こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

この場合、ネット上の契約は有効?

あるサイトで株の売買の情報を提供してもらう事にりました。
いくつかあるコースの少々グレードの高いコースで契約しました。

低い方は月々の契約なのですが
高い方はその契約を6回(6ヶ月)更新する事が
条件になっております。

契約は契約書という紙に書いたものはなく
メールに契約内容が書いてあり(文面は契約書風)
最後に自分の名前を記入して返送しました。

もちろんメールに印鑑を押せるものではないし、
署名といっても自筆でもなんでもありません。
単に最後の契約者のところに私の名前を打ち込んで
返送しただけです。

その契約メールには、こう書かれています。
「入金日までに入金が確認されない場合、更新回数は
リセットとなり、入金確認されたときから6回の更新
をしなければならない。また途中解約する場合は
当該コース指定の更新回数の2倍分の金額を支払う。
遅延損害金は1週間まで10500円としいご週毎に同額が加算される。

つまり一回送金が遅れるとさらに6ヶ月契約した事になり
途中でやめたいという場合は12ヶ月分払うという事になってます。
また1日遅れるだけで10500円を払わなくてはなりません。

滞りなく支払えば6回更新で完全に切れますが
1ヶ月でも遅れるとそこからまた6ヶ月更新が義務づけられる事になります

こんな契約は有効なのでしょうか?

しかし、情報だけは確かなもので、3ヶ月やりましたが
どれもドンピシャ当たっており、こちらも相当儲かりました。

かといってやめたいときにやめられないというのもおかしな話だと思いますが・・・。

情報の提供なのですから、入金がストップしたら(料金は先払いです)情報の提供をストップすればいいだけの話で
また、私のためだけに用意したものでもないので
損害はないと思うのですが・・・。

このような契約は法的に有効なのでしょうか?

投稿日時 - 2004-12-24 11:45:10

QNo.1139808

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

民法上は、契約の成立は、諾成不様式でかまいませんから、電子メールでも口頭でも有効です。

契約の方式については、通信販売の場合、特定商取引に関する法律の適用を受けるかどうかが問題になりますが、株式投資情報は、指定商品でも、指定役務ではないはずなので、民法の原則に従います。

契約内容については、月々の料金がわからないのでなんともいえませんが、遅延損害金が不当に高額であるとすると、消費者契約法第9条によって、不当に高額な部分(他事業者と比べて不当に高額な部分や年率14.6%を超えるような部分)が無効となります。

また、延滞すると実質的に解約が制限され料金が加算され続けるなど、一方的に不利益な内容と認められる部分についても、消費者契約法10条により無効となる可能性があります。ただ、これは、具体的な基準があるわけではないので、裁判所の判断ですね。

投稿日時 - 2004-12-25 00:48:11

お礼

ありがとうございます。

月々2万円ほどになります。
それが1日遅れるだけで10000円追加というのは
どう考えても不当に高額な遅延損害金だと思うのですが・・・。

投稿日時 - 2004-12-25 09:30:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問