持ち歩いた」とも言えますし、「刀を持ち歩くのは習慣に過ぎなかったので、仕込杖など刀以外のものでも代用となった」とも解釈できるからです。回答者はどちらかと言えば後者だと考えます。

その根拠は、明治になって名字をつけることは特権ではなくなり万民に許されたのに対し、帯刀は士族(旧武士)を含めてすべて禁止されてしまったことです。今日の私たちはこれを文明開化で当然のことのように考えていますが、本当に「刀は武士の生命」だと考えていたのなら、武士出身者が多かった新政府がそのような政策はとらなかっただろうと考えられます。「刀は武士の生命」などという考え方は、少なくとも新政府の幹部となった元武士たちには時代遅れのものとなり、帯刀に象徴される武士の特権を失くして近代的な国民国家を作ることを優先したかったのだろうということになります。

日本では古代から刀剣は一貫して武人の象徴でした。これは「武士」「侍」が日本史に登場するずっと以前からです。埼玉県から出土した鉄剣に既に「世世杖刀人の首と為して奉事来(つかえたてまつり)今に至る」(原文は漢文)と書かれています。この銘にある辛亥年は5世紀後半だとする説が有力です。

武人にとっては刀剣は実用的な武器として非常に重要なものでした。戦国時代には合戦ごとに新しいものを使わなければならないほどの消耗品でしたが、鉄砲が伝来して普及していくにつれ武器としての役割も変化していきました。さらに江戸時代になり泰平の世が続くと実戦に用いることはなくなり、武士であることを示すシンボルの意味が大きくなりました。苗字帯刀(名字帯刀)を許されるということは武士に準ずる資格を与えられる名誉なことであったことはご存知の通りです。

幕末になり対外的にも(薩英戦争や馬関戦争など)国内的にも(戊辰戦争など)戦いが起きましたが、皮肉なことにその時には大きないくさでは主力の武器は軍艦の大砲も含めて銃砲の時代になっていました。もちろん京都の町中で大砲をぶっ放すわけにはいかず、新選組と志士との戦いなどでは刀は依然として役に立ちましたが、その新選組の土方歳三も後の箱館戦争では銃砲の戦闘で活躍し、戦死したことはよく知られています。

つまり、戦場での主力の武器(実用品)としての刀の生命は江戸時代の初期までに大方終わってしまい、幕末にはほとんどなくなってしまったということが言えるかと思います。(格闘戦では21世紀の現在でも刀剣は有効であり、現代の日本でも「銃剣道」などというものがありますが…それはまた別の話でしょう)

それでは武士の精神的なよりどころとしての刀の生命はいつ失われたかと言えば、これは「人によって異なる難問」です。渡米経験があり開明的な知識人であった福沢諭吉などはいち早く帯刀をやめ、刀のことを「バカメートル」(頭が悪いものほど長い刀を差すので馬鹿の程度がわかるメーターの意味)とさえ呼んだそうです。一方熊本の敬神党(神風連)の人たちなどは、明治9年の廃刀令が出た後になって、銃砲を持たずに刀剣類だけを持って熊本鎮台などを襲撃していますから最後まで刀が武器としても心の支柱としても機能していたと言えます。福沢と神風連は両極端であり、多くの武士は最初に回顧談を紹介した老人のようにその中間に位置したのでしょう。

廃刀令に限らず、曲折はあったにせよ明治維新から十数年で武士という存在がなくなってしまったのは、江戸時代にすでに武士の本質が失われるほどの大きな変化が進行していたことの結果だと回答者は考えています。それは例えば「一所懸命」に自分の所有地を一族郎党と共に守った鎌倉時代の武士と、自らの領地を持たず禄米取となった(いわばサラリーマン化した)江戸時代のほとんどの武士を比較してみれば明らかです。

考えてみれば、日本の歴史では大まかに言うと三度広い意味での「刀狩り」がありました。最初は最も有名な豊臣秀吉の「刀狩り」で「兵農分離」が進みました。二度目が明治新政府による「廃刀令」で武士の特権が失われ、三度目の太平洋戦争後のGHQと日本政府による旧軍などの武器の回収で日本は武装解除されました。その総仕上げとなっているのが「銃刀法」です。

