こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

胎動を感じるのに中絶って…殺人じゃ?

日本ってホントに恐ろしい国だと思いました。
某サイトで高1で妊娠したので(これだけでも普通の人からしたらちょっと驚きですが…)
中絶をしたという話があったのですが、その中絶した時期っていうのが
胎動を感じるくらい胎児が成長していた時期だったそうなのです。
はっきり言ってショックというか…。
自分が子供を産んだばかりなので、余計にひどいと思いました。

法律的に言っても、中絶はできない時期のはずじゃなかったですか?
だから「死産」という形で中絶したのだそうですが。
これって殺人ですよね?
大体、経済的とか身体的などの正当な理由がないと中絶は違法なんですよね?
これを拡大解釈すると、誰でも中絶はできる中絶容認の国家ということになるようですね…。
私は女性の産む権利、産まない権利を問う気はないのですが、
死産の名を借りた中絶って…。
しかもこれには出産一時金も出るんじゃないですか…? 死産なのだから。

とにかく、お腹の中で動く形もちゃんと人間になった赤ちゃんを殺すなんて
とてもじゃないけど信じられません…。
中絶される体内の様子を撮影した動画を見た事があるので、
赤ちゃんが必死に殺されまいと逃げる姿が目に焼きついている私からすると
妊娠後期での中絶なんて殺人としか思えないのですが。

殺人を犯してまで、その子は「生まれないべき」なのでしょうか。
中絶と、アメリカなどのように中絶を厳しくして養子に出されるのと、
どちらが全ての人にとって幸せな社会なのでしょうか…。

(再度強調しておきますが、産む・産まない権利について問う質問ではありませんので。
私はどちらの事情も女なので解かるつもりですから)

投稿日時 - 2004-11-13 04:39:53

QNo.1082278

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

もう・・これは人間としての
良心の問題ですよね!

その人に聞きたい・・
あなたが赤ちゃんの立場だったら
どう思うの?って!

この世の中 人と人の関わりも
そうですけど 相手が胎児だとしても
同じ事を自分がされたらどう?
これが基本だと思います

私が言わせてもらえるなら
出来たらこうなるんだから
その前にすることがあるでしょ!
って言いたいですね
子供のことなど考えずに
作るだけだから こうなるんですよね

本当に子供が・・胎児がかわいそうです
自分が一生懸命に生きようとしてる時
そう言う事をされたらどうなんだろう?

周りにだって こうやって心配してる人が
沢山いると言うのに・・

産まれても 食べさせてももらえず
辛い思いをしてる子供も沢山いるし
どちらにしても 何の為に子供を作るのか
作ってしまったら 一生をかけて
育てて行くんだという覚悟が
ない人には 絶対に作らないで欲しいです

できなければ 意思も生まれないので
傷つくこともないからね

512TR さんのような人がいることで
せめて中絶された赤ちゃんが
成仏できることを祈ってます

答えにはなってなくてごめんね・・

投稿日時 - 2004-11-13 14:11:15

お礼

自分の都合で殺す側が、殺される子に対して生まれない方が幸せなんだから
って言うのは、ホントに自分勝手極まりない解釈ですよね。
いくら事情があっても、胎動を感じるまでにお腹の中で育てておいて、
殺してしまうというのがどうしても信じられません。
だって、お腹の中で守られて安心して「お母さん、元気だよ」って赤ちゃんは元気に
手足を動かしているのに…。

中絶が正当な権利と言うなら、せめて殺される赤ちゃんが苦痛のないような
方法を確立して欲しいものです。

私も「お礼」になってなくて申し訳ないです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 04:01:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

 >アメリカなどのように中絶を厳しくして養子に出されるのと、どちらが全ての人にとって幸せな社会なのでしょうか…。

 アメリカにそのような制度があることは知りませんでした。しかし、前にテレビで見たのですが、アフリカの方の国だったと思うのですが、その国の中でも貧しい人たちの住む地域で、未成年の妊娠がとても多い現状をレポートしていました。レイプやお金のための性交渉で未成年の子たちが(中学生くらいの年の子までいました)妊娠しているようです。しかしその国では中絶には莫大なお金がかかり、出産には国の補助が出るので、堕胎することができず、産むことになり、親に捨てられた幼い子供が子供を産むという悲劇が放映されました。

 極端な例かもしれませんが、育てることのできない事情は人それぞれであり、仕方ない場合もあると私は思います。レイプされてできた子を産むことができますか?

