こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

5年ごと利差配当付終身保険の見直しについて

主人が独身の時に加入した保険が更新型で、更新ごとに保険料が増えていくのが不安で見直しをしています。

主人30才(会社員、年収300万)、妻32才(専業主婦)、子供二人3才と1才、賃貸

○住友生命
 5年ごと利差配当付終身保険(ステップ保険料払込方式 II型)

 契約日 1998年(平成10年)7月1日
     2005年 3月16日に本人妻型に変更
 
 毎月払込保険料  12,174円
 
 主契約  終身・60才払込満了  100万
 定期保険特約 15年更新  1800万
 特定疾病保障定期保険特約 15年更新  300万
 重度慢性疾患保障保険特約 10年更新  300万
 傷害特約(本人妻型)80才満了  500万
 新災害入院特約(本人妻型)15年更新  10,000円
 新疾病医療特約(本人妻型)15年更新  10,000円
 新成人病医療特約 15年更新  5,000円
 通院特約(本人妻型)  3,000円
 傷害損傷特約(一般職種I型) 60才で更新 5万円

主契約だけを残して他の特約のみを解約するのと、主契約の終身が100万だけなので思い切って保険を解約するのとを迷っています。
2005年7月の解約返戻金は79,740円
2034年7月(60才時)の解約返戻金は601,600円  (主契約および特約の解約返戻金の合計額)となっています。

解約した部分の保障は他の安い保険会社の定期保険(オリックス生命 ダイレクト定期20年)と終身医療の60才払込(主人 損保ジャパンひまわり生命 ワハハ21一生満足 妻 オリックス生命 パステルfit)に入ろうと思っています。
長々と書いてしまって分かりにくいかとは思いますが、ド素人なもので申し訳ありません。
良いアドバイスをお願いいたします。

投稿日時 - 2005-04-03 12:50:23

QNo.1308600

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

保険料のアップが不安でしたら、やはりアップしない内容にはいるべきだと思います。
中途半端に100万円の終身保険なら、必要ないと思います。お考えのように定期保険(掛け捨ての死亡保障)と終身保障の医療保険でよいと思います。
オリックスダイレクトが20年で、お子様が21歳になれば、もう死亡保障は必要ないというお考えならそれでよいと思います。ただ、実際ご主人50歳という働き盛りに保険が切れると、その時に不安をもたれることがおおいにありえますので、60歳くらいの設定もご検討下さい。
本当に必要なくなれば解約や減額していきましょう。
減らすのは簡単です。が途中で増やすのは、保険料・健康状態をかんがえると結構大変です。
60歳までの設定では、50歳より当然保険料は少し高くなりますが、50歳で解約すると、50歳の設定より多く払った分くらいは解約金が返ってくると思いますので、50歳で解約してもトータルではムダにはなりません。少し余裕をもったかけ方をお勧めします。
最後に、現在加入中の保険は解約しても良いのですが、払い済みをお勧めします。
解約・払い済みどちらにしても、必ず新しい保険をきちんとかけてからそうしてください。
長くなりますので、払い済みについてわからなければまたご説明いたします。

投稿日時 - 2005-04-04 00:05:41

補足

アドバイスありがとうございます。
私なりに色々勉強したつもりでしたが、まだまだでした。
掛け捨ての定期保険、30年の60才までで検討します。
「払い済み」という言葉は聞いた事がありましたが、いまいち意味がわかりません。詳しい説明をお願いします。

投稿日時 - 2005-04-04 10:08:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

こんにちは。

まず、既契約の終身100万円を残すか全部解約するか・・・ということですが、国内生保の場合契約の最低保険料とか最低保険金とかがある場合があるので確認された方が良いと思います。

私は某外資系の保険代理店を営んでいますが、参考までに提案させていただきますと

・死亡保障ー夫 終身200万円(65歳払)+ 2000万円の逓減定期(65歳まで)
・終身医療保険ー夫 日額8000円
        妻 日額5000円

終身医療保険は60歳から保険料半額に・・・

という設計で月の保険料は1万2000円弱です。
(保険料は高くなることはなく、60歳以降減っていきます)

これで「もう少し保障が欲しい」と言うことであれば、現役世代のみの保障を補填する意味で「県民共済」なども考慮に入れてもよいと思います。
(地域によって保障内容などが違うようですが・・・)

ちなみに
「逓減定期」とは年々保障額が少しずつ減ってくる定期保険です。
通常の「定期保険」よりも保険料が少なくて済みます。

あとNO.1のかたが言っていた「払い済み」とは簡単に言うと「解約はせずに保険料の払込だけは終わりにしてその時点での解約返戻金を元に買えるだけの保障を買う」方法です。(割り込んですいません)

例えば1000万円の終身に入っていたが10年後に(保険料を)払い済みにしたら200万円の終身が買えた。

というような感じです。

ただ質問者様の場合は元が100万円の終身なので、払い済みはちょっと無理なのでは・・・?
と、思います。
その辺は保険会社に確認してみて下さい。

投稿日時 - 2005-04-04 16:50:20

お礼

とても分かりやすい説明ありがとうございます。
払い済みの意味、よく分かりました。
調べた結果、住友生命は終身が500万円以上でなければ払い済みにはできないようです。
したがって、解約ということになります。
fmarieさんの参考プランで60才から保険料半額も魅力的でした。「逓減定期」も気になるので、早速資料請求してみます。

投稿日時 - 2005-04-04 17:21:11

あなたにオススメの質問