回答者は真剣の日本刀は博物館などで見たことしかなく、手に持ったことはありません。一方回答者が高校生のときの先生の中には、実際に戦場で刀で敵兵を斬った経験のある人がいて、体験談を淡々と話してくれました。現代の刀の意義を考えるにあたり、この世代の間の断絶は越えがたいものがあると考えます。

現代でも中東の国の中には成人男子の正装は腰に短剣を下げることになっているところがあります。例えばオマーンではハンジャルと呼ぶこの短剣が国旗にも描かれていて、国のシンボルにもなっています。この刀剣は実用品ではなく儀礼的なもので、男子の誇り・象徴だということです。刀剣に精神的・象徴的な意義を見出しているのは昔の日本の武士だけではないことがわかりますが、ではなぜこれらの国々では廃刀令に当たるものが出されないのか、これも興味ある問題です。

投稿日時 - 2015-04-14 23:19:18

お礼

大変詳しく、ご説明下さり、ありがとうございました。

「刀を持ち歩くのは習慣に過ぎなかったので、仕込杖など刀以外のものでも代用となった」……何でも良いから、「刀みたいなもの」を持たないと、「不安」が生じたのではないでしょうか?夏に、「帽子を忘れて」、外出すると何となく感じる不安感みたいなものです。

「廃刀令」というのは、元武士たちの不満の爆発・内乱を恐れたとは考えられないのでしょうか。

格闘戦では21世紀の現在でも刀剣は有効であり、現代の日本でも「銃剣道」などというものがありますが……スポーツ競技の起源にもかかわってくるものでしょうね。

「バカメートル」……(*^_^*)私が元武士だったら、諭吉に対して、「あんたに言われたくない」と切り返しますね。

江戸時代にすでに武士の本質が失われるほどの大きな変化が進行していたことの結果だと回答者は考えています。……興味深いご意見だと思います。

その総仕上げとなっているのが「銃刀法」です。……「銃刀法」を戦後処理の一環として理解することも可能ということですか?興味深いですね。少し勉強してみます。

現代の刀の意義を考えるにあたり、この世代の間の断絶は越えがたいものがあると考えます。……「刀の意義」だけの問題ではないと思います。社会のあらゆるものについて、「世代間の隔絶」とでもいうのでしょうか、さらに、大人と子供というよりも、わずか数歳違うだけで、……という印象を持つほどのスピード感を感じます。

なぜこれらの国々では廃刀令に当たるものが出されないのか、これも興味ある問題です。……法は遵守すべきものとして存在するが、人々の心の中には、「目には目を、歯には歯を」という思想が、根強く残っているのではないですか?無知なる者の、根拠のない想像ですが。

投稿日時 - 2015-04-15 17:12:02

ANo.2

1.
なかなか難しいですが、武器としてのよりどころがなくなったのは寛文4(1664)年かもしれないですね。年代でいうと分かりづらいので、徳川将軍でいうと四代家綱の頃です。
えっ、そんなに早く?そうです。この年に何があったのかというと、町人と喧嘩騒ぎを起こして幡随院長兵衛を無礼討ちという名目で殺害した水野十郎左衛門が切腹させられた年です。これにより、「町人(農民も含む)を無礼討ちした武士は、そんな無礼を働かれたって時点で武士の恥だから切腹」という判例ができ、実質的に無礼討ちをすることが不可能となりました。刀を抜くなら、自分の腹も切る覚悟が必要になったのです。
以降は、刀は武士が武士であることを示すステイタスシンボルとしての意味合いが強くなります。時代が下って低い身分から武士に取り立てられた最上徳内やジョン万次郎は刀を無理やり持たされています。確かジョン万次郎だったと思いますが、彼はアメリカ育ちなので「俺は刀も使えないのにこんなものを無理やり持たされて、武士とは面倒くせえなあ」みたいな言葉を残していたと思います。

