こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新築の際の名義について

検索したのですが、よくわからなかったのでよろしくお願いします。
住宅ローン減税と名義について混乱しております。

今、新築中で土地は先に購入し現金で支払をしました。
その際、夫の名義にしています。
建物のみのローンを銀行でくみます。妻は会社員ですが、この先も勤務できるかはっきりしないので夫名義(妻連帯保証)で融資を受ける予定です。

・この場合、ローン減税を受けるためには建物の名義も夫名義にしないといけないのでしょうか?
実際にお金をだした持分で名義を・・・というのをみますが、土地の際は妻名義の貯金から支払をしています。
実際は二人で貯金したものでお互い婚前貯金というものはなくゼロからはじめています。

・土地を妻名にに変更したいとなると手続きは複雑なものなるのでしょうか?
 土地、建物とも夫名義した場合、今後何か不都合は発生しますか?離婚の際はめんどくさそうというのは想像できますが・・・。

・このようなことを相談する窓口はどちらになりますか?
 税務署?市役所?

わかりにくい説明ですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-11-04 13:34:52

QNo.1069488

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>・この場合、ローン減税を受けるためには建物の名義も夫名義にしないといけないのでしょうか?
建物に対して全額ローンであればローン名義は夫のみですから、建物は夫名義でなければなりません。異なる場合には、ローン減税の問題よりも贈与税の問題が発生します。
ローン減税自体はあくまでそのローンの債務者が受けられるものですから、名義が異なると受けられません。
連帯債務のような形(連帯保証人とは異なります)であれば、そのローンの比率は建物の持分比率で配分されますが。

>実際にお金をだした持分で名義を・・・というのをみますが、土地の際は妻名義の貯金から支払をしています。
>実際は二人で貯金したものでお互い婚前貯金というものはなくゼロからはじめています。
この場合は、あくまでその預金に対する寄与度で考えます。
口座の名義は関係なく、実際に貯蓄したお金がどこから出ていたのかということです。
共稼ぎの場合ですとその判定が難しいケースが多々あると思います。このときには簡単に二人の年収比率で分けるという方法があります。つまり過去の収入による預金ですと、過去の年収比率から貯蓄への寄与度を計算して、分配するわけです。

>・土地を妻名にに変更したいとなると手続きは複雑なものなるのでしょうか?
土地に対して今現在ローンを組んでいないのであれば簡単です。
とはいえ素人が行うには難儀な手続きとなりますので、大抵は司法書士に依頼します。
なお、全部妻名義にするとその貯蓄に対して夫が寄与しているのであれば、夫から妻への贈与になりますので、先に述べた持分での共有名義とするのがよいでしょう。

>土地、建物とも夫名義した場合、今後何か不都合は発生しますか?
土地については贈与税の心配ですね。特に住宅ローン減税を受けるときには、細かく申告することになるので、指摘される可能性があります。厄介なことに共有名義になっていないときには、後から登記を変更するのはローンを組んだ後では簡単ではないということなのです。
建物は全額夫のローンということで問題はないでしょう。厳密に言うと妻の収入を返済に回すと夫に対する贈与になりますが、年110万までは非課税なのでその範囲に収まる限りは問題にはなりません。

>・このようなことを相談する窓口はどちらになりますか?
税務署になります。

投稿日時 - 2004-11-04 14:49:18

お礼

丁寧な説明ありがとうございました。ローン減税を夫が受けるためには 夫名義の建物、夫名義の融資でなければならないのですね。

土地を妻名義にしようかと思っていたのですが、実際のところ特にメリットはないのかなと思いました。今とりたてて変更しなくても問題はないということでいいのでしょうか?
建物も土地も夫名義になることに少し不安になりせめて土地だけでも妻名義にと思ったのですが・・・変更するとなると手続きは簡単でも費用は発生しますね。
また、司法書士はどのように依頼するのかも・・・。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-05 12:57:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>今とりたてて変更しなくても問題はないということでいいのでしょうか?
今は土地には抵当権がついていませんよね。であれば今のうちに共有名義に変えておいた方がいいです。(つまり妻と夫の共有名義で持分は婚姻以降の収入比率でわけます)

>変更するとなると手続きは簡単でも費用は発生しますね。
そうですね。

>また、司法書士はどのように依頼するのかも・・・。
これは極普通に依頼すればよいだけです。
ようするにこのままだと贈与とされてしまうのが心配だから、共有名義に変更したいと。
"真正なる名義人の回復"という方法があるので、これを使うでしょう。

投稿日時 - 2004-11-06 19:36:53

お礼

早速 税務署・県税課、法務局に連絡をとり進めております。
重ね重ねありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-08 13:31:17

あなたにオススメの質問