こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

米の読み仮名

 漢字検定試験のように、正式に読み仮名をつけな
ければならないとき

「米」という字にメートルという読みを書くのは
間違いでしょうか?

同様に「頁」と書いてページと読むのは
どうでしょうか?

「1頁」 これに読み仮名をつけなさいと
いう問題があったとして、
いちページ、若しくはいちぺいじ
と書いていいのでしょうか?
正式には
いちけつ
ですか?

米がメートルという意味を持つ
頁がページという意味を持つのは
分かるのですが、読み方に疑問があります。

メートルとパソコンで打って変換しても
米という字は出てきませんが、
ページと打って変換すると頁という
字が出てきます。(因みにIMEです
ATOKなら違うかな?)

投稿日時 - 2004-10-15 04:41:23

QNo.1042681

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

(5)「一頁」を「イチケツ」と読んではいけない
 「頁」には、異なる系統の2種類の漢字音があり、その読みによって意味も違います。音の使い分けで意味も違うという漢字は他にもあり、たとえば「易」は、「容易」「平易」など「イ」という音の時は「むずかしくない・たやすい・~しやすい・手軽だ」という意味です。しかし、「貿易」「不易」など「エキ」という音の時は「交換する・変化する」という意味になります。
 さて「頁」ですが、漢音で「ケツ」あるいは呉音で「ケチ」と読むときは「かしら・こうべ・頭」という意味です。「頁」のもう1つの音は「ヨウ」です。「ページ」という意味の時は、こちらの方の読みを使います。「ヨウ」という音が「葉」に通ずるからです。ちなみに現代中国語では「イェ」と発音します。ですから、「頁」が「ページ」の意味の時には「ケツ」と読んではいけません。

(6)「一頁」は「いちページ」
 上記のような理由により、「一頁」を、「1ページ」という意味で漢字音で読むときには、「いちよう」(現代中国語では「イーイェ」)です。しかし、これは、現代日本語の語彙としては不自然な表現ですから、「訓読」した方がいいでしょう。訓読するとなれば、「ページ」という意味の「やまとことば」が無い(あるいは、あっても死語になってしまっている)以上、「ページ」という外来語で読むしかありません。将来、戦前のように「英語は敵性言語だから使用禁止」というようなことにでもなれば、「頁」を「ページ」と読むわけにはいかなくなって、新しい「訓読」が考えられたり、「よう」という「音読」が普及したりするかもしれませんが、そうならないかぎり、「一頁」は「いちページ」です。そして、外来語の表記はカタカナで書くのが一般的なので、読みの表記は「いちページ」がよいと考えます。
 ちなみに、漢字の読みの表記にカタカナを用いてはいけないというルールはありません。「音読」の表記を意図的にカタカナにして、「訓読」と区別する場合もあるくらいです。

(7)外来語をひらがなで表記するのは特殊な場合
 いま私は「外来語表記はカタカナが一般的」と申し上げました。広い意味では漢語も外来語ですが、通常は漢語は外来語としては扱われていません。「外来語はひらがなでは表記せず、カタカナで表記する」というルールは、日本語の歴史の中では比較的新しいものだろうと思うのですが、少なくとも現代においては一般的なルールだろうと思います。「メートル」を「めいとる」「めえとる」と書くのは一般的でなく、「ページ」を「ぺいじ」「ぺえじ」と書くのは一般的ではないということです。永井荷風の「ふらんす物語」という表記なども、特定のねらいを持った特殊な表記だったと思われます。

投稿日時 - 2004-10-23 19:00:44

お礼

詳しいご説明本当に有難うございます。

 一頁と書いて「いちぺーじ」
と読んでいいわけですね。

 一米と書いて、「いちめーとる」
と読んでいいわけですね。

 漢字1文字の読みが英語の発音を
表す(当て字じゃなくて)なんて
他に例がないだろうというのも、
頁の発音がぺーじじゃないだろう
と思う1つの理由だったのですが、
他にもあるなら納得です。

