こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

接続方法を教えて下さい

ONKYOのFR-S7GXDV(以下コンポ)とPCのサウンドボードCREATIVE製Sound Blaster Audigy2 ZS Digital Audio(以下SB)を相互に光デジタルケーブルで接続してみたのですが、正常に音声が出ません。
止むを得ずSBのLINEOUTとコンポのLINEINだけを接続してあります。この状態でコンポの光デジタルOUTとSBの光デジタルINを接続すると、また正常に音声が出なくなります。同じくこの状態でSBの光デジタルOUTとコンポの光デジタルINを接続すると、コンポのLINE、DIGITALとも正常に音声が出ます。
せめてPCからコンポへはアナログ、コンポからPCへはデジタルで接続したいので宜しくご教授下さい(故障したSOTEC製RD-VH7PCとPCとはこの方法で正常に接続ができていました)。

投稿日時 - 2004-10-12 13:24:13

QNo.1038768

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ループ配線になっていますのでこのようにしましょう。

現在の使用方法では、ループになります。
SB→ライン入力/デジタル出力→SBの場合
アンプのファンクションをLINEにすると・・・
SB出力→ライン入力→A/D変換→デジタル出力→SB入力→SB内ミキサー→D/A変換→SB出力・・・
このようになります。

パソコンのオーディオコントロールの再生項目で、
外部入力(AUX)やライン入力(LINE)、デジタル入力を無効(ミュート)にするか音量を最小にします。
オーディオコントロールの録音項目で、外部入力(AUX)やライン入力(LINE)、デジタル入力以外からの音が入らないように音量を最小にし、録音対象から除外します。

これでループすることがなくなりました。

実際の配線はテープ/CD-R端子を使うかデジタル接続です。
1.SBの音をコンポで聞く場合
アンプのファンクションをテープ/CD-Rにセット
2.コンポの音をSBで録音
アンプのファンクションをテープ/CD-R以外にセット
これで対応できるはずですがいかがですか?

投稿日時 - 2004-10-14 10:01:35

お礼

分かり易い解説、ありがとうございました。
やっと仕組みというか原因がわかりました(苦笑)。
つまり、コードを繋ぎ変えて物理的に変更するか、設定を操作してソフト面から変更するかして、ループさせないようにする訳ですね。
故障したSOTEC(KENWOOD)の場合は、ファンクションの操作だけで済んでいたので、ONKYO製品でもできるものだと思い込んでいました。
チョッと面倒ですが、音は格段に良いので、メーカーの設計思想ということにして我慢します。
いろいろ勉強になりました。

投稿日時 - 2004-10-14 17:10:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

SBからオーディオ機器への出力は、デジタルでも可能です。
但しSB側でオーディオフォーマットを固定してあげてください。
可能であれば、48KHz16BitステレオPCMにしてください。
正常に再生できない場合、44.1KHz16BitステレオPCM
にしましょう。
SB側で必ずデジタル出力を常時有効にしてください。
条件付有効では、すべての音を出力できません。

オーディオ機器からSB経由で入力する場合、
音声信号がループしないようにしてください。
SB側で出力を停止するか、物理的に切断してください。
オーディオ機器にミキシング機能がある場合無効にするか、音量を最小にしてください。

3つの内いずれかを行えば、ループは解除できます。

もしよろしければ詳しく「不正な音」を教えてください。

ノイズなのかハムなのかそれ以外なのかで変わってきます。
不正な音を言葉で書いていただいてもOKです。
たとえば・・・
ノイズだと「バリバリ」や
ハムだと「ブーン」「むぉ~ん」などです。
また連続なのか不定期に混入するのかわかれば幸いです。

投稿日時 - 2004-10-12 20:18:30

補足

返信が遅れましてすみません。
音の状況ですが、正常に曲が出ている時に光デジタルケーブルを繋ぐと「むぉ~ん」に近い感じになり、曲が途切れ途切れに「プチプチ」としか聞こえない感じになります。
こんな状況ですが、宜しくご教授下さい。

投稿日時 - 2004-10-13 07:34:30

あなたにオススメの質問