こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バイクと業務車の事故について教えて下さい。

先日友人が通勤途中にバイクで走行中、路肩で停車していてタクシーが急発進し、それをよけたら転倒しました。お互い当ってはいなく、友人は軽いケガをしました。現在話し合いの途中ですが、相手側から、人身扱いにせず友人の健康保険を使って欲しいとの事で、タクシーの自賠責保険で治療費・慰謝料・休損を保証するといわれました。なので警察には、物損のままで和解したと言う形をとって欲しいといわれています。こういう状態ですが、友人の会社からは通勤中の事故なので労災を使う話しが進んでいますが、自賠責を使うほうがいい気がします。この場合、物損で自賠責は本当に使えるのか?労災を会社が進めている中どのようにすればいいのかわからず困っています。教えて下さい。ちなみにバイクの修理費は現金にて少し払うとなっていて、次回会う時に書類を交わす話しが出ています。話し合いはタクシー会社の事故担当とです。

投稿日時 - 2005-02-08 14:50:47

QNo.1208340

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

気になったので再度確認にきたら案の定・・・という感じです。

確かに物損事故として警察に届出がされていれば、「人身事故届不能理由書」を提出する事で、自賠責保険が使用できる可能性もあります。この判断は自賠責側が行います。単に行政処分や刑事処分を逃れるためだけと判断されれば却下されます。というより通常のケースではまず却下されると考えてもいいかと思います。

>※さすがに百戦錬磨の事故担当者ですね!
私から見れば「馬鹿の一つ覚え」って所ですね。保険が使えるかどうかを判断するのはタクシー会社ではないという事を覚えて置いてください。

投稿日時 - 2005-02-08 18:57:46

お礼

再び有り難う御座います。却下されることも考えれるみたいですね。注意点が増えました。惑わされないよう気をつけます。有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 12:58:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

人身事故は必ず警察への届出をする義務があります。

言いなりになっていいことはありませんね。

どんな会社にも、コンプライアンス、法令の遵守が必要です。
人身事故が発生したら、警察へ届け出る。
あたりまえのことです。

投稿日時 - 2005-02-11 01:27:12

補足

皆様回答ありがとうございます。皆さん全員にポイントをつけたかったのですが、出来ないので、申し訳ありません。本当に皆様のおかげで今、順調に話が進んでいます。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 19:00:24

お礼

回答有り難う御座います。事故したので届けはしてあります。ただ、警察側からは、現在物損扱いなので、人身をあげるか和解するかして下さいとの事なので、悩んでたんです。有り難う御座いました。

投稿日時 - 2005-02-12 15:07:20

ANo.9

物事には「原則」と「例外」があります。
「例外」だけを取り上げていると、誤った方向に向かってしまいます。

投稿日時 - 2005-02-09 14:41:03

補足

何度もすみません。労災は、人身を警察にあげないと使えないのでしょうか?物損で人身証明書入手不能理由書?を出せば使えるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-02-09 15:13:32

お礼

何事にも絶対というのは無いのですね。色んなことを想定したいと思います。有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 15:11:28

ANo.8

労災=自由診療ではありません。

健康保険・労災保険の適用による治療の場合、
診療報酬点数1点あたりの単価が決められて
います。自由診療とは病院側の言い値による
治療ということです。

診療報酬点数1点につき
健康保険・・・10円
労災保険・・・12円
自由診療・・・病院側の言い値(20円以上)

同じ治療をしても自由診療の場合、2倍以上の
医療費が病院に支払われるため、自賠責の120万円
枠を使い切ってしまうのが早くなります。

以上

投稿日時 - 2005-02-09 10:47:05

お礼

労災の点数知らなかったので、勉強になりました。自由診療とは、また違うんですね。お教えいただき有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 15:09:16

ANo.7

>「人身事故」としない場合は「誰も死傷しなかった事故」という扱いになり、保険等からの補償は一切ありません。

>「人身事故届不能理由書」を提出する事で、自賠責保険が使用できる可能性もあります。

同じ人間の回答とは思えないが。。。

タクシー側は自賠責保険を使える確信があるのでしょう。
万が一使えなかった場合の対応まで約束できれば良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-02-09 09:23:36

お礼

自賠責が使えなかったときのことも考えて上手く話し合いたいと思います。有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 15:07:37

ANo.6

ひとつ書き忘れました。

労災を選択された場合、健康保険を使うことができません。いわゆる「自由診療」になります。既に労災処理を進めているとのことなので、今の状態では健康保険は使えません。

投稿日時 - 2005-02-09 08:58:42

お礼

御返事何度もありがとうございます。労災では、健康保険使えないんですね。知らなかったです。ためになりました。

投稿日時 - 2005-02-09 15:06:17

ANo.5

他の方のアドバイスにあるように警察には人身事故として届けましょう。

労災と自賠責ですが、まず労災を使用しましょう。労災からは治療費の100%および休業損害の60%が支給されます。自賠責に対しては休業損害の40%および慰謝料を請求することになります。

