こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

我が家の保険の見直しに対してのアドバイスをお願いします(長文です)

結婚1年の夫婦です。専業主婦になった事をきっかけに、保険の見直しをしています。
主人年収900万 マンション保持(ローンはありませんが5年後実家を建替え予定のため月々積み立てあり)私 専業主婦(働いても103万円の壁以内)子供はまだですが、一人or二人希望。主人の保険の変更の必要性と妻(私)の保険の適正(保険料を半額に落としたい)。(保険金・給付金は補足にて補いたいと思います)

☆主人(上場企業会社員)39歳 (糖尿病・心臓系 の家系)
■明治安田生命
◎現在
●定期保険特約付5年ごと利差配当付終身保険
▼保険料13,754円(うち主契約部分1,854円 死亡関係特約部分13,884円 災害・疾病関係特約等部分4,915円 ※転換制度のご利用により当初10年間毎回の保険料に、7,070円充当。
◎おすすめプラン(L.A.)
●3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険
▼保険料22,500円(うち積立金(毎回の増減分)部分-4,195円 死亡関係特約部分19,980円 災害・疾病関係特約等部分6,715円 一時投入保険料+転換価格536,136円 ※転換制度のご利用により一時金として転換価格536,136円を投入。

☆妻(専業主婦)36歳 健康(がん家系・女性疾患心配あり)
■プルデンシャル生命保険
契約日95年。保険料15年目~13,552円 35年目から9,710円 55年目から9290円。
修正払込方式5-10終身保険リビング・ニーズ特約付 死亡(高度障害)保険金額1千万円
災害死亡給付特約:災害死亡(高度障害)保険金額1千500万円 特約期間54年
入院総合保障特約:入院給付金日額7,000円 特約期間54年
がん入院特約:がん入院給付金日額20,000円 特約期間終身
女性疾病特約:女性疾病入院給付金日額3,000円 特約期間49年
買増権保障特約:特約の金額500万円 特約期間14年

投稿日時 - 2005-02-07 21:24:43

QNo.1207230

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

補足ありがとうございます。

「お勧めプラン」と現在の内容との比較で、「おすすめ」に変えた場合のメリデメは以下の通りと思われます。

<主なメリット>
・万一の場合の保険金額が少し上がる。
・入院保障が5日以上の入院から1泊2日以上に変わる。
・がん入院の保障が無制限になる。

<主なデメリット>
・保険料が上がる。
・最終的に終身保険の保険金額がいくらになるかわからない。

これらを総合的に勘案して決められればいいと思います。

また、奥様の保険については「とにかく保険料を半額にしたい」旨保険会社に伝えて、プランを組んでもらえばいいと思います。

投稿日時 - 2005-02-09 23:46:03

お礼

メリット・デメリットでの回答でわかりやすかったです。

主人の保険外交員の方が、色々質問したかもしれませんが、急に連絡がとれなくなり、保留中です。

そんなこともあり、保険会社自体から見直しをしてみたいと思います。

自分が知りたい、欲しい保障を決めて保険会社、商品を選択しようと思います。

遅くなりましたが回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 08:06:26

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

あのー、明らかに保険掛けすぎですわ!!

>主人の保険の変更の必要性
・死亡保障は、お子様ができた段階で大きな保障(1人につき2000万逓減型など)を加入なさるといいかと思います。現状の保障は、お子様3人くらいの方の死亡保障金額です。現状では葬式代300万(貯蓄あれば不要)と、必要なら実家建て替え費用分1000~2000万?くらいでいいでしょう。
・医療保障については、上場企業会社員の方なら、公的にも企業的にも保障が手厚いのでは?でも、退職後のことを考えて、1入院120日以上のを日額1万円程度で。あと、がん保険必須で、三大疾病保障も手厚く。(死亡保障も兼ねて、三大疾病で一定条件になったら、一時金500万くらい降りる保険なんていかが?)
●何にせよ、死亡保障少なくていい現状なら、保険料は1万5千円以内(三大疾病保障500万に入るなら、もう少し高くても)に抑えましょう。で、浮いたお金を実家建て替え費用積み増しへ。


>妻(私)の保険の適正(保険料を半額に落としたい)。
死亡保障は不要(葬式代は)、どこかの女性疾病付き終身医療保障とガン保険だけ入っておけば、簡単に半分になると思います。

あと、年収900万とのことですが、年金保険とかはご加入でしょうか?年金保険月掛け9000円以上の、控除適格年金保険に入れば、もし課税所得が900万以上になったなら、生命保険料控除とは別枠で、年金保険料控除で課税所得が50000円減って、50000円に対しての所得税30%と、市府民税合計13%、50000×(30+13)%で、21500円税金が少なくなりますよ!(課税所得がもう少し少なくても、13500円以上は減税されます。)

