こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家族経営で身内の不正

小さな建設業を家族で経営しています。義理の兄弟の不正行為に悩んでいます。不正を防止する策を教えていただければと思います。

先日、会社の売上を計算しているとありえない額の値引きを発見しました。担当は義兄弟。顧客に出す請求書を改ざんし、60%以上の値引き。客の値引きに応じては、値引きのうちから何パーセントかをもらっているようです。 調べるとそういった取引が何度も・・

身内ということもあって、請求書の作成は義兄弟に任せてありました。最終的には父である社長の決済が必要としていますが、形だけのものとなり、信用してきたのですが。

小さな会社ですから、エクセルでの見積書作成、請求書の発行については会計ソフトを利用。これではセキュリティーが不十分なのかも、と反省しています。社名の入った請求書や見積書を利用したほうがいいでしょうか?

このような義兄弟のことについて父にも話せません。
私は最近、経理に取り組もうと勉強し始めたばかりの素人で、経理の人たちも義兄の言いなりとなっています。

なにか、いい策がありますでしょうか?
一般的な企業はどのような対策をとっているのでしょう。
ご回答、お願いいたします。

投稿日時 - 2004-12-12 12:14:54

QNo.1123513

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お困りですね。

一般的な企業では、不正行為をしそうな人は、採用しない。その為に、様々な角度からの試験を課すわけです。二次三次と面接を重ねると、本質的な人間性が露見してきます。誤魔化すのは難しいと思います。

なので、不正行為をしたい人は、会社の多くの従業員が不正に関わっているような企業を選ぶべきです。
義理の兄弟さんは、そういう所に行くべきでしたね。

普通は採用後に不正行為が発覚したら、懲戒免職などの厳しい処分で、今後同じ事が起こらないようすると思いますが、身内だとそういう訳にはいかないですね。しかし、普通の人から見れば犯罪行為ですから。

誰かが、監視して、不正出来ないようなシステムにするしかないです。例えば、あなたの許可がなければ何も出来ないようにするとか、社長は今まで信用してきて裏切られているわけなので。今経理の勉強を頑張っておられるのですね。是非早いうちにお父様(社長)と相談されてください。すぐにでも、顧問税理士さんを雇われたらどうですか?雇う理由は自分の経理の勉強に役立てたいとか言って。
不正をがんがん明白にしてもらってください!。あなたがそうしないと家族経営の会社自体が信用をなくします。

投稿日時 - 2004-12-12 13:20:49

お礼

ありがとうございます。
アドバイスをいただけるだけで、励みになります。

税理士とは、今後細やかに連絡をとってゆくようにしようと思えました。私がやらなければ、従業員にも不公平な現場で働いてもらうことになります。義兄は営業中にサボっているところを部下に見られたりしていますし、会社の信用が内側から崩れてゆくように思います。気をひきしめて頑張ってゆかなければなりません。

義兄の嫁である私の姉にもいえないことばかりで、私が何とかしなければならないのだと痛感しています。しかし、改善や会社の信用を考えるなら姉に言うべきなのでしょうか?姉は義兄の隠れて作った借金のことでも悩んでいて、そこにこの話をしたら離婚しそうで心配です。以前にも従業員に話を持ちかけて200万円の損害をださせ、従業員が会社を辞めています。そのときも離婚が心配でいえませんでした。姪たちのことを考えて目をつぶってきたのですが、重なりすぎて・・・。

いまは第三者の方の意見を聞いて冷静に対処したいと考えています。

投稿日時 - 2004-12-12 16:09:03

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

「売上管理」「入金管理」「原価(利益)管理」等が、一工事ごとにチェックできるように、社内の業務処理手順は決められているでしょうか?

書式をどうこうするという問題よりも、上記の項目について、個別工事ごとに管理できず、どんぶり勘定的になっていませんか?
会計処理が、個別工事ごとに追跡できるようになっていれば、少なくとも内部でのチェック機能はもっと働く(社長も気がつく)ように思いますが・・・。

厳しい業界の現況ですが、会社の経営を長期的に続けていくのであれば、社内制度の見直しや第三者の監査の仕組み導入等、もし必要であれば、不都合が見つかった今をそのチャンスととらえて、前向きに取り組まれたらいかがでしょうか。

投稿日時 - 2004-12-12 17:39:57

お礼

御察しのとおり、どんぶり勘定がまかり通っているのが現状です。 以前は工事ごとに明細を出させていたようですが、義兄の都合の悪い書類は隠すようになり次第に明細を作成することも勝手にやめたようです。

みなさんが今後に重要な方法やキーワードを残して下さることに大変感謝しています。ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-12 20:10:09

ANo.2

会社は、社会の信用と社員の力が必要です。
この先の経営は、あなたの一族だけのものではなく、社員の家族まで巻き込んでいきます。

お父様が、社長である限り、事の次第と、作成された不正書類を提示して、状況を説明することです。
お父様から見れば、実子ですよね。
そこで、どういう風に対処されるかは、今後の会社経営を左右します。

一般企業でも、こういう場合の不正が発覚した場合、責任問題ですね。
あなたが状況を知っていて、社長に何の報告もなされず、優秀な社員は離れていくことになっては、後の祭りです。

発行された見積書はコピーをとり、あなたがファイルし納品書作成の際確認し、会計ソフトも納品書と請求書が連動するようなソフトをオリジナルでも作成してもらう方法もあるとおもいます。

#1の方からの指摘のあった、顧問税理士、これは、会社経営には、絶対不可欠です。
税務署の調査も、今後ないとは言えませんから…

投稿日時 - 2004-12-12 17:02:22

お礼

ご回答をありがとうございます。
心から感謝し、これを機に会社の建て直しをはかります。

説明足らずの文書で申し訳ありません。
社長は私の実父で、私の実姉の旦那が問題の義兄です。父は実子のように義兄を信頼しているのですが・・。この問題で姉夫婦の間に亀裂が入るのがこわいです。

とにかく努力し、私流管理をしてゆきます。会計ソフトについても情報を集めて、強固なものにしていかなければなりません。

親切にしていただき、ありがとうございます。

投稿日時 - 2004-12-12 20:01:48

あなたにオススメの質問