こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

超初心者に、写真やカメラについてご伝授を。

全くの初心者なのですが、写真やカメラにずっと興味があり、特に、篠山紀信さんの写真なんかにすごく惹かれています。
そういった芸術写真(特に人物)の方面をやってみたい、と思うけれど、今から専門学校に通うつもりもなく、趣味で一人で始めてみたいのです。
何かカルチャーセンターなどのサークルに属したり、師匠を見つけるべきですか?
まず、どんなカメラを揃えるべきか、また、参考書(テキスト)は何を選ぶべき?など、右も左もわからない状態です。でも、やってみたい。
どこから、始めればよいですか。
どんなことでもかまわないので、ご伝授下さい。

投稿日時 - 2005-03-22 14:22:22

QNo.1284231

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(34)

展示会というのはカメラの展示会ではなくて、
メーカー主催の展覧会です。言葉が足りませんでしたね。
カメラメーカーの支社があるところで、ちょくちょく開かれていることが多いです。

銀塩とはデジタルに対する表現で、フィルムで撮る従来の写真のことです。

レンズ描写というのは各メーカー毎に微妙に写り方が違うのです。例えばニコンですと毛穴が見えるくらいの抜群の解像度で報道、記録写真向き。高級品の代名詞ともなっているツァイス(コンタックス)では柔らかい描写でポートレート向き・・・等々。

投稿日時 - 2005-04-04 00:52:51

お礼

アドバイス、ありがとうございます。
カメラのご紹介も、覚えておきます。

投稿日時 - 2005-04-07 03:28:59

あらかた、出尽くした感じですが20年銀塩やってきた
経験から言うとカメラのメーカーは全くの好みでよい
です。メーカー別にそれぞれ得意分野や特徴的(?)
な描写があるので、メーカー主催の展示会などでレンズ
描写の気に入ったメーカーから選べばいいでしょう(印
画紙に焼かれた描写を間近で「観察」してください)。

デジか銀塩かは経験者として断然に銀塩で撮りまくるこ
とをお勧めします。
なぜなら、銀塩の描写のすばらしさと難しさを体験して
ください。銀塩がわかるようになれば、デジカメは簡単
になってきますよ。これだけ環境が揃って、いつでもできることを焦って手を出す必要はないと思います。

雑誌についてはCAPA誌はどっちかというと「カメラ雑誌」、カメラマン誌については「写真雑誌」よりです。
撮るという行為で考えたら、フォトテクニック誌もお勧
めかな?といったところです。本屋で立ち読みでもして
選ぶ程度でよいと思います。

投稿日時 - 2005-04-01 11:55:01

お礼

カメラのメーカーは全くの好みでよい
>好みといっても、違いがわからないので、、、
メーカー主催の展示会も、私の済んでいる地域で行われているとは思えませんし、、、
レンズ描写、、、?

銀塩…?

フォトテクニック、という雑誌があるのですか。
今度、探してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-03 02:50:43

ANo.32

被写体から同意を得ているのであれば、ズバリ、「T○-1」をオススメしたいです。これを使いこなすことができれば、フィルムカメラを制覇したといっても過言ではありません…。どうしても、ピント合わせにこだわりたいのであれば、ラ○カや、ニコ○の復刻版といったところなんでしょうが、冒頭に挙げた、「○C-1」なんて、女性が手にしていると、私なら、「誰に借りたの?」なり、「何者?」と聞いてしまうくらいに贅沢な一品です。近いうちに、生産完了が噂されている…でもここで引き下がるようでは、○ニカ○ノルタも地に墜ちたも同然…

この画角が、極めて被写体に近付いて且つ広角に最適と考えています。ちなみに、標準の標準は50ミリよりは35ミリという持論を抱えています。

私が答えるまでもなく、ヒントはすでにたくさん出ています。

私が松井選手に、「キミの肉体美を撮らせて欲しい!」などと言ったところで相手にされないことを思うと、本当に素晴らしい写真家だと思います…篠山紀信。一致するのはカメラメーカーだけ?

投稿日時 - 2005-03-30 01:43:52

ANo.31

14,19,20で回答した者です。

カメラや写真を自慢したいなんて考えるアマチュアカメラマンなんてほとんどいなくて、大多数の人は「写真を撮るのが好きだから」撮影しています。年賀状に自分の子供や孫、ペットなどの写真を載せてくる人などは典型的でしょう。カメラや写真を自慢するのではなく、子供や孫やペットを多くの人に見てもらいたいのです。また小学校の運動会では我が子を撮るために目の色を変えるアマチュアカメラマンが大勢いますが、それは愛する者を記録しておきたいからです。彼らが撮る写真の多くは下手ですが、愛情が感じられて僕は好きです。ただ正直もう少し写真を勉強すればずっと良い写真が撮れるのに勿体ないなとも思っています。

alessandra さんは、篠山紀信さんの写真に惹かれ、人物を美しく撮影したいと考え、質問をされたのですよね?
僕も同じでした。顔を綺麗に撮影することはもちろん、姿勢や体の線を綺麗に撮影することにもこだわっています。
篠山紀信さんのポートレートに登場する人たちは姿勢が綺麗だと思いませんか?
もちろん、モデルになられた人の姿勢が良いということもありますが、カメラマンの篠山紀信さんが姿勢に姿勢や体の線まで気を配りながら撮影しているからです。

試しに左右の肩胛骨を近づけてみてください。自然に背筋が伸びて胸が張るようになります。
他にも色々とありますが、大きな鏡の前で、ご自分で様々なポーズを試してみて、どのような印象になるかを発見してみてください。
鏡の前で、篠山紀信さんが撮影したポートレートと同じポーズをとってみるのも1つの勉強です。
そうしているうちに、「なぜここに手をおいたか」「ここに脚の位置があるのか」「この角度で撮影した意図は何か」ということがなんとなくわかってくると思います。

たくさん勉強して、愛する人たちを魅力的に撮影してあげてください。お互いに勉強しましょう。
やがて心変わりをして「写真を通して、人生や、諸々のことを考えたい」と思うときが来たら、またOKWEBで質問してください。そのときは僕以外の人が答えてくれるでしょう。

No20のお礼の中に次のような質問があります。
>レフ板は、目にハート型とか入れられるものですか。

複数のレフ板を使うことで目の中にハート型を入れることもできますが、本来のレフ板は、顔に光を当てることでより美しく撮影することであり、目の中にキャッチ(光の点)をいれることで表情を引き締めるための道具として使用します。

それからNo30の補足の中に次の文章があります。
>あと、私、白い帽子とワンピースを着た少女の後ろ姿を撮りたいんです。タイトルまで考えてる。
>季節は夏。後姿というところがなぞめいていていいと思うんです。

いいですね。風で髪の毛とワンピースの裾が適度に流れていると絵になります。それから真夏の青空と白い雲も欲しい。
ここでアドバイスです。
この場合は順光(太陽と反対の方向に向かって撮影すること)で撮影してください。空の青さが引き立ちます。
もし逆光(太陽に向かって撮影すること)で撮影すると、空が灰色に写ります。
細かい点ですが、こういった小さなポイントを押さえておくと少しずつ良い写真が撮れるようになります。

なお順光で撮影するとどうしても表情がきつくなるので、通常ポートレートは逆光で撮影します。「後ろ姿を撮影したい」と質問者さんが書いているので順光での撮影を薦めました。

投稿日時 - 2005-03-29 19:43:56

お礼

私の気持ちを理解してくださったようで、感謝します。
篠山さんの写真の姿勢というのには、特別注意したことがありませんでしたが、姿勢というか、ポーズもすきです。それは、すましたような姿勢ではなくて、子どもじみた感じのするところが特に好きです。
篠山さんは、少女をひとつのテーマにしていると思います。篠山さんの写真のポーズも好きです。動きがありますし、、写真館で撮りました、というかしこまった感じでないところが好きです。

投稿日時 - 2005-03-29 20:15:45

ANo.30

alessandra さんは、何のために写真を撮りたいのでしょうか?

