こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教えてください

私は、ESLも含め来年の6月くらいから留学する予定です。今は日本の専門学校で留学の準備ため、経済学・数学・アメリカ史・アメリカ政府・コミュニケーション・コンピュータなどをネイティブの先生から、習っています。これからは、心理学・ビジネスロウ、生物学なども始まります。そしてそれが私の通ってる学校の提携大学(アメリカ)へ単位移籍できるというシステムなんですが、やはり授業はとても難しいです。なかでも私の一番の問題は、専門用語がバンバン出てくるということです。英語で理解しなければいけないのはすごくわかっているのですが、やっぱり日本語のほうが何倍も理解しやすいし、今のハードスケジュール(一日平均6時間、多い日は8時間)のなかでより効率的に理解したいと思っています。これから留学する者としてはよくないのかもしれないのですが、以下の教科の英語→日本語の用語集みたいな本かサイトかあればどんなものでも結構なので教えてください。
経済学・ビジネス・ビジネスロウ(法学?)・会計学・心理学・生物学
これ以外でもアメリカに行ってからも役に立つ教科のサイトなどがあったら教えてください。
ちなみに私は来年はアメリカのコミュニティカレッジ(提携校)入学、編入コース(一般教養)の後、4年制大学に編入して、その時に何をメジャーするか決める予定ですので、今は何をメジャーするかは、はっきりとは決めていません。

投稿日時 - 2004-10-11 13:36:59

QNo.1037458

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。wickです。

私はカナダの短大・大学・専門学校を卒業しました。
私の専攻は日本でも多少勉強しましたが、それでも日本語でわからない専門用語はバンバン出てきたし、卒業に伴って取らなくてはいけない教科に関してはやはりちんぷんかんぷんな部分はありましたが、逆に日本語にいちいち治さないで勉強した分、楽だったかもしれません。

日本語の方が理解しやすいのは当然の話ですよね。でも、それをいっていたら、アメリカの大学で勉強する意味はなくなってしまうと思いませんか? アメリカの学校で勉強すると言う事は、当然の話、英語で勉強する事なのですから、#6さんのおっしゃるとおり、日本語で理解しようとすれば限界がありますし、最終的には逆効果になります。英語で行われている事を、日本語で理解しなおし、レポートやテストなどはまた英語に直すことになりますから、通常の倍、もしくは倍以上の労力がかかります。

せっかく英語が多い環境にいらっしゃるのですから、今からどっぷり漬かるくらいの勢いでとにかく英語で理解するように努力された方がいいですよ。

ところで、メジャーを何にするかは大学に編入してから、とおっしゃっていますが、ある程度短大に入った時に考えておいたほうがいいですよ。大学に編入する時点で3年からの場合は専攻は聞かれますし、決めた専攻によっては、何も考えずに短大で取得した単位が無駄になることもありますから。

多分ご存知だとは思いますが、通常大学3、4年次は専門分野の勉強をしますが、そのコースを受講するのには、1、2年次で基礎のコースを受講していないと受けられない場合がほとんどです。それを考えると、3年になってから専攻を決めようとするのは、ちょっと遅すぎます。

もっとも、専門学校から留学するのであれば、ある程度のガイダンスがあるでしょうから、私の意見が当てはまらない事もあるかもしれませんが… 是非カウンセラーの方にお話を聞いてください。

ある意味、日本でそれだけの準備ができるなんて、ラッキーですよ。私の場合は高校を卒業してすぐに留学しましたから、最初はとても苦労しました。

頑張ってください。

投稿日時 - 2004-11-01 02:14:55

お礼

 やはり初めから英語で理解する方が良い見たいですね・・・実は学校の先生に専門用語が英語じゃ理解するのが難しいです。と相談(?)したところ、やはり日本語にしようとしないで英語のままで考えなさい。と言われました。その当時はそれができないから聞いてんじゃん!って正直思いました。でもホントは、今日本語に頼ろうとしているのは、(笑われるかもしれませんが)きっとまだ英語onlyの学生生活が想像できないからかもしれません。留学のことを考えればやはり日本語にしないほうがいいみたいですね!
 今の時点での勉強方法としては、英語である程度理解し、専門用語の解説を頭の中で少し日本語で整理する。みたいな感じでも大丈夫でしょうか?私の英語力では(まだTOEFL173点まであと少し届かない・・・泣)まだまだ英語だけで100%理解できません。
 メジャーについてはwickchick さんが言うとおり、何を専攻するかによってどの教科をとるかはすごく重要な事だと思っています。せっかく取得した単位を無駄にしたくないです。そこらへんは先生やカウンセラーの方に相談していきたいと思います。
 私も自分自身で今の自分の状況は両親にすごく贅沢をさせてもらっているように思います。だからこそ、この留学を成功させなきゃ、と感じています。私の友達の中には留学中に精神的な問題などで途中で帰国してしまう人が何人かいます。さらに学校の先生には「あなたたちは留学のいいところはいっぱい知ってると思うので、アメリカの恐い所(?)教えてあげる!」なんて言われて、すごい怖いです・・・でも確かに知っておかなければいけないこと、すごい大切だと思いました。まだまだアメリカのことはもちろん、留学の事もわからない事がたくさんあり不安ですが、一方では実はすごく楽しみでもあります。
  経験者さんのお話は私にとってすごく参考になります。ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-11-01 22:27:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