精神としてのよりどころが失われたのは、明治9年の廃刀令と断言していいと思います。なんと明治政府はこの法律を施行するのに9年もかかっています。明治5年に品川と横浜の間に鉄道が開通しているわけですから、鉄道より4年も後なんですね。
しかも、この命令は「腰からぶら下げることの禁止」であり、所有そのものは禁止されていなかったのですが、「武士階級であることが一見して分からなくなる」ことへの反発は相当で、「腰から下げるのはいけないんだよな?」といって肩からぶら下げる小学生みたいな反発をする人が出てきたり、揚句にはあちこちで暴動が起きるほどでした。
「武士のステイタス」というのは結構後の時代まで残っていたようでしてね、明治40年代生まれの祖母の卒業証書には「武士」と書かれていたと祖母が生前にいってました。また、祖母が武士階級出身であるのに対し、祖父はそうではなかったので、結構祖父は内心それがコンプレックスだったようです。まあ現代でも「ご先祖が武士」となると誇らしい気持ちになる人も多いでしょう。ちなみに我が家は父の母が武士、母の母が武士です。

2.
ナイフコレクションを趣味とする人たちは多いですし、子供の頃のお気に入りのおもちゃが刀か拳銃だったという男の子は多いと思います。エアガンも人気ですよね。70年代には、モデルガンブームもありました。
何かの本で読んだのですが、十徳ナイフってありますでしょ?あれ、現実的にはほとんど使いづらいであろうナイフがついているのは、ナイフがあるからこそ男の子は所有欲を持つ、と。確かに十徳ナイフからナイフを取っちゃったら突然不思議と欲しくなくなります・笑。
人間というのは地球史上でも珍しい生き物で、鋭い爪も、牙も持っていません。皮膚もツルツルで、ちょっと引っかかれただけで致命傷を負ってしまいます。防御力がほぼゼロ、裸では攻撃力もほぼゼロなのです。しかし、優れた知能とそれを生かす手を持っていて、現在確認されている地球史上のあらゆる生物より道具を作りかつ使いこなすことができます。その「武器」を使うと地球史上最強の攻撃力と防御力を持つことができます。戦車に乗った人類にはティラノサウルスさえ勝つことができません。

道具(武器)こそが人類のアイデンティティといえるでしょう。人類のオスは道具で最強の戦闘力を得たので、人類のメスは戦う必要はなくなったのです。まあ人類に限らずメスが戦うのはほとんどの場合狩りか天敵から身を守るときだけです。同種同士で、あるいは別の種類を相手になわばりを巡る戦いをするのは種を問わずオスの仕事です。
私もそうですし、質問者さんもそうでしょうし、おそらくオスは全員そうだと思いますが、もし刀を腰から下げたり、拳銃を持ったりすると何か自分が強くなったような気がすると思います。

4.
日本は平和なので、武器を所有することに対するアレルギーが強いのです。ご存じのように、アメリカでは銃を持つことを「身を守る権利」として認められています。銃の所持が禁止されている州でも、腰にナイフを下げている男性は珍しくないそうです。別に武器として持っているのではなく、道具としてよく使うからです。
質問者さんが古い世代の方なら、昭和のある時代までは小学生の筆箱には肥後守が必須だったのをよくご存じだと思います。別に武器じゃありませんよね。鉛筆を削る道具として必要でしたし、その頃は男の子も女の子も器用に肥後守を使いこなしていましたし、それで竹とんぼやいろんなものを作るのが普通でした。その頃は、肥後守とは生活に必須の道具のひとつだったのです。

