こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

セイタカアワダチソウとススキ

ある本に
「セイタカアワダチソウは多種を排除する為に周囲に独特の物質を散布している。よく、ススキとセイタカアワダチソウが同じ場所に生息している様子が見られるが、セイタカアワダチソウが出している物質の所為で、逆にススキにニッチを取られてしまう」
との記述がありました。
この物質の所為でススキにニッチを取られてしまうのは何故なのか知ってる方いらっしゃいましたら教えて下さい!

投稿日時 - 2004-12-04 21:45:49

QNo.1112677

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大変申し訳ありません。
URLが違ってました。
正しくは下になります。ご容赦を。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shirai/wadai.htm

投稿日時 - 2004-12-05 00:25:46

お礼

貼り直して下さったのですね、有難うございます!
飛んでみたら、物凄く面白そうなサイトでした。
紹介ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-05 13:23:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

セイタカアワダチソウはある程度まで繁殖すると「自家中毒」的な様相を示します。これは「多感作用」と呼ばれています。自分で発芽を抑制してしまうのです。

下のページをごらんになって下さい。

http://animus.doshisha.ac.jp/eco/nojima2.PDF

参考URL:http://homepage2.nifty.com/shirai/wadai.htm

投稿日時 - 2004-12-04 22:53:15

お礼

さっそく回答して下さり有難うございます。
ただ、参考URLに接続してもサイトが見つからず・・残念でした。
また、申し訳ないのですが、私のPCにPDFを開くファイルが入っていないのです。わざわざサイトを紹介して下さったのにすみません。(><;)

ただ、「多感作用」というものによるということを初めて知りました。とても興味深く、また驚きです。

投稿日時 - 2004-12-04 23:58:35

あなたにオススメの質問