こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法定調書合計表の書き方

税務署に提出する源泉徴収票等の法定調書合計表の源泉徴収税額とは毎月みんなから徴収する所得税の合計ですか? それとも16年分の給与所得の源泉徴収票の源泉徴収税額の合計なのでしょうか? 0円の人もあります。
退職所得の源泉徴収票は税務署に提出する人としない人の区別はどうするのでしょうか?
よくわからないのでお願いします。

投稿日時 - 2005-01-20 09:17:46

QNo.1176721

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

年末調整後においては源泉徴収税額とは、毎月徴収した金額に年末調整による過不足を加減算した後の金額の事を指しますし、それが源泉徴収票において「源泉徴収税額」として記載されるものですので、いずれにしても、源泉徴収票の源泉徴収税額の合計額を記載する事となります。

退職所得の源泉徴収票については、法人の役員についてのみ提出すれば良い事となっていますので、一般の従業員については提出する必要はありません。
(もろちん、ご本人にはそれに関わらず全員に発行しなければなりません。)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7421.htm

投稿日時 - 2005-01-20 09:55:15

お礼

いつもありがうございます。これで税務署に提出する事ができます。また何かありましたらよろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-01-20 10:07:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問