こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

外壁コーキングの劣化

我が家は、今年で丁度築5年目になります。
先週末、裏(北側)のすだれが取れかかっていたので
補修していると、外壁(窯業系サイディング)の隙間に塗布してある
コーキングが所々、隙間が出来て
内部(下地)が見えているのを発見しました。

自分なりにネットで調べましたが、コーキングの耐久性は上記期間より
目に見えて劣化が始ると、あちらこちらに書いてありました。
素直に、そろそろやりかえ時期かな?とは思いましたが・・・

一つ腑に落ちない点があります。
西日が当る箇所は隙間無く、見た目(水分が抜けような感じ・しわしわ)が悪いのに対し
日の当りにくい箇所は隙間があって、コーキングの弾力性がまだあり、変色してない事
素人の憶測ですが、「シーラーを塗らず施工」「コーキングが奥まで入り込んでいない」などの
施工では無かったか?

隣の方は、約3年で隙間(家より酷い状態)だらけになり、クレームをつけて保証期間外でしたが
直してもらったそうです。

一度、売り主(知合い)にその旨かけあってみたんですが
当時は民法上2年までの保証しかしてなく、昨年末に当家施工工務店は倒産したそうです。

今は自分の手で、コーキングの塗り直しを考えていますが
施工状態の問題は無かったか?もしくは、これは仕方が無い事か?
参考までに、教えて頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-07 23:42:12

QNo.1207523

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

24人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

こちらのサイトを参考にしてみてはいかがですか?

http://www.sone-tosouten.com/13diy/sealing.htm
http://ko-kinguno.info/

投稿日時 - 2011-07-16 11:57:29

ANo.5

初めまして。防水関係(コーキング屋)をしています。
NO.4の方の言われてる通りですね。

コーキングの寿命は約3年です。いつも日が当たるところは仰る通り、しわしわになってコーキング事態の役割は終わっています。

打ち替えについてですが、自分じゃ無理です。
業者に頼んだほうがいいですよ。
上から被せるのは無理です。撤去してからでないと。
理由は、上から被せると厚さが1ミリ、2ミリで、これは硬化不良になりやすいからです。基本の厚みは7ミリです。

もし、手の届く範囲でやられるのなら、サイディングのメーカーによって同色のコーキングがあります。それでやられてみては?少し高くなりますが。

結果的に、施工状態が悪かったからではないです。
いくら、コーキングを打つ前にプライマー(接着剤)を塗っていても3年ぐらいで老化しますよ。

投稿日時 - 2005-02-10 23:22:25

No.3の方は少し勘違いしてるところがあります。
以前サイディングの職人をしてたのですがコーキングは基本的に打ち直す物だと思ってください。
それにシーラーは普通は必要ありません。
ただ、施工前後に雨が降れば耐久性は弱くなります。
工期に余裕があれば乾いた状態で打って完全に硬化させれば強いのですがそうゆう訳にはいきませんので・・・
最近のサイディングメーカーは1液のカートリッジを指定する場合が多いのでメーカーに問い合わせれば同じ色があるかも知れません。
しかし、コーキング職人がいるぐらいですから簡単ではありません。

投稿日時 - 2005-02-10 21:54:08

ANo.3

通りかかりで、殴り書きですが申し訳ありません。
建築の現場監督をしています。
状況がはっきりとわからないので、施工については言及しかねます。
コーキングの劣化云々については、前述の方のおっしゃる通りだと思います。
サイディングは、コーキングがきれて、中に水が廻らないようになってはいませんか?
昔と違い、今は一般的に露出されているコーキングに止水の最終的な機能をあまり期待しません。
サイディンの目地は、言うなれば継ぎ目を塞いでるだけで、そのコーキングは、切れるのが常識と考え、よっぽど風で吹き込まない限り、切れてもいい細工になっているはずです。
5年もては、まず施工不良とは考えにくいと思います。
で、ここからがアドバイスとしましては、本題なのですが、
専門業者に頼むのが一番間違いないのですが、ご自分で行う場合、コーキング材の種類を間違うことの無いようにして下さい。
ピンキリの種類があります。
間違ってシリコンを使うと後の外壁の塗り替え時には塗装がのりませんし、逆に今使っているものよりも下位の材料を使うと剥離を起こします。使えるとしても専用のシーラーが必要です。
前回のシール材は絶対に完全には取れません。
何を使うか吟味が必要なのです。1液で全てまかなおうと思ったら材料費だけで、莫大なものになると思います。
ただ、2液性は、素人では練ることができないでしょう。

