こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学卒業後からの進学

私は中学生の頃から医療や生物学に興味を持っており、大学もその系統の学部に入りたいとずっと思っていました。しかし、いざ大学受験の時期になると数学が苦手科目として障害になり、浪人までしたのですがついに最後まで克服できないままセンター試験を終えました。その時は一日でも早く受験勉強を終えたいという気持ちと大学入学後も数学に悩まされたくないという気持ちで、文系の学部に入学することに決めました。
入学してから三年生の半ばごろまでは文系でも意義のある生活だと感じており、自分の状況に何の不満も持っていませんでした。しかし、自分の進路について本格的に考え始めた頃から文系の就職では自分の興味のある分野が全くないことを思い知らされ、本当に途方に暮れてしまいました。と同時に、自分の甘えにより(数学ができない)簡単に夢をあきらめてしまったことにすごく後悔をするようになりました。もうその大学も卒業し、就職も決まっているのですが、もう一度やり直したい・勉強し直したいと日々思っています。
感染症やウイルスの研究員になることをずっと夢見てきたのですが、研究職にはつけなくとも、これらの勉強を今からでもしたいです。独学でやるのではなく、勉強した分に見合っただけの資格や学位などが欲しいのです。そしてその分野で仕事をしていきたいと考えております。
そのために看護や臨床検査技師の専門学校、大学編入、大学院入学など色々な道があることを知りました。今度は死ぬ気で数学と闘う覚悟で挑みたいと思います。どの道が最も適しているか、理系の業界に詳しい方からの意見をお聞きしたいです。
自分でもまだまだ業界についての知識が浅く恐縮なのですが、少しでも前に進みたいと思っていますので回答をよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-03-25 15:44:15

QNo.1290571

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>看護や臨床検査技師の専門学校、大学編入、大学院入学
 人生は、努力と可能性、それに運が必要です。特に、就職や結婚は、運命的なものさえ感じます。大学時代の成績は、留年スレスレで低迷していたので、大学時代の友人に、「大学で教えている」と話すと、一様にびっくりします。

 さて、理系の分野をご希望のようですが、可能性の最も低いのは、文系からの大学院です。修士課程は、2年間です。文系の者が基礎的な技術を習得するのに、半年はかかります。
 感染症やウィルスの科目は学んでいないハズで、取り扱いを院生が間違うと、指導教員の責任になります。実験すれば、あまった試薬は捨てますが、どのように処理すべきかは、その試薬の性質によります。試薬の性質を一々指導しようとは、思いません。実験データのまとめ方もあります。普通の学生は、3年生で基礎的な実習をやって技術を習得しています。4年生では、磨きをかけています。その続きを修士の2年間で、というのが一般的です。
 文系の学生は、基礎的な指導に半年以上さいて、それから1年半程度で修士論文作成をしなければならないので、実質の時間は、理系からの学生の半分です。
 私なら指導を拒否しますが、入試の成績がよほど良いとか、どうしても院生を確保しないといけないとか、の場合は別ですが。
 入学できた場合は、間違いなくご希望の分野の研究漬けの時間になります。

 次に大学ですが、感染症やウィルスなら、薬学部、理学部、農学部でしょう。6年間と、その授業料の1200万円可能なら、薬学をすすめます。新設校ラッシュなので、狙いを絞れば、正確に言えば地方の新設薬学部なら可能性は高い、と思います。
 不安は、これらの学部は、数学よりも化学の能力を入試でも入学後も要求されます。また、学部時代の研究室選びは、最後は抽選によることも珍しいことはありませんので、ご希望分野の研究ができるとは限りません。
 入試については、社会人入試、学士入学の方が、合格しやすいかもしれません。
 編入は、欠員ができた場合に実施するのが普通なので、試験がある可能性自体が低いのです。