 まあ、日本の場合は、そのやむを得ない理由というのが、たいした理由でなく命を軽んじてる例もたくさんあると思いますが。

投稿日時 - 2004-11-14 00:11:40

お礼

私も自分がレイプされたら産む自信はありませんし、
同じ女性として産めない事情にある苦しみも解かりますので、
中絶がダメだという主張がしたいわけではないのです。

中絶がしょうがないとしても、元気に手足を動かせるまでに立派に育った子を
死産という呼び方にしてしまえば、いつでも殺せるというのが信じられないのです。
何の抵抗もできず、自分を守る術も持たない赤ちゃんなのに…。

ただ、生まれない方が幸せなんだと決める権利は、地上に生きている誰にも
ないとは思うんですけどね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 04:47:12

ANo.8

殺人とは人を殺害釣することですよ。
胎児は「人」ではありません。
刑法で殺人罪と堕胎罪が分かれていますから。

では、いつから人になるのか。
即ち人の始期についてですが、学説は主に4つあります。
陣痛説
一部露出説
全部露出説
完全呼吸説

日本では2番目の一部露出説がとられています。
これは判例でもあり通説でもあります。
(ちなみに民法は全部露出説)

上でも述べましたよう堕胎罪は存在します。
しかし殆ど機能していません。
母体健康法で例外規定が設けられてますから。
(暴行を受けた場合や経済的な理由)

私も中絶に関してはどちらかというと反対ですが・・・
まぁ法的にはこんな感じです。

投稿日時 - 2004-11-13 21:45:41

お礼

つまり、中絶として違法な時期22週以降というのは建前上はありますが、
お腹の中にいる以上、人でないとするなら、お腹の中で殺してしまえば
それは中絶、死産であって、殺人ではないってことですよね、
何週で「死産」の子を「分娩」しても…。

拡大解釈すれば、誰でもいつでも中絶はできるんですね。
人じゃないから何をしてもいい…なんて、あまりにむごいですね。
元気に手足を動かせる立派な人の形をした赤ちゃんなのに…。

非常に参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 04:40:15

ANo.7

サイトを見たわけじゃないので
「高1の女のこが胎動を感じる時期で中絶した」
という文面だけでは
「殺人」と呼べるものかどうか
わかりかねます。

その女のこがどういう経緯で
妊娠したのかがまずわかりません。
軽はずみなSEXで妊娠したのか
それとも暴行を受けて妊娠してしまったのか
産もうと決心していたのに周りから圧力をかけられて
泣く泣く中絶させられてしまったのか。
状況によって
皆さんの反応も違うと思いますよ。

実際問題
軽はずみなことで妊娠してしまったのでないのであれば
高1の女のこ一人では
出産、育児は難しいでしょう。
中絶費用も考えると一時金をもらっても
構わないと思いますよ。
胎動を感じる時期だと体のリスクも大きいでしょうし。
心のリスクもきついものだと思います。

軽はずみなことで妊娠・中絶ということなら
赤ちゃんはもちろんかわいそうだし
殺人と呼ばれてもおかしくないですけどね。

養子に出されるのがよいことなのかは
そのこにしかわからないと思います。
やはり、子供なりにショックを受けるでしょうし
差別を受けるでしょう。
逆にとても幸せになる可能性もあります。
また、実の親だからといって
必ずしも幸せかと言うとそうでもないですよね。
虐待経験者の方は口をそろえて
「産まれなきゃよかった」「産んで欲しくなかった」
といいます。
一時的な思いなのか、生涯抱える気持ちなのかは
その人によるものだと思いますが

