こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼女が浮気をしてました。

僕には付き合って8年目になる彼女がいます。
とてもしっかりした人で尊敬してましたし、
結婚ももちろんするつもりでした。
しかし、2月上旬にふと目にした彼女のフリーメール
から、浮気をされていたことがわかりました。
問い詰めたところ、関係は半年で月1、2回。
しかも相手のことは良くわからず、いわゆる援助交際のような関係だった。と告げられました。理由は仕事のことで凹んでついテレクラに電話したんだそうです。
実は彼女は過去にレイプされた経験からPTSDというんでしょうか
パニック障害というか自傷行為をしてしまうようなところがあり、最近は安定していたようだったので安心してましたが、自傷行為としてテレクラで名も知らない男に体を売る
ことをしてしまったんだそうです。
あれほど信じていて尊敬もしていた彼女にそんなことをされてしまったわけで
僕はこれまでなかったぐらいのショックを受けました。
結局許す方向で行こうと決めましたが、あれ以来、彼女を信じることができませんし、
まだまだ許すことは出来そうにありませんし、忘れることも出来そうにありません。
その時の様子とか相手の話とか、まだなにかあるんじゃないの?など、いろいろ聞きたいことは山ほどありますが、
「思い出したくないし思い出させないで」と何も話してくれませんし、逆切れしそうな勢いです。何も話してくれない彼女にさらに不信感が増してしまいます。
PTSDな人に嫌な過去を語らせることは良くないことなんでしょうか。
僕が持ってしまっている疑念を消すには、これまでどおり彼女を信じられるようになるにはどうすればいいんでしょうか?
下手な文章で申し訳ありません。どなたかアドバイス宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-03-01 09:33:00

QNo.1244339

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一般的な浮気と同種と捉えないほうが良いと思う。彼女のその行為は、病状のひとつ。
だから、彼女がリスカしたり、オーバードーズしたり、というのと同じレベルで考えるべきだと思う。
彼女の場合、レイプによって、自分は汚れているとか、汚されたと感じているかもしれない。
だから、あなたのおっしゃるとおり、それは一般的な浮気ではなく、彼女の自虐的行為ととらえるべきで、それは病気なのです。
レイプの記憶について、語りたくない気持ちはわかりますよね?
性的逸脱行為はレイプと似ている。それを追求すると、彼女はまた、自虐行為(援助交際)に走るかもしれない。
彼女は、その男がスキで関係を持つのではなく、見ず知らずの男だからこそ、関係を持つのだと思う。
ゆきずりの相手に身を任せることが自虐になるので、
もう、誰でもいい。
浮気、というより、性的逸脱行為、です。
一般的な浮気ととらえてはいけない。
だからといって、あなたが苦しみ、悩むのも当然です。
でも、心までその浮気相手に奪われたのではない。
その男に身を委ねることが自虐ということは、その男が汚らわしい存在である必要がある。
本当に好きな男との行為なら、自虐にならない。
あなたが苦しみのは当然だけれど、
耐えてほしい。
また、彼女の病気を理解するために、専門家を訪ねてきいてみるのもよいと思う。
それでも、彼女が他の男と関係することに耐えかねるなら、別れを選んでもいいと思う。
あなたがそれほど、苦しまなければならないという道理もない。

投稿日時 - 2005-03-01 20:12:47

お礼

回答ありがとうございます。

一緒に今度カウンセリング行って彼女の背負っているトラウマを一緒に克服していくつもりです。
と、口では言ってみたもののたまにこっちがカウンセリング行かなきゃならないぐらい凹んでしまいます。
2ちゃんねるとかで同じような立場の人はつぶれてしまうぐらい大変らしいとは聞きましたがここまで苦しいものとは思ってもみませんでした。
でも今のところ彼女と別れるつもりはありませんし、
自惚れになってしまいますがそばにいて守って行きたいと思っています。

投稿日時 - 2005-03-02 01:34:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

「余計なお世話」及び「蛇足」になってしまうかも知れませんが、いくつか気になったことがありました。また専門家じゃありませんので、参考程度にお聞きいただけたらと思います。

>彼女はもちろん、僕自身も成長して乗り越えなきゃいけないんだろうなと思います。
言葉としては、その通りだと思いましたが、反対に危険だというおもいも持ちました。あなたには完全主義者っぽいところがあるのじゃないでしょうか。そのことがさらに彼女を追い詰めることにならないかと懸念されます。欝っぽい人に「頑張れ」という言葉が禁句であるというのは、よく言われることです。最終的には乗り越え克服することが目標であるにしても、結論を急がずゆっくるゆっくり進んでいくようにしてください。

 彼女のことをどうかしてあげたいという気持ちはわかりますが、これはあくまでも彼女自身の問題であることを、忘れないでください。場合によっては、彼女にとって逆効果になることにもなりかねません。専門家に相談するなどして、細心の注意を払ってください。

彼女の心が穏やかになれることを、心からお祈りします。急かせたり詰問したりすることは、却って逆効果になってしまいます。童話「北風と太陽」の「北風」になってしまわないように、ご注意ください。

投稿日時 - 2005-03-03 18:35:23

お礼

とりあえずいろいろ本読んだりして、彼女のした行為を理解していこうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-06 10:09:05