もし写真を通して、人生や、諸々のことを考えたいと言うのでしたら、次の本をお勧めします。

『撮る人へ』
『写真家へ』
『あなたの写真を拝見します』

3点共、『安友志乃著』、『窓社刊』

まずは、『撮る人へ』を読んで見てください。

カメラの使い方とか、撮り方と言った技術的なことは何も書いてありませんが、写真を撮るうえで避けては通れない非常に重要なことを示唆してくれます。

写真の話題になると必ずと言っていいほど、カメラや撮影術の話題になってしまいますが、『自己表現としての写真』を撮りたいのなら、『写真』そのものに付いて考える必要があります。

本屋のカメラコーナーに行って見ればわかりますが、ほとんどがハウツウ物で、このような本は本当に少なく貴重です。

写真学校で撮影テクニックについてほとんど教えないのは、それよりも、もっと写真の本質的なことを教える必要があるからです。

撮影テクニックについては、『~入門』と言った本を一冊読めば充分です。

よく、『プロはこう撮る』とか、『これがプロの撮影術だ』と言ったタイトルの本がありますが、これをまねるのは考えものです。

プロ写真家は、『商売』として写真を撮っているのであって、『自己表現』として写真を撮っているわけではありません。

プロの撮影テクニックは、『お金をもらうためのテクニック』なのであって、『表現としての写真』を撮る場合には、常識的な写真になってしまうので、参考にする程度にとどめておいて、まねはしないほうがいいでしょう。

篠山紀信は、egg等に載っている、女子高生が使い捨てカメラで撮った写真を参考にして、撮り方の勉強をしているそうです。

投稿日時 - 2005-03-28 10:26:00

補足

私は純粋に写真を撮りたいだけです。
他の回答者さんへも書いたつもりですが、
ゴクミ語録に載っていた写真のような、ああいう写真、眺めていて、その世界感にひたれるから、私も自分で、そういう写真が撮れたらなあ、と思います。
自慢したいとか、そんなんじゃないけど、もちろん認められたいし、素人くさいのはやだ。
良い写真が撮りたいんです。野心とかないわけじゃないけど、それより、良い写真がとりたいんです。
特に、人物の表情とか、素敵な写真が撮りたいのです。ご紹介の本は読むかどうかわかりません。
写真を通して人生を考えたいとかいうのはありません。
自分で携帯カメラとかで撮るけど、自分の姪っ子のなんともいえない笑顔とかシャッターに納められることがあります。もう、ほんと、綺麗、将来女優だな、と思うくらい(笑)。
人間の魅力を撮りたいんじゃないかな?究極。
あと、私、白い帽子とワンピースを着た少女の後ろ姿を撮りたいんです。タイトルまで考えてる。
季節は夏。後姿というところがなぞめいていていいと思うんです。ロマンを追い求めているのだと思います。うまく撮れたら、やっぱり人にもみせたい、自慢もしたい。でも、自慢をするのが目的で撮るつもりはない。本当に純粋な気持ちですよ。私が、篠山さんの写真を眺めていて、なんとも言えないよい気分を味わえたように、、篠山さんが女子高校生の写真を参考にしているのなら、篠山さんも、私の写真を参考にしてくれるかもしれませんよ。(笑)
とにかく、私は、名声とかそりゃ欲しいけど、でも良い写真が撮りたい。それで、人が感動したり、素敵な雰囲気に浸ることができたら、もっとうれしいけど。
私は純粋な気持ちで撮りたい。でも、野心もないわけじゃない、正直なところ。でも、楽しいよ。写真て。
携帯カメラで撮っていても。楽しい。

投稿日時 - 2005-03-28 23:21:50

お礼

お礼じゃありません。
補足欄を借りて言います。
写真は理屈じゃない。
撮りたいから、撮る。それでいいの!

投稿日時 - 2005-03-28 23:31:17

ANo.29

No.26です

ミノルタやペンタックスのカメラはよいです。
ニコンやキャノンとの差はありません。もちろん、そう言い切ると「差はある」というご意見もあるはずですが、その差とは、無視できる範囲です。

まったくの素人が、誰にも教わらずに自己流で蕎麦を打つとき、巧くなるのに数年かかります。
対して、蕎麦うちの上手な人に教わると、3日でプロ並になります。2週間も練習すれば、その道10年の人と見分けが付きません。少なくとも、素人には見分けが付きません。
写真も同じです。
分野ごとに撮影ノウハウがあり、きちんとしたメソッドに則って教えると、誰でも2週間でプロ並です。
カメラを初めて手にした女の子に、1時間ほど撮り方を説明してポートレイトを撮らせたことがあります。
上がった写真を見て、私の友人は、私が写した写真だと信じていました。(笑
ただ、先にも書かせていただきましたし、他の方も同じ回答があったようですが、趣味で写真を撮るならば、学ぶ過程そのものを楽しむ・・・というのではだめでしょうか?
もちろん、テクニックを2~3日で学びたいという考えが悪いわけではありません。

撮影テクニックを学ぶなら、作品の中に、どういったテクニックが潜んでいるか見つけるのが最初です。
1つの例ですが、写真では立体感を表現するというのは基本であり重要課題です。
で、その方法は3つです。
(1)大小関係
(2)前後のボケ
(3)光と影
それらの要素が、写真に立体感を出します。

本でも十分に学べますから、ぜひ、楽しみながら写真を撮ってください。

投稿日時 - 2005-03-27 05:00:10

ANo.28

>練習するには、やはり数多く撮る必要があると思います。でも、しあがりはどうですか。画質?できばえ?
>フィルムの方が良いイメージが、、、、

画質については年々進歩していますので、特に問題はないと思います。
CCD等の受信素子の数が多くなっていて、画質は向上しています。

フィルムの方が良いのは間違いないですが、デジタルの方が処理について容易ですので、今後はデジタルの方が進化していくでしょう。

投稿日時 - 2005-03-25 19:54:44

お礼

やはりフィルムの方が良いのですね。
でも、今後のデジタルの進化を考えると…
アドバイス、ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-26 20:46:46

ANo.27

以下、書いてるうちに少々まとまりがなくなってしまったのですが、、

・撮影テクニックからは少し離れますが、ポートレートだとメーキャップや衣装も考える必要が出てくるような。
(例えば、白黒撮影用のメークには、歌舞伎役者に見えるようなものもあるのだとか。こういうメークではどうやっても週間朝日の表紙写真のような仕上がりにはなりませんね。週刊朝日の表紙にはそれに合ったメークの仕方があるかと。)
写真を(芸術?)作品として仕上げるには、カメラの選択や照明などの撮影テクニックといった個々の部分も必要でしょうが、全体をどうまとめ上げるかといった訓練(?)も必要かなと思います。

・試行錯誤
本で学ぶにしろ、誰かに付くにしろ、何がしかの試行錯誤は必要なような、、。例えば、参考書に「**は++すると良い」と書かれてても、自分で試してみて、結果が「良い」と感じるかどうかは、判らないですし。参考書を書いた人とご質問者で撮影スタイル(スタンス?写真に求めるもの?)が違えば、何が「良い」のかが変わってくるわけで、、。参考書や指導される方の方向(狙い)とご質問者の方向があってればすんなり納まるのですが、違ってるとそれはそれで悩むことになりそうな。
(で、最初のアドバイスには、「まずは色々撮ってみて、、」と書かせていただきました。)
と考えるてゆく、まずは、いろんなカメラマンが「私ならこう撮る」ってのをべた、オムニバス形式(?)のHowTo本や雑誌の特集を見るのが良いのかもしれません。

以下余談
(まずはどんなカメラでもいいからバンバンとってとは思いますが)カメラの機種と撮影のスタンスが無関係かと言うとそうでもない様で、、。私の場合、一眼レフで撮るときとコンパクトカメラ(レンジファインダーカメラ)で撮るときで撮り方が変わっているようです。
そんな意識は特にはなかったんですが、一度同行者から、「同じ景色を撮ってても使うカメラで撮り方がぜんぜん違う。」と指摘されて、、。撮り方を振り返ってみると、どうやら、
一眼レフの場合には、(ファインダーを覗いたときに、撮影範囲の外が見えないこともあって)、「額縁の中に、どういう具合に被写体をはめ込むか」というようなイメージ(?)で撮ることが多く、
コンパクトカメラの場合には、(撮影範囲の外も見えるので)、「見えてる風景のこの部分を切り取る」ようなイメージ(?)で撮ってるようです。
まあ、こんなこと(カメラと撮り方が影響しあう)もあるということで、、。