 看護は、人間が相手で、感染症は防御することが目的で、そのものを研究している人は少ないのでは。

 臨床検査技師の専門学校は、講義については、感染症に最も近いかもしれません。ウィルスの検査などは、就職すれば、日常業務でしょう。しかし、学生による研究はありません。
 専門学校は、大学よりも入学しやすいでしょうし、国家試験の合格率も大学並みかそれ以上です。
 しかし、私の偏見かもしれませんが(専門学校の人から、偏見と書き込まれたことがあります。偏見といえる人は、成績上位の20%でしょう)、専門学校は、マニュアルを詰め込む、という印象があります。つまり、基礎が不足で、マニュアルに書いてない事故などの対処に対応できるのか、ということです。
 もちろん大卒だから出きるとは思いませんが。大学では4年生の研究で、特にその失敗によって、マニュアルに書いていないことを多く学びます。専門学校では、学生が正解がある実習はあっても、失敗の方が多い実験・研究は授業科目にないと想います。
 就職は、検査技師関係は、ほぼ満席です。給与などの条件を考えないのなら、ありますが。

 就職は、可能性よりも、一つの座席に座れるか否かです。現在の就職環境だと、運次第、が第一。第二は、本人の意欲。第三は、努力でしょう。
 長くなったので、一応書き込みをやめます。ご質問があれば、また。

投稿日時 - 2005-03-26 00:12:49

お礼

回答どうもありがとうございました。とても参考になります。

臨床検査技師が供給不足だというのならほとんど迷うことなく専門学校に行くのですが、どこで聞いても就職難なので悩んでいます。好きなことをやるためとは言え専門学校に行って就職がないのでは意味がありませんもんね。

大学入学については薬学部には興味を持っておりましたが、来年度入学から6年制になることから除外しました。できれば編入で少しでも年数を縮めたかったのですが、それも難しい話のようですね・・。文系の世界ですが、私の周りで編入してくる人が結構多かったのでそんなに不可能なことではないかと思っていました。理学部は就職する上で不利だとここで読んだのですが、実際のところどうなのでしょうか?動物(ヒト)を対象に勉強したいと思っていたので医学系かと考えておりました。

また、できれば大学院にも行ってみたいと思っていたのですが、知識の部分はまだいいとして、やはり実験方法やレポートの作成方法などについて無知なことが気になっていました。例え研究室に入ることができたとしてもその後が心配というのがあります。「どんな学部の方でも入試に受かりさえすれば歓迎します」という大学院もあるようなのですが、バックアップはしてくれるのか?といったような不安がぬぐいきれません。

そうなるとやはり大学入学がいいのでしょうか?それとも臨床検査技師以外で適している専門学校等がありますでしょか?質問ばかり増えてしまって申し訳ないですが教えていただけたら幸いです。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2005-03-26 19:24:27

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

本気で研究者になりたいのなら、文系卒でも取ってくれる大学院を探されてはどうでしょうか。残念ですが、学士では研究職として仕事はできません。
大学院の場合、絶対と言っていいほど事前にお世話になる教授に面接をし、こちらのことを話したり、その研究室で行われている研究内容を伺ったりします。その結果、理解して受け入れてくれる研究室があれば、受験を考えられるのが一番ではないかと思います。
相手も初めて実験をするということをわかった上で受け入れているので、それなりに指導してもらえるはずです。
入学試験は、生物か化学と外国語の2科目の学校が多いです。必ずしも数学は必要ありません。学校によりますので、調べられてはいかがでしょうか。

理系の場合、資格や学位は勉強の結果として付いてくるものと考えられたほうがいいです。大学院に修士や博士の学位が欲しいという理由で行く人間はいません。
また、まさに実験漬けの生活になりますので、本当に実験が好きで、常に探究心を持っていないと、なかなか研究者として続けていくことは難しいです。
頑張ってください。

投稿日時 - 2005-03-27 19:14:37

お礼

回答ありがとうございます。

色々自分でも調べてみたのですが、文系から理系の院への入学は制度上用意されているだけであって実際入れてくれるところはほとんどない、という結果でした。私自身、理系の学部から文系の院へ進んだ教授を知っていますが、院への文転と理転では大きく意味が違うと思います。

回答者様は実際に院で研究されているようですが、周りに文系から来た人はいらっしゃいますか?自分で大学院のHPを見てみたのですが、出身学部までは書いていなかったので気になっていました。

投稿日時 - 2005-03-28 09:22:46

あなたにオススメの質問