最近はネット右翼の人たちが元気で、やれ日本は攻められるとかどうとかいってますけどね、日本が外国から露骨に侵略されたのは元寇だけなんです。黒船来航もカウントに入れたがる人がいますけど、ペリーは日米交渉のためであり、侵略が目的ではありません。ただ、砲艦外交と呼ばれる軍事的恫喝をしただけです。
平安時代と呼ばれる時代が約800年続きましたが、このときの日本の軍事力は完全に皆無です。また、江戸時代200年の間も武士が腰に刀を下げてたとはいえ、銃は戦国時代の火縄銃から更新されることはないまま、現実的な戦力はゼロだったわけです(だから黒船来航で慌てて最新装備を買いあさった)。
それでも、日本本土が戦場になることはほとんどなかったんですね(太平洋戦争はこっちから開戦していますので)。日本人にとって戦争とは「どこか外国でやること」なんです。これ、無意識のうちに全員が思ってるし、実際に正しいのですよ。西にドイツ、東にロシアという強力な国に挟まれているポーランドなんかでは「非武装で平和」なんて、やりたくでもできないのですね。

投稿日時 - 2015-04-14 13:46:12

お礼


刀を抜くなら、自分の腹も切る覚悟が必要になったのです。……これじゃ、おいそれと刀は抜けないですね。そのうえ、「そんな無礼を働かれたって時点で武士の恥だから切腹」というのでは、あまりにも武士がかわいそうでないですか。 

彼はアメリカ育ちなので「俺は刀も使えないのにこんなものを無理やり持たされて、武士とは面倒くせえなあ」みたいな言葉を残していたと思います。……西欧的合理主義なのですかねぇ。(*^_^*)

肩からぶら下げる小学生みたいな反発をする人が出てきたり、……(*^_^*)佐々木小次郎式ですね。少年の頃、まねをしました。それを大人がやったと理解すれば良いのですね。

まあ現代でも「ご先祖が武士」となると誇らしい気持ちになる人も多いでしょう。……(*^_^*)わかります。家内の親父さんというのが、もと武士の出らしく、「酔うと、それが出てきて、母を叩いていた」ということを聞いたことがあります。本当か、どうかは???昭和のことですが。(*^_^*)明治以降の武士のほうが強くなったってぇ感じですね。(*^_^*)


もし刀を腰から下げたり、拳銃を持ったりすると何か自分が強くなったような気がすると思います。……否定はしませんが、もう、私も大人ですから、そんな程度で強くなったとは思いませんが、世界の動向は、おっしゃるとおりだし、武器の使い方を間違わなければ良いが、と心配しています。

4 
すみません。「古い世代の方」でした。今でも、野山を歩くときは、常に、「肥後の守」をリュックに入れています。ただ、不満なのは、少年の頃に比較して、価格の割には、「切れ味」が悪いような気がします。気のせいでしょうか?男子にとって、肥後の守、ゴム銃、パッチン・ビー玉が、何物にも代えがたい3種の遊具でした。

北条時宗には、感謝しています。私が財務大臣であれば、すぐに一万円札を福沢諭吉から北条時宗に替えますね。時宗にはこだわりませんが、諭吉は替えて欲しいですね。何で「あんな者が」という。やはり「閥」が影響しているのですか?

投稿日時 - 2015-04-15 05:50:40

ANo.1

(1) 武士が、刀を、武器としても、精神のよりどころとしても失ってしまったのは、いつ頃のことでしょうか?その背景は何でしょうか?ご回答をいただく前に、勝手に想像してもいけないとは思いますが、江戸時代のことですよね。それと「武器」として失うことと、「精神的なよりどころ」として失うこととは、時期がずれるのでしょうか?

これは誤解です。
刀は武器です。
しかし、平和になり戦争が無くなると、刀は武士という
身分のステータスシンボルになりはてたのです。
だから、刀が武士の魂になったのは、江戸時代になって
世の中が平和になってからです。

これは武術と武道の関係にもいえます。
武術とは殺し合いの技術ですが、平和になり殺し合いなど
縁遠くなったので、武道に堕落(昇華)したわけです。


(2) もう一つは、明治以降も、立派な軍人さんは、「刀を持って」写真に写っていますよね。「刀」には、何か、男としてのよりどころみたいなものがあるのでしょうか?
     ↑
ワタシも日本刀は何振りか持っていますが、男としての
よりどころ、という意味はあるように思います。
男ってのは元来は、敵と戦い、生存競争を勝ち抜いて女性を手に
入れ、そうやって子孫を残してきた動物です。
ケンカ闘争は男のよりどころだと思っています。


