こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「執行文付与の訴え」書式について

建物明け渡し請求事件で和解をしました。
和解条項の中に、賃料の支払いが2回以上怠った時、「解除の意思表示があったときは、被告は、原告に対し、本件
建物を明け渡す」という条項があります。
 条件成就執行文付与申請をする際、
解除の意思表明を内容証明で発送し、不在で戻ってきてしまった場合、証明する書類がないので、「執行文付与の訴
え」を起こすことになると思いますが、どのような書式で
書いたらよいでしょうか?。いろいろ調べましたが、書式
が解りません。
 以下は自分で勝手に想像したものです。修正してください。「請求の趣旨」はどのように書いたらよいでしょうか。また、原告・被告となるのか 債権者・債務者となるのか等々教えてください。よろしくお願いします。
      訴状
          平成〇年〇月〇日
  〇〇簡易裁判所 御中
          原告(債権者)〇〇〇〇
          被告(債務者)〇〇〇〇
執行文付与の訴え
請求の趣旨
 〇〇裁判所 平成〇年(ハ)第〇〇号 建物明渡事件
 上記事件について、平成〇年〇月〇日成立した和解調書
 のうち和解条項第〇項による条件は、下記請求の原因の
 とおり成就したので、上記和解調書正本について、上記
 債権者(原告)のために債務者(被告)に対する執行文
 を付与する事を求める。
請求の原因
 御庁 建物明渡請求事件 平成〇年(ハ)第〇〇号
 は、〇年〇月〇日 同裁判所法廷にて和解が成立した
 (甲1号証)。・・(以下・和解条項の不履行を書く)
 よって、同和解条項〇の条件は成就したので、
 原告のために、被告に対し、条件成就執行文を
 付与する事を求める。
証拠方法
 甲1号証 債務名義
 甲2号証 差し戻し内容証明
  ・
付属書類
 訴状の副本
 甲号証の写し
物件目録
 〇〇〇〇

投稿日時 - 2004-10-16 13:55:59

QNo.1044308

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

内容証明が不達とのことで御苦労お察し致します。

概ねあなたの文面でよろしいかと思いますが、明け渡しを求める例で、割に近い文例がありましたので、下記に紹介します。

参考URL:http://www.asahi-web.com/shosiki/%96%AF%8E%96%95%D2/%87A%96%AF%8E%96%8E%B7%8Ds/02-019.pdf

投稿日時 - 2004-10-17 09:07:36

お礼

みなさん、ありがとうございます。
本当に助かります。
こんなURLがあったのですね。知りませんでした。
参考の書式から、何とか書いていって書記官に(これでよいか)聞いてみる様にします。
特に請求の趣旨がどのような書式なのか解らなかったので困っていました。

 もっとも、内容証明を送って、まだ3日目なのですが、未だに受け取らず、もし保管期限が過ぎて戻ってきてしまったときにどうしたらよいのか考えています。受け取れば証明ができ条件成就執行文付与の申請に証明書類として添付すれば事足りるのですが・・。前も期限の最終日にやっと受け取った様な相手です。

和解の条項がまずかったです。送られてきた和解調書に
「意思表示」の条項が入っていました。口頭弁論の時にはそのような話はしてなかったのですが・・

MagMag40さん、みなさん、ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-10-17 17:26:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

明渡執行のできる条件に「2回以上怠った時」と「解除の意思表示」の2つが絶対的条件となっていたのですか。
普通の和解調書では「解除の意思表示」は入っていないので、単に「第○項につき執行文の付与されたい」と云うことだけでいいと思います。
「解除の意思表示」が絶対的条件となっているなら例題のような訴状では無理と考えます。何故なら理由に「・・・条件は成就したので・・・」とありますが現実に意志表示が相手に届いていないからです。
私は、そのような訴状は必要ないと思いますが担当書記官に聞いて下さい。
必要だと云うなら、新たに明渡訴訟を提起し、公示送達し勝訴判決で執行するようになると思われます。

投稿日時 - 2004-10-17 09:00:28

お礼

ご回答、本当にありがとうございました。
「2回以上怠った時」と「解除の意思表示」の2つが絶対条件になっています。
「(解除の意思表示が)・・・成就したので・・・」は確かにまずいですね・・・。何とか考えて記入して、書記官に聞いてみます。
 「2回以上怠ったとき」の証明は債務者にあると思いますが、「解除の意思表示」をした事実、またそれが債務者に届いたという事実は、原告の証明義務となり、
「解除の意思表示」の内容証明が、相手が居留守を装い受け取らない場合、それを証明することができないので、「執行文付与の訴え」で、相手を法廷によびだす必要があるのだと思います。

投稿日時 - 2004-10-17 17:02:15

ANo.1

お礼

「困り度」を1のままにして質問してしまいましたが、早
速のご回答ありがとうございました。
 執行文付与申請(単純・条件成就)の、書式は解るので
すが、条件成就執行文付与申請で、証明書類(条件成就し
た事の証明)の提出ができない場合、「執行文付与の訴
え」をするようになるのですが、その書式が解りません。

本やURLを私も探しているのですが・・なかなかでてきませ
ん。

投稿日時 - 2004-10-17 06:45:31

あなたにオススメの質問