投稿日時 - 2005-03-25 06:43:37

お礼

いろいろとありがとうございます。
まだ、わからないことだらけですので、初心者用の講習に通って、専門用語なども少しずつ身につけてゆきたいと思います。

投稿日時 - 2005-03-26 20:50:09

ANo.26

またまたお答えします。
生々しいというか、現実的な回答なので受け入れにくい部分もあると思いますが、私がプロのカメラマン(フォトグラファー)として雑誌や広告の写真を22年間撮ってきて、実際に見聞きしたことをそのまま書きます。
ニコンやキャノンをプロが使うのは、最初に、その2社がプロ用の機種を出したからです。会社や個人で写真を撮る場合、交換レンズを購入します。その数と金額は大きいです。私も、レンズだけで200万円以上は購入しています。で、それは少ない方です。会社単位なら、1000万円や2000万円でも少ない方です。
結局、最初に買ったら、買い替えができないんです。予算が取れません。(笑
もちろん、ニコンもキャノンも良いカメラですが、それらと、ミノルタ、ペンタックスの差は出ません。
雑誌社の編集長と呼ばれる人たち5人に、ニコンとキャノンとペンタックスで撮影したポジを見てもらったことがありますが、誰も見分けられませんでした。
余程、色合いとボケ味を気にする雑誌ならともかく、普通の雑誌で誰も求めません。また、印刷の色は印刷所によっても、担当者によっても差が大きく、ポジに忠実になることは少ないです。
というわけで、カメラやレンズにこだわっても、その違いを発揮できることは少ないのです。
プロだけでなく、アマでも同じです。ネガカラーからのプリントはもちろん、ポジからのダイレクトプリントでも、色は再現できません。
写真学校でテクニックを教えない・・・というのは、先生が、写真を分析できていないからです。理論的に写真を分析できないので、客観的にテクニックを教えてくれません。せいぜい、シャッタースピードの違いによるブレ具合と、レンズの開閉によるボケ具合の話だけです。それなら、本に載っていますよね。
また、写真学校の先生の中には、フォトスタジオを経営している人も多く、入学した生徒の中からアシスタントとして使えそうな人を採用しますが、学校同様、一人前にするという考えは持っていません。
自分の商売敵を育てませんよね。(笑
なので、学校やスタジオのアシスタントでは、写真の技術は学べません。もちろん、本人のやる気があれば見て学びますから、そういう意味では役立ちます。
また、クライアントとの交渉などは傍で見られるので役立ちます。
私の会社では、アルバイトを募集し、2週間ほど写真の練習をさせます。3週間目からは、“プロ”として仕事をさせます。私の写真と見分けが付かない写真を撮ります。(笑
写真の技術そのものは、まったくの素人でも2週間でプロ並になれます。簡単だからです。だからこそ、逆に学校でも教えないのです。学校の商売が成り立たなくなるからです。
では、私は、なぜ誰にでも教えるのかというと、写真もビジネスであり、企業なので効率を追求しているからです。また、カメラマンが食べていけるか否かの分かれ目は、写真の巧い下手ではなく、買ってくれるお客さんを知っているかどうかという、事実を判っているからです。
どんなに上手な写真でも、売れなければゴミです。
どんなに下手な写真でも、売れれば宝です。
しかし、アマの世界では趣味ですから、試行錯誤を楽しむのが本道だと思うのです。
近々、私の会社のHPで、写真の撮り方入門をスタートさせようかと考えています。知りたい方には、ストレートにテクニックを教えるつもりです。何も困らないからです。
写真を勉強するならば、最初に分野を4つに分けて研究すると良いですね。
(1)風景
(2)スポーツ
(3)ポートレイト
(4)商品写真
そこには、写真技術のすべてが入っています。
でも、本当に何でもいいから、撮りたいものを撮り続けるのがいいですよ。

投稿日時 - 2005-03-25 03:45:48

お礼

貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。
ミノルタ、ペンタックスは安いのですか。
素人が2週間でプロ並に?
ぜひ、なりたいものです。
買ってくれるお客さんを知っている、とはどのような意味ですか。顔が広い、という意味ですか?

内部事情まで詳しくご説明いただき、本当に感謝してもしきれないほどです。
さすが、22年間のキャリアの持ち主は、おっしゃることが違いますね。
ほんとうに、ありがとうございます。
いったいどこの会社の方なのだろう、、、気になります。私でも、アルバイトで使っていただけますか?なんて…

投稿日時 - 2005-03-26 20:59:17

ANo.25

ライ○…

触れたことがあります。でもやっぱり「買ってはいけない」道具であることを認識しました。

魔が差すというか…いつか逮捕されてしまいます。手元に自由に使えるお金が30万円あったら…迷うところです。1両日中に答えを迫られたら、もしかしたら買ってしまう…

「顔はヌード」といった写真家がいます。○イカがあれば、エロ本が必要なくなってしまうくらいに、パシャパシャ撮れることを考えると…。

だから私はベッサLとベッサT(記念モデル)を所有しているのですが、静止した人間を写すには充分な機能を有しています。フラッシュメイト「L-308BII」を愛用している次第です。

投稿日時 - 2005-03-25 03:00:59

ANo.24

21で書きましたが、少し付け加えます。
ニコンとキャノンはプロでの使用率が高く、プロにあこがれるというか、プロ気分に浸れるというか、そういった理由だけで2社のカメラを選ぶアマが多いという意味で書きました。私は、過去にはニコンを使用していて、10年間の後、キャノンに変えました。
ただし、高性能だったからではなく、自分に必要な機能やレンズが、そのブランドでしかなかったからです。
カメラそのものでは、ミノルタのα-9が欲しかったですね。よく考えてるカメラですから。
ミノルタやペンタックスで自慢できる・・・ということはなく、単純に中古のカメラもレンズも安いから購入しやすいというメリットがあるわけです。
しかし、好みの問題ですから、新品を購入するのは良いと思います。
また、被写体に関してですが、撮りたいものがあるならば、もちろん、それを撮ればよいと思います。
ただ、写真そのものの幅を広げ、より深く付き合うならば、いろいろ撮ると勉強になります。
カルチャーセンターも良いと思います。ただ、何を学びたいかで、決まるかもしれません。ある程度はテクニックも教えてくれると思いますが、希望するような内容かは受けてみないとわからないです。
ちなみに写真学校では、写真のテクニックは教えていません。生徒が巧くなると先生が食えなくからです。
私の会社では初心者にテクニックを教え、1ヵ月後にはプロとして仕事をさせています。
うそのようですが、テクニックそのものは1週間で覚えられ、その道10年のプロの写真と見分けが付きません。でも、それがアマにとって良いこととは考えていません。自分自身での試行錯誤を楽しむことがアマの特権であり、趣味だと思うからです。
ぜひ、楽しいんでシャッターを切ってください。

投稿日時 - 2005-03-24 23:19:52

お礼

どうして、ニコンやキャノンはプロが好むのですか。
ニコン、キャノン、ミノルタ、ペンタックスの特徴は?違いは?
写真学校で、テクニックを教えないというのは、驚きました。先生が食えなくなるから、て。そんな…。
freeway55さんの会社って、どこ?
なんて、教えられませんよね?でも、初心者にテクニックを教えて、プロとして仕事をさせてくれるなんて、いいな…。
試行錯誤しなくても、良い写真が撮れるなら、そのほうが良いです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-24 23:47:18

ANo.23

デジタル一眼の場合は、初期投資が高いですが、ランニングコストを考えると、フィルム一眼と変わらないでしょう。

というのは、フィルムで撮影して現像すると言うことを考えると、長いスタンス考えれば割高です。

フィルム撮影の場合、フィルムが1本500円前後で、現像料が1本600円前後です。(36枚撮り)
それを10本撮影すると、だいたい1万円掛かりますが。
平均的な撮影本数は、だいたい5本だとしても5千円です。

今のデジタル一眼レフカメラの初級クラス品で、だいたい15万円程度です。
それで、記憶媒体が約5千円で予備を併せて2枚で1万円です。

トータルからすると、16万円から18万円程度です。

フィルムは、セット品が出ているので、だいたい8万円程度です。
ただし、フィルム撮影をして10本で1万円ですから、100本撮影すれば、ほぼ同じになります。
(3600カット程度)

でも、デジタル一眼では、それ以上のカット数撮影を撮影できますのでランニングコストを考えると、フィルムが割高だと言えるです。

また、お礼の書き込みで、コンテストでフィルムのみ受付していると言うことを書き込みしていますが、
カメラメーカーのサークルを見ていると、別にデジタルでも応募している方も増えていますし、
デジタル撮影の部門も設定されています。