やつぎ早すみません。

投稿日時 - 2005-02-08 02:53:26

お礼

アドバイスありがとうございます。
確かに現状を見ないと伝わりにくい質問だと思います。

>中に水が廻らないようになって

通気工法ですね?それは大丈夫です。

>コーキング材の種類を間違うことの無いようにして下さい

本来なら業者さんに任すのが一番ですが、全部がそうなってる訳では無く、ごく一部が劣化しています。
これぐらいなら自分で出来るのでは?と言う安易な気持ちです。

>前回のシール材は絶対に完全には取れません。

それが・・・サイディグの小口が粉を噴いてちゃんとシーラーしたのかな?と思え、引張ったら取れそうなんです。
下記にも書かしてもらいましたが、劣化の時期云々は心得てます。
が、しかし一番日当りが良く、暴雨も伴う角地の家が何故症状が出ていないのが不思議でなりません。

投稿日時 - 2005-02-08 21:52:53

ANo.2

コーキングや塗料接着剤の寿命は原料組成によってピンきりではありますが、「同じ物であれば紫外線の当たるところほど早く劣化する」という宿命があります。

ですので、南や西日のあたる所は早く劣化してしわしわになってそのうちポロポロになってきますが、東や北側だと十年経っても何とも無い、ということもよくあることです。

日当たりの良い(劣化の激しい)ところが隙間がなくて、日当たりの悪い(保存状態の良い)ところに隙間がある、というのは、現物が見えないのでなんともいえませんが、変な感じですね。
(コーキング塗料接着剤の劣化は総じて「肉やせ」していきますので)

ご自分でコーキングを打ちなおすのは、かなり大変な作業になると思いますが、もし頑張るようでしたら、既存の劣化したコーキングを完璧にヘラで掻き出して、くずが残らない(元の下地が完全に出てくる)状態にしないと、上塗り状態では役に立たないのでよく気をつけるようにしてください。
(本当のよい仕事の職人さんに頼むと、きちんと「剥がし料金」をとられるのですが、仕事の大変さは素人目で見ても、新規打ちの何倍も大変で時間のかかる作業です)

投稿日時 - 2005-02-08 01:30:36

お礼

早々のアドバイスありがとうございます。
3件列びの一番端の方(一番日が当る家)は、工期的に一月遅れぐらいに建ちました。何れ同じような症状が出ると思われますが、今のところ問題ないようです。
その辺りが不自然だなと思います。
施工アドバイスありがとうございます。
ネット検索でも、同じような事が書かれてありましたので、altosaxさんも含め技術に生かしたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-08 21:29:25

ANo.1

コーキングや塗料接着剤の寿命は原料組成によってピンきりではありますが、「同じ物であれば紫外線の当たるところほど早く劣化する」という宿命があります。

ですので、南や西日のあたる所は早く劣化してしわしわになってそのうちポロポロになってきますが、東や北側だと十年経っても何とも無い、ということもよくあることです。

日当たりの良い(劣化の激しい)ところが隙間がなくて、日当たりの悪い(保存状態の良い)ところに隙間がある、というのは、現物が見えないのでなんともいえませんが、変な感じですね。
(コーキング塗料接着剤の劣化は総じて「肉やせ」していきますので)

ご自分でコーキングを打ちなおすのは、かなり大変な作業になると思いますが、もし頑張るようでしたら、既存の劣化したコーキングを完璧にヘラで掻き出して、くずが残らない(元の下地が完全に出てくる)状態にしないと、上塗り状態では役に立たないのでよく気をつけるようにしてください。
(本当のよい仕事の職人さんに頼むと、きちんと「剥がし料金」をとられるのですが、仕事の大変さは素人目で見ても、新規打ちの何倍も大変で時間のかかる作業です)

投稿日時 - 2005-02-08 01:30:30

あなたにオススメの質問