こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

A君の進路について

私は中学校で保健室登校と言われているこどもを数人個別に教えています。その中のA君は小さい時に事故に遭い頭を打ったために何らかの障害があり、片手片足も不自由だが小学校の時から母親が障害児学級に入れることを拒否し普通学級に入った。しかし、教室で勉強することはできず、ほとんど保健室で過ごしたり、高学年の時は教頭のそばで工作などをやっていたらしい。中学に入る時も障害児学級に入れることを親が拒否し、普通学級に入ったもののやはり、教室には行けず、教室を飛び出しては構内のどこかに隠れたり、廊下で寝たりという毎日。今は中3だが、基礎的な学力は算数の簡単な四則計算が少しできる以外はほとんど何もできず、書く文章もひらがなで小学校1年生が書くような文章しか書けない。友達は障害児学級の男の子だけで他にはいない。あいさつもできず、これといった趣味もなく家では漫画を見たり、テレビゲームばっかりやっている。そんな状態だから定期テストも名前だけ書いて全部白紙で出すだけ。中3になった今は、保健室で寝たいときには寝て、あとは気がむいたときだけジグゾーパズルをやったり工作をやったりするだけで、家に帰ると言ったら誰がなんと言おうと家に帰ってしまう。母親はものすごく厳しくいうことをきかないと叩かれてきたらしいが、今まではそれが怖くて学校にはかろうじて来ているが、今年の9月からは母親の車に乗せてもらわなければ来れない。最近は行きたくないと休むこともある。母親はまわりのどんな人のいうことも一切聞かず、普通高校だけは行かせたいとその一点張りで養護学校には行かせるつもりは全くないと言っている。(現実には高校進学は不可能に近い)A君は高校に行く気持ちは全くなく、何もしないで家にいるといっている。参考までにA君の中学卒業後の進路はどのような道が考えられるのか、どなたか進路の可能性についてお話してくださる方がいたらお願いします。

投稿日時 - 2004-11-30 21:29:32

QNo.1107058

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

学校ではないですが、A君と似たような中学1年生の女の子を小学校5年生から見ています。そして、数年前には男の子を見ていました。

今見ている子は、生まれたときが未熟児でそれの後遺症かどうかはわかりませんが、極端に記憶力がなく、今になっても、アルファベットは最後までいえません。もちろん、簡単な単語も読めないし、書くこともできません。

教えているときは、反復でなんとか出来るようにもなるのですが、数日おくとほとんど白紙のような状態になります。
数学もしかりです。簡単な四則の計算は出来ますが、正の数や負の数となると、お手上げの状態です。

そして、中学校ではやはり普通学級です。

A君との違いは、親の理解の仕方にあるようです。
彼女の親は、家でも勉強を見ているので自分の子どもの学力レベルが把握できています。
ですから、定期テスト前でも難しいことは教えてもらわなくてもいいから、基本だけを何度もやらせてやってくれとリクエストがあります。

進学についても、当然普通高校は諦めています。

A君のお母さんは、ご自身の子どもの学力をどのように理解されておられるのでしょうか。今は出来なくても、いずれできるようになるという希望的観測をもたれているようなら、A君が可哀想ですね。まず、不可能でしょう。

地域によっては、いろいろなレベルの子を受け入れる高校もあるようですが、文面にある限りではたとえ、高校に行ったとしても行くことの意味がないように思われます。

そこのところを、親御さんが十分理解される必要がまずあるのではないでしょうか。
進学云々より、彼にとってどういった環境が最もふさわしいのか、彼の将来のためになるのか、親の見栄もあると思いますが、優先順位を知らせてあげるべきではないでしょうか。

投稿日時 - 2004-11-30 23:27:25

お礼

ありがとうございます。

< 進学についても、当然普通高校は諦めています。

その中学1年生の女の子はどのような進路を考えているのでしょうか。

< A君のお母さんは、ご自身の子どもの学力をどのように理解されておられるのでしょうか。今は出来なくても、い ずれできるようになるという希望的観測をもたれているようなら、A君が可哀想ですね。まず、不可能でしょう。