おはようございます。補足を読みました。

>今の時点での勉強方法としては、英語である程度理解し、専門用語の解説を頭の中で少し日本語で整理する。みたいな感じでも大丈夫でしょうか?私の英語力では(まだTOEFL173点まであと少し届かない・・・泣)まだまだ英語だけで100%理解できません。

最初から英語だけで100%理解できる人などいません。でも、だからと言っていちいち日本語を頼っているようでは、いつまで経っても英語だけで理解する事は出来ません。

TOEFLの点数がある程度達すれば英語で100%理解できるようになるわけではなく、自分で理解できるよう努力しなければいつまで経っても英語で理解できるようにはならないでしょう。先生から頂いたアドバイスのように、日本語は忘れて英語で考えるようにしましょう。

日本にいるから難しい、とか、わからないから仕方がない、などと考えるのは辞めましょう。結局の所、自分自身が努力できなければ、アメリカに行こうが、どこにいようが、目標は達成できませんよ。大変なのはみんな一緒です。でも、その大変さを乗り越えれば、きっと英語で理解できるようになるし、色々と周りが見られる余裕も出てくるでしょう。

頑張ってくださいね。
また、わからないことがあったら、おっしゃってください。

投稿日時 - 2004-11-02 10:50:46

お礼

ありがとうございます。
今の私は「アメリカに行ってからは日本語に頼らない」と考えていたりと、まだまだ甘えの部分が多かったみたいです。でも人間は今できない事なんて、アメリカに行ってすぐ変われるわけないですよね・・・。今から変わらなきゃ遅いんだということに気づきました。
まだまだわからない事はたくさんあります。どうしてもわからない事はまた新たに質問させていただきます。
wickchickさん、そして皆さんこれからもよろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-11-10 00:30:41

ANo.6

私は、アメリカの大学(経済学部)を卒業しました。正直言って、同じ事を悩み、同じような勉強方法をやりましたが、このやり方には限界があります。やめた方がいいやり方です。サブテキストとして日本語のテキストや参考書を使うのは、良いでしょう。しかし、アメリカの教科書は、少なくても私の経験上、非常にわかり易く具体的に書いてあります。専門用語の定義なども必ずわかり易く書いてあります。しかし、英語がわからないと、わかり易く書いてあっても読めない。つまり、専門用語に問題があるのではなく、むしろ、英語力に問題があると言えます。従って、日本語は、なるべく読まない方が良いし、英語に接する機会を増やすべきと言う事になります。また、どの学部に行くかわからないと言う事でしたが、必ずあたる壁は、数学です。簡単な数学もやりますが、必ず微分の勉強をしてください。高校レベルでかまいません。もし経済学部であれば、微分は必須です。

投稿日時 - 2004-10-24 23:31:19

お礼

やっぱり数学ですよね・・・今通ってる学校でも単位移籍のためカレッジマスを一学期にやりました。最初は”算数じゃん”とバカにしてたんですけど、strategyという章に入った瞬間チンプンカンプン・・・期末テスト(一学期の)で、ここはあんまりでないだろう。と思っていたら、先生(アメリカ人)がstrategy大好きみたいで、strategyが50%くらい出てしまって最悪でした。単位移籍できる評価(c)以下の成績だったので、もう一度アメリカの大学で取り直さなきゃいけないいんですよ・・・

