こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険会社の支払い決定

路肩に停車中、前に停まっていた車がバックでぶつかってきました。で、逃げました。
その後、すぐつかまったんですが飲酒でそのまま留置されてしまいました。
そしてその同居人が相手が加入している保険会社に連絡して、保険会社からこちらに連絡が来ました。
その同居人はあとで本人に連絡させると言ったらしいのですが、留置所にいるので連絡が出来るわけも無く、またその同居人もその後保険会社が電話しても連絡がつかなくなってしまったという事でした。
こちらとしては車が壊れたままでは困るのでなんとかしてくれと言ったところ、保険会社が警察に事故状況の話を聞きに行き、本人、その同居人との連絡は取れていない状態ではありますが、お支払いしますということだったので修理に出しました。
当然修理工場も保険会社と話をしており、保険会社が代金を支払うということで修理に着手、そして車が戻ってきました。
ところが、留置所から出たのか本人と連絡が取れたらしく、
こちらに連絡が来たのですが、「ぶつけていない、ぶつけられた」と言っている、と。
なのでお支払い出来ませんとの事。
唖然としました。もう100%それはありません。
本人確認出来ない状況承知で、警察にまで行って、その上で支払うという決定をしたのに、こういうのは有りなんでしょうか。
こちらとしては、保険会社側で判断してOKということだったので修理に出した訳で、だから発生した金額です。
支払うと言われなければ修理には出しませんでした。
その責任の所在というのはどうなるんでしょうか。
そして修理工場としては私に請求するしかないんですということなんですが、支払わなくてはいけないんでしょうか。
長文ですいませんです。

投稿日時 - 2005-02-17 00:01:00

QNo.1222380

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

また変な人にぶつけられてしまいましたね、事故処理にご自分で動いておられるようなので大変だと思います。
周りがのらりくらりとしている状態で被害者だけが疾走している状況のようなので、思い切って少額訴訟の方が早く解決するかもしれませんね、相手の犯人は書類送検されたんでしょうか、まだならされる前に少額訴訟にした方が良い様に思いますが(こういったケースでの経験がないのではっきりとは言えませんが)、少額訴訟でぶつけられた・ぶつけたと言う事故状況は大変重要になってきますので警察の状況検分、相手からの事情徴収なども詳しく分かると思います、ついでに相手の保険会社は契約者(賠償被保険者)から保険を使わないと言われればどうしようもありません、ただ被害者に支払うと言ったのですから何らかの責任があるようにも思いますのでついでにそれも少額訴訟時に裁判官に判断してもらいましょう。あなたが一つ一つ調べ動き回るには限界があります、それを少額訴訟と言う形に置き換えてはいかがですか。修理工場への支払いは最終的にはあなたの責任となりますので少額訴訟の前に必ず支払いを済ませておく必要があります。(でないと修理工場からあなたが訴訟を起こされる可能性がありますから)
これを保険会社に伝えるだけで好転しないかな
ご健闘?を願っております

投稿日時 - 2005-02-18 14:11:13

お礼

どうもありがとうございます
今回は相手も相手なら、保険会社も?です
その後修理工場とも話をしたあともう一度保険会社のお客様窓口から苦情という形で連絡したところ折り返し担当者から連絡があり、
これがまたよくわからないんですが、「あなたの言っていることが正しいと判断しています、保険で処理出来る様にもっていくつもりで、相手にもまた会うことになっています」とのこと・・・
何なんでしょうか?
まあ、あくまでも「つもり」なのでどうなるかわかりませんが、次の連絡で決着がつかない場合は訴訟を起こすことになると思います

投稿日時 - 2005-02-18 16:53:03

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

本筋に戻しますが、、、

少額訴訟では保険会社を責めることはできませんよ。うまくいっても相手に支払命令が出るだけですね。

投稿日時 - 2005-02-17 13:57:45

お礼

どうもありがとうございます
もちろん小額訴訟の場合は本人に対して、です
ただそれ以前に今回の保険会社の不誠実、ある意味いい加減な対応について憤りを感じているので、まずそこでどうにか出来ないものか、という事なのです
修理に出す前ならともかく、です