わかりません。テストは名前を書いて出すだけですべて0点。簡単な四則計算ができるだけで他のことはほとんどできません。しかし、私が見る限り能力が低いわけではなく、小さいときからの基本的な学習が全くできていないのと、学習する習慣が全くないために彼はこのようになってしまったのだと思います。これはすべて親の責任だと思います。しかし、A君のお母さんは自分の息子の現実を認めたくないんだと思います。自分の息子はもっとできるはずだ、みんなと同じ能力をもっていてがんばれるはずだという夢のような理想を描いているのです。高校なんて入れる可能性はほとんどないのに息子を普通高校だけは行かせてやりたい、みんなと同じように歩ませてやりたいという現実を無視した理想だけなのです。これは親のプライドなのかエゴなのかわかりませんが、これではA君があまりにもかわいそうです。今のA君が集団生活をすることは不可能です。それが、お母さんには全くわからないのです。高校に進学させるよりももっと大切なことがあるのにそれがわからないようです。このままでは社会に全く適応できない人間になってしまいます。

クラスの担任や学年主任、カウンセラー、そして私の言うことには一切耳を貸さず、高校を受験させるの一点張りです。A君を無理やり受験させても試験会場に行くかどうかもわかりませんし、問題をびりびりに破いてしまうかもしれません。A君は高校になんて行く気は全くないのですから。
担任はもう何も言うことができません。高校を受験させて落ちないことにはこのお母さんには何を言ってももうだめだとあきらめています。

私はお母さんが自分の息子は高校に行くことは無理なんだという現実の壁にぶつかったときにアドバイスしてあげるためにも、A君のような子の場合にどんな進路が考えられるのかをみなさんにお聞きしたいのです。

投稿日時 - 2004-12-01 00:25:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

多くの地域には「親の会」が大体ありますが、そちらの地域にはないんでしょうか。

お読みしたところ、お母さんは息子さんが「障害者」と認めたくないという心理が根底にあるように見受けられるようです。

確かに、「障害者」のための「養護学校」という観点から言えば、「普通」の環境から「隔離」した状態があるのは事実です。しかし、そのお子さんの状態から察するに、今の学校生活は決して楽しいものではないという現実を、お母さんにははっきりと受け止めてあげてほしいと思います。

「養護学校」「養護学級」を拒絶してこられてたお母さんの気持ちを一度じっくり聞いてあげる必要があると思います。

「障害」や「病気」ではなくても、子どもにとって安心できる場所・友達・環境は一人一人違います。

また、大人が守ってあげられる時間はそう長いものではありません。ひょっとしたら、このことにこだわっておいでかもしれませんが、もし、そうだとすれば、なおさら突き放す時期を見誤らないように、かかわる大人たちの手をつなぎあって協力することが大切です。

お子さんが事故に会われたのはいつごろかわかりませんが、心と体のギャップや以前との違いで一番戸惑っているのは子ども本人です。

進路のことは話さないわけには行かない時期になってきましたが、今後の(10年、20年後の)お子さんの可能性や生活についてお話ができるといいと思います。

投稿日時 - 2004-12-01 11:40:55

補足

母親は学校カウンセラーと何度か話をしましたが、母親に聞く耳が全くないのでカウンセラーに「あなたと私は平行線で話す必用は全くないですね。」と言ったそうでそれ以後は話すことを拒否しています。父親はどのような考えなのか、父親の話はほとんどでてきません。A君の話では父親もかなり厳しく、いつも自分を叩くそうです。

学校の先生たちも何度も母親と話をしましたが聞く耳がないので、もうお手上げ状態です。母親は高校へ行かせることだけしか頭にありませんが、その先のことなど全く眼中にないと思います。なぜなら、仮に母親が無理やりA君を高校に行かせられたとしても、A君は朝、家を出ても学校には行かないでしょう。あるいは引きこもりになるでしょう。客観的にみるとそうなることが目に見えているのに母親にはそのことが全くわからないのです。本当にA君がかわいそうです。

投稿日時 - 2004-12-01 18:04:54

お礼

ありがとうございます。

<私も以前、保育園に勤めていて重度障害児をうけもった事があります。その子は3歳から保育園に来ましたが、初めはやはりA君のお母さんと同じく、自分の子どもを障害児と認める事を拒んでいました。繰り返し繰り返し話し合いをしました。お母さんにとって時には酷な事も言いました。でもそのお母さんはその事実を受け止め、前へ進んでくれました。そうですね、このお母さんはとっても強くてすばらしい人です。