どう思うかなんて一概にいえないぐらい
難しい問題だと思います。

死産と言う形の中絶が認められるか認められないのか
医師の判断にもよるのでは?
母体に危険性が(身体的、精神的にも)
及んだ場合でも「中絶は殺人ですか?」
と聞かれたら・・・・
死産を許可したのは医師ですし

まとまりの無い文ですいません。

投稿日時 - 2004-11-13 17:43:35

お礼

確かに、ケースバイケースで、一つの結論には決められない難しい問題だと思います。
私も死を覚悟で産むか、家族のためにお腹の子に犠牲になってもらうか
という難題にいつ直面するか解からない事情を抱えていますから。
だからこそ、余計この問題が私の心に引っかかるのだと思います。

確かに中絶には仕方がないものもありますので、私はそれを責めることは
できませんけど、死産という形にすれば、たとえ22週を過ぎて違法でも
正当な殺人として片付けられているんじゃないかと思うと、
非常に憤りを感じます。
お腹の中で殺せば、殺人じゃないなんて…。

もう感情論でしかなくなってしまうので、このへんにしておきますが…。
とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 04:34:46

ANo.6

こんにちは。

質問者様がご覧になった高1生の中絶が書かれていたサイトを見た訳では無いので、推測でしか書けませんが、下で既にお書きの様に、胎動が感じられる時期と中絶が法律で禁じられる時期とは一致しないと思われます。
それと、『死産という形で…』という点に関しても、中絶の施術法について初期中絶(11週6日まで)と中期中絶(12週以降21週6日まで)で違い、初期の場合は子宮の内容物を掻き出すという方法、中期の場合は出産と同じ様にして胎児を外に出す方法を取られるのと、12週以降については死産の届出が必要なので、それ自体が法律に違反しているとは言えません。

20週頃に中絶した私の友人で、まだ成人したてで彼も同い年、周りの大人の判断で「養育は無理」と中絶を迫られた上で…という人が居ます。

そして上記のように施術法の違いから、初期中絶の方が体にかかる負担が軽いと聞きますが、妊娠に気付いて12週になるまでに決断というのは、すごく時間的に短いです。元々生理不順の人などは、気付いてから1週間ほどで決断しないといけない場合も有るかと思います。

私も7ヶ月の子がおり、妊娠中のビックリする位の情緒不安定を経験しておりますので、精神的に不安定な状況で「どうするんだ!」と周りから責められては何も解決策を考え出せないのではないかと思います。

それと、人種が違っても養子縁組したりが行われるアメリカと違って、家制度の名残が強く残っている日本では、嫡出子かどうか?という事で受ける差別もありますし、一概に何が幸せとは言い難いと思われます。

ただ、尊い命を守る事、生命誕生の神秘、そういう事を子供達に伝えて行くのは良い事だと思いますし、何かと性的な事はタブー視され、子供が勝手に外で学んでくる事みたいな流れが有りますが、子供から疑問が出た時にその年齢に応じて対応してやり、相談に乗ってやれるような環境作りも大事かなと思います。

投稿日時 - 2004-11-13 16:48:29

お礼

私も同じ女性なので中絶を迫れらた女性のやむをえない気持ちも理解できます。
ただ、合法だとか、仕方がないと言っても、やっぱり胎動を感じるほどに
生育した子を殺してもオッケーというのは、あまりに非人道的というか…。

法律と言っても、拡大解釈すれば、誰でもいつでも中絶できるってことですよね。
死産ということにすれば、22週以降はダメと言っても、
週数は関係ないじゃないですか。
中絶は仕方ないとしても、死産という名においてどれだけの殺人が
正当化されているのだろうと想像すると怖いです。
しかも、あんなにか弱く自分を守る術も持たない赤ちゃんが被害者なのに。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 04:21:03

ANo.4

殺人に値すると思います。
さらに確信犯的に出産一時金を貰う、っていうのは、
信じがたい、許せないですよね。

しかし、全ての中絶を否定は出来ないです。

友人の勤めていた会社に、未婚で子供を持つ女性がいたそうです。
不倫の末に、妊娠を武器に結婚を望んだらしいですが、
相手はそれが原因で離婚したものの、結局相手は結婚してくれなかった。
結局妊娠後期に入ってしまい、女性は一人で子を産んだものの、
女性はその子供に「おまえのせいで」「おまえさえなければ」としょっちゅうこぼし、
その子は、ほとんど笑顔の無い、全く子供らしい表情をしない子供だったそうです。
友人は「何故産んだ」と思わずにはいられなかったそうです。

