こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

(長文)会計士試験断念から国税専門官を目指すことについて

私は現在25歳(女)で派遣で経理の仕事をしております。
大卒後、証券会社に入社しましたが、業務を行っていくうちに会社や税金についてのスペシャリストになりたいと思い公認会計士になるために退職しました。

その後、無職で貯金を切り崩しながら会計士の勉強を1年半ほどしていましたが、試験は不合格。
生活費が底を尽きたため仕方なく派遣で働き始めました。

仕事をしながらも勉強できると思っておりましたが、やはり両立させるのは大変でなかなか勉強できず、また長引けば長引くほどモチベーションは下がり、でも将来への不安は募るという状態が続いておりました。

年齢も考えると、正社員として就職できるのもだんだんと難しくなってくるだろうと思い、会計士試験をあきらめることにいたしました。

しかし、2年以上も勉強してきた簿記や商法などの知識は無駄にしたくはなく、できればそれを生かした仕事に就きたいと考えいろいろ調べたところ、国税専門官を目指すことにいたしました。

ただ、国家公務員や地方公務員に比べ国税専門官については情報が少なく、専門学校に通ってない私はわからないことが多々あります。

そこで教えていただきたいのは、
(1)国税専門官試験の難易度(国II、地上に比べた)は?
(2)会計士の科目である簿記、財務諸表、商法、民法の基本的知識で国税専門官に太刀打ちできるか(あと2ヶ月で合格は可能か)?
(3)高年齢や女性は採用時に不利になるのか?
(4)職歴は考慮されるのか?
ということです。

どうぞ教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2005-04-08 00:52:18

QNo.1318191

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答にはならないかもしれませんが、2つほど・・・。

まず「会社や税金のスペシャリスト」という点ですが、簿記、財表の学習経験があり、まだこの目標をお持ちであれば「税理士」もあると思います。特に、会計事務所や税理士法人といったところでは、科目合格者(簿記1級のみの場合も)を採用するケースも多く、正社員として働きながら学習もできる魅力はあります。実際に、私の知人にも何名かこのような立場の方がいます。こういった選択肢はないのでしょうか?

2つめは、たいした情報ではありませんが、同じくらいの年齢の女性(これも知人)が国税専門官に受かりました。特に年齢にこだわらずとも良いと思います。また、試験ですが、人事院より試験科目をご覧になればどのような対策をすべきかはわかると思います。特に会計学と民法、商法は会計士試験の方がレベルが高い(難しい)のでその点は良いと思いますが、教養試験と専門試験の他の科目についてはやはりきちんとした対策が必要でしょう。

以上の情報提供となります。少しでも参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2005-04-08 10:23:11

お礼

ご回答どうもありがとうございます。
税理士科目合格で会計事務所で働くのもいいですね☆

ただ、国税専門官はあと2回しか受けれないので、その残り少ないチャンスを生かしたいと思っております。

どうやら国税専門官になると職種にもよるそうですが10年から15年で税理士の税法(23年ほどで全科目)が免除になるそうなのでそれもとても魅力だと思い、勉強を始めました。

また、国税専門官といえども公務員試験なのでおっしゃるとおり勉強を始めたばかりですがやはり教養試験、専門試験に戸惑っております。
もちろんやるからには絶対合格する気で頑張りたいと思っております。

それにしても同じ年くらいの女性が受かったというのはとても励みになります。
年齢などは気にせず試験合格まで勉強に集中して頑張ろうと思います。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-09 01:26:14

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問