こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今流行の「重曹での掃除」世界中で洗剤を重曹にかえるとどうなりますか?

年末の大掃除の雑誌の特集でも、また環境に優しい掃除の紹介の本でも、近頃重曹が流行しています。

確かに換気扇の油汚れ、お風呂の掃除、食器あらい、石鹸洗濯の中和などこれだけで済んでしまいます。

しかも合成洗剤に比べ安く、手荒れもしない。(食品として使用しているものは)口に入ってもいいくらいだから安全そうです。

しかし、生活廃水についてはどうなのでしょうか?

重曹はアルカリ性だそうですが、今合成洗剤を使っている家庭がすべて洗濯石鹸と重曹に切り替えると、海の汚染はどのくらい軽減するのでしょうか?

現在合成ですが成分解性が高いものを使っています。
重曹に切り替えようか迷っています。

あまり知識のない消費者の私に少しでも環境を汚さないですむ洗剤を教えて下さい。

投稿日時 - 2004-12-18 16:42:02

QNo.1132307

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>たしかpH7が中性でしたよね?
>では(なるべく使わないとしても)排水を酢などで中和して流せば少しましなのでしょうか?

pHにつていは次のHPが参考になります、pH7は中性です
中和ですが、中和は混ぜる量が非常に微妙なので山勘では
難しいと思いますpH試験紙でもあれば別ですが

私的には一般家庭ではpH試験紙まで使って中和する必要が
ないと考えます、クエン酸も汚濁の一種となりますので

pH(ピーエイチ)とは…
http://www5e.biglobe.ne.jp/~hakuga/sanarukari/ph.htm

投稿日時 - 2004-12-19 19:12:00

お礼

再度ありがとうございます!

とってもよくわかりました。

適正な量を使っていくことを心がけて行きます。

おかげさまで漠然と感じていたデメリットを認識できて良かったです。

お世話になりました。

投稿日時 - 2004-12-19 19:59:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

別に全部切り替える必要もないと思います、他の方も書かれていますが
それぞれ一長一短ですあわせて使うと云う方法もあります

洗剤-界面活性剤にしても炭酸水素ナトリューム(重曹)-洗浄剤にして
汚れをとる働きがありますが、汚れは別にとってしまつしないかぎり
環境下に排出されるわけなので性能の良い洗剤・洗浄剤ほど
環境に悪いことになります、環境を考えるならその流す汚れの
絶対量を減らすしかありません

炭酸水素ナトリュームのアルカリにつていはpHで9~10で排水さける
とありますが排水量のすくない一般家庭で法的には問題ないですが
大量に排水する工場や下水処理場にはpHの規制があり一般
適にpH5.8~8.6以内で排水することになっています

一般家庭はすべてとなると大量に排水することと同じことになるので
問題ありと思われます

pHの変化は汚濁というより河川・海などの微生物などの生態系に
影響がでることがあり自浄作用がうまくいかなくなる可能性もでてきます

投稿日時 - 2004-12-19 15:54:24

お礼

詳しいお答えをありがとうございます。

おっしゃるとおり、少ない使用を目指して組み合わせて使うようにしたいと思います。

やはり急激に、大量に排出となると問題があるのですね。
私の周りは環境に興味のある人が多いのですが知識は私と似たりよったりです。

流行に乗るのではなくどういうものなのか認識してみんなで「必要以上に使わない」ということを意識して使って行きたいです。

ところでバカな質問になるのかも知れないのですが、たしかpH7が中性でしたよね?
では(なるべく使わないとしても)排水を酢などで中和して流せば少しましなのでしょうか?

洗濯に石鹸を使ったらクエン酸で中和させるように、チョビットだけクエン酸をいれるとか?

子供ができて今までの無頓着を償うかのように今何かしないと・・・と思っているので教えて下さい。

投稿日時 - 2004-12-19 17:53:40

ANo.2

稚拙な知識しかないので望むような答えではないかも知れませんが…。

重曹も石鹸も合成洗剤も全て欠点があります。
石鹸は石鹸カスが原因で
下水道のパイプを詰まらせる原因になりますし、
重曹は結果的にたくさんの量を使うので
アルカリが少し高くなるのが問題ですね。
(合成洗剤よりも汚れが落ちにくい)
生物の体は基本的にアルカリ性に弱いので
(石鹸を触ったときのぬるぬる感は皮膚が解けてる証です)
地球上の全家庭が重曹に切り替えたとしたら
部分的に(河口付近とか)海洋汚染につながるかも知れません。

合成洗剤はそれなりに二つの問題をクリアしているのですが分解されにくいのが欠点です。

ですから、出来るだけ洗剤を使わずに
使ったとしても極少量の洗剤を使うのが
出来るだけ環境を汚さない洗剤の使い方です。

投稿日時 - 2004-12-18 23:41:06

お礼

なるほど、と思う回答ありがとうございます。

人の体の表面は弱酸性と聞きます。
溶けているとは知りませんでしたが、今まで使っていた合成洗剤は弱酸性なので全く手は荒れないのですが重曹+石鹸では手が荒れます・・・(重曹だけでは荒れません)

油を流すのがもっともよくないと聞きます。
重曹で落とすと綺麗に、しかも水が少なくてすむのでぼろで拭いて捨てることができ、もっとも汚れた「洗剤ごと流す油水」を出さずにすむのが最大のメリットに感じます。

目的に応じて使いすぎないようにして行こうとおもいます。

重曹が問題ないとわかったら、もっと積極的に周りの人にも進められると思い質問しました。
もしかしたら分解性の高い合成洗剤の方が環境にはいいのかな?

すべてを比較できるサイトがあったらいいのに。
(でもそうすると1番以外のメーカーが困るのでしょうか)

投稿日時 - 2004-12-19 15:06:42

ANo.1

こんにちは。
私もつねづね「地球に優しい」生活をしたいと、気にかける様にしています。
honobonomamaさんのご質問は、私も考えているところです。
今私はシャンプーや、洗剤をなるべく石鹸にしています。
以前は手づくり石鹸が手に入りましたので、食器洗いもクリーム上の石鹸でした。

重曹は、特にプラスチックの汚れには効果的ですよね!
ただある種の塗装にはむきません!
私は換気扇のフィルターを重曹で磨いて、だめにしてしまいました!
後から取り説を読んだら、だめと書いてあり泣きました。
重曹が使えないものもある事に注意してくださいね。

参考URL:http://www.try-net.or.jp/~tajima/life/

投稿日時 - 2004-12-18 19:35:55

補足

質問文が間違っていました。
洗濯洗剤を中和してくれるのはクエン酸(酢)でした。
正分解の字も間違っていました。すみません。(恥)

投稿日時 - 2004-12-18 20:37:28

お礼

さっそくのお返事ありがとうございます。

同じように考えておられる方がいらっしゃって嬉しいです。
なにが自分にできるのか?
やりたいけど知識が付いていきません。

重曹がアルカリ性ならば、全家庭で使用しても水は汚れないのか?
疑問に思うので聞いてみました。

投稿日時 - 2004-12-18 20:27:07

あなたにオススメの質問