こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語力と就職について

 私は、某大学で英語を専攻している二年生です。今までは、大学卒業後、英語が話せるようになり、就職を有利にしようと、外国に一年くらい語学留学をしたいと思っていたのですが、このサイトで、「今の世の中には英語を話せる人などたくさんいること」や、「一年くらいの留学ぐらいでは就職にプラスになることはまずない」などということがわかり、大学を卒業したら、すぐ就職することも眼中に入れるようになりました。
 そこでなのですが、現在、私は、英文学を専攻としていながら、日常会話すら外国人とうまくこなすことはできません。大学で英語を専攻にしていながら、英語をあまり話せない状態で就職しようとするのは、無謀というか、愚かなことなのでしょうか、教えてください。

投稿日時 - 2005-01-19 15:27:36

QNo.1175468

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これから就職活動ですか。
色々不安もあると思いますが、今からしっかり準備して頑張ってくださいね。

まず、
「今の世の中には英語を話せる人などたくさんいること」や、「一年くらいの留学ぐらいでは就職にプラスになることはまずない」
これは真実だと思います。
でも、英語を話せたり、留学経験はやはり誰でも出来ることではありませんよね。
それを具体的な結果や数字で表すのが重要なのではないでしょうか。
例えばTOEICやTOEFLで高得点を取れば英語が話せたり、留学経験があることを証明できますよね。

>英文学を専攻としていながら、日常会話すら外国人とうまくこなすことはできません。大学で英語を専攻にしていながら、英語をあまり話せない状態で就職しようとするのは、無謀というか、愚かなことなのでしょうか、

英文科を出ても、英語を喋れない人はたくさんいますよ。
私の出身大学も、一応世間では難関校と言われるところですが、そこですら英文科で英語をを喋れない人はたくさんいました。
安心してください。
そもそも、文学と語学は違いますからね。
企業側も、英文科を出ただけで、高度な英語力を要求してくる事は無いと思いますよ。

余談ですが、日常会話なんて慣れです!
今まで使う機会が無かっただけなのではないでしょうか?
英文科にいれば英語には日常的に接しているはずです。
物事を考える際に、英語で考えてみる、英語で日記をつけてみる・・・
そんなところから始めてみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2005-01-19 15:41:10

お礼

 早速ご回答いただきましてありがとうございます。今まで私は、英語を専攻にしていて英語が話せないということに、不安を感じていましたが、おかげさまで、その不安が和らぎました。本当にありがとうございました。

 

投稿日時 - 2005-01-19 16:17:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

悪いけど、先週中学生が同じような質問していたよ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1159491
私も回答しましたが、就職というか仕事に役立てようと思ったら、チョイスはいくつかあります。
1、もうペ~ラペラになるまで英語を極める
2、3ヶ国語くらいほどほどに出来るようになる
3、英語は本業をするための道具と考える。本業は経営、法律など、何でも良い。
の3種類だと思いますが、3はもう英文科に居るのだから難しいでしょう?(そういう意味で先週の中学生は偉い!)後は1か2です。私的には2を勧めます。英語、中国語+何か、でどうでしょうか。
いまどき、英語を話せる人などたくさんいる、という認識は正しくて、特に英文科の人が日常会話が出来ます、といって何が面白いのかと思われちゃいます。すごく出来るのか、何ヶ国語かできるか出ないと特に英文科の人はきついかも。

投稿日時 - 2005-01-19 17:36:04

お礼

 ご回答ありがとうございます。英語に対して、また別の視点を持つことができました。是非とも、参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2005-01-19 17:50:31

ANo.2

一般的に日本の企業は、大学の新卒者を即戦力としてとらえていない場合が多いと思います。ですので、通訳の仕事とかでない限りは、英文科を出ているのに英語が話せないなんて・・・などとは言われないと思います。

20年前ぐらいでしたら、英語が話せるだけで即採用、なんてこともあったでしょうが、今は英語を話せる人はたくさんいます。その中には英語は得意だけど仕事はできない、なんて人もたくさんいます。そういう事を企業側もわかってきたんだと思います。所詮、英語は言葉で、伝えるべき内容がないと意味がないということです。

企業としても、ただ英語だけできる人であれば社員として雇う必要はなく、通訳を他の会社から派遣なりで雇えばいいわけです。したがって英語を売りにするのではなく、あくまでも付加価値としておき、本当の売りは自分自身の仕事をして行く上での能力とするべきだと思います。

つまり、「英語を専攻にしていながら」という部分は捨て、こういう仕事がしたいから入れてくれ、というような気持ちが大切だと思います。そして、実は英文科なので英語も読み書きならできまっせ、ということであれば付加価値として役に立ってくると思います。

投稿日時 - 2005-01-19 16:42:20

お礼

 とても丁寧なご回答ありがとうございます。今まで私は、外国語が話せるということだけで即それが就職に結びつくものだと勝手に思い込んでおり、英語が話せる様になることだけに固執していたように思います。勿論英語は好きなので、これからも勉強はしていこうと思っておりますが、これからは、それだけではなく、自分の「売り」を見つけ、磨いていこうと思います。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-19 17:02:11

あなたにオススメの質問