こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

教員採用

私は、小学校の教師になろうと考えています。今、大学4年生で卒業してから通信で一種とって教員採用試験を受けたいと思っています。しかし、卒業研究の結果が芳しくなく留年する可能性がなきにしもあらずという感じです。もしこうなってしまえば、私は中退し、3年次に編入しようと考えています。教師への熱意と、教師に向いているということは誰にも負けない自信があります。「大学中退」という経歴だけで、採用試験で差別を受けたりするのでしょうか。教えてください。

投稿日時 - 2005-02-03 05:29:49

QNo.1199441

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

自信がないのも困りますが、過剰も困ります。
学校現場って、外から見るのと、内から感じるものとでは大きく違いますから。

さて小学校の教師志望ということですが、編入するにしても教育学部でないと意味がないですよ。
で、どれだけの教育学部が編入に対応しているか、ということです。
ここは、普通に学部を卒業してからの方がいいと思います。留年するのが確定だったら、五年生で教職課程をとったら(中学校免許)、通信で小学校免許を取るときも、少しはラクになります。
経歴で差別を受ける以前に「学科」をクリアしないと厳しいですよ。
もちろん経歴で差別は受けることはないです。ただし表向きは・・・ということで、実際は何とも言えません。少なくとも「いい印象」ではないですね。

投稿日時 - 2005-02-06 23:48:53

ANo.4

直接関係ないですが、実際にあった事例です。
私は4月から私立高校で働くのですが、その理事長面接(内定者と理事長の懇談)で、もう1人の内定者(1年留年)が、留年した理由を尋ねられていました。あとで話を聞いたところ、最終面接でも留年の理由について聞かれたそうです。

というように、留年したり中退すれば間違いなく理由が聞かれます。
あなたの場合、中退(編入)の理由は「留年する可能性がなきにしもあらずだったから」ですよね?こんな理由では、他で相当秀でていなければ採用を見送られると思います。

それともう1つ。No2への回答を見て思ったのですが、あなたはあなた中心の社会で生きているわけではありません。自分が中退をマイナスイメージで捉えていなかろうが、採用側がマイナスイメージで捉えればマイナスイメージです。「中退」という言葉が悪く取られるのは世間では当たり前のことです(学問を放棄した、なら仕事も嫌になったら放棄するだろう、と考えるのは普通です)。もちろん「留年」も悪く取られます。

あなたは中退した理由を聞かれたときどう答えますか?それ次第だと思います。マイナスイメージに捉えられないような説明が必要です。No2に書いた回答のように、不勉強を棚に上げた自己弁護では到底採用されないと思いますが(少なくとも私にはそう聞こえます)。

ここまでくどくど書いてきましたが、公立は未だペーパーが主なので、人格的に不適格でなければ大丈夫だと思います。

投稿日時 - 2005-02-06 01:20:16

ANo.3

質問の趣旨がよく分かりません。

と言いますのは、免許取得の基礎資格は大卒です(2種なら短大卒または資格認定試験というのもありですが)。つまり「中退」では免許が持てないので、差別以前かと思うのです。別の言い方をすれば、今の大学を中退したとして、編入後の大学で卒業しなければあなたの手元には免許は来ないのです。ですから、採用試験を受けるときのあなたの最終学歴は「大学中退」ではなく「大学卒業」または「卒業見込み」となるはずです。

このことを押さえた上で、今の大学を中退したとして、3年次に編入できるかどうかは微妙ですが(小免課程は全科目の教育法を取らなければなりませんので)、どっちみちこれから3年はかかりそうなので、今回卒業できなかったら転学もひとつの選択枝かと思います。

投稿日時 - 2005-02-04 00:49:55

ANo.2

中退は避けた方がいいと思います。
教員に対する熱意は誰にも負けない・・・その思いは伝わりました。
しかし、しかしですよ。教員になったとして、あなたが中途半端で終わった事実を、子ども達にどのように伝える?
教育とは、対象と将来を語るものと私は思っています。
中退してそれを語れる?
きちんと終了し、やり遂げることの大切さを語れる教員が素晴らしいと思います。留年という試練を通して挫折感を持つ子らに希望が語れるのでは無いでしょうか?
今いちど考えて行動してほしいと願っています。

投稿日時 - 2005-02-03 13:28:56

補足

私自身は中退をマイナスイメージで捉えていません。やりたいことがあり、少しでも多くの時間をその経験として費やしたいと考えています。目的があって新たな道へと進みだしたと逆に誇らしげに語れると思っています。私自身は。ただ、やっぱり世間は「中退」の意味を悪い方にしかとってくれません。

投稿日時 - 2005-02-04 03:24:33

私見で恐縮ですが、できれば中退は避けた方が良いかと思います。
なぜなら、ご心配の通り、「中退という経歴がマイナスに働く可能性がある」ことと、「3年次編入と比べて、わずか1年しか違わない」からです。

どこの都道府県でも、教員採用試験は狭き門かと思います。1発で合格できる保証もありませんし、今後、あなた自身の志望が変わる可能性も否定できません。今後の可能性と、1年余計に学校に行くことと天秤に掛ければ、私は1年くらいの寄り道は大したことはないと思います。

また、何か理由があってのことだとは思いますが、「卒業研究が芳しくなくて留年」というのは、あくまでご自身の責任かと思います。
「卒業研究が終わらないと卒業できない」というのは前々から分かっていることですから、ある意味「私には計画性がありません」と言っているようなものです。入試の試験官など、あなたの個人的事情を知らない人であれば、特にそう判断されかねません。

ご自身の熱意や適正をアピールする以前に、為すべき事を計画的に為すことも大切かと思います。

投稿日時 - 2005-02-03 11:43:01

あなたにオススメの質問