こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

株主割当増資に伴う株券の扱いについて

5万円の株をA氏が200株、B氏が20株もっていて、資本金が1100万円の会社があるとします。
次に、既存の1株あたり10株の株を100円の価格で割り当てる、株主割当を行うとします。
すると、A氏は、200株+2000株=2200株、B氏は、20株+200株=220株 を保有することになります。資本金は、2200株×100円/株=220000円増えて、1122万円となります。
既存の5万円の株と、新しい100円の株は混ざり、全体として一株あたりの価格は約4636円に下がります。(その分株数が増えている)
そこで質問ですが、
株券を発行する会社において、既存の5万円の株券と新しい100円の株券は、どのような方法(具体的に)によって同じ価値(約4636円)を持つことになるのでしょうか? 
既存の5万円の株券は一度全部回収し、新たに4636円の株券を発行するのですか?

株券を発行しない会社においては、株主名簿を書き換えるだけで良いのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2005-03-01 12:38:05

QNo.1244598

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

質問の意図が掴みきれていないので、的外れな回答ならばゴメンなさい。

現在、株式には額面といったものはありません。
ですから、「既存の5万円の株券は一度全部回収し、新たに4636円の株券を発行」ということは行われません。

一般的に株価はマーケットにおける需要と供給により決定されるものですが、理論的に「純資産÷発行済み株式数=株価」という考え方は間違っていないと思います。

投稿日時 - 2005-03-01 22:23:34

あなたにオススメの質問