従来のコンテストの考え方から変わっていますので、デジタル不可というのは、納得できないです。

投稿日時 - 2005-03-24 21:44:21

お礼

これからは、デジタルの時代ですもんね。
練習するには、やはり数多く撮る必要があると思います。でも、しあがりはどうですか。画質?できばえ?
フィルムの方が良いイメージが、、、、

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-24 23:42:21

ANo.22

若干気になったのでコメント

「風景写真だからF値を大きくしなければならない、人物撮影だからF値を小さくしなければならない」
というわけじゃないです。
あくまでも、どのあたりををはっきり写して、どのあたりをボカすかを考えて絞りは決めます。(風景写真でも、前景や背景をぼかすために絞りを開けることもあります)

また、篠山紀信さんも背景をぼかした写真ばかり撮ってるわけじゃないので、、。
例えば、#19さんの紹介されてるWEBサイトで「全写真集」の1998-2001あたりを見ると、背景をぼかしたのからしっかり写しこんだの、後ろから光があたってるのもあれば斜め前からあたってるのもありますね。
それこそ、作画意図(?)によって使い分けられてます。

投稿日時 - 2005-03-24 05:55:52

お礼

そうなんですか。確かに背景をぼかしたい風景写真もありますよね?
それにしても、どのカメラを買ったらいいのか、、、
最初はデジカメ一眼レフ、と思っていましたが、高いのだそうで。ならフィルムの一眼レフにしようかと、、、ニコン、ミノルタ、ペンタックス…マニュアルが良いというのはわかったんですけど。
それから、本も買ってみたけど…。よくわかんないです。いろは、について書かれた本はありませんでした。アマゾンなんかだったら、購入できるのかもしれませんが。それとも、カルチャーセンターに参加すれば、テキストくれるのかな~。
ご回答、ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-24 06:21:24

ANo.21

現役のフォトグラファーです。
写真に興味を持っているのであれば、カメラは何でもかまいません。コンパクトカメラでも、写ルンですでも結構です。家にカメラがあるなら、それを使えばよいのです。買う必要はありません。
写真に関しては、本屋さんへ行って、趣味のコーナーで写真に関する本を立ち読みします。
何冊か見て、まあ、何となく判りそうだなあ・・・というものを見つけて1冊だけ買います。2冊はお金の無駄ですから。
初めは、何でも撮りましょう。
自分の家族、朝ごはん、玄関の靴、家の前の風景などなど。あなたが行動する場所なら、何でもいいんです。人物と決める必要はありません。
そんな調子で1ヶ月もすると、もっと撮りたくなります。その段階で、カメラを購入しても良いです。
カメラは、中古で十分です。
オークションを利用するのも手ですが、完全な初心者だとカメラが選べません。そこで、中古の専門店での購入が良いです。中古専門店は、カメラ関係の専門誌(月刊誌)に載ってます。ちなみに、初心者向けの月刊誌は、「キャパ」と「カメラマン」です。
カメラでのお薦めは、ミノルタとペンタックスです。
ニコンとキャノンを薦める人が多いはずですが、カメラ自慢をしたいマニア向けブランドです。
ミノルタとペンタックスは、中古カメラもレンズも安価です。性能は、ニコンやキャノンと差がありません。
中古カメラであれば、程度の良いものが、レンズつきで5万円でいくらでも購入できます。

投稿日時 - 2005-03-24 00:44:36

お礼

中古は、、なんか気持ち悪くて、、、
ニコンとキャノンはカメラ自慢をしたいマニア向けなんですか。自慢というからには、何かそれなりのことがあるんじゃありませんか。
ミノルタとペンタックスと、かわらないのに、なぜ自慢になるんですか。
身の回りのものは、美しいとも思いません。撮りたいと思わせる被写体ではありません。
やはり、撮りたい、と思うものじゃないと…。
それなら、民家の垣根になにげなくさいているバラとか、そのほうが撮りたいと思わせてくれる。モノそのものに、あまり魅力を感じません。(被写体としての魅力ですよ。)
ちなみに、玄光社のデジタルフォトテクニック、というのをとりあえず購入してみました。地方に住んでいますので、大きな書店も少なく、それほど選べないんです。東京のABC(青山ブックセンターとかパルコとか、ビジュアル系の本が充実している書店に赴くべきでしょうか。)
それから、新聞社のカメラマンの方には、カルチャーセンターで基本を学んだら?とアドバイスされました。初心者向けで1万円くらいでした。
受講も検討していますが、、、

投稿日時 - 2005-03-24 02:52:10

ANo.20

自分の好みや理想を書くのではなく、質問者さんの個性を尊重して回答すべきだと思います。
質問者さんが「篠山紀信さんの写真なんかにすごく惹かれています」と書いてあるのですから、篠山紀信さんみたいな写真を撮る方法をアドバイスする方が有効ではないでしょうか?
「被写界深度を浅くする」ことが篠山紀信さんの特徴なのだから、当然セルフポートレートは無理ですね。
またライカを薦める人もいますが、値段が高すぎて、これから写真を始める人に勧めるカメラではありません。

それでは篠山紀信さんみたいな写真を撮るにはどうしたらよいか?
その前に篠山紀信さんのポートレートとは何かを理解するために、他のカメラマンの作風と比較してみましょう。
先ほどの書き込みで、「週刊朝日の表紙」のサイトを紹介しました。今度は同じ朝日新聞社が発行している雑誌「アエラの表紙」を参考URLに紹介しておきます。こちらは坂田栄一郎さんの作品です。
両方を比べてみると一目瞭然でしょう。

坂田栄一郎さんが撮ったアエラの表紙は顔の半分に影ができています。これは横から光を当てて撮影したからです。
一方、篠山紀信さんが撮影した週刊朝日の表紙は顔に影がありません。また髪が光っています。これは逆光で撮影したからです。
次に眼に注目してください。
篠山紀信さんが撮影した週刊朝日の表紙は、瞳の中に強い光の点が入っていますよね?これはレフ板で眼の中にキャッチを入れているからです。

以上をまとめると次のようになります。「篠山紀信風写真を撮るにはなにが必要か?」
・一眼レフカメラ(デジカメでも銀塩でも可ですが、コストパフォーマンスを考えデジカメを推薦します)
・F値が小さいレンズ(f2.8は最低必要です。なおF値が小さいほど高くなります)
・レフ板(大きさにより値段が違います。80cm以上の物がよいと思います)
以上の機材を買ったら、後は「逆光で」「レフ板をあてながら」「被写界深度を浅くして」撮影してください。
ポージングや構図については、「意識して撮影していれば」徐々に上手くなります。

参考URL:http://se01.asahi.com/fcg/doors/backall.cgi?aera

投稿日時 - 2005-03-23 23:10:08

お礼

アエラの写真家の方も素晴らしいと思いますが、やはり、篠山さんのものにはかないません。というか、私は好きです。
ご指摘の点をそれぞれに比較、チェックしてみると、やはりそのように思いました。
アエラの方は、人工的といいますか、スタジオで撮影されたもののようですね。

やはり、一眼レフカメラで、デジカメ(本当は、デジカメじゃないほうがいいと思うんですが、コンテストなどに応募するには、デジカメでは受け付けてくれないと、報道カメラマンの方に言われまして…)で、F値の小さいものという観点で選びたいと思います。
レフ板は、目にハート型とか入れられるものですか。ハートにしたいわけではありませんが。
頑張ります。
私の意図をご理解くださり、本当に涙が出るほど、うれしくありがたく思っています。それも、専門家の方に直接ご助言をいただけるなんて、、、
ありがとうございます!!!