 この件も含めて、漢字の成り立ちに
興味がわきました。本を読んでみたい
と思いますので、そのことは別の
質問にさせて頂きます。
 よろしければ、そちらにも何か
ご回答を下さい。

 みなさんからもいろいろ教えて頂き
ました。有難うございました。
 

投稿日時 - 2004-10-24 21:35:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.10

(1)私の結論
 ご質問は「漢字検定試験のように、正式に読み仮名をつけなければならないとき」ということですが、どういうものが「正式」なのか(たとえば常用漢字表のように政策的に定められたものが「正式」で、伝統があっても「表」になければ「正式でない」のか)、また、「漢字検定試験」はある種の「権威」を持っているとは思いますが、そこで通用するかどうかが「正式」かどうかの分かれ目なのか、そういうことが私にはわかりませんので、私の考えを書かせていただきます。
(1)長さの単位としての「米」にルビを振るとしたら「メートル」という読みを書くべきです。
(2)同じく「頁」にルビを振るとしたら「ページ」という読みを書くべきです。
(3)「頁」に平仮名で「ぺいじ」という読み仮名を書くのは一般的でないので、私はお薦めしません。
(4)「一頁」を「いちけつ」とは読みません。

(2)漢字の「音読」「訓読」
 「釈迦に説法」であるとは思いつつ、「そもそも……」ところから話を始めさせていただきます。ご存じのように漢字は本来中国語の文字です。
 その漢字を、中国で発音されていた音のまま日本人が読んだのを、「音読(おんよみ)(おんどく)」というのですよね。もちろん、それは、中国語の発音そのままではなく、日本語の音韻体系で発音できる「似た音」に変えて読んだものです。中国語の発音が時代によって変化するにつれ、日本語では、古い漢字音と新しい漢字音の両方が使われるようになりました。たとえば「米」を漢音で「べい」と読むと同時に、呉音で「まい」と読んだりします。では、現代中国語では「米」はどう発音するかというと、「ミィ」です。ですが、私たちが漢字の「音読」を問題にするとき、一般的には現代中国語の発音は含めないようです。だいたいは漢音・呉音、せいぜい唐音くらいまでです。
 それに対し、「訓読(くんよみ)(くんどく)」というのは、その漢字の意味に基づいて、日本語に訳して読んだものです。たとえば「米」を「こめ」「よね」と読むのは訓読ですが、この「こめ」というのは、漢字が伝来する以前から日本語として使われていた日本語固有の言葉、いわゆる「やまとことば」です。

(3)「米(メートル)」は「訓読」の一種
 中国で「米」が「メートル」の意味で使われるようになったのは、西洋からメートル法が入ってきた近世以降です。No.#8の he-goshite- さんがおっしゃるように、フランス語の発音に近づけて中国人が「米突」と書き、それを略して「米」という字が「メートル」という単位を表す字として定着したのです。(「粁(キロメートル)」などは、「米」をもとに日本人が作った「国字」ですが、「メートル」に「米」を当てるのは中国語なのです。)
 さて、この「米」という字を「メートル」の意味の漢字として中国で用いるということが日本に伝わったとき、すでに日本にもメートル法が入ってきており、「メートル」という外来語も使われていました。しかし、当然のことながら、日本語には「メートル」に相当する日本語固有の言葉はありません。そこで、単位「メートル」の表記に「米」という漢字を(中国に倣って)用いるのであれば、それをどう読むか。選択肢は2つしかありません。「マイ」(ちなみに現代中国語の「米」の発音は「ミィ」で、「マイ」ではありませんが……)と音読みするか、「メートル」と外来語読みするかです。外来語は「やまとことば」ではありませんが日本語と見なせますから、「メートル」は広義の「訓読」だと思います。
 もちろん「一米」を「イチマイ」と読むことも可能だったでしょうが、日本人の大勢は「イチメートル」という読みに収束していきました。ですから、「一米」は、発音上は「イチメートル」と読むのが正しいのですが、問題はその表記なのですよね。