ANo.4

どなたかが言われていたように、彼女の行為は一般的な浮気とは違うと思います。ある病気の人にはたまに見受けられる行動です。
彼女のことを、愛しているんですよね。彼女のすべてを、ちゃんと受け止めてあげてください。いろいろ聞きたい気持ちもわかりますが、どうか、それはしないでください。いちばん傷ついているのは、彼女なのです。愛しているのなら、どうか、そのことを、わかってあげてください。彼女が自分で話すまで、待ってあげてください。
 病院に一緒に行かれることも、彼女の方から言い出さない限りは、どうかと思いました。医者には話せてもあなたには言えないこともあるのかも知れません。彼女のことを、温かく包んであげてください。彼女のペースに合わせて、寄り添っていってあげてください。
 「信じられる」「信じられない」…本当に愛しているのなら、そういうところもすべて、受け入れてあげてください。恋人というよりも、彼女の理解者であることを、最優先させるとよいと思います。
 ご多幸を、お祈りします。

投稿日時 - 2005-03-03 00:35:36

お礼

回答ありがとうございます。
仰るとおりカウンセリングはあまり一緒に受けたくないようです。
結局は彼女はもちろん、僕自身も成長して乗り越えなきゃいけないんだろうなと思います。ってことが言えるだけ僕自身かなり落ち着いてきたような気がします。
またいつ凹むかわからないですが。。

投稿日時 - 2005-03-03 11:05:00

ANo.3

たまにこっちがカウンセリング行かなきゃならないぐらい凹んでしまいます。

ここまで苦しいものとは思ってもみませんでした。

>それほど、彼女のことを好きなのですね?
あなたも、カウンセリングに行くのも一方法だと思うし、その苦しさを彼女に伝えても良いと思う。
あなたは、彼女の保護者でも、治療者でもないのだから、ご自分の身のことも大切になさってください。
ここで、辛さを告白しても良いし。
あなたのご両親としたら、あなたが恋人のトラウマや性的逸脱にそれほどまでに悩まされていると考えたら、辛い。
私が、もし、あなたの親ならそう思うかもしれない。
あなたは何も悪くないのに、そこまで彼女の荷物を背負わなければならないのかと。
あなたに楽になってほしいと思います。

投稿日時 - 2005-03-02 05:29:29

お礼

性的逸脱という言葉初めて認識しました。
僕の家族、友人に相談していたとしたら別れなさいと言われるでしょう。
仰るとおり僕は彼女を愛しています。
それと、もしも別れたとしたら彼女の症状はさらに悪化する気がします。大好きな彼女にそんなことして欲しくない。正直そんな気持ちもあります。これは恋愛とは違う感情なのかもしれませんが。
とりあえず今は別れるつもりはありませんし、ここでの相談でかなり楽になってきたように思います。回答いただいた皆さんのお陰です。ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-03 10:45:19

ANo.1

自傷行為を繰り返す人との付き合いは相当広い心を持たないと難しい局面がたくさん生じてきます。
それなのに彼女の行為そのものに心を痛めるならまだしも、詳しく話したがらない彼女から聞こうとすること事態もはや間違いということになります。
たとえば聞いて何になるというのでしょうか。
どういう男と何回とか、どこでとか聞いているうちにきっといたたまれずに彼女の心を傷つけてしまうような言葉を言ってしまうかもしれないのです。
そういう時彼女の心の行き場はどこになるのでしょうか。間違ってもtsuyoshi7さんではないですよね。
彼女が行った行為はtsuyoshi7さんにとっては裏切りな行為です。でもそういう彼女を好きになってしまったのもtsuyoshi7さんなのです。
別れるおつもりならばこのまま詳しい話を聞き出してみたらいいと思います。でもそれは取り返しが付かないくらい彼女の心も傷つきますし、tsuyoshi7さんも立ち直れないくらいの傷を受けることは目に見えます。
一生忘れないくらいのショックを受けておられるtsuyoshi7さんに言うのは酷な言葉ですが、愛しておられるならこのことは一生言わないで心に留める覚悟をすることです。それができないのならやはり別れるしか方法はありません。それはお互いのためでもありますし、何よりtsuyoshi7さんに悪いことをしたと思っている彼女のためでもあるのです。二人がこのことでいっそう深い絆で結ばれることはひとえにtsuyoshi7さんの心の広さと彼女を責めないという我慢にあるのだと思います。

投稿日時 - 2005-03-01 16:33:48

お礼

早速の回答ありがとうございます。

彼女がトラウマを持っていることも、その理由も聞いてましたので理解してるつもりでした。
しかもここ数年は安定してるようでしたし、俺がそばに居るから大丈夫だろみたいな自惚れ的な考えを持ってましたのでこんな結果を招くとは全く予想もしてませんでした。今回のことがきっかけでPTSDだとかトラウマだとかをちょっとやそっとじゃ治らない病気ということを身にしみて認識しました。過ちを犯した彼女を許すプロセスとして「まずは全てを打ち明けてもらって、彼女の気持ちを出来るだけ理解し、許し、最終的にまた信じられるようになる」といった流れかと思います。今回、まずは全てを話して欲しかった。許す準備は出来てたつもりです。そう伝えましたがなかなか重い口を開いてくれません。
自傷行為という病気だから彼女を責められないと、頭では理解してるというか理解しようとしていますが、やはり疑ってしまう自分に激しく自己嫌悪を感じてしまいます。
本人は自らカウンセリングに通い前向きに治療しようとしているのが僕にとってせめてもの救いでしょうか。

今回ここで自分の気持ちを話せたことだけでも少し楽になったような気がします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-02 01:17:39

あなたにオススメの質問