投稿日時 - 2005-03-24 02:41:56

ANo.19

14番で回答した者です。疑問点があるようなので説明します。

>一眼レフってなんだかわかんないけど…

簡単に言うと「レンズを交換できるカメラ」ことだと思ってください。用途に応じてレンズを付け替えることができます。
(細かく説明すると長くなるので、簡単なことだけ書きました)カメラ店でも教えてもらえます。

>ヤマダとかコジマとか量販店で買うべきではないですか。

他の商品と比較できることなどの理由から、ヨドバシカメラやビッグカメラ、キタムラなどを薦めます。

>被写界深度て、なんだかわかんないですけど

ピントが合う範囲だと思ってください。レンズには必ずF値というものが記載されています。このF値が小さい方が明るくなると同時に被写界深度が狭くなります。
「明るいレンズ」の方がピント合わせがやりやすく、また暗い場所でもストロボなしで撮影できます。その代わり値段が高くなります。
なおレンズに記載されているf値はもっとも被写界深度を浅くできる数値を書いてあり、カメラマンが操作することでf値を変えることができます。
例えば、f1.4のレンズは、用途に応じてf1.4~f32まで設定を変えることができますし、f5.6のレンズはf5.6からf32まで設定を変えることができます。

一般的に風景写真では、近くから遠くまでピントがあわせて撮るのでf値を大きく設定します。これを被写界深度を深くする、あるいは単純に「絞る」といいます。
それに対して、f値を小さくして撮影するとピントが合う範囲が狭くなり、被写体以外の物がぼやけて写ります。結果的に撮りたい被写体(質問者の場合は人物)が浮かび上がって写るのです。
篠山紀信さんが撮影した写真を見直してください。人物が浮かび上がって見えませんか?
これは被写界深度を浅くして撮影しているからです。

それからとても大事なことですが、コンパクトデジカメを買うのは絶対にやめてください。ぼけてくれないのでポートレートには向きません。

参考URLに、篠山紀信さんが撮影した「週刊朝日」の表紙のサイトを載せておきました。
背景がぼやけていること(被写界深度が浅くして撮影していること)、光が全体に回り込んでいてコントラスト乏しいことに注目してください。

参考URL:http://shinoyama.cplaza.ne.jp/salon/salon_asahi.html

投稿日時 - 2005-03-23 22:30:23

お礼

まだ、わからないこともありますが、少しずつ理解できる部分が増えてきました。
本当にありがとうございます。
風景写真を撮るには、f値を大きく設定するのですね。人物の場合は、被写体を強調するために、f値を小さくする必要があるのですね。
コンパクトデジカメはご忠告のとおり、買いません。何を撮るのかによって、選ぶ必要があるのですね
ずぶの素人に、専門家の方がていねいに教えてくださって、幸運です。
本当に、本当にありがとうございます。
感謝しています。
私は、地方におり、ビックカメラ等がないのですが、上京したおり、訪ねてみます。ビックカメラは、電気屋さんだと思っていましたが、カメラとつくからには、やはりカメラは強いのですね。
ありがとうございます。本当に感謝しています。

投稿日時 - 2005-03-24 02:24:40

ANo.18

何度もスミマセン。
最初は“冷やかし”のつもりでしたが
他の方へのお礼で「ライカ」が出てきましたので、再投稿です。

もし予算に余裕があるようでしたらM型ライカと
ズミルックス35ミリ、50ミリ辺りをお使いになってみればいいです。

絞り開放付近の何とも言いようのないフワッとした描写は、まさに「芸術」です。
昔、北井一夫さんという写真家が「村へ」という作品で使用していましたが
田舎のおじいさんおばあさんを自然光の中で撮った数々の作品は
まさに、話し声や笑い声が聞こえてきそうな臨場感あふれるものでした。
若い女性のポートレートにはちょっと不向きかもしれませんが
人物写真一般には最適のカメラ・レンズです。

「超初心者」とありましたのであえて触れずにいましたが
興味がおありでしたらどこかから借りてでも、一度お使いになってみれば、と思います。

ただ、このカメラの場合は、ピント合わせ、露出合わせの知識は必須です。
それ以前にフィルムの入れ方も覚えなければいけません。
でも、そうした苦労をするぶん、得られるものも大きいカメラです。

投稿日時 - 2005-03-23 16:49:39

お礼

はっきり申し上げて最初の回答者さんのご回答には、ムカつきました。オバサン、とかギャルとか馬鹿にしてるなー、と。女にはその2人種しかないと思ってるんですか。私はギャルでも、オバサンでもありません。まあ、年齢はオバサンですけど。
年齢なんて、関係ないでしょ。芸術そのほか、何か学びはじめるのに、年なんて関係ない。たとえ、70歳のおばあさまが、写真をはじめたい、とおっしゃったとして、それを軽蔑することができますか?
私は、真剣に質問しています。冷やかしなどでしたら、ご回答いただかなくてけっこうです。
でも、今度のご回答は、きちんとお答えくださったようなので、ありがたく思っています。北井一夫さんの写真がどんなものか知りませんが、機会があれば見てみたいと思います。

投稿日時 - 2005-03-23 17:34:49

ANo.17

どうでもいいか、と思いつつ再投稿です。

「芸術写真」じゃなくて「ポートレート」指向だったんですね(笑)。
それなら「ポートレートの撮り方」なんて雑誌がたくさんありますから
どれか一冊購入すればそれで充分です。
そこに使われているものと同じカメラ、レンズを購入すれば
少なくともその雑誌のレベルの写真を撮れるハードウエア環境は出来ます。
あとはソフトウエア(撮影者)の意識の向上だけです。
それにしたって、その雑誌一冊を隅々まで読んで理解するくらいの努力をすれば
まあ、普通のポートレートを撮るくらいのノウハウは身に付くはずです
(ここで質問しているのは「努力」とは呼べません)。

雑誌を読んで行なう勉強方法で間違いなのは
あれこれ読み漁って知識を拾い集めて「自分なりの解釈」を作り出してしまう事です。
そうでなくて、一冊の本を徹底的に理解するようにしましょう。
もし師匠に付くにしても、一人の人に学びましょう。
ゴールがバラバラなのに走り方だけ学んでも行く先は見えてきません。


ピント合わせや露出合わせの方法にこだわるのもいいですが
カメラに任せられる所はカメラにやってもらってもいいと思います。
写真技法などの本を書きたいとか、このようなサイトで回答したいとか、誰かに教えたいとか
そんな目的をお持ちでしたら理論だてた勉強も必要ですが
そうでないのなら、機械操作に回す時間や神経を被写体に向けるほうが
ずっと「写真」が撮れます。
いい被写体を見つけて、レンズを選択して、露出を合わせて、ピントを合わせて
さて撮ろうとしたら、もう被写体が居なくなってしまった、というのが
笑い話ではなく、アマチュアさんによくある事です。



そんな訳で、ポートレートに限れば
ニコンかキヤノンのオートフォーカスカメラがお薦めです。
篠山さんに憧れがあるのでしたらミノルタ製でもいいです。
レンズは100ミリ前後を含む明るいズームレンズがいいです。
フィルムは商業印刷用途じゃなければISO100のネガフィルムでいいです。
デジタルカメラでしたら600万画素あれば充分です。
三脚はいいものを揃えましょう。

投稿日時 - 2005-03-23 10:51:45

お礼

篠山さんの写真は人物だけど、芸術でもあるのでは?
ポートレイトであり、芸術であるもの。ただ、ボーっとつったっている写真じゃなくて。篠山さんは、ミノルタを使っているんですか?
ISO100ネガフィルムですか、、、うーーーん。
よくわからない。
三脚、大事ですね。どれがいいですか。
地震が起きたみたいな写真にならないようにしたいものです。(笑)

投稿日時 - 2005-03-23 16:05:39

ANo.16

わたしからお勧めの雑誌として月刊カメラマンを紹介しここに参加したいと思います。
最近デジカメの扱いが大きくなっているので、どうかな?と思う部分もあるのですが、若年層向けだけに記述がやさしく、アイドルが多く登場するので、ポートレートを学ぶのに最適と思います。

カメラはマニュアルフォーカス、マニュアル露出もできるものがいいですね。(他の方が指摘のとおり。)
ただし本体にこだわらず、レンズを選んでください。
とくにマニュアルフォーカスを使うときにそのリングが操作しやすいものです。

投稿日時 - 2005-03-23 06:48:37

お礼

月刊カメラマン、書店で見てきました。なかなか良いと思います。
マニュアルですね。わかりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-24 02:13:19

ANo.15

質問者さんが女性ということで、手っ取り早い被写体となれば、まずは自分…。セルフポートレートなりセルフヌードから始めて、試行錯誤するのが一番良かろうかと思われます。

被写体を探すことの方で何かと苦労されることと思います。

現行モデルなら、ペンタックスMZ-M、ニコンFM10で充分かと思われます。

ドキュメントチックにいきたいのであれば、キヤノンのFDレンズが使える中古を、ファンタジックに決めたいのであれば、ミノルタのMDレンズが使える中古をオススメします。ボディは1万円を切る機種で充分かと思われます。