投稿日時 - 2005-02-17 14:19:28

ANo.6

イメージと表現したのが誤解を招いたのかもしれませんが、「過失割合」と「事故証明」には直接の関係がありません。どちらに記載してあったとしてもそれが直接過失ゼロの証明になるわけではありません。警察が過失割合を判断するわけでもありませんし、今回はそれが明らかだとしても微妙なケースでは記載どおりにいかないじれもあります。これを材料に主張したところで、何の解決にもなりません。

補足を読むと、停車中ではなく駐車中のようですね。事故時に乗車していなかったことがわかればいいんですが。

保険会社の人間のセリフか代理店等のセリフかもポイントですね。
先程も少し触れましたが、保険というのは契約者が利用するか否かを判断します。契約者(今回は事故相手)が賠償義務を否定している限り、相手の保険会社の出る幕はないはずです。本人が過失を認める前に支払いを約束したのは明らかに勇み足です。

投稿日時 - 2005-02-17 11:09:50

お礼

どうもありがとうございます
>保険会社の人間のセリフか代理店等のセリフか
今回はご迷惑をお掛けしてるということで代理店の方でどうのこうの、と言っていましたので保険会社の発言かと
>これを材料に主張
こちらが主張しているのではなく、どうにかならないのか、と言ったところ、保険会社の判断で調査なり動いた結果、支払いますと返事をしてきた訳です
判断材料を集め、結論を出したのは保険会社です
自分の保険会社にも相談してみましたが、
警察での話ではなく、独自に調査している可能性もあると言っていました
要はその”勇み足”の責任を問えるかということになるんですが
あまり時間をかけたくないので小額訴訟も出来れば避けたいという感じです

投稿日時 - 2005-02-17 11:56:02

ANo.5

再追伸 警察は第三者に状況を説明することはないと思いますが、あなたは当事者なのであなた自身で、警察に確認されたら、どうでしょうか。
保険会社担当者が調査内容を教えないと同様、警察だって教えないはずですがね(保険担当者に)・・・?

この事故は 白か黒の事故です。
一方的加害者が事故証明乙欄に書かれるわけがありません。これ常識!! (出会い頭のような5:5のケースをのぞいて)
警察がただたんにイメージ 気分で甲欄 乙欄に記入してるわけではありません。多数の事故証明 事例をみてれば一目瞭然です。
事故証明を見る際の目安にはなりえます。
飲酒で当て逃げし、ポールにあて、拘留された人の言い分を警察がそのまま受け入れるとは、信じられませんけどね~エ

投稿日時 - 2005-02-17 10:31:53

お礼

度々お付き合いいただきありがとうございます
保険会社が警察へ行ったのは間違いない事実で、
何らかの確認作業はあったはずなんですが・・・
保険会社が警察へ行った経緯としては、
本人が拘留中なので保険に関する書類を留置所あてに送ってはどうかとか、面会に行って確認は出来ないのか、と保険会社に私が言いました
それを受けて保険会社が警察に連絡をして聞いてみたところ、事故に関しての説明を警察の人間から受けられるとのことなので行って来ます、ということでした
その後は先にご説明した通り、ハイ全部お支払いOKです、
という流れです
一体どうなっているのか・・・

投稿日時 - 2005-02-17 11:30:18

ANo.4

>保険会社が代金を支払うということで
これはいったい誰の発言なんでしょうか?
この発言自体に疑問を感じます。任意保険は、まず契約者から保険金の請求がなければ支払いには応じません。それに一方の当事者からの事故状況説明で全てを判断する事もできないはずです。それに上記を読む限り「100%負担する」とはいっていないですね。

事故証明について書かれていますが、これは事故が起きたという事実を証明するためのものです。賠償問題には関係がありません。甲・乙欄もそのときの担当者のイメージでそこに名前が記入されるだけで、それ自体が決定的なものになることはありません。

相手側と事故状況についての説明が噛み合わない事はよくあることです。車両保険があれば「車両先行払い」で回収については保険会社に一任するのがベストです。車両保険がなければ自腹とするのがベストな選択です。支払いを拒み続けると修理工場に迷惑がかかってしまいます。車両保険がなければ当然こういったトラブルが発生します。