(3) それと、これは、もしご存じであれば、ということですが、私の記憶に間違いがなければ、かなり昔、私は観ていない映画……これも確かではありません<(_ _)>が、「切腹をせざるを得なくなった武士が、お城の前で、竹光で切腹をした」というような映画があったような記憶があります。その映画をご存じであれば、「何故、その武士は竹光で切腹をしなければならなかったのか?」、その時代と切腹の背景を教えていただければありがたいです。
   ↑
仲代達矢の「切腹」じゃないですか。
浪人は職が無く貧乏していました。
それで、武家の前で恵んでくれねば切腹する、とやって
お金を恵んでもらう商売が流行りました。
ところが、ある武家が、切腹結構、やってもらおう
としたところ、件の浪人は引くに引けなくなりました。
それで切腹することにしたのですが、刀は既に売り払い
竹光でしたので、竹光で切腹した、という次第。

それに怒った友人の浪人が・・というストーリーです。


(4) これも、ご意見があればという程度です。今の日本人にとって、「刀」の意義を見いだすとしたら、それはなんでしょうか?ただ単に「銃刀法違反」の世界であって、意義は見いだせないし、見いだすべきものでもないのでしょうか?
   ↑
1,日本人の死生観の象徴です。
 日本は武家支配が700年も続いた珍しい国です。
 良くも悪くも、それが日本人の特質を形作っています。

 例えばです。
 日本は自殺大国です。
 団藤重光という刑法学者は、武士道が影響している
 と説明しています。
 
WHO精神保健部ホセ・ベルトロテ博士はこう言っています。
「日本では、自殺が文化の一部になっているように見える。
直接の原因は過労や失業、倒産、いじめなどだが、
自殺によって自身の名誉を守る、責任を取る、
といった倫理規範として自殺がとらえられている」

 こういう日本人の意識に日本刀は大きな影響を
 与えていると思われます。

2,日本刀の波紋は日本の山河を映したものです。
 あの清浄な美は、日本人の美意識に大きな影響を
 与えていると思われます。

投稿日時 - 2015-04-13 18:44:25

お礼

(1) これは誤解です。
    ↑
刀と武器と精神との関係が分かったような気がします。

   武道に堕落(昇華)したわけです。
 ↑
意味の深いお言葉だと思います。

(2) ケンカ闘争は男のよりどころだと思っています。
    ↑
   動物の世界を観ていますと、喧嘩をするのは、必ずしも「男に限った」ことではないような気もしますが、少なくとも、「人間」は、何らかの武器を持たないと、人間どおしの戦いでも、他の動物との戦いでも、勝てないようですね。要は、「頭の使い方」が下手なのですかねぇ。

(3) ありがとうございました。仲代達矢の「切腹」でしたか。「武士」というのも、「悲しい生まれ」ですね。

(4) 日本人の死生観の象徴です。
   ↑
   私の知識と経験と生き方では、理解できません。今後の「己のあり方」として、勉強してみます。

   自殺によって自身の名誉を守る、責任を取る
    ↑
これは、分かるような気がしますが、日本人に特有なものなのか、という疑問はあります。

 こういう日本人の意識に日本刀は大きな影響を与えていると思われます。
 ↑
昔のことですが、記憶に間違いがなければ、「菊と刀」という本があったことを、ふと想い出してしまいました。読んではいないのですが、著者は、日本人ではなかったような、……かすかな記憶が……興味が湧いてきました。もう、書店にはないかも?

  日本刀の波紋は日本の山河を映したものです。
    ↑
  ありがとうございます。日本刀なんて、博物館で、しかも、ガラス越しに見たことがある、という程度ですから、とてもそこまでは……こんど、旅行などでそのような機会があったら、連れのバァさんに、ひと講釈を……。(*^_^*)

投稿日時 - 2015-04-14 05:24:00

あなたにオススメの質問