投稿日時 - 2005-03-23 03:36:41

お礼

ヌードとか興味ないし、自分を摂るのはちょっと、、、原宿竹下通りなんかで、「写真の勉強してます。撮らせて下さい。」とかお願いしたことがあります。二度しかないけど、両方OKでした。外人さんですけどね。外人の子どもさんと、お姉さん。
ただ、いろいろ注文つけるのは難しいでしょうね。
やっぱニコンFM10が出てきますね。
ドキュメントチック、てよくわかんないですけど、戦場などの写真ですか。それよりは、女優やアイドルなどの写真のような感じ、、、エロくて下品なのはイヤですが。ですと、ファンタジックというのかな?
中古はちょっと気持ち悪い…。
ありがとうございました。ちなみに、ライカ、は出てこないんですね。カメラ好きの方はライカっていうのかと思ったんですけど。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-23 16:00:04

ANo.14

はじめまして、

>特に、篠山紀信さんの写真なんかにすごく惹かれています。

そうすると人物写真(ポートレート)を撮りたいということですか。
僕も篠山紀信さんの激写を見て、ポートレートを撮り始めました。
今では誰でもやっている一般的なポートレートの撮り方ですが、「被写界深度を浅くして背景をぼかし人物を浮かび上がらせるように撮影する」というのは『激写』でブームになった撮り方なのです。
というわけで、被写界深度を設定できる一眼レフを買いましょう。
デジカメよりも銀塩カメラの方が色が綺麗にでます。特にリバーサルフィルムを用いると色の美しさが違います。しかし最初はコストパフォーマンスを優先してデジカメを薦めます。

ポートレートって楽しいですよ。構図を決められるのはポートレートと物取りくらいです。
それにポートレートならカメラマンが主役になれます。スポーツや事件などはカメラマンがいてもいなくても成り立ちますが、ポートレートはカメラマンがいなければ成り立ちません。だからポートレートが一番好きです。
またスポーツや報道、それにスナップも基本的に「撮らされるもの」ですが、ポートレートと物取りはカメラマンが撮るものです。被写体に立ち位置やポージングをあれこれ指示することによってカメラマン自身を表現することができます。これが最大の魅力です。
ただ、物取りは被写体の個性を感じられないので僕はポートレートが好きです。
つまりポートレートの最大の魅力は『構図をカメラマンが決められること』だと僕は思っています。
背景から順番に計算していく習慣を身につけると撮影が楽しくなります。また上手いカメラマンはそれができています。当然、篠山紀信さんも「背景から順番に撮影する」ことが完璧にできています。

投稿日時 - 2005-03-23 02:44:26

お礼

えっと、私は「ゴクミ語録」(後藤久美子のエッセイ)という文庫に掲載されていた写真(篠山紀信)が、すごく好きで最初は誰の写真か知らなかったんですけど、それが篠山さんだったわけです。これにBGMをかけながら眺める…(恥)別に変態じゃないですよね?BGMは岡村孝子なんですけど、、、
まあ、それはいいとして、ポートレートやってみたいです。被写界深度て、なんだかわかんないですけど、背景みたいなもンですか?やっぱ、一眼レフにします。一眼レフってなんだかわかんないけど…
カメラ販売店に行けば教えてくれますよね?
ヤマダとかコジマとか量販店で買うべきではないですか。専門店で購入すべき?でも割引、ポイントはないですね。リバーサルフィルムって、なんだかわかんないけど、覚えておきます。
最初はデジカメ一眼レフにしますね。あれこれ、指示するつもりはないんですけど、指示しないとね。自分のねらったものは撮れませんよね。だから、「早くー!」ってよく言われます(笑)。
カメラマン自身を表現する、これもひとつの自己実現ですよね?
アドバイス、ありがとうございます。
専門家の方だったのですね。感激~!今後もいろいろ教えて下さい!!

投稿日時 - 2005-03-23 15:38:43

ANo.13

 まずは、写るんですを買いましょうか980円(^_^)v

これで晴れた日に道路で走る車を撮影してください、同じように曇った日や夜も撮影して

キレイな花が咲いていたら、まず遠くから1枚撮って、ズウウウウーっと近づいて画面一杯になるまで1枚撮ってください。

友達も撮ってくださいね、3人並んだり1人づつとか、カメラをこっちに向けて自分も撮りましょうか、猫や犬、テレビとかお昼のランチとか、フラッシュを点けたり点けなかったりと、色々撮りましょう。

これで大方の写真が出来上がりますから、写真を見ながら気に入った写真の方向に進みます、また逆に失敗写真をどーやったらキレイ撮れるのだろーか?と考えます。

写るんです、だと撮影者で色々と調節できないですから調節できるカメラが欲しくなります?欲しくならない時もありますから、それはそれで今のキャノンのデジカメでも撮れるでしょう。

色々と調節して撮りたいのであれば、コンパクトカメラでも調節できる機種があるけれども、一眼レフカメラのほうが調節しやすくなっているし、説明本などを読みながらでも勉強できるのでいいでしょう。

 まずは、色々やってみてそれから、マニュアル本で勉強するのか、カルチャースクールや写真教室に通うか、ネットだけで調べるか、何も考えずあれこれやってみるとか、考えましょう、最初はこーでなければならないというものでもありませんから、気軽にいきましょ(^_^)v

 デジタルかフィルムかは、予算次第ですね(^^;

まあ、デジタルだとフィルム代やプリント代が掛からないのと、撮ったその場で撮りなおせるので、フィルムカメラでの感材費なんてすぐに元が取れますね、と(^^;

 テキストは、カメラが決まったらメーカーのHPで使い方や写真の基礎を紹介してるし、関連の写真入門本を出しているのでそれを見るといいですよ、あと大きなカメラ店や書店でカメラ入門などの本が出てますから、それを買ってください。

 どれがいいか、ってのはちょっと知らないのでm(_ _)m

キャノンのカメラだったらEOS学園って本をお勧めしています。
http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/5088a010.html

参考URL:http://cweb.canon.jp/enjoyphoto/intro/index.html

投稿日時 - 2005-03-23 00:42:03

お礼

写るんです、くらいは撮ったことあります。
昔、モノクロの写るんですがあったんです。
それでとったとき、なかなかイイ感じだったんですけど、今売ってるの見たことない。
多少高くてもいいから、カメラ良いのが欲しいな。
やっぱ、一眼レフで、マニュアル…?
最初はデジタル一眼レフにしとくか、、、
そのニコンMF10か3てのがやっぱ気になる…

投稿日時 - 2005-03-23 00:53:24

ANo.12

個人的な意見ですが人物写すのって面白いですよ。
自分、ネイチャーも一時期ハマりましたけど、植物か
ら個性ってものを感じる事が出来ませんでしたし、歳
のせいか植物大好きにもなりません。
サクラの咲く風景や、色とりどりの花が咲く場所は
素直に綺麗と思いますが杉は花粉症の原因なので嫌い
ですし、松は刺さると痛いので嫌いです。
なんで綺麗な風景は撮りたいと思うのに、見慣れた
植物や、害がある植物は撮りたくもないのか、また
雑草なんかはためらいもなく踏みつぶしたり、抜いた
り出来るのか・・・
でも人は異性であっても同性であっても知らない人
であっても親しい人であっても撮ってて素直に楽しい
ですし、そこにコミュニケーションがある事や知らな
い人だったりするとファインダー越しに伝わるその人
の個性が新鮮だったりします。
で、・・・時々、街中で知らない人に声かけて数枚
撮らせてもらう訓練(笑)なんかしてるんですが、
有る程度写真の知識なんかは必要(特に光線状態と
露出、)なんですが、それよりその人の表情を自然
に持って行ったり、ねらい通りの絵を撮るためにその
人に協力してもらう作業に一番気を使います。
自分、写真を始めた頃に、結婚式を2件ほど撮影した事があるんですけど、一件は妹の結婚式、もう一件は
知り合いの結婚式でした。知り合いの結婚式について
は新婦さんはまったくの初対面・・・
撮り終わったアルバム見比べてみると明らかに妹の
結婚式のがフォトジェニックに撮れてるんですね。
そんな事を経験した事もあって、人を撮る場合、
撮るための道具であるカメラよりも写す人物と被写体
の関係が一番重要なんだと思うようになりました。

