こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

兄のお墓について

兄は長男で、母の位牌と仏壇を守っていました。
母の遺骨はお寺さんに預かっていただいていて、お墓は兄が立てると言っていました。
ですから、私と弟は一切口出しは出来ず、8年の年月が流れました。
この秋、兄が不慮の事故で若くして亡くなり、母の位牌と仏壇は兄嫁から弟に返されました。
跡取りの嫁としてすべて私が取ると言っていた、兄嫁がどういう心境の変化で兄の初七日も待たず、母の仏壇を弟に返したのかはわかりません。
ですが、私と弟で母のお墓は作ることに決めました。
兄の葬儀は、兄の信仰していた宗教ではなく兄嫁の家の望むかたちで進められました。
四十九日の法要の前に、「墓はもう頼んだから」と言われて・・・・
よく聞くと、兄嫁の実家の墓地にお墓を立てるんだそうです。
兄の選んだ人のすることです。
それは仕方ありませんが、彼女が再婚した時
彼女の実家の墓地に葬られた兄の供養はどうなるのでしょうか。
私たちは、まったく他人の墓地に兄のために参らなくてはならないのでしょうか?

弟は、兄の信じた宗教の墓地に母とともに葬りたいと言います。
遺骨は、兄嫁の「もの」なんでしょうか?
兄嫁の実家いわく、魂が割れるとかで、分骨はしてもらえないようです。
出来ましたら、ご住職のかたのご意見を聞きたいです。

投稿日時 - 2004-09-30 20:24:59

QNo.1023466

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

なかなか難しい問題ですね。兄嫁さんは、お母さんからの祭祀承継を行うのではなく、お母さまの祭祀承継は放棄し、お兄さんだけの祭祀を承継しているつもりなのですね。
> 彼女の実家の墓地に葬られた兄の供養はどうなる
> のでしょうか。
葬儀も兄嫁の宗派なのでしょ。でしたら、そのまま兄嫁が行っていく前提なので、現時点では何もいえませんよね。
兄(男)だからそう思うのでしょうが、これがもし姉なら不自然ではないでしょう。男でも昔で言う養子に行ったとかなら、疑問に思わないでしょう。男女で差をつけて考えると質問者さんのような疑問が生じるでしょうが(昔の習慣がそうでいたので)、宗教的にも法律的にも何ら問題は無いと思います。
ただ、ご質問者さんのご希望と異なることと、数の割合で言えば少ない例であることは確かです。
ただ、決定権は兄嫁にありますからね。

> 私たちは、まったく他人の墓地に兄のために参らなく
> てはならないのでしょうか?
これも、全員女の姉妹なら、どこにお参りに行ってもいわば他家の墓のほうが多いと思います。男女で区別している発想に基づいているものと思います。
良し悪しではありません。

> 弟は、兄の信じた宗教の墓地に母とともに葬りたい
> と言います。
個々人の希望意見が異なるのは親族間の人間関係上つらいものですが、まあ、希望通りにならない事が多いのがこの娑婆世界ですから、仕方がありませんよ。

> 遺骨は、兄嫁の「もの」なんでしょうか?

遺体や遺骨は、慣習に従って祭祀を主宰するものに帰属するものとされております(最高裁判所平成元年7月18日判決)。祭祀を主宰すべき者は、被相続人(亡兄)の指定で決めれます(これは、遺言で指定してもいいです)が、指定がなければ、慣習に従って決まります。
遺体や遺骨は遺産ではなく、相続の対象にもなりません。お兄様の祭祀を主宰するものに帰属します。
習慣的には、兄嫁だと思います。

> 兄嫁の実家いわく、魂が割れるとかで、分骨はして
> もらえないようです。
そもそも、お釈迦様の仏舎利は、世界各地に分骨されています。お釈迦様が世界各地に分骨されていますし、私ども浄土真宗の親鸞聖人をはじめ、日蓮宗の日蓮さんも分骨されています。天台宗の慈円(慈鎮大師)さんも、律宗の忍性さんもです。日本仏教でも各宗祖高僧方の多くが分骨されています。
宗派によって多少の考え方は異なりますが、一般にはお釈迦様の例がありますので、仏教上分骨は奨励こそされ、否定される理由はまったくありません。仏教ではお骨は、仏縁として尊いものですから、縁のあるところへ分骨されることは良いことだと考えます。
失礼ながら、兄嫁の実家さん方が、ある意味真の仏教徒ではなく「自分宗」的な独自の宗教心をお持ちなのかと思いますが、それを皆さん方が言っても喧嘩になるだけです。
兄嫁の実家さん方のお寺さんが言えば聞くのでしょうけどね。ちょっと難しいかもしれませんね。
amida3@坊さんでした

投稿日時 - 2004-10-01 01:30:12

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>私と弟で母のお墓は作ることに決めました…

質問者さんは、もう一人の弟さんですか。それとも妹さんですか。また、お二人とも結婚しておられますか。
結婚した子どもが両親の墓に入れるのは、1組だけです。お兄様が別に墓を建てられたのなら、質問者さんか弟さんのどちらかが入れます。もし独身のまま亡くなったらどちらも入れます。
現今の法体系下では、必ずしも長男が親の墓に入らなければならないわけではありません。
質問者さんか弟さんかのどちらかが、ご両親をお守りしてあげればよいのです。

>兄の葬儀は、兄の信仰していた宗教ではなく兄嫁の家の望むかたちで…
>遺骨は、兄嫁の「もの」なんでしょうか…

兄弟姉妹より夫婦の絆のほうが優先されます。いた仕方ないことと考えます。

>まったく他人の墓地に兄のために参らなくてはならない…

お墓はお兄様夫妻の物ですね。
質問者さんがどのような土地柄にお住まいなのか存じませんが、都会では他人の墓地にお墓を立てることは当たり前の行為です。公営、民間を問わず、霊園などというものはすべて「他人の墓地」ですね。
同じように考えられませんか。

投稿日時 - 2004-09-30 21:44:46

あなたにオススメの質問