こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

「ピックアップQ&A」をチェック!

[ピックアップQ&A]は、スタッフが「これは!」と思ったタメになるQ&Aをご紹介するコーナーです。
なるほどフムフム、と思わずうなづく雑学とお役立ちQ&Aが満載!

雲の種類があるけどなんで夏は入道雲とかなのか?

質問

雲の種類があるけどなんで夏は入道雲とかなのか?

いつも雲を見ているときなんで入道雲がなつは多いいんだろうなと思いました

そのことを教えてください

投稿日時 - 2012-08-23 10:25:37

QNo.7658723

回答

 No.1の方の通り、夏は陸地部分が強い日照で熱くなり、周囲の空気を熱するため、急激な上昇気流が起きやすくなります。これが入道雲(積乱雲)となります。

 上昇気流では、空気同士のこすれ合いで静電気が発生し、雷が発生しやすくなります。また、上昇気流で一気に高いところまで昇ると、気温が急激に下がって水滴がさらに氷になって、雹’ひょう)や霰(あられ)が降ることもあります。地表近くの空気が熱せられ、上空に冷たい空気がある場合には、大気が不安点になって(冷たい空気は下降したがり、熱せられた空気は上昇したがる)そういう状態になりやすいのです。

 海では、強い日照でも急に温度が上がることはないので、入道雲(積乱雲)は陸地の上、特に海から離れた内陸にできやすいようです。ただし、発生した入道雲が風に流されて、その通り道に雨や雷を落とすことも多いようです。

投稿日時 - 2012-08-23 22:55:04

ANo.21277407