こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

執行猶予期間中の制限・・・・

2年前に、懲役1年6月執行猶予3年の判決を受けました。現在、執行猶予中なのですが、家庭を持つことになり、分譲マンションの購入を考えています。銀行ローンを利用しようとしていますが、ローンをするために銀行保証会社の事前審査が必要で、信用度を調べるそうです。
今は定職に就き、まじめに働いていますが、保証会社の審査は、執行猶予中では通らないのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

投稿日時 - 2005-02-11 13:59:44

QNo.1213282

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#2です。
銀行と保証会社は別物です。
銀行は、いざという時には保証人なり保証会社なりから回収すれば損はありません。

保証会社がリスクを負っているわけですから、当然保証会社の審査の方が厳しくなります。
実際にローンの焦げ付きで困っているのは、銀行よりも保証会社なのです。

ご質問の「執行猶予」の件は、関係ないでしょうから、以下の点をチェックしてみて下さい。

(1)ローンやサラ金の焦げ付きがなかったか
(2)現在、カードなどで多額の借り入れがないか
(3)勤続年数が少なくとも3年あるか
(4)資金計画は問題ないか・・・頭金(10~20%)、年収(年間返済額の5倍以上)
(5)物件の価値は充分か

保証会社に審査が回ってから判明するのは、(1)(2)がありますし、銀行より厳しい審査は(3)があります。

これでも分らない場合は、問い合わせるしかありません。
理由を教えてくれない(ことはないと思いますが)場合は、保証会社を変えて検討してもらうか、個人の保証人を立てることになります。

投稿日時 - 2005-02-11 16:03:52

お礼

的確な助言をありがとうございます。
過ぎ去った過去を忘れるわけではありませんが、今の自分に自信を持って、頑張ります。
もう一度、マンション購入計画を見直してみます。

投稿日時 - 2005-02-11 16:33:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

保証会社の事前審査は、書面によるものです。

提出を求められる書面の中には、「前科」なり「執行猶予」なりの有無を確認するものはありません。

犯罪歴が記載されている(一定期間で消滅しますが)のは、本籍地にある名簿ですが、特別な場合を除いて、外部からは確認ができません。

銀行ローンの審査は、特別な場合ではありませんので、情報は漏れません。

つまり、保証協会が、申込者が執行猶予中か否かを調べることはありませんので、その他の条件が満たされていれば通ります。

但し、ご事情から察するに、今の職に就いてから日が浅いことが想像されますので、むしろ「勤務年数が短い」ことで審査を通らないか、融資が減額されることは充分考えられます。

そのような場合でも、「執行猶予中」が分ってしまったのかと、早合点しないようにしてください。

投稿日時 - 2005-02-11 14:32:54

補足

ご返答感謝します。
銀行の担当者には、この条件ならOKですと言われていたのですが、保証協会のほうでNGになってしまい、状況が全くつかめず悩んでいました。
銀行はOKでも、保証協会でダメなこともあるのですね?

投稿日時 - 2005-02-11 14:47:01

ANo.1

基本的に、勤続年数と年収、預金額、総取得額で決まりますから問題は無い筈です。

あとは、更正した自分をきちんとアピールする事ですね。

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/index/faq_index.html

投稿日時 - 2005-02-11 14:23:26

補足

ご返答ありがとうございます。
銀行と銀行の保証会社は別物なのでしょうか?私は、銀行の審査が全てで、銀行がOKなら保証会社も自動的にOKだと思っていました・・・・・

投稿日時 - 2005-02-11 14:57:59

あなたにオススメの質問