(4)読みの表記は日本語の一般的表記に従うべき
 私は、表記は現代日本語の表記ルールに基づくべきだと思います。つまり、日本語の標準的な表記でカタカナである言葉は、読みの表記においてもカタカナで書くべきだということです。事実、「印度」の読みの表記は「いんど」でなく「インド」です。したがって、「めーとる」ではなく、「メートル」であるべきです。

(5)続きは……
 実は「頁」の読みについては、別の事情があります。もし、回答が締め切られなければ、もう少し後で「頁」についても私見を述べさせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。

投稿日時 - 2004-10-23 14:32:08

ANo.9

 #5、6です。

>念のため確認しますが、これは、意味だけではなく、読みがこのとおりと考えていいのですね。
 いえ、駄目です。「千=キロ、百=ヘクト、十=デカ、分=デジ、厘=センチ、毛=ミリ」は意味のみです。言葉が足りませんでしたね。これらは意味の例示で、米へんを付ければ、粁(キロメートル)、粨(ヘクトメートル)、立へんを付ければ竏(キロリットル)、竡(ヘクトリットル)になるという意図だったのです(ちなみにデシメートルはありません)。

>入試試験みたいに人生を左右するような重要な試験に、米の読みを全て書け
 とあったら、「メートル」も書いてよいと考えますが、混乱を招きかねない「米」という漢字を出題者は選ばないのではないでしょうか。また、「全て書け」というような難解な問題は滅多に出題されないように思います。

 それから、恐らく余計な心配でしょうが、小論文問題などで、「1メートル」と書く機会があったとしても、「1米」とは書かないほうがいいと思います。矛盾するようですが、試験の解答では無難にいくのが一番です。

 これまで、私は覚えることばかりに集中して語源などについて深く考えることをしてこなかったので、今回のご質問、他の方のご回答はとても勉強になりました。
 最後になりますが、漢検の指針も時代の流れと共に変化する可能性は当然あります。

投稿日時 - 2004-10-17 16:56:33

ANo.8

皆さんからの書き込みで,答えは出尽くしているように思うのですが,まだ締め切らないし,お礼の記入もないのは何故でしょうね。まだ納得いく答えが出ないのかしら。

漢和辞典を開いてみました。
[米]ベイ マイ
(イ) 略
(ロ) 佛國の音譯米突の略。我三尺三寸にあたる。
(ハ) 以下略

【米突】字解の(ロ)を見よ。

とあります。(改定増補 詳解漢和大字典 冨山房 昭和二年)

ですから,もともと「米突」と書いて「メートル」と読ませたのです。この略式書き方として単なる「米」一文字を用いるようになった。ということです。
「米」の読みとして「メートル」を解答するのはよしたほうがよいと思います。

投稿日時 - 2004-10-17 08:18:35

お礼

>答えは出尽くしているように思うのですが,

 他の方の回答を見てみて下さい。
No.6の方のご回答のように
これは、「表外字訓」というもので
メートルという読みでいいという
ものもある。

 No.5の漢字検定経験者の方の
ご回答でも
>、「米」に振り仮名を付けたいなら、片仮名で「メートル」としてよいと考えます。

 と頂いています。

 でもそちらの漢和辞典を見る限り
>「米」の読みとして「メートル」を解答するのはよしたほうがよいと思います。
 
という事ですよね。!!理解できます!!
米の読みにメートルとないからですね。

そうゆう事なんです。辞書により記載が
違ったり、曖昧なんです。


例えば、入試試験みたいに
人生を左右するような重要な
試験に、米の読みを全て書けと
あったら、他の方の回答を読んでもなお、
メートルと書かないのですか?