そこで、技術的な事なんですけど、光を読む事は写真
やる上で一番重要です。光はどの方向からも被写体に
当たりますが光の方向によっては、雰囲気全然違って
きます。それと露出って言って簡単に言えば暗くしたいのか明るくしたいのか。例えば人物に不気味な表情
をしてもらい、下から光当てて露出補正で暗くすればかなりオバケちっくな雰囲気出ますよね。でも、
人物に笑ってもらって下から光当てて、露出補正で
明るくすればギャグにしかなりません。
光の方向はじっくり見ればわかると思うんで、写真
を勉強したければカメラ側の露出を操る機能の勉強が
必要ってわけですね。絞りとシャッタースピードの関係と露出補正を学べばいいですね。
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/society/
のHow toで興味あるとこ見て下さい。
レンズの焦点距離による性質や、構図、アングルなん
かも重要ですけど、一番は光かなと・・

綺麗なポートレート撮るのも面白いですけど、
参考URLに張り付けた人物撮影なんかも面白いですよ。

参考URL:http://www.makken.com/

投稿日時 - 2005-03-23 00:37:50

お礼

カメラマンって、映画監督みたいなもんですよね?
私もやったことあります。入院してたとき、患者さんを被写体にしてました。あとで、婦長に怒られたけど。でも、なかなか気に入ってました。注文が多いです。私。だから、なかなかシャッター切れません。携帯カメラでも、撮ります。バシャバシャ。中にはいいのがあります。
ご紹介のURL拝見しました。私の求めているのとは違うけど、、、
露出等のご説明、とてもわかりやすく勉強になりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-23 00:47:56

ANo.11

No.2です。予想通り盛り上がってますね。でも今回は質問者さん不在でないところが素晴らしいです。

>好みで選んじゃって良いのかな?本。それとも、この出版社がお薦めとか、やっぱここでしょ、みたいなのがあれば!
→ここで私がCAPAとかアサヒカメラとか言うと第三者から攻撃を食らいそうなので止めておきます。好みで選ぶのが大事です。

>No.1の方も、ニコンですね~。ニコンがいいんだあ。でも、デジカメとかでバシャバシャ、練習用に使うのもありかと思うんですけど、どうでしょう。
→質問者様ご自身をモデルにするセルフポートレートが一番です。そうなるとデジカメの方が、それも今お持ちのコンパクトでも十分だと思います。照明や採光はちょっと勉強した方がいいかもしれません。それだけで見違える写真になると思います。カメラ内蔵ストロボは使わないほうが良いと思います。

私の守備領域は水中写真&子供の写真なので、大人の女性ポートレートのセンスはありません。質問者様は最高の練習材料(ご自身)をお持ちですので人の意見に左右されず自分の領域を開拓して下さい。機材の使用法に関連する疑問でしたら回答もしやすいですが、写真は感性の問題ですので。
それでは楽しんで下さいね。

投稿日時 - 2005-03-22 21:54:16

お礼

CAPAやアサヒカメラって攻撃されちゃうんですか。
質問者は、ドシロウトのわりに、悪びれもせず顔を出していますよ。
自身をモデルにするぐらいなら、死にます。
それは、もはや美ではありません。

投稿日時 - 2005-03-22 22:17:11

ANo.10

写真は気持ちの入れ方ですね。
かわいいわが子を撮るお母さんの写真はとてもいいです。
撮りたいものを夢中で撮るというのがいいんですよね。

写真がうまくなりたいのでしたらフィルム一眼レフがおすすめです。
デジタルだとあまりにも簡単に撮れて、失敗したら消せますが、
本当は失敗が大切なのです。
失敗の積み重ねでうまくなっていくと思います。

人物撮影の場合、
人物とバックの直線が重なると、ツノ出し、串刺し、首切りといった失敗写真になります。
また、逆光をそのまま撮ると人物が黒くつぶれてしまいます。
こういったときは露出補正をします。
バックをぼかしたいときは、望遠レンズを使ったり、絞りを開けます。
こういったことは、専門誌を読めば、ある程度の知識がつきます。
あとは、実践で勉強してください。

写真は女性のほうがセンスがあるといわれます。
頑張ってください。

投稿日時 - 2005-03-22 21:16:42

お礼

注意事項を教えてくだって、大変助かりました。
私は、お母さんではありませんが、、、
不思議の国のアリスのモデルであるアリス・リデルのような少女の写真を撮ってみたい。モノクロとかセピアの世界というのではありませんが、無垢な、純粋な、作りのない美。どこか残酷さを秘めたような少女独特の魅力が出るような写真、、、こんなことを書くと、なにか変態みたいですけど。

専門誌等で勉強しますね。
応援したくださって、ありがとう。

投稿日時 - 2005-03-22 22:13:33

ANo.9

AFはオートフォーカス。ピントを自動で合わせること。
MFはマニュアルフォーカス。ピントを自分で合わせること。
露出は光の量。多ければ真っ白になるし、少なければ真っ黒になる。

最初に私が紹介したカメラは、どれもマニュアルのカメラです。
AFのカメラは、ようするにシャッターを押せば誰でも撮れます。
マニュアルのカメラは自分で調整しないと綺麗に撮れません。
しかし、それをマニュアルで調整することで、写真の原理を知ることができ、作品意図に合った写真が撮れるようになると思います。
例えば、意図的にピントを背景に合わせたり。
露出を抑えることで、暗い室内に入る一筋の光を強調したり。

レンズが交換できるデジタル一眼レフはまだ高いので、フィルムの安いマニュアル一眼レフで基本を覚えるのが良いと思います。

そこで、FM10ですよ!




こんな感じで、質問者を取り残して回答者で盛り上がるわけですね。(笑)

投稿日時 - 2005-03-22 20:22:59

お礼

親切なご説明、ありがとうございます。
既に取り残されつつあるところを救い出していただきまして。
つっても、まだわかんないことだらけですが、、、
ありがとうございます!!

投稿日時 - 2005-03-22 20:27:19

ANo.8

キヤノンのデジカメってコンパクト?でしょうか?
コンパクトデジカメと一眼デジタルは違うと思われた方が良いでしょう。
レンズでも違う写真になります

芸術写真は基本より感性の方だと思います。
写真って奥が深すぎるので、フィルターを使ったり色々工夫をしないと撮れませんし、簡単に思うような写真が撮れるなら誰でも撮れます。

感性はおもしろいと感じること、良いなって感じる事ができないと撮れないと思います。

基本も大事だと思いますが、撮ってみて分からなかったら勉強する、撮ってみて失敗だと思えば次に上手く行くようにする。

講習会の大きな大きな欠点を聞いたことがあります。
講習会の先生の撮り方で染まってしまうのが大きな欠点です。
色々な講習会に出た方がいいと思います。

芸術写真って簡単に撮れません。
工夫に経験、感性でしょうね

投稿日時 - 2005-03-22 20:06:45

お礼

コンパクトです。
一眼デジタルが良いのですね?

芸術写真を撮りたいと思うからには、何か魅かれるものがあるから、であって。
上手くいくようにしたいけれど、どこをどうすれば不味くなるなるのか、がわからないんです。
漠然としているのです。ここをこうすると、ねらっているものが撮れる、と指導していただけたら、と思います。
講習会、いろんなところに参加するとよいのですね。ちょっと勇気が要ります。
皆さん、カメラおたくのようで。
つまり、上級者のようで。

投稿日時 - 2005-03-22 20:15:45

ANo.7

いろいろと、好き勝手に書き込みしているようですが、別にオートフォーカスカメラで、撮影しても良いです。

いわば、AF一眼レフカメラでも良いし、携帯電話に付いているカメラ機能でも十分撮影できますし、
コンパクトデジタルカメラでも良いです。

それでNo3の方の書き込みも間違ってはいませんが、残念ながら、自分の撮りたいものに納得できなくなるでしょう。

近くの自治体のサークルを利用して、基本を習ってください。
というのは、基本を習わないで、未完成のままに撮影しても、ある程度までは、技術は伸びますが、それで打ち止めです。

今の講座は、基礎の部分を重点的に教えてくれるようです。
あとは、他の人に見てもらって、これを表現する場合どのようにすれば良いのか、聴くことが出来ます。

基本を知って、その上でどう表現するのかそれが大事です。

それで、フィルムカメラも良いですが、デジタルカメラの方が、僕としては勧めます。
なぜなら、数多く撮影できますし、自分で気に入った写真を自分でプリントできます。

デジタルカメラを使ってもフィルムカメラを使っても、カメラについて特別関係ないです。

たくさん撮って、自分でどの点が悪かったのか、良かったのを確認することが大事で、それが上達する早道でしょう。

僕としては、デジタル一眼レフカメラとレンズセットとメモリカードの予備があればよいと思います。
デジタル処理とプリントは、パソコンとパソコンのプリンターがあれば出来るのですから。

投稿日時 - 2005-03-22 19:39:38

お礼

信頼性の高いアドバイスであるように感じました。
やはり、基本は大事ですね。
自治体のサークルと言うものが存在するのですか。
デジタル一眼レフカメラとレンズセットとメモリカードの予備、ですね。
カメラの使い方をまず習いたい。
アドバイス、ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-22 19:54:14

ANo.6

写真が上手くなるのはおもしろく撮れる!事だけです。

おもしろく撮れるから、自分の撮影範囲を広げる為にレンズを追加して、今まで撮れなかった物を新しいレンズで撮って、おもしろさを楽しむ!