投稿日時 - 2005-02-12 00:24:28

補足

補足・・・でなく、お礼です。

回答してくださった皆様どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 08:13:12

お礼

遅くなりましたが、回答どうもありがとうございました。

今生活している環境に合わせて保険を考える!基本的なことを忘れていました。

会社員の主人の会社の仕組み?はまだよくわからずです。(私の実家は自営業なので自分の事は自分で守らないといけない・・・)きちんと確認をしてみます。

私の保険についても、専業主婦って事もあるので、他の保険会社にて検討、再度加入の保険会社と相談してみます。

年金については、主人も会社の人に教えてもらって、昨年より加入したようです。

知らないことは怖いことですね。。。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 08:12:21

ANo.4

ゴチャゴチャ特約つけすぎ。どれが必要か必要ないか考えよう。それから上場企業ならグループ保険があるはず。死亡保障はそっちのが安いです。

投稿日時 - 2005-02-11 12:25:42

お礼

遅くなりまして。。。回答どうもありがとうございました。

主人の保険外交員の方が、色々質問したかもしれませんが、急に連絡がとれなくなり、保留中です。

そんなこともあり、保険会社自体から見直しをしてみたいと思います。

グループ保険!年に数回大量のパンフレットがきます!確認してみます。

投稿日時 - 2005-02-18 08:08:30

ANo.2

御主人のご契約の死亡保険金額や特約の給付金日額はいくらでしょうか。

投稿日時 - 2005-02-07 23:57:51

補足

princeサマ 下記の通りです。よろしくお願いします。
現在とおすすめプランの比較【おすすめプランの金額】
▽死亡時のお受取総額44歳まで5,400万円(一時金3,000万円+収入保障年金 240万×10回)(リビング・ニーズ特約 付加)【49歳まで6,000万円+積立金 (リビング・ニーズ特約 付加)】
▽災害で死亡の時44歳まで 5,900万円(一時金3,500万円+収入保障年金 240万×10回)【49歳まで 6,500万円 +積立金×1.1倍】
▽生涯保障(終身保険)100万円 【保険料払込期間満了日の積立金をもとに計算される終身保険の額】
▽所定のがん・急性心筋梗塞・脳卒中200万円 【付加忘れだがそのまま200万円付ける予定 よって保険料には反映してない】
▽病気や災害で所定の重度障害状態200万円 【付加忘れだがそのまま200万円付ける予定 よって保険料には反映してない】
▽入院初期給付(継続2日以上入院時)--- 【20,000円】
▽災害で入院(日額)5~124日目まで 13,000円 【1~4日目まで 10,000円 5~120日目まで13,000円 121から124日目まで3,000円】
▽病気で入院(日額)5~124日目まで 10,000円 【1~120日目まで 10,000円】
▽糖尿病・高血圧性疾患で入院(日額)5~124日目まで 20,000円 【1~120日目まで 15,000円】 
▽がんで入院(日額)5~124日目まで 20,000円 【1~120日目まで 15,000円 121日目~無制限 10,000円】】
▽ICU給付(日額)--- 【10,000円】
▽手術(がんの場合)最高40万円 【同額】
▽退院(がんの場合 継続30日以上入院後)200,000円 【同額】
▽災害で障害状態最高500万円 【同額】
▽災害で骨折・関節脱臼・腱の断裂(災害で重度の熱傷・永久歯の喪失の治療) 60,000円 【同額】

投稿日時 - 2005-02-08 01:28:52

ANo.1

あまり詳しくないので参考になるかどうか分かりませんが、分かる範囲でお答えします。少々ながくなります。現在、ご主人様が明治安田生命なのですね。L.Aという商品は死亡保障だけでなく、生活機能障害状態でも給付を受けることが出来る特殊な保険です。例えば、交通事故などで下半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされ仕事を今まで通り続けられなくなった場合、または病気などで寝たきりになり、収入がなくなってしまった場合等でも給付の対象になる保険かと思います。いわゆる生存給付金と言われるものだったかと思いますが、死亡以外でも給付されるという特徴があります。後は毎月の保険料をご自身でお決めになることも出来ます。もちろん、必要保険料以上となりますが、あまった分を積み立てておける仕組みになっています。転換なしの生涯一契約で一年ごとに見直すことができ、カードを作ればポイントもつきます。一度、担当者に連絡をとり、ライフサイクル表を作成してもらって検討されては如何でしょうか?ライフサイクルによって保障を大きくしたり(例えばお子様が生まれて成人するまで)、小さくしたり(マイホーム購入で資金が必要なとき等)できますし、夫婦で加入もできますので、いいかと思います。

投稿日時 - 2005-02-07 22:34:48

お礼

325425サマ アドバイスありがとうございます。担当者の方は主人のお母様の知り合いの方で・・・の流れでおつきあいをしています。実際会ってお話をしたのですが、保険外交員って感じの話で終わってしまいました。一度 どのような保険・保障が欲しいのか主人と話をして質問事項をまとめて担当者の方に確認してみます。

投稿日時 - 2005-02-08 01:32:38

あなたにオススメの質問