ってことなんです。

米の意味も読みもメートルでいいなら、
この棒の長さは、1米です。と表記しても
いいのかな? 何か変のような・・・

そんな感じなんです。

試験なら採点があるから、この採点は
おかしいという人が必ずいるでしょうから、
理由をちゃんと用意していると思うんです。

he-goshite-さんのように、米の読みに
メートルなんて漢和辞典に載ってないぞと
いう人がいるかもしれない。
ですから、No.5の漢字検定試験
経験者の方が有力かな?とは思って
いるですが。

>「米」の読みとして「メートル」を解答するのはよしたほうがよいと思います。
 
というご回答と、他の方のご回答、どちらを
信じたらいいのですか?と聞かれたら、困ると
思います。そうゆう心境なんです。
どこかで閉めますが、もししっくりしたご回答が
頂けたらと思っています。

投稿日時 - 2004-10-17 15:42:03

ANo.7

「正式」というのが誰がいつ決めたものなのか分からないですね。文部省が何か出してませんかね。何も言っていないなら別に個人の自由で読んでいいでしょうし。
もっとも、「米」はメートルの頭文字なのでそれ一文字でメートルと読めるなら「米」を「アメリカ」と読んだり「英」を「イングランド」と読んでいいことになりそうですね。

>インドは「応帝亜」とも
それは中国語っぽいですね。「応イン」「帝ディ」「亜ア」で。
というか、日本で使われている外国の地名の当て字はほとんど中国語由来なので音から分からなくて当たり前です。

投稿日時 - 2004-10-17 04:22:09

ANo.6

 #5です。
 なお、「米」を「メートル」と読ませるようなものを、「表外字訓」といいます。これは外来語に漢字を当てたものに限らず、沢山あります。例えば、「愛(め)でる」、「医(いや)す」、「曜(かがや)く」などです。中には作家が勝手に当て字を付けて、いつしか習慣化し、市民権を得たものもあるかもしれません。
 蛇足ですが、外国名・都市名の当て字に関しては、音から読み取れないものも少なくありません。例えばインドは「応帝亜」とも書きます。

投稿日時 - 2004-10-16 09:54:27

ANo.5

 PCの漢字変換はさておき、漢検では経験者です。
 漢検でいえば、1級に長さや重さの単位の漢字が出題されます。キログラム(瓩)、ヘクトリットル(竡)、センチメートル(糎)などの国字(日本で作られた漢字)です。ちなみに、千=キロ、百=ヘクト、十=デカ、分=デジ、厘=センチ、毛=ミリです。
 出題は、書き問題で、「次のカタカナ部分を漢字にせよ」という形式なので、これらの振り仮名を、片仮名にすべきか平仮名にすべきか(例:センチメートルorせんちめーとる)、ここでははっきりしません。
 ただ、別の出題で当て字があり、こちらは読み問題です。こちらでは動物名、植物名などと共に国名も出題対象で、例えば「埃及(エジプト)」「墨西哥(メキシコ)」などがあります。そして模範解答を見ると、「エジプト」「メキシコ」となっているので、日本の普通の習慣で片仮名で書くものには片仮名の振り仮名をつけてよいと判断できます。よって、「米」に振り仮名を付けたいなら、片仮名で「メートル」としてよいと考えます。
 「頁」については、漢検が出している参考書によると、「ぺーじ」ではなく「ページ」が訓読みとして記載されています。なので、こちらも、片仮名で「ページ」と振り仮名をつけてよいと考えます。

投稿日時 - 2004-10-16 09:34:54

お礼

実は自分の持っている幾つかの漢和辞典、
広辞苑等でも載っていることが違ったり、
記載が曖昧だったです。ですから漢字検定
経験者のご意見はありがたいです。

>キログラム(瓩)、ヘクトリットル(竡)、センチメートル(糎)などの国字(日本で作られた漢字)です。ちなみに、千=キロ、百=ヘクト、十=デカ、分=デジ、厘=センチ、毛=ミリです。

 念のため確認しますが、これは、意味だけでは
なく、読みがこのとおりと考えていいのですね。
 例えば「彼」「彼女」という字も、明治時代に
日本語にない外国語の代名詞を表すために
作られたものと思いますが、
「彼」の読み仮名に ヒーと書いては
可笑しいですよね。意味は彼=Heですが。