今度は、例えば花を撮りたいなって思えば価格こむ、チャットで写真が好きな人がいるので写真を見たり、カメラ店で色々教えて貰ったり、花を撮影している人のレンズをみて話しかけてみる!
使っているレンズなど教えてくれるので同じ物を買う!

例えば結婚式に出席して、プロが使っているレンズを見て写真を見てからこういう風に撮りたい!って思えば同じ様なレンズを購入しおもしろさにはまる

あとは
コンテストなどに出してみたり、東京や大阪など大都市でメーカーがしている写真講習に参加したりカメラ店主催の講習会に参加して知識をもらう

こういう感じで写真のおもしろさにはまっていきました。

あとは経験ですね。

カメラ選びは
人によって勧めるメーカーが違います。
ふぃるむを買うよりはデジタルが良いと思います。

レンズが多いのはニコン、キヤノンです

キヤノンのEOS デジタルが出たばかりでレンズは17-85mmを買って楽しんでみては?と思いました。

ワンランク上げるなら20Dに17-85mmですね

投稿日時 - 2005-03-22 19:36:22

お礼

キャノンのデジカメ、持っています。
芸術的な写真が撮れるとは思いませんが、、、

おもしろさにはまる具体的手口?を教えてくださってありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-22 19:50:15

ANo.5

テクニックって、
「撮った写真が頭に描いてたものと違う。さてどうするか。」
てな場面で必要になってくるかと。

まずは、(カメラは何でも良いから)撮りたいものをバンバン撮ることかなあ。そのうち、自分のスタイルみたいなもんが見えてきて、参考書の類を見るのはそれからでも良いように思います。
例えば、人物撮影で使うレンズひとつとっても、100mmくらいのレンズを推奨する人もいれば、広角レンズでバーンとよって撮る人もいるし、スタジオでの撮影か屋外での撮影か、ポーズをつけるつけない、ライティングをする自然光だけで撮る、、撮り方は千差万別だし、それぞれでアドバイスが異なることも多いので、まずは自分のスタイルをつかむというのが良いかと。

投稿日時 - 2005-03-22 19:22:12

お礼

ananか何かで、篠山紀信さんが、動きのある写真をとったほうが面白いとか、いくつかのポイントを示していて、、納得しました。
私は、少年、少女や大人でも良いのですが、その表情を大事にしたい。でも、それだけじゃなくて、光の具合だとか構図とか、うまくなりたい。
広角レンズとか100ミリとか全然わからない…。
どちらかと言えば、屋外の撮影をしたい。
自分のスタイルってほどのものはまだ…。
いろんな用語を知ることもできましたが。
アドバイス、ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-22 19:47:13

ANo.4

ここで色々な人の意見を聞いて、オススメのカメラを買って、
カルチャーセンターに通って、師匠を見つけて、参考書を選んで・・・、
そうしてまたつまらないカメラオバン(ギ、ギャル?)が一人出来上がるだけです。

子供やペットや花や富士山を撮りたいのならそれでもいいですが
芸術写真を撮りたいのでしたら、今の写真界をアテや参考にしないことです。

ヒトが右と言ったら左を向くくらいの気概があったほうがいいです。

写真技術は、今のカメラだったら特別に習わなくても独学で充分写ります。
それを誰かに教わろうとするから、
一緒につまらない常識や写真論までを押し付けられて
せっかく育ちつつある感性を萎ませてしまうんです。

カメラなんて自己表現のための手段のひとつです。
ヘンに上手くなるから、テクニックから逃れられなくなるんです。

カメラを持って、何でもいいですから自分の気になるものをとにかく撮りましょう。
上がった写真はピンぼけだろうと露出オーバーだろうと、すべてが作品です。
ヒトの意見や評価は有難く聞いてすぐに忘れましょう。



と言う訳で、私はテクニックに頼らない(頼れない)という意味で
「チェキ」をお勧めします。
色がどうとか、ピントがどうとかいった騒音から離れて
自分が感じたままの世界を残すことの出来るカメラです。
もちろん人物写真にも充分使えます。

と、こんな意見も本当は聞かなくてもいいのですが、
なにぶん答えるのが好きだものですから。

投稿日時 - 2005-03-22 17:03:32

お礼

チェキ、ってなんとなく絵になりますよね?
右に行くのを左に行くぐらいの気概…。それ以前に右がどんなものかもわからないんですから。
でも、自分でバシバシとったことありますけど、ヘンでした。芸術家気取りで、大胆な写真であることはありますが、床が傾いてるー、みたいな。現像したものをあとから見て恥ずかしい思いをしました。
構図とか、ここがいかん、とか指摘されて、上達できるものなら、上達したい、というのが私の希望です。
一意見として、伺っておきますね。

投稿日時 - 2005-03-22 19:38:28

わたしが写真を撮り始めた頃は、デジカメなんてありませんでした。
で、カラーフィルムもありましたが、白黒フィルムでバシバシ撮って、自分で現像…でしたね。
カメラ自身は、#1さん、#2さんの推奨の通りで良いと思います。(別にニコンが良いと言うことではありません)
写真の勉強をするのであれば、
*マニュアル露出ができること
*オートフォーカスでないこと
が条件でしょうか。
それと、ニコンだと中古のマニュアルフォーカスレンズが安く出回っているのではないでしょうか。
マニュアルフォーカスをするのに、AFレンズだと操作しにくいので、MFレンズを買った方が良いですよ。
中古だと価格も安くもなるし、さらに良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2005-03-22 16:03:06

お礼

やはり、No.1、2さんのお薦めするものがよいのですね。
マニュアル露出???
AF、MF…なんじゃそら?て状態です。
でも、そのポイント押さえて置けばよいのですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2005-03-22 19:41:50

ANo.2

こんにちは。この手の質問はいろんな方からいろんな意見が出ます。回答者同士で盛り上がって質問者さんが置いていかれてしまうこともありますが、とりあえず私の意見です。
まずは本屋さんに行ってカメラ雑誌を1冊購入、できれば「ポートレート」の撮影法に特化したHowTo本も購入されるのが良いかと思います。カメラ購入はその次です。
ちなみに私の愛用カメラは写真学校生ご用達のニコンFM3Aですが、これについて語ると長くなるので自粛します(苦笑)。

投稿日時 - 2005-03-22 14:40:04

お礼

置いてかないでくださぁい。質問者は私だ!(笑)
どの雑誌がよいか、その時点でわかんないです。
やっぱり。でも、人物がとりたい。
好みで選んじゃって良いのかな?本。それとも、この出版社がお薦めとか、やっぱここでしょ、みたいなのがあれば!
No.1の方も、ニコンですね~。ニコンがいいんだあ。でも、デジカメとかでバシャバシャ、練習用に使うのもありかと思うんですけど、どうでしょう。本当はデジカメじゃない方がイイと思うんですけど。お金かかるんですよね?フィルムだと。どうなんでしょ。

アドバイス、ありがとうございます!!

投稿日時 - 2005-03-22 15:49:33

ANo.1

男は黙ってFM2

でも生産中止なのでFM3

が欲しいけどお金が無いのでFM10

私の好みです。すまん。

参考URL:http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/film/slr/

投稿日時 - 2005-03-22 14:32:29

お礼

オチ、オチ、オチと来て、最後まで読まないとわからない(笑)!
楽しいコメント、ありがとうございます!
ちなみに、私は女…。

投稿日時 - 2005-03-22 15:42:37

あなたにオススメの質問