こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新株発行

はじめまして。わたくし、株全くの初心者の者です。
最近、新株発行予約権?等がニュースでよく採り上げられていて、それと直接的には関係のないことですが基本的なことで一つ気になったことがあります。
企業は株を発行して資金調達をしますが、新株発行の時に、例えば500円で1万株を発行したら打歩発行とか余計なことを考えなければ500万円の資金を得るわけですよね?そしたらあとは企業はノータッチで市場で当該株が売買されて投資家の思惑などで値段が上下すると思うのですが、さらに1万株を発行したとすると株価が基本的には1/2になると聞きました。よく意味が分かりません。教えていただきたいです。これまでの話で間違った理解をしていたらどうか御教授下さい。

投稿日時 - 2005-03-11 04:39:56

QNo.1262563

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

思い切り単純化して考えましょう。
貴方の例を引用して、1株500円 × 1万株 = 500万円 の資本を市場から得ます。
しかし、1年間何もせず目減りもしないと、会社の資産は500万円のままです。
このとき、1株あたりの利益(EPS=Earnings per share)は 0円
そして、1株あたりの純資産(BPS=Book-value per share)は 500円

1年間事業をして500万円純利益を上げると、資産は2倍の1000万円になります。
このとき、1株あたりの利益(EPS)は 500万円 ÷ 1万株 = 500円
そして、1株あたりの純資産(BPS)は、(資本は全部として残っているとします)
(当初資本金500万円 + 年間純利益500万円) ÷1万株 = 1000円に増えます。

ここで増資します。最初と同じ1株500円 × 1万株 = 500万円 を市場から得ます。
このとき、1株あたりの利益(EPS)は 500万円 ÷ 2万株 = 250円
そして、1株あたりの純資産(BPS)は、
(当初資本金500万円 + 年間純利益500万円 + 増資500万円) ÷2万株 = 750円になります。
増資したことで資本金は1000万円に倍増し、資産は1500万円となり、EPSは250円、BPSは750円となります。
つまり、増資したことで、株主からみると1株あたりの利益が半減し、1株あたり2倍(1000円)になっていた株の資産価値が1.5倍(750円)に減じ、株主の利益が損なわれたように見えます。
しかし、これは会社が業績好調を背景に事業の拡大をもくろんで増資したわけです。従って実際、一旦は一時的に見た目の株主価値が下がりますが、その分資本金が増え、また会社は資本の増大分事業の拡大と利益の増加に向かうはずですから、会社の事業は安定性を増し、長期的にみれば株主価値も下がったとは言えないのです。

この株が市場に上場されていたとすると、EPSやBPSが下がることで一時的には株価は下がります。しかし、その前に事業の好調さから既に株価は額面よりも上がっているはず(実際の場合、利益の一部が配当に回るので、配当期待もかかることになる)で、株価は多少下がってもまた戻してきます。だから株主は株主総会で会社の増資の提案を承認するのです。
ところが、今回のニッポン放送のようにM&A防衛のため新株予約権を使って資本を倍以上に増資するのは、事業を倍増して利益を倍にするつもりでないことは周知のことですから、単純に考えても、BPSが2倍になっても利益が増える見込みはなくEPSが1/2になり、今よりも利益率が低い会社になってしまいます。当然市場では株価は下がります。そこが株主利益が損なわれるといえることで、ライブドア社だけではなく他のニッポン放送株主も訴訟を起こしたり、村上ファンドが批判するところとなっているのです。
増資で単純に株価が1/2になるわけではない、ことはお分かりいただけましたか。
用語については、下記を参照してください。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/index.html

投稿日時 - 2005-03-11 08:20:15

お礼

MK1さん。
大変分かりやすい説明、本当にありがとうございました。解決しました。実はこのサイトには初めて来て、1日足らずで回答が来て正直ビックリしています。自分は不動産鑑定士なので、自分が分かる不動産関連の質問があったら、回答していきたいと思います。

投稿日時 - 2005-03-11 16:49:31

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問