また、特に十代で望まない妊娠をしてしまった場合、
「言えなかった」せいでお腹が大きくなるまで
発覚されず、後期に中絶、という事になってしまう事例は少なく無いように思いました。

そういう場合の中絶まで否定してしまう事はやはり出来ないでしょうね。

子を育てる資格の無い人間も、世の中にはいるでしょう。
それこそ。子供に恵まれない親が、親に恵まれなかった子の親になれる。
そういうシステムが社会的に確立されれば、「全ての人が幸せになれる」社会に近付ける様に思います。

微妙に話がずれてしまったかもしれません。すみません。

投稿日時 - 2004-11-13 14:01:23

お礼

私も同じ女性として産めない苦しみは理解できます。
だから、ひとえに中絶が悪いと言い切るつもりはありません。
けど、今社会に生きている人間の権利が、お腹の中にいる人間の権利よりも勝るというのは
とてもエゴにしか思えません。
だって、この子は生まれない方が幸せなんだからなんて、
どうしてその命を殺める側に言えるのでしょうか。

どうしてもしょうがない不幸な妊娠っていうのが避けられないのなら、
社会が子供を育てるべきだとホントに思います。
その点、キリスト教的なアメリカでは結構養子制度が一般的になっていますけど。
その分、中絶にも厳しいのだから、当然でしょうが。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 03:48:25

ANo.3

殺人に値しますよね。
私の知人も6ヶ月前に中絶しました。

でも、「この子はおろそう」って思う親の元に生まれるのもかわいそうです。愛されて育てないと子供はかわいそう。

だからと言って、許されるのか?ですが結論はきちんと責任を持たずに軽はずみな行為をする男女に問題があるので「殺人だよ」って言っても聞いてくれないでしょうね。そんな人の考え方は尋常でないです。知人は私から見るとおかしいです。「一時金出る!」とか言ってるのですから。頭おかしいんじゃない?って思います。

きっと、胎動を感じる赤ちゃんを殺すなんて!っていうひとは絶対しませんよ。エコーで頭と体が形づく3ヶ月から愛しいと思うものです。心臓の音も聞かせてくれるし。

本当にヘンな法律と、ヘンな人たちがいるものですよね。

で、養子ですが・・・。子供にとっては養子よりもちろん親に育てられる方がいいはずです。捨てられたの?って思っちゃうし。かなり難しい問題ですが、個人的な意見として聞いてくださいね。

投稿日時 - 2004-11-13 12:49:13

お礼

私の身内も中絶しています。
その時は、私も子供がいなかったので、それほど考えはしませんでした。
でも、私に子供ができた時、堕ろすということの恐ろしさを改めて考えさせられました。
何ヶ月もお腹の中で育っていくのを、どういうふうに思いながら決断したのでしょうね…。
ホントに恐ろしいです。
きっとお腹の中で元気に手足を動かす我が子を堕ろせるくらいだから、
殺人なんて意識はないんでしょうね。
愛する人との子なら、顔を見たいはずなのに。
もっと良い方法ができることを願うばかりです。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 03:37:39

こんにちは。

中絶が殺人であることは、時期に関わらず...だと思います。
現在、法律的には22週以降の中絶は違法なのですが、胎動を感じる時期は早い人ならもっと前ですし、胎動として母体が感じるより遙か前...9週、10週であってもエコーで見ると赤ちゃんは懸命に手足をパタパタ動かしていますよね。もちろん、ある時点から急に人間になったわけではないですね。
そして、この「22週以降」というのも今後いくらでも変わりうるものです。現在は医学的に最低でも22週以降でないと、母胎から出た赤ちゃんを救命する技術がないためで、SFのような話になりますが例えば人工子宮なんかが完成すれば、もっともっと早い週数から妊娠中絶は違法ということになるかもしれません。
なので、根本的な問題は何週だったらいいとか悪いとかいうことではないと思うんですよ。
そうなると中絶そのものの是非を問うことになりますから、大変難しい問題になりそうです。実際、アメリカではモーニングアフターピルを使って着床しようとしている受精卵を排除する行為も「殺人」と声を荒げる団体もありますよ。。

