こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

困っている知人を何とかしてあげたい。(長くなってすみません)

 知人(60代、独身、女性)のことでアドバイスをお願いいたします。90歳の母と一緒に生活しています。
 30年前に自営の父をがんで亡くしました。兄が2人いるのですが、(今でいうフリーター)、父ががんで余命半年くらいと言われても自分勝手で、仕事のことを一切聞き出してくれず、亡くなった後、知人と母は何度もだまされそうになったりと、大変苦労をしました。社長は男でないとということで、長兄がなっていますが、全然頼りにならずお金を持ち出すことばかりです。
 母は、彼らをとてもかわいがり見てみぬふりで、知人が何度も意見をしても何の対策もとりませんでした。結局、母の老後の貯金がほとんどなくなりました。
 知人は、大変なときに店(一応株式会社ですが)を一生懸命守ったのですが、働いても働いてもそのそばから兄が使う、というのに嫌気がさし一切手を引きました。でも、やはり優柔不断なのか、泣きつかれるとどうしても手をかしていました。そのため、全然就職ができず、自宅で細々と仕事をしながら、母の給料で生活している状態です。
 周りのものは、外面がよく口の上手な兄のことを信じ、兄が知人を養っているように同情しています。
 その母が入院したため、兄が別世帯なのに母の給料を抑え、家賃収入を自分のものにし、保険、郵便物等すべて自分でとりしきっています。病院にいくたび、母から、知人に家のことを一切頼むのでお金を知人に渡すように言われても知らん顔です。そのため、知人は自分の貯金を取り崩し、毎日大変な生活をしています。
 確かに、ある面、知人がしっかり自立しなかったのが悪いのですが、責めるのも酷なところが多々あります。甘いと言えばそうですが…。
 何とか力になれないでしょうか。 長々と読みづらいと思いますが、何かいいアドバイスがありましたら教えてください。

投稿日時 - 2004-09-25 20:21:38

QNo.1016496

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

兄と縁を切るつもりで、任意後見契約をするための公正証書を作成してはいかがでしょうか。
任意後見制度とは、「自己決定権」をより尊重できる制度として設けられており、判断能力がある今のうちに、不十分になったときにに備えて、「援助してくれる人(任意後見人)」「依頼する内容」を決めて公正証書を作成しておく制度です。判断能力が低下してきたら、申し立てにより、家庭裁判所が任意後見監督人を選任し、任意後見監督人及び家庭裁判所の監督の下、任意後見人が援助をします。
お兄さんに何を言われようが、かまわないということであれば縁を切るつもりで、公証役場や裁判所の力を借りてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2004-09-25 22:44:01

お礼

 早速、アドバイスをありがとうございます。
知人本人は、兄と縁を切るのは構わないようですが、年とった母を悲しませるのがいやで、(親は幾つになっても子供たちが仲良くすることを望んでいます)踏み切れないようです。何事にも優柔不断です。
 任意後見制度というのはよさそうですね。ただ、問題は母が納得するかどうかです。知人ひとりで公正証書を作成するのはできないのでしょう?

投稿日時 - 2004-09-26 19:22:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

この質問は、素人の域を超えています。

そして、「自立」すると言う知人自らの力が無ければ、
同じ事の繰り返しになります。

「何とか力になれないでしょうか」と言っておられますが、
「どんな力」をあなたが求めているのかが解りません。
知人も援助を求めているのかも解りません。
「お金の援助」を求めているのですか?
もし、そうだったらあなたは無条件で援助出来るのですか?
そうでないなら、あなたは何時でも話(愚痴、泣き言等)を聞いてあげる事意外に無いと思います。

しかし、母と言うのは知人の実母ですか?
義母ならさっさと家を出て、本当に自立する事をお勧めしたいです。

投稿日時 - 2004-09-26 09:19:18

お礼

 アドバイスありがとうございます。
冷静に考えたら、ozisanのおっしゃるように私はどんな力にもなれません。お金の援助はもちろんのこと、(できるくらいならもう既にしているでしょう。)「自立」する力にもなれません。
 兄の行動に怒っているだけで、結局話を聞いてあげることくらいしかできないですね。

 ちなみに、母というのは実母です。義母ならとっくに縁を切っていたと思います。

投稿日時 - 2004-09-26 19:32:44

あなたにオススメの質問