今回の事故が通勤途上の事故であれば健康保険は原則として使用できません。となると怪我の治療は労災を使うか自賠責を使う(=自由診療)かの選択になります。自由診療の場合、同じ治療内容でも労災を使用した場合の2~3倍の医療費をなります。

ご存知のとおり自賠責の限度額は傷害の場合120万円です。もし自賠責を使った場合(すなわち自由診療による治療を選んだ場合)、治療費だけで自賠責の限度額を使い切る可能性があります。そうなったら、休業損害および慰謝料はタクシー会社に請求となりますが、タクシー会社の事故係相手の交渉は大変です。

本件の場合、労災保険でケガの治療を行い(自己負担および限度額なし)、休業損害の60%を確実に回収した上で、残りを自賠責保険に請求するのが賢明な方法です。タクシー会社との交渉が鬱陶しかったら、自賠責に直接請求(被害者請求)するもの一案です。

投稿日時 - 2005-02-08 20:22:03

お礼

御返事おそくなりました。人身扱いのほうがいいみたいなご意見が多いですね。悩みどころです。こちらに刑罰がくるのかがわからないものですから。労災と自賠責は上手く使うといいみたいですね。また自分で自賠責に被害者請求することも可能なのですね。勉強になりました。有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 15:04:34

ANo.3

タクシーの自賠責で払うというのは納得できませんね。
人身で保険を使う場合は事故届けが必要だと思いますよ。
物損のままで和解したと言う形をとって欲しいというのはタクシー運転手の人身事故による免許停止を何とかさけたいからでしょう。
しかし、事故届けをきっちりしないとあとでもめてもどうしょうもなくなります。
診断書を取ってきっちりと人身事故として届けてください。
それが一番賢明です。

投稿日時 - 2005-02-08 16:40:47

お礼

遅くなりすみません。御返事有り難う御座います。人身にしたほうがいいのですが、当ってないというのと、自分の前にバイクが一台いて、二人のバイクがタクシーに驚き、よけた所、前のバイクはタクシーをよけきれ、友人はよけて転倒。その際、前のバイクに軽くナンバーのところを当ったんです。前のバイクは、当ったことは、たいしたこと無いし(警察もたいしたことでないと言われています)タクシーと争うことになったら協力していただけるととの話しになっています。なので、人身扱いにするとこちらも不利になるか心配なのです。

投稿日時 - 2005-02-09 12:55:40

ANo.2

>この場合、物損で自賠責は本当に使えるのか?
タクシー側は
「人身事故にしたくない」=> 減点、罰金がいや。
「自賠責は使いたい」=> お金払うのもいや。って事ですね。

自賠責に請求する時に「人身事故証明」の代わりに
「物損事故証明」+「人身事故証明書入手不能理由書」を提出するれば理由によっては受け付けられるようです。

※さすがに百戦錬磨の事故担当者ですね!

投稿日時 - 2005-02-08 16:34:52

お礼

遅くなりましたが、御返事有り難う御座います。「人身事故証明書入手不能理由書」というのが在るのを初めて知りました。調べてどんな書類なのかわかり、助かりました。有り難う御座いました。

投稿日時 - 2005-02-09 12:49:43

ANo.1

労災・自賠責いずれを利用するにしても、「人身事故」として届け出ることが必要です。「人身事故」としない場合は「誰も死傷しなかった事故」という扱いになり、保険等からの補償は一切ありません。話し合いはタクシー会社の事故担当者ということですが、こんな基本的なことを知らないわけがありません。相手に言いくるめられています。それとも保険以外にもしっかりと補償してくれるというなら話は別です。しかし、その場合は慎重に対応することですね。
それにこの件と健康保険の使用に関する問題は全く関係がありませんし、物損・人身いずれの場合も健康保険を使うことは全く問題ありません。

自賠責と労災ですが、労災対象となる人身事故でしたら両者ともに対象になります。しかし両者を同時に使うことはできないので、どちらかを選択することになります。一般的には自賠責で処理を進めます。自賠責の方が労災より保障が大きく、労災を選択した場合はこの不足分を改めて自賠責側に請求するなど、手間もかかります。

投稿日時 - 2005-02-08 15:06:15

お礼

遅くなりましたが、御返事ありがとうございます。労災について無知の為すごく困ってしまいましたが、自賠責と労災と重ねて二重取りができないみたいですね。労災と自賠責を上手く使うことは出来ても手間がかかるみたいですね。健康保険は使えることがわかりました。有り難うございました。

投稿日時 - 2005-02-09 12:46:00

あなたにオススメの質問