>「頁」については、漢検が出している参考書によると、「ぺーじ」ではなく「ページ」が訓読みとして記載されています。

 訓読みで正解ですか。私の知り合いの間では
これが間違いだろうということになったんです。
けつ、おおがい、という読みがあるのに、
近い音をあてた当て字でもなく、一文字で
英語の音をそのまま表すなんておかしい。
他にそんな漢字があるか?ということになった
んですね。

>、「米」に振り仮名を付けたいなら、片仮名で「メートル」としてよいと考えます。

 米はマイと読むから、メートルは当て字だろうと
いうことだったのですが。

 有難う御座いました。

投稿日時 - 2004-10-17 15:12:50

おはようございます。

「頁」という字は、通常「ページ」という意味でしか使われませんし、音読みが「ケツ」ということを知っている人は一般人の中にはほとんどいません。
それだけ、「ページ」という意味のみで定着してしまった漢字です。
漢和辞典を使って、読み方で検索するときも「ぺえじ」という読みが見出しになっています。

一方、「米」は「こめ」ですし、「アメリカ」のことも指します。ですからこの文字だけが出てきてもどの意味を指すのか判断に迷います。
読み方も音読みで「ベイ」「マイ」、訓読みで「コメ」「ヨネ」といくつかあります。
漢和辞典での見出しの読み方は「べい」です。

「1頁」と書かれていれば「イチページ」だということがすぐにわかりますが、「1米」と書かれていても前後の文脈がわからなければ、瞬時に「イチメートル」とは読めないはずです。

ですから「頁」は意味も読みも「ページ」で市民権を得ているのに対して、「米」は意味の上で「メートル」を含んでいる語であり、文脈によって「メートル」と読む場合がある、という違いではないでしょうか。
ただし、「米」は常用漢字ですが、「頁」は常用漢字ではありません。

投稿日時 - 2004-10-15 10:09:42

ANo.3

「米=メートル」は「メートル法を漢字で表す」の中のひとつだと思います。(瓩=キログラムなど)
これは本来「表すための読み方」で訓読みではないのかなとも思います。

いっぽう「頁=ぺーじ」についてですが、もともと訓読みのない「頁」という文字に、英語の「PAGE」という概念が生まれたことによって訓読みとして定着したのではないでしょうか。

読み方どころか西洋文明の影響で新しく作られた漢字すらありますので(膵・腺・瓩など)、英語が語源の訓読みをする漢字があっても不思議ではないと思います。


参考WEB「日本語を読むための漢和辞典」
http://www.inv.co.jp/~yoshio/nozomu-oohara/

投稿日時 - 2004-10-15 06:43:50

ANo.2

ATOKでも「めーとる」→「米」にはなりませんでしたよ。

でも「1へいべい」→「1平米」にはなります。

投稿日時 - 2004-10-15 05:43:53

ANo.1

私の所有する漢和辞典によりますと
「米」を「メートル」と読みますが、正式な訓読みではありません。
「頁」の訓読みは「ぺーじ」で合ってます。

投稿日時 - 2004-10-15 05:26:57

お礼

お調べ頂き有難うございます。

実はこれ、時々ある辞書の誤記と関連して
いるかもしれない話なんです。

例えば 米は
音読み べい
訓読み こめ
英語の当て字としてメートルの意味がある

と思うのです。
訓読みは日本語の意味を表している
発音のことですが、ページは
PAGEという英語の読み、発音を
近い日本語表記で表したものですよね。

 例えば国名のインドですが
印度と書きます。
発音の近い音読みを組み合わせて
もとの英語の発音に近い読みを
表しているわけです。

>「米」を「メートル」と読みますが、正式な訓読みではありません。

 どういうときに限定された読みで
何読みなんでしょうか?

投稿日時 - 2004-10-15 05:52:57

あなたにオススメの質問