こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

古流柔術はもう存在しない?

「古流柔術」という古本を読みました。歴史上、剣道の次にあるモノ、空手や柔道や合気道や合気柔術の元になったモノだそうです。しかし、その秘技は失伝したのか?みたいな。「理屈こねるのと実際やってみせるのは全く別の話です」とも本に。ネット辞書を見たら、「空手は唐手と書いてたかも」とか、混乱します。調べると、大東流合気柔術、天神真楊流、徒手拳柔術、とか色々あるみたいですが、それらも、「古流柔術」の本によれば、大昔の日本に存在したモノと比べれば、やはり別物なの?大昔の達人は、手裏剣持って山篭りして第六感を磨いた、とかさ。柔術の技は鰻の掴み方からヒントを得たという説がある、とか、四股立ちは船で闘う為に生まれた、とか。無数に存在する現代の道場、「古流柔術」が身につく道場は何処にあるのですか?

投稿日時 - 2016-03-07 01:30:57

QNo.9139134

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 かつて、天神真楊流を中心に、合気道と神道無念流の古流剣術と神道夢想流杖術を十五・六年やりました。
 とはいえ、父親代わりの人がやっていたので、ほとんど義理でやっておりまして、ほとんど稽古台でしたが、面白くもありました。
 >「古流柔術」が身につく道場は何処にあるのですか?
 現在でも多くの流派が伝えられております。
 参考サイトを貼付しておきます。
 http://zaitetstu16.seesaa.net/article/92235841.html
 これらの道場に通ったとしても、大したものは身に付かないと思いますが。
 >その秘技は失伝したのか?みたいな。「理屈こねるのと実際やってみせるのは全く別の話です」とも
 これはその通りとも言えるし、そうではないとも言えます。
 そもそも、秘伝・秘技などと言うものは存在しない、これらは物語を面白くするための創作であると思われます。
 じゃあ、小説や物語のようなすごい技は存在しないのかと言えば、そうではないようです。私の経験でも、何をされたのでもないのに、ころころ転がされたり、相手が防いでいるとも思われないのに、こちらの技が全く通用しないと言うことはありました。
 秘伝・秘技と言う特別なやりようがあるわけではなく、そう見えるまでの修行をし、技を研ぎ澄ました人がいたということだと思います。現在では、そこまでの修行をする人が大変少なくなったので(修行者自体が少ない)、すごい技を目にすることがほとんどないということだと思います。
 前の御質問とも関係しますが、武術と格闘技と逮捕術は、技の様子はよく似ていますが、本質的に違うものだと思います。一般的にそのあたりのことが、ごっちゃになっていると思います。そのため、いろいろな伝説があり、訳知り顔の本が出回り、混乱に拍車をかけているのだと思います。じゃあどう違うのかと言われても、きちんと説明できるほどの知識はありませんが。
 取り留めのない回答ですみません。つねづね現在の格闘技ブームといったものに違和感を感じておりまして、何かの足しにでもなればと回答をしました。

投稿日時 - 2016-03-07 19:31:28

お礼

有難う御座います。

投稿日時 - 2016-03-07 20:02:53

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

現在もやっています。
http://www.geocities.jp/KssKK546/page080.html

投稿日時 - 2016-03-07 16:33:00

あなたにオススメの質問