こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就職活動には英検、TOEIC、日常英会話、ビジネス英会話のどれが重要?

4月から大学3年になるので就職活動や将来のためにも外資系の会社に勤みたいわけじゃないのですが英語に力を入れようと考えています。しかし、今まで英会話教室に通ったこともなくTOEICも受けたことがありません。就職活動のためにはまずは英会話よりも英検・TOEICのスコアをあげ、英語の知識をつけてから日常英会話・ビジネス英会話などに力を入れたほうがいいのでしょうか?それとも英会話教室に通い、日常英会話の勉強をすべきなのでしょうか?また、何をどれだけのレベルにまでしたらいいのかがわからないのでわかる方はアドバイスをください。

お勧めの教材や勉強の仕方がある方は教えてください。

投稿日時 - 2005-03-26 15:54:05

QNo.1292424

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

就職活動でしたら TOEIC です。
まず800点目指されてはいかがですか?

個人的には500、600程度では武器にはならないと感じます。
ビジネス英会話と一言にいいますが、やるビジネスによって大きく勉強するべき内容が変わります。(というよりビジネス英会話ってなんですか?とこちらから聞き返したくなります)
まだ就職先を絞っているような状況でないのなら、なおさらです。
そして、TOEIC800-900できてこそビジネス英会話を学ぶスタートラインにたてると思います。まぁ700くらいでも問題なく会話できる人もいますが。
TOEICができても会話ができない人はいますが、会話はできるのにTOEICができない人なんてそうそういません。いたとしてもそーいう人は最低495点はとれます。だからこそ、500、600、700という点数はあまり期待されない点数なんです。

いろいろ言いましたが、面接で「英語ができます。」といって、「じゃ、しゃべってみてください。」なんていうのはありません。TOEICの点数が小技になるくらいです。なんで小技、かっていうと、あくまで資格なので、具体性にかけるからです。
英語ができる、だからこーいうことをしました。っていえれば、初めて就職活動に有利な資格になると思います。
も勧めの教材や勉強方法は実力によってもアドバイスの仕方がかわりますので、まずTOEICを受験されるとこをお勧めします。

投稿日時 - 2005-03-26 18:52:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

 私は中学生や高校生、OLサンに英会話やTOEIC英検を教えています(今は通訳ガイドを目指して勉強中です)。

 英語が話せたからといって就職できるとは限りません。 もし英語が話せたら就職できるのなら、私は今のような姑息な仕事ではなく、会社で働いているハズですよ。

 就職した先の求める英語の力をつけた方(就職先が英検と言ったら、英検を、ビジネス英会話と言ったら、ビジネス英会話を)がいいですよ。

 乱文で失礼します。

投稿日時 - 2005-03-30 16:25:24

ANo.6

人事では英語テストの得点はさほど考慮にはいれません。理由はTOEICで高得点でも使えないケースが多いからです。点を上げるための勉強ではなく、英語を使ってどのような仕事をしたいかを考え、その際に使う英語能力を勉強するのがいいと思います。
例えば、将来自分がしたい仕事は何で、そのために英語の話す力がどの程度必要で、今そこに近づくためにトレーニングをしている。その結果、話す能力はTOEIC・ITP○レベル、GTEC○スコアというと[目標に対し努力ができる人]というように就職活動では認められると思います。
少しでもお役に立てばありがたいです。

参考URL:http://www.toeic.or.jp/ http://www.benesse.co.jp/gtec/

投稿日時 - 2005-03-27 13:17:51

ANo.4

#2の方と同意見です。
英語ができるというのは、色々段階があり、
・日常会話ができる。(道案内、友人どおしで通じる)
・日常生活に困らない。(英語圏で生活できる)
・新聞が読め、正しい英語が書ける
・英語でビジネスができる
・英語で生計がたつ(通訳、翻訳家等)
・ネイティブと間違われる
と際限のないものですが、企業が求めるのは、英語でビジネスができる或いは鍛え方次第でそこまで行ける素地があるということですので、まず、ビジネスレベルを目指されては、如何でしょう。その途上としての自己チェックとして英検や各種検定を受けられれば結構かと存じます。

投稿日時 - 2005-03-26 16:47:58

ANo.3

#2の方と同意見です。
英語ができるというのは、色々段階があり、
・日常会話ができる。(道案内、友人どおしで通じる)
・日常生活に困らない。(英語圏で生活できる)
・新聞が読め、正しい英語が書ける
・英語でビジネスができる
・英語で生計がたつ(通訳、翻訳家等)
・ネイティブと間違われる
と際限のないものですが、企業が求めるのは、英語でビジネスができる或いは鍛え方次第でそこまで行ける素地があるということですので、まず、ビジネスレベルを目指されては、如何でしょう。その途上としての自己チェックとして栄研や各種検定を受けられれば結構かと存じます。

投稿日時 - 2005-03-26 16:47:17

ANo.2

ビジネス英会話

生の会話が一番です

投稿日時 - 2005-03-26 16:00:40

ANo.1

ずばりTOEICですね。
どんなに話せても数値で示せないと、実力は証明できません。TOEICは何回か受ければスコアは上がります。内定したら時間もあるでしょうし、会話力を上げるために語学学校に行くのがいいと思います。

投稿日時 - 2005-03-26 15:58:12

あなたにオススメの質問