  確かにアメリカの教科書ってわかりやすいですよね。たくさん具体例などがついいてて。今経済学で、N.Gregory Mankiwさんのessentials of economics third editionというテキストを使っています。すごいわかりやすいです。でもやっぱり日本語の時もだと思うのですが、どうしてもわからないところが出てきます。先生(アメリカ人)に聞こうとするんですけど、テスト前は特に先生のところには常に生徒の列ができています。休み時間は10分あるけど、教室移動などで並んでも時間オーバーになってしまう時がほとんどだし、メールでの質問もしていますが、やはりたくさんの生徒がメールをしているみたいで時々返事が来なかったり、メールでは説明しにくいから休み時間に聞きに来て。といわれます。そんなんこんなんで、わからないままにはできないので、やっぱり自分で調べたりしなきゃいけない時は、ここ(日本)には日本語の参考書しかないので、英→和(定義とかではなく単純に、うまく言えませんが、専門用語の日本語バージョン)がほしいなぁって思っちゃうんです。でも確かに英語力は関係していると私も思います。一学期よりは今の方が断然教科書読むスピードや理解は早くなっていると思います。
やっぱり留学経験されてる方と私を比べると(比べられませんが)私はまだまだだなぁと実感します。
ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-10-26 03:12:28

ANo.5

留学の事を考え日本で不安になるのはわかりますよ。私もそうでしたから。でも、いざ留学してみると普通にやっていけます。そこの専門学校卒業でやっていけない人っていうのは本当にごくわずかの人です。みんな普通にやっていけてます。こう言われても実際に留学してみないとわからないと思いますが、あまり心配はしないで下さい(って言ってもどうしても心配だろうけど)。先生が「あなたなら大丈夫」って言ってるのも、渡米前に同じ事を言ってた生徒達も普通に大学を卒業して帰ってきてるからですよ。

心理学は遅かったですか。私は先生達が「アメリカの大学生はみんな心理学をとる」とか言ってたし、移籍されにくいなんて一言も聞いてなかったから移籍の事を考えてとりましたが、全く逆で移籍できる提携校はほとんどありません。まあ今習っておけば万が一アメリカで心理学の授業をとる時に授業内容がかぶってきっと重宝しますよ。

投稿日時 - 2004-10-14 11:03:12

お礼

そうですよね!卒業生の方が言うのだから間違いナイですね!!でもやっぱり自信が持てません・・私は周りの人に比べたら精神的に弱いし・・・ホント不安な気持ちはキリがない!!!早くTOEFLの目標点を取りたいです!!10月1日にCBTをはじめて受けたんですが、結果は最悪です(正式な結果はまだ来てませんが)。その事がさらに私を不安にさせます。11月にPBTを受ける予定ですが、期待できません(PBTも初めてです)。しかも明日(10月15日)ITP受けるんですよ!!5月(TOEFLについて何も知らないで受けた時)の453点以上は取りたいです。

いろいろアドバイスありがとうございました。"先輩"と言う事で学校のことも理解されているし、私の不安な気持ちも理解してくれて嬉しかったです!!ホントにありがとうございました!!!!頑張ります!!

投稿日時 - 2004-10-14 19:20:27

ANo.4

ああ、あの先生ね。私はあの人の授業受けた事ないけど知り合いの話によると類義語大好きだったり授業はかなりハードだとか・・・。でも以外に人気があるんだけどそれはなんでだろう?

それと、アドバイス。心理学を選択でとるのはアメリカで心理学を専攻しないかぎりやめておいたほうがいいです。そこの心理学の単位はほとんどの提携校に移籍できないから、それなら異文化コミュニケーションの方が結構移籍されるからそっちをとったほうがいいです。それと、TOEFLの問題を解く授業があると思いますが、それは本当にちゃんとやっておいたほうがいいですよ。ESLの授業はもちろん全て英語だから形容詞、副詞とかも全て英語名で言われます。だから日本でできるだけグラマーの知識を身につけておいたほうがいいし、形容詞とかを英語で何と言うか知っておく必要があります。渡米するときに日本語で書かれた英文法の本をもって行くと重宝しますよ。今のうちに英語のラジオでも聞いてリスニングに慣れておくのも必要です。

そこの学校のスケジュールに比べればこっちでの生活はもっとゆるいです。その学校よりかはスケジュールもきつくなくて時間がいっぱい使えるしね。でも授業はそっちよりもずっと難しいよ。たまにそこの専門学校時代は楽だったな~って考えるときもあります。