投稿日時 - 2004-11-13 09:12:59

お礼

私も、どうして22週という期限が決められているか知っています。
未熟児として救えたからという実績に基づいて決まったなんて、
何だか釈然としませんよね。

でも、死産という名の中絶は、実際とても恐ろしく感じます。
胎児が小さい時の中絶より、殺人という臭いが余計に感じられますから。
だって、一応「分娩」の結果、死産だったわけでしょう…。

アメリカでは中絶した医師が殺されたりする事件もあるほどですからね。
だから、公に中絶をしているという看板は出せないと。
難しい問題ですね。
モーニングアフターピルとか、そういう技術がもっと進んで、
不幸な妊娠が少ない犠牲で済むようになることを願うばかりです。

参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 03:19:24

ANo.1

確かに、質問者さんのショックは私も♀ですので、
とてもよくわかります。
私の知人の友人(ちょっと遠いかな?)の方にも、
このようなことに該当する人がいました。
が、生み育てることによって、とてつもない
争いごとに発展しかねない状況、せっかく生まれた
子供の命が危険にさらされる、ということも世の中
にはあるものなんですよね。

そこで一緒に考えてみましたが、、、
若年層に関わらず、妊娠中絶自体、かなり多いのは、
医療期間の出しているデータなどで知ることができますよね。
そして日本では、体裁をかなり気にする部分の多い
お国柄ということもありますし、かなり妊娠後期の中絶など、
行われているのは事実なのではないかと思います。

>死産の名を借りた中絶って…。

おそらく、本人だけの問題に留められない事情があるから、
こそ起きている問題なのでしょうね? 考えられる理由としては、

・妊娠させた相手の状況・家庭環境に関わる問題、
・妊娠した子のご両親、家族の家庭環境の問題、
・手術を施した医者、医療機関の運営等、の問題
・妊娠した子の精神的・身体的問題
・こういう問題が起こると騒ぎ立てる業界の問題
、、、などなど。

すべての人にとって、共通する幸せというものを追求すること自体、が、大変難しい問題なのだと思いました。

欲しくてもなかなか子供を持てない人にしてみたら、赤ちゃんが可哀想でしかたない、
と、感じられるでしょうし、一般的な環境にいる人にとってはまず、受け付けられない状況だろうし、
はたまた、例えば愛人・奥さんなどに妊娠された場合などライバルの女性なら、どんな状況においても中絶望む人、というのがいるかも知れません。

経済力に余裕がなく、子供がたくさん、それでもなんとか命を優先させて育てる・・・
それだけなら美徳に留まりますが、人が多くなれば、必ず、人と比較したり、生存競争が始まったり、
中には生活苦になって、やむを得なく犯罪(身売りしたり、密入国、窃盗、脅迫事件など)している
状況の国などがあったり、養子に出された子が虐待を受けたり、、、等、
幸せが必ずしも保証されているわけではない事実、良い養育者と出会えるかもわからないですし、こういうことも現実問題なのでしょうね。

やはり本人の意識によるところに委ねるしかない、、、という結論に行き着きました。

お役にたてなかったら、ごめんなさい。。。

投稿日時 - 2004-11-13 06:29:07

お礼

おっしゃる通り、どうしようもない場合もあると思います。
だからこそ、もう立派な「ヒト」に育った小さな命が、可哀想で…。
そこまでなる前に、どうしてちゃんと対処しなかったのかと。
生まれてから苦しむなら、生まれる前に殺される方が幸せなんて
誰が決められるのでしょうか…。

勿論、私だってもしレイプされて子供ができたら、産む自信はないので
そういう選択をした女性を責める気にはなれませんけど。

これ以上考えると哲学的な論点になりそうですね。
参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-11-14 03:08:24

あなたにオススメの質問