こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株のリスクについて教えて下さい!!

株を始めようと思い本などで調べているのですが、いまいち株のリスクについてよく分からないので、教えて下さい。

よく、「株で損をした」といいますが、具体的にどうゆうことなのでしょうか?例えばひとつの銘柄を購入したあと、その後それ以下の値段で売ると、損ですが、株が下がっても売らずに持ち続けるとどうなるのでしょうか?また、売っても、売らずに持ちつづけても、余分に払わなくてはいけなくなる場合があるのでしょうか?

株券がただの紙切れになる、という言葉を聞きますが、ただの紙切れになるならまだしも、それ以上にお金をまた出さなくてはいけなくなると言う事が起きるのですか?それは手数料などのために、マイナスになるという事なのでしょうか?

株の資金は、万が一無くなってもいいと思えるお金を用意しましたが、それ以上は使いたくないと思っています。どうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-02-17 01:20:03

QNo.1222483

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

リスクという概念を理屈で説明するとなると、なかなか大変で理解するのも難しいですし、証券会社のセールスに聞くと、向こうの都合のよい商品を押しつけられてしまう怖さがあるでしょう。
すぐに金儲けをしようと、焦っているのでなければ、株式を理解するための、ひとつの方法をお教えします。
実際の株式相場に合わせて、売り買いのシミュレーションゲームをしてみることです。
期間(とりあえず3ヶ月くらい)を決め、手持ちの資金(例えば1億円!どちらにしろ空想ですから景気よく)で、実際の銘柄4~6社を買ったことにします。それを時々値動きを見て、自分の判断で売りたいとき買いたいときにその日の終値で売り買いしたことにしてノートやパソコン上にきちんと記録していきます。上がるつもりで買って下がったり、その逆に上がって儲かったりしますから、どんどん売り買いして期限が来たらその結果を見直して見ることです。そこで元の資金よりも何割も増えていたら、貴方は相場の勘があるかも知れないので、今度はほんとに購入するために、株や様々な金融商品を見比べてみてはどうでしょう。その頃には十分な知識もついているはずです。
このやり方の大事なルールは、売り買いのシミュレーションを1日ごとに締め、いい加減にしないこと。損したから、昨日に戻ってやっぱり買わなかった(売らなかった)ことにしよう、などと適当に加工しないこと、それをすると、全くやる意味がなくなってしまいます。
3か月後にもう一度見直すことで、自分の売り買いの癖や欠点を知ることができます。
そこで自信がつけば本当に実践すればいいでしょう。面倒臭いようですが、これができないようでは株はほうっておいて貯金のように増えるものではありませんから、株式投資はとてもできません。他の利殖を考えた方がいいでしょう。
数字に強くなること、「数字は金だ」と思って数字と仲良くなることです。優れた投資家は皆数字に強いものです。何年も前の底値や、あのときの平均株価はいくらだったと、はっきり覚えています。
どうですか、やる気になりましたか。ちなみにこれはアメリカでは(地域によって)公立学校の正式のカリキュラムになっています。

投稿日時 - 2005-02-17 03:04:45

お礼

ご返答ありがとうございます。
そうですね、シミュレーションゲームで勉強してみる事もいいかもしれません。検討してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 03:11:34

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

株の金額が50万前後ですね。

これは0円以下には100%なりません。
でも、0円になっても、平気でいられるのか?ということです。
なくなっても良いと思える金額をお持ちであるのなら、ここで言うリスク=株価の減少になります。

株価の減少=お金の減少です。

200万株式に投資して、これが50万になっても大丈夫か?
大概の人はこれで慌てます。

まあ、この辺理解できてるようなので、別に気にすることもないでしょう。


なお、信用取引の場合には、0以下になり得ます。
これはやらないと思うので除外。

投稿日時 - 2005-02-17 08:55:24

お礼

ご返答ありがとうございます。
信用取引でなければ0円以下にはならないとの事で、少し安心しました。
分かりやすいご説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 03:22:48

ANo.2

株式のリスクとは、”利益が安定しないこと”を言います。価格が下落して損が出ることだけがリスクとは言いません。

”それ以上にお金をまた出さなくてはいけなくなると言う事が起きるのですか?”

ご存知かと思いますが、株を買うということは、配当金、売却益を得ることを目的として、株式会社に出資するということです。そして、これは株主はたとえ会社が倒産しても、損は出資額まで、という事です。
簡単に言うと、倒産した会社に債権者が押しかけてきたとしても、責任を負う事を求められないということです。

また、株価が下がっても売却しなければ実際の損失とはなりません。会社が株式価格の下落を気にするのは、財務諸表上に含み損として、その下落分を開示しなければならないからです。ですから、個人の方には関係ないといえます。

株式初心者でしたら、ポートフォリオで投資されてみてはいかがでしょうか?
株式や債券は個別で保有するよりも、複数で所有した方が極力リスクを回避し、高収益が得られる事が立証されています。一般の個人が複数の株式を持つにはかなりの資金が必要になりますが、それほど大きな資金でなくてもポートフォリオで投資できるものが証券会社などで販売されています。いずれにしても株式を購入するには、証券会社に口座を持たなければならないので、各社のホームページをチェックして商品を見てみるとか、一度足を運んでみるのも良いと思います。

投稿日時 - 2005-02-17 01:56:48

お礼

ご返答ありがとうございます。とても参考になりました。
当方全くの初心者なので、ポートフォリオについても調べてみようと思います。

投稿日時 - 2005-02-18 03:04:34

ANo.1

株を100円で買って、現在50円になってしまったら、株はマイナス50円ですよね?
そこで売ってしまったら50円の現金になり、50円の損になります。

持ち続けて200円になったら良いのですが、いつ200円になるのか、誰にもわからないですよね?
今すぐ現金が欲しいわけではないのでしたら、そのまま株を持ち続けてもいいですけど、「もしかしたら倒産するかも...」とか「ほかの株を買ったほうが良いかな...」と思って売ってしまう時があります。
そうすると、「損」が発生します。

株券が「ただの紙切れになる」事は、その会社が倒産(か、上場廃止)になる時です。ゼロよりはマイナスにはなりません。

投稿日時 - 2005-02-17 01:32:35

お礼

納得いたしました。分かりやすいご説明、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-02-18 03:01:03

あなたにオススメの質問