こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

i.linkケーブルとDVケーブルの違いについて

最近、DVDレコーダー(パイオニアDVR-720R)を購入しましたが、前面にDV入出力端子(DVケーブル)と背面にi.Link端子(i.LINKケーブル)がついています。ネットで安いケーブルを買おうと思っているのですが、商品名で、i.LINK(iLINK)/IEEE1394/DVケーブル/2mなどと、全部記載されているものが目立ちます。i.LINKケーブルとDVケーブルは同じものなのでしょうか、同じものならなぜ同じ機種でDV端子とi.LINK端子などと使い分けているのでしょうか?

投稿日時 - 2005-03-29 00:27:14

QNo.1297680

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お手持ちのレコーダーには、
MPEG-TS端子とDV端子があります
両方とも同一規格(IEEE1394)の端子ですが
流れる信号が違います。

IEEE1394規格では、2つの端子が存在します。
4ピン・・・データ信号のみ伝送します
6ピン・・・データ信号の伝送と電力を供給します

お使いになる機材によって選ばれればよいと思います。
変換アダプタも市販されていますので問題ないでしょう

投稿日時 - 2005-03-29 09:42:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

全部同じ物です。(6ピンと4ピンの違いはありますが)

使い分けの理由はよく分かりませんが、前面につなぐのはDVが多いだろうからDV端子、背面は一般的なiLink対応機器をつなぐことが多いだろからiLink端子としているんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2005-03-29 00:40:31

あなたにオススメの質問