こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカ2年制大学入学前の語学学校

はじめまして。
今、高校2年で高校卒業後に海外留学する予定です。
今のところアメリカに行こうと考えています。
2年制大学のあと、4年制大学に編入しようと思います。
日本でもTOEFLは受けるつもりですが、
短大に行く前にEnglishスクールに行った方が良いと思っています。
いきなり大学では授業についていけないのでは?と思うのと、生活に慣れるためです。

なるべく大学付属のEnglishスクールに行きたいと思いますが、
その場合は願書を出す際に、入学前にEnglishスクールに入りたい、と書くべきなのですか?
それとも先に語学留学という形で留学して、ある程度英語力がついてから願書を出すのですか?
仕組みがよくわからないのです。
また、大学付属のEnglishスクールとESLは別物なのですか?

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2004-11-07 21:10:38

QNo.1074278

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。アメリカ留学中のものです。

大体の大学では、語学学校への願書と大学へ入学するための願書は違うと思います。それぞれの大学、学科で、TOEFLの決まった点数があり、それをパスしないとまず正規のクラスに入ることはできません。

まず日本でTOEFLをうけて、その点数をとり、またその他の書類(高校での成績など)がよいと、入学許可が出ます。

TOEFLの点数がもうちょっと、また高校の成績がよいのにTOEFLはだめ、などの場合は、条件付入学ができる可能性もあります。その場合、付属の語学学校に入学し、規定のTOEFL点数が取れた時点で、大学に入学できます。

もちろん、TOEFLもとって、大学から入学許可が出た後でも、語学学校には入学できるでしょう(これは私のパターン)。

しかし、大学によっては、TOEFLをパスしても、試験などにより、特別な英語のクラスを必須とすることがあります。うちの学校ではこれをESLと呼んでいます。

願書については人それぞれですが、まず語学学校に入学する前に願書を出すのが一般的だと思います。それで、入学するのに何が必要か、ということも見えてきますから。それで、落ちてしまったら、そのだめなところを重点的に克服するのがいいと思います。

ちなみに。CollegeのTOEFLの必須点数は4年制大学のそれよりも一般的に低めですが、英語はいまから相当勉強されることをお勧めします。TOEFLは一朝一夕で取れるようなやさしい試験じゃないし、アメリカに住んだからといって、英語力が一気にぐんぐん伸びるというものでもないです。実際、アメリカに何ヶ月も住んでいて、語学学校で必死に勉強していても、いまだに希望の学部に入れない人を何人も知っています。アメリカで時間とお金を無駄にしないためにも、日本で規定のTOEFL点数を取るぐらいの気持ちでがんばってください。

投稿日時 - 2004-11-08 02:28:14

お礼

丁寧に回答していただき、ありがとうございました。
入学許可をもらってからでも、語学学校に行けるのですね。
大学によって色々違うようですから、きちんと調べてから願書を出すようにします。
遊学は絶対に避けたいし4年間という限られた時間の中でなるべく英語力を伸ばしたいので、
今から必死に勉強しようと思います。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-08 20:57:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

アメリカの短期大学と大学を卒業したものです。私の経験から述べますと、大学付属のenglish スクールとESLは、同義です。入学基準点のTOEFLのスコアーを持たない外国人学生は、強制的にESL(英語スクール)に行かされます。ESLにもいくつかのレベルがあり、どのESLクラスに行くのかのテストを受けます。テストの成績が悪いと、初歩的な英会話クラスで勉強しなければなりません。このクラスへ行ったら最悪です。電話のかけ方とか道の尋ね方など、大学教育とはまったく関係ないことを勉強させられます。従って、高校在学中にTOEFL450点は欲しいです。しかし、もっと大事な事は、高校での勉強をしっかりやる事です。短期大学や大学のフレッシュマン(一年生)では、日本の高校で勉強した事を再学習する事が多いです。英語がわからなくても出来る事柄が多いです。数学、地学、化学、生物、物理、簿記(商業高校生なら)などは、高校の勉強をしっかりやっていれば、最低でもBの成績は取得可能です。数学に関しては、私はオールAでした。願書に関しては、TOEFLスコアーが基準点以下の場合は、大学入学出来ませんので、ESLに願書を出す事になります。ですから、この段階では、大学には行けません。しかし、私の大学では、ESLのクラスの単位も卒業単位として認めてくれていました。大学にもよりますが、ESL単位を卒業単位として全く認定しない所もあります。兎に角、高校の勉強をしっかりやって下さい。高校の英語のクラスでの勉強(文法と読解)をしっかりやりさえすれば、TOEFLのスコアーは、自然に上がります。

投稿日時 - 2004-11-08 09:16:05

お礼

丁寧に回答していただき、ありがとうございました。
ESLに願書を出す、ということが可能なのですね。
知りませんでした。
私は東京の進学校に通っているため、1日3,4時間は学校の予習・復習で終わってしまいます。
英語に集中したいけれど、学校の勉強を放棄することができない(勇気がない)状況なので、
高校の勉強もやるべきと教えていただき、とても勇気付けられました。
受験英語は実際に使えないとも言われますが、
文法や読解などTOEFLにも役立つそうで嬉しいです。
やはり高校英語の文法が基礎なのかな、と思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-08 21:09:02

あなたにオススメの質問