こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

チョコレートとホワイトチョコレート

チョコレートとホワイトチョコレートは味が違いますが、この味の差異は何の成分により生じているものなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-12-22 18:01:45

QNo.1137732

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

チョコレートの原料であるカカオ豆を発酵させて焙煎し、すりつぶして作るペーストがカカオマスで、そのカカオマスから、油脂分である乳白色のカカオバター(ココアバター)と、カカオパウダー(ココア)に分離します。チョコレートは、カカオマスをベースに、カカオバターや砂糖などを加えて作りますが、カカオマスを使うことで、おなじみのチョコレート色となります。一方ホワイトチョコは、カカオバターと砂糖、粉乳などを材料として作ります。チョコレートの色の元となるカカオマスを使用しないことで、白いチョコレートを作ることができるのです。なおチョコレート独特の風味はカカオバターにも含まれていますが、苦み成分はカカオマスに含まれるので、ホワイトチョコは苦みの無い、やさしい味わいになります。

投稿日時 - 2004-12-22 18:06:08

お礼

詳しいご説明をありがとうございます。

チョコレートにはカフェインが結構含まれていると聞いたのですが、苦味成分のないホワイトチョコレートにもカフェインは含まれているのでしょうか?

また、チョコレートはポリフェノール(?)か何だかの働きで健康によいとされていますが、ホワイトチョコレートには同様の効果はないのでしょうか?

あと、チョコレートには、ちょっとした中毒性(?)のようなものがあると思うのですが、ホワイトチョコも同じなのでしょうか?

投稿日時 - 2004-12-22 18:43:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問