投稿日時 - 2005-02-17 07:06:02

補足

車両保険に関してはこちらの保険にありますが、
免責の関係でそれなりの額を負担しなければならす、
さらに保険料も上がってしまうので考えていません
事故状況の主張の食い違いとうのは一般論としてはよくわかるんですが、
今回は停車中、しかも車に乗っていない状態で目の前でぶつけられているので、到底納得のいくものではありません
小額訴訟を検討中です

投稿日時 - 2005-02-17 10:28:38

お礼

どうもありがとうございます
支払いについては、保険会社の人間が警察で事情を聞いてきた後連絡を取り支払います、と
その際こちらが、では過失はそちらが100%ということでいいんですね→保険会社:ハイ、請求は全額そちらでいいんですね→保険会社:ハイ、と口頭ではありますが確認しています
修理工場も同様の確認をした上で修理着工しており、
相手100であればレンタカーもOKということで、
それも保険会社がOKしています
にもかかわらず、本人があとから出てきて、やってない、
と言っただけで簡単にひっくりかえるのがわからないんです

投稿日時 - 2005-02-17 10:27:04

ANo.3

追伸 事故証明入手すれば大体は甲欄加害者(上段)乙欄被害者(下段)にて書かれていますが・・・!
それで証明されるのではないでしょうか!!
この事故 白 か 黒 はっきりしてますよね。
当てたか あてられたか どっちかですもんね!!

投稿日時 - 2005-02-17 01:30:25

お礼

再度ありがとうございます
そこが非常に不思議なのです
保険会社は警察にそれを確認に行って
そこできっちり確認出来たから支払うと言ったんだと思っていた訳です
やっぱり支払えないと連絡が来たとき
じゃあ警察で何を聞いてきたんだ、と言っても
こちらの調査内容はお教え出来ません、だそうです
訳がわかりません

投稿日時 - 2005-02-17 01:40:07

ANo.2

あなたは当て逃げの状況を警察に届けましたか?
文面から相手とその関係者の対応はわかりましたが、警察 被害届をどのようにされたのか、その状況がまったくわかりません。
180度言い分が違う場合 第三者にはどちらが正論か判断できません。
事故証明はどうなってますか?
警察にちゃんと事故状況説明されてれば問題ないでしょうが・・・・
その辺 受理されてますか?

投稿日時 - 2005-02-17 00:54:26

補足

どうもありがとうございます
説明不足ですいません
警察にはぶつけられた時すぐ連絡しています
現場に来たのは逃げられた後ですが
ナンバーもしっかり覚えていたので
それも含めしっかり状況説明しています
ちなみに相手がすぐ捕まったのは
逃げたすぐ数百メートル先でまた事故を起こしていたからです
スーパーの駐車場か何かのポールに突っ込んだそうです

投稿日時 - 2005-02-17 00:55:58

ANo.1

修理工場には申しわけないのですが,断固として支払ってはなりません。
被害者救済を第一に考えなければならない保険会社が,加害者とグルになるとは何事でしょう。徹底抗戦してください。あなたは100%無実です。加害者が留置所に留置されていたのが,何よりの証拠です。
それにしても,飲酒運転しておきながら,なんと往生際の悪い。こんな加害者には,震え上がるくらい莫大な請求をして,懲らしめてやりましょう。

投稿日時 - 2005-02-17 00:51:16

お礼

どうもありがとうございます
こちらとしてはとりあえすの立替でも
修理代金を財布から出すつもりは無いです
もちろんこじれた場合最終的には本人に対して法的な請求になるんでしょうが、
保険会社が間に入って支払いの了解まで出しているのですから、出来ればそこで決着を着けたいと思っています
保険会社がいい加減な形で支払うという決定をするとも思えないですし、こういう状況を十分把握した上で
自社で判断をした結果ですから、修理費用が発生したことの責任は取ってもらいたいところです

投稿日時 - 2005-02-17 01:13:21

あなたにオススメの質問