投稿日時 - 2004-10-13 07:24:29

お礼

卒業生の方ですか!!世界は狭いですね^u^あの先生が人気なのは何でだろうと私も思います。散々苦しめられてるのに・・・でも時々その苦しみが心地よく(?内○病かな??)感じるときもあります。それにTOEFLを満点取るなんて少し病気かと思いますが、やっぱり尊敬します。でも最近私のクラスはTOEFLの点数が伸び悩んでるらしく、先生がイライラしているようにも感じます。
ちょっとショックです!!私もう心理学を選択してしまいましたT_Tしかもその締め切りは一週間くらい前でした。そんなぁ・・でもなんとなく、心理学はアメリカで絶対に先攻しないだろうと思っているので、覚悟はしてましたが。。今ちょうどinternational communicationの授業をとっているんですが、あんまり単位移籍を期待してなっかたのですが、そうなんですか!!
もうここ最近一日3時間も寝てないような気がします。なんか改めてそう考えると、白髪が生えてきそうです。ホントに疲れたぁぁぁぁ!!やっぱり授業の内容や宿題の量などはアメリカの大学のほうがすごいんでしょうね・・最近アメリカに行ってから私はやっていけるのだろうかと日本にいながら不安です。ギブアップして途中で日本に帰ってきてしまうんではないかとか・・そういう知り合いがいたもんですから、すごく不安です。学校の先生に相談しても「あなたなら大丈夫よ!」の一言です。こっちは真剣に悩んでるのに!!確かに日本で悩んでたって仕方ないのはわかるんですけどね。すみません長々と書いてしまって。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-10-13 18:46:56

ANo.3

確かに専門用語ばっかりで英語の教科書を読むのは難しいですね。日本語で内容を理解した後に英語の本を読むとなんとわかりやすい事か・・・。

とりあえず経済学の用語集です。私も今経済学をアメリカで勉強してますが英語だと何を言ってるのかさっぱり。

http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~hkyoji/minijiten.htm

http://tomochan2002.at.infoseek.co.jp/words_of_economy.html

授業は難しいかもしれませんが、今のうちに専門用語になれておいたほうがいいですよ。留学後に助かります。アメリカ史、生物学はTOEFLに必ず出題されるので覚えて損はないかな。私、多分あなたの専門学校知ってます。

投稿日時 - 2004-10-12 15:14:26

お礼

今マクロ経済を授業でやっています。今までのビジネス系の授業の中で一番難しいと感じています。そしてこれからミクロに入っていくのですが・・経済学なんて(どの教科もですが)まったく日本語でさえ習ったことないのに・・・と毎日半泣き状態です。きっとこれから参考になるサイトです。
生物学は私もほぼTOEFLのために選択しました。高校のときに生物を選択していなかったので、(生物をとっていた)みんなにおいていかれるんじゃないかと不安な教科です。
私の専門学校わかりますか??もしかして、卒業生の方だったり??そしたらきっと、鬼(?)の内○先生知ってますよね??10timesとかマイナス1とかが口癖で、類義語が大好きな・・・この先生には私は毎日泣かされています。
この学校ってありえないくらいハードですよね?アメリカの大学と比べてどうでしょうか?
参考になるサイトありがとうございます。
もしよければ、アメリカでの生活、大学の授業についてのお話聞かせてください。

投稿日時 - 2004-10-12 22:13:17

ANo.2

US 子会社の立ち上げで、日本語でもやったことのない会計帳簿もやることになり、重宝しているサイトです。何処まで役に立つか知りませんが参考までに。

参考URL:http://www.jusnet.co.jp/izumi/ac/index.html

投稿日時 - 2004-10-12 03:27:11

お礼

お返事ありがとうございます。一学期にaccountingの授業のときに見た用語がたくさんありました!!就職のことを考えると、ビジネス系の分野が一番就職しやすいと先生が言っているのを聞いて簡単なことではないとわかっているんですが、少し会計学にも興味があります。まだ初歩的な授業でしたが、あまり難しいとは思わなかったし、計算は結構好きなほうだし・・・と少し甘いかもしれないですが。
とっても参考になると思います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-10-12 21:49:53

ご質問の、用語を一対一で英語→日本語にしてあるサイトなり本があるかどうかはわかりませんが、「入門○○」とか「よくわかる△△」といった本を読むと概要がわかるのではないでしょうか。

確かに英語ですべて理解できればいいのですが、初めて勉強する分野などは日本語である程度の基礎知識が入っていると理解度が違ってきます。

会計学や経済学は書籍、新書たくさんあります。心理学は認知心理学、発達心理学などいろいろわかれています。まず、お金をかけずに図書館で何冊か借りてみてはいかがでしょうか。

私も英語でわからなかったとき、関連分野の日本語の本を何冊も読んで、基礎的な知識を習得しました。

投稿日時 - 2004-10-11 16:24:41

あなたにオススメの質問