こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ハロゲン化アルキルの命名法について

アルケンの命名法では、置換基と二重結合を含む構造の命名をする時二重結合の方が小さい数になるように命名すると思うのですが、ハロゲンを含む命名法も同じように考えて良いのですか(置換基より二重結合の位置番号が小さくなる命名)?
 (E)-(2S,3R)-6-chloro-6-nonene-2,3diolと(E)-(7R,8S)-4-chloro-3-nonene-7,8-diolではどちらが正しいのでしょうか? 5-iode-2-hexeneという解答がマクマリーの解説書に載っていたので上記のようにに考えたのですが。

投稿日時 - 2004-11-28 11:28:18

QNo.1103472

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

よく 命名法か参考URL の規則を読んでください。
置換基の順序では、アルファベット順です。

投稿日時 - 2004-11-29 19:31:17

ANo.1

関係する命名法の規則では、

主基の位置番号が最小
>多重結合の位置番号が、組として最小
>二重結合の位置番号が最小
>接頭辞で表される置換基の位置番号が、組として最小

質問の物質では、主基はアルコール(-ol)で、その番号が小さい 2,3-diol です。
ハロゲンは置換基で優先順位は最も低くなります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/nomenclator/text/substit.htm

投稿日時 - 2004-11-28 20:05:10

お礼

ありがとうございました。では、置換基ではアルキル基とハロゲンのどちらが優先されるのですか?

投稿日時 - 2004-11-29 18:02:38

あなたにオススメの質問