こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中国企業の重要性について

現在の日本企業にとって、中国の企業・経済の重要性はどのような点があると思いますか?
分かりやすく詳しく教えてほしいです。
よろしくお願いします!

投稿日時 - 2004-12-12 00:18:12

QNo.1123096

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

やや乱暴な表現となりますが、2流、3流の企業でも生き残ることが
可能な状態を作る存在です。

本来なら、日本経済の規模の縮小で、大企業は業界の1位か2位
しか生き残れないはず。ところが中国企業の存在で、3位や4位の
企業までが生き残ることが可能な状況となった。

なぜならば、中国企業の存在で取引先を確保することが可能となった
からです。

ありがたい話です。

投稿日時 - 2011-10-19 14:10:12

ANo.1

中国企業という場合と、経済という場合で少し違いますが
、経済で見た場合、概ね大きく言えば、

(1)原材料、一次産品(農産物等)輸入元
(2)軽工業品、単純機械製品(初級産品)輸入元
(3)電気機械、一般機械(精密機械)輸出先
(4)資本輸出先

といった感じになるでしょう。

 これをご質問の通り、(日本経済ではなく)
日本企業の観点から見た場合に、簡単に言えば

(1)商社の資源開発プロジェクト
 合弁事業による農産物の共同生産等
 日本国内における消費者への低価格製品の提供
(2)中小企業、大企業問わず製造業の中国生産の増加
 単純労働コスト低下による最終製品国際競争力の増加
 プラント、機械設備、装置(資本財)の輸出
(3)機械製品、精密機器製品など高付加価値製品の輸出
(4)国内金融機関、民間企業の金融的の対中投資による
 金融所得の増加

 などを挙げることができます。 

 ちなみに日中貿易額ですが、2004年の上半期で
3兆6151億円(全貿易額の12.8%)の輸出に対して
輸入は4兆2596億円(全貿易額の20.3%)に達します。

 日本にとって、輸入ではアメリカを上回り最大、
輸出でもアメリカに次いで第二位の貿易相手国です。

(平成16年度上半期地域別国際収支状況)
http://www.mof.go.jp/bop/c16half1.htm

 ここから見ても解るように、対中国貿易だけから
見れば日本は赤字貿易をやっています。しかし、
世界で見ると日本の貿易黒字は非常に高くなって
います。

 これはどういうことかというと、非常に簡単に
図式化すれば、中国への投資により低価格で部品を
調達し、そこで得たコスト競争力により精密機械
製品の最終製品価格を下落させ、その国際競争力に
よって北米、EU、そしてアジア諸国の中産層以上
の階層に売って利益を得る、というパターンを
描いているからです。

 このため日本企業の価格競争力の確保や、設備
投資先、資金融資先として、中国の存在は極めて
大きいものがあると言って良いと思われます。

 その一方で、第一次産品や軽工業品、部品など
の単純機械製品を作る国内農業、製造業者にとっては
、中国は極めて強い競争力を持つ商売敵であり、
場合によっては雇用を奪い日本国内の空洞化を促進
させられる敵手ともなっていることが指摘されます。

 さらに、中国の加工貿易国としての水準が上昇して
おり、一般機械、精密機械についても、日本に近い
技術水準に達する製品を製造する能力が持たれつつ
あること、このため、日本製品がいつまでも中国市場に
受け入れられ続けるという保証はないばかりか、
将来的には最終製品で強い競争相手になる恐れが極めて
強いことは指摘しておかなければならないでしょう。

参考URL:http://www.nihonkaigaku.org/ham/eacoex/100econ/120doms/121prod/1212trad/jptrcnkr/jptrcnkr.html

投稿日時 - 2004-12-12 07:25:24

あなたにオススメの質問