こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会保険の扶養について

私の両親のことですが・・・
父は会社員です。
母は父の扶養になっています。
母はパートで働いています。
今年から2つの会社を掛け持ちして働いているのですが、年収130万を超えないよう調整したいと思っています。(昨年は70万でした)
ところで、‘年収130万’には交通費は含まれるのでしょうか?
また、税金は税務署に申告に行かなければならないのでしょうか?
教えてください。
お願いします。

投稿日時 - 2004-10-02 23:25:32

QNo.1026214

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

健康保険の専門家としてお答えいたします。

>‘年収130万’には交通費は含まれるのでしょうか?

130万円とおっしゃってらっしゃいますので、健康保険の扶養認定基準のことではないかと推測いたします。
健康保険の扶養認定基準としては、交通費も含めて12ヶ月の収入(つまり総支給額ですね。)が130万円以上である場合は、扶養から外れなければなりません。

ただし、お父さんの所得税の扶養控除である年間103万円(1~12月)については、非課税分である交通費は含めません。

投稿日時 - 2004-10-03 01:15:29

お礼

ありがとうございました。
専門家の意見は、大変心強いですね。
また何かありましたら、よろしくお願いします

投稿日時 - 2004-10-03 21:13:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

#4の追加です。

社会保険の扶養の件で書き忘れましたが、130万円の枠には、通勤交通費も含めて計算します。

投稿日時 - 2004-10-03 08:36:59

ANo.4

扶養には、所得税の扶養と社会保険の扶養が有ります。

1.所得税の扶養。
1月から12月までの年収が103万円以下であれば扶養になれます。
通勤交通費については、バスや電車などの公共の交通機関を利用する場合、月額10万円までは所得税がかかりませんから、収入には含まれません。

2.社会保険の扶養。
今後12ケ月間の収入見込額が130万円(月額約108千円)を超えなければ扶養になれます。
130万円を超えると扶養から外れて、ご自分で市の国保に加入することになります。

又、本人の所得税については、2ケ所から給与を貰っている場合は次のようになります。
「扶養控除等申告書」はメインの一か所して提出できず、これを提出している勤務先では年末調整で、1年間の所得税の精算がされますが、サブの勤務先では年末調整を受けられません。
そのために、確定申告の時期に2ケ所の源泉徴収票を添付して確定申告をして、1年間の所得税の精算をする必要が有ります。

投稿日時 - 2004-10-03 08:35:19

お礼

とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-10-03 21:09:03

ANo.2

●基本的に交通費は課税対象にはなりません。但し派遣さんの場合は「交通費も含めて(交通費としてではなく)支給」の場合があります。お母様はパートですので、非課税と考えて大丈夫でしょう。
●2カ所から給与をもらっているので、確定申告が必要です。郵送でも受け付けていますので、結構大丈夫ですよ。2カ所分の源泉徴収票が必要になりますね。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

あと、130万で調整されていると言うことですので、お父様は「配偶者控除」ではなく「配偶者特別控除」になると思います。これはお母様の所得額によって段階的に控除額が減額されますので、お父様の所得税は上がると思います。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1191.htm

投稿日時 - 2004-10-03 01:10:39

お礼

ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2004-10-03 21:14:55

ANo.1

毎月もらう給与明細にきちんと「通勤手当」として支給されているなら、所得税はかからないので、年収には含まれません。

ただ、小さい会社だと給与計算間違いされてないかの確認も含めて、1~12ヶ月分の給与明細の支給額から通勤手当だけ引いた額を足し算してみるのも大事です。

税金を税務署に申告、は誰の分かと、どういう事情かわからないのですが、お父様の扶養に入っている、ということから
年末調整のときに、お母様の源泉徴収票をお父様の会社に提出しているんですよね。
サラリーマンの特権で、税金の納付は全て会社が準備してくれます。

サラリーマン(ウーマンも)が個人で確定申告することといえば、高額医療費や、会社での年末調整を断って個人で確定申告したい人とかです。他にもいろいろ事情があるけれど、そういう特殊な場合のようです。

もし、お父様の扶養から外れたら、お母様は自分で国保や年金を払って確定申告しなければならないと思います。

投稿日時 - 2004-10-03 00:34:47

お礼

ありがとうございました。
参考になります。

投稿日時 - 2004-10-03 21:17:02

あなたにオススメの質問