こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年次有給休暇は売買できるものですか?

タイトルの通りです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-01-29 08:52:31

QNo.1191132

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

有給休暇は、出勤率など一定の要件を満たした場合に本人に与えられるもので、本人が原則として自由に行使出来ますが、他人に売買したり譲渡することは出来ません。

また、法定の日数より多く付与されてる場合や、退職時に未消化分が有れば、会社が買い上げることは出来ます。
買上げをするかどうかは会社の任意で、強制はされていません。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.jtuc-rengo.jp/tochigi/soudan/kyuka.html

投稿日時 - 2005-01-29 09:13:52

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-31 13:43:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

前の回答者さん達も仰る通り無理でしょうな。
そもそも、有休の買い上げなんてすべきでもないと思います。そんなことを許してしまったら、会社員は会社から、有休を買い上げられて、労働時間を不当に増やされかねませんよ!又、そんなことで過労になったとしても、補償も認められにくいでしょう。それは、なぜかって言うと、会社員が働くことに同意したことになってまうから。アメリカでは有給の買い上げ制度が認められていますが、だからアメリカのエリートは大変だと思います。実際それで体を壊す人も結構いるようですし。
ただ、次のような場合は、有休を積極的に繰越にしてもらうか買い取ってもらうか損害補償してもらうべきでしょう。
1. 会社又は上司がが社員の有休消化を阻止した
2. 主として、業務上の都合で有休消化ができなかった
3. 退職前に有休が残っていた
4. 有休を利用して会社のイベントを行った(社員旅行など)
また、有休を貯めてばかりいるのも本当は良くないでしょう。

投稿日時 - 2005-01-31 00:54:58

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-31 13:43:21

ANo.3

原則としては、年次有給休暇は売買できません。

ただし年次休暇は翌年まで繰り越しができますが、繰り越しの上限が20日までのため、
繰り越せなかった年次休暇は消滅してしまうことになってしまいます。

企業(団体)では、労働者に対してなるべく年次休暇を取得させるように努力しなければならないとなっていますが、現実的には困難な場合があるために任意に年次休暇の繰り越せなかった分に関して、手当を至急する場合があります。

ただし、これはあくまで任意にその企業(団体)が手当として支給するだけで、社則などで定められている場合は別ですが年次有給休暇の買い上げは義務ではありません。

投稿日時 - 2005-01-29 09:13:06

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-31 13:42:40

ANo.2

労働者間の売買は認められていません。たとえば、退職が決まっていて、残っている有給休暇が時間的な都合で使えないという場合は、雇用者側に買い取ってもらうことはできます。

投稿日時 - 2005-01-29 09:07:31

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-31 13:42:18

ANo.1

一般的な企業では与えられた年次有給休暇は翌年まで繰り越し可能です。年20日、2年足して40日がMaxで、消化できなかった部分(トータルから本年度分を除いた残り)を年末に計算し、買い取りをしてくれていたと思います。
ただし、これは会社の考え方によるのでこのシステムがないという前約束も有り得ます。また多くは組合員のみに適応され、管理職になったら「有休?なにソレ」くらい働かされ、余っても買い上げはありません。

投稿日時 - 2005-01-29 09:00:10

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-01-31 13:41:45

あなたにオススメの質問