そのお子さんのお母さんは本当によかったです。A君の母親もA君が小さいときに自分の子どもを障害児と認め、その子にあった道を歩ませていったら今のようにはならなかったでしょう。A君が15になってもまだそれを認めるどころかA君をどんどんだめにしていっているのです。それが母親には全くわからないのです。

<簡単じゃない事はよくよくわかっていますが、A君のお母さんにもっときちんとA君と向き合って欲しい。A君が楽しいと感じることができる環境をもっと用意してあげて欲しい。気持ちがまったくないA君を無理やり普通高校に行かせる事が、一体何の為になるんでしょう?A君は言葉も話せるし文章も書ける。周りの早い成長スピードに無理やり合わさずA君のスピードで成長できる環境を用意してあげて欲しい。

おっしゃるとおりです。担任も学年主任も学校カウンセラーも私もそのことを言い続けてきました。しかし、母親には全く聞く耳がないのです。

私はこのことをだれかに聞いて欲しかったのです。A君のことを考えれば考えるほど胸が張り裂けるような気持ちになります。

投稿日時 - 2004-12-01 18:11:56

ANo.2

A君のお父さんは、あなた以外のあなたの学校の先生達はどう考えているのですか?A君のお母さんはA君を高校へ行かせる事ができたとして、その後どうしたいのですか?A君の将来を考えるなら、A君のお母さんのケアがまず何より必要だと思います。
私も以前、保育園に勤めていて重度障害児をうけもった事があります。その子は3歳から保育園に来ましたが、初めはやはりA君のお母さんと同じく、自分の子どもを障害児と認める事を拒んでいました。繰り返し繰り返し話し合いをしました。お母さんにとって時には酷な事も言いました。でもそのお母さんはその事実を受け止め、前へ進んでくれました。そうですね、このお母さんはとっても強くてすばらしい人です。
簡単じゃない事はよくよくわかっていますが、A君のお母さんにもっときちんとA君と向き合って欲しい。A君が楽しいと感じることができる環境をもっと用意してあげて欲しい。気持ちがまったくないA君を無理やり普通高校に行かせる事が、一体何の為になるんでしょう?A君は言葉も話せるし文章も書ける。周りの早い成長スピードに無理やり合わさずA君のスピードで成長できる環境を用意してあげて欲しい。
あなたが求めてる答えとは違うと思います。ごめんなさい。

投稿日時 - 2004-11-30 23:51:54

補足

rachさんに対するお礼をNO3の0913さんの方に書き込んでしまいました。本当にごめんなさい。

投稿日時 - 2004-12-01 18:15:12

お礼

NO3の0913さんに対するお礼です。

ありがとうございます。
<多くの地域には「親の会」が大体ありますが、そちらの地域にはないんでしょうか。

わかりませんが、自分のことを相談できる人はだれもいないようです。

<お読みしたところ、お母さんは息子さんが「障害者」と認めたくないという心理が根底にあるように見受けられるようです。確かに、「障害者」のための「養護学校」という観点から言えば、「普通」の環境から「隔離」した状態があるのは事実です。しかし、そのお子さんの状態から察するに、今の学校生活は決して楽しいものではないという現実を、お母さんにははっきりと受け止めてあげてほしいと思います。

本当にその通りです。A君は学校にくるなり「つまらねえ」を連発、「早く終わらねえかなあーーー」といって気が乗らないと寝てしまいます。気が乗ったときにはジグゾーパズルをやったりもしますが、気分次第で気が乗らないと何もやりません。結局寝ること意外にすることがないのです。7月の暑いときには廊下の隅の涼しいところで朝から昼までよく寝ていました。最近では給食を食べないで家に帰ってしまうこともあります。A君にとって学校は苦痛そのものでしかなく、9月からは母親に車に乗せてもらってしか学校に来ることができない状況です。それでも、母親はそのような現実を受け入れることが出来ないのです。

<進路のことは話さないわけには行かない時期になってきましたが、今後の(10年、20年後の)お子さんの可能性や生活についてお話ができるといいと思います。

担任も学年主任も学校カウンセラーも私もそのことを言い続けてきました。しかし、母親には全く聞く耳がなく、もうなすすべがないという感じです。もはや母親自身がどうするも出来ない大きな壁にぶつかって自分で気がつかない限り誰が何を言っても無理のような状況です。その時ではもう遅いかもしれませんが。その時のためにもいろいろな方たちの意見などをお聞きしたかったのです。

投稿日時 - 2004-12-01 21:17:55

あなたにオススメの質問