こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車同士の事故で相手に怪我をさせた

 自転車で私が右側を走行し、交差点で右側から、自転車が来たのが見えたので、あわてて足とブレーキで自転車を止め、相手の方がよけてくれるのを待っていたら、ブレーキをかけながら私のほうによってきて、私の自転車の前輪にぶつかり、反対側に身体から転倒しました。
 起き上がれず、通りがかった方が救急車と警察を呼び、相手の方は病院へ、私は現場検証をしました。
 現場検証終了後、病院に行ったら、股関節骨折と足首の骨折でした。
 「私は保険に入っていないのですが、今後のことはどうしましょうか?」と聞いたら「保険に入っているから大丈夫。気にしなくていい」と言ってくれたのですが、息子さんが弁護士だそうで、今後、相手から損害賠償、治療費の要求とかしてくるのでしょうか?
 入院代などすべて払うとなるとそれなりの金額になると思いますし、借金をしないと払えないのですが、どうしたらいいのでしょうか?

投稿日時 - 2005-04-10 20:45:00

QNo.1323211

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も自転車同士の事故で相手に大怪我をさせてしまった経験があります。自転車には保険がないので、大変ですね。お気持ちよく分かります。
まず、保険ですが、あなたは家に火災保険(共済ではない)または、ご自分に対すて損害保険に加入はしていませんか?
どちらかに加入していれば、使える可能性が多いです。

いずれにしても、相手がなにか要求することを考慮にいれて、地域の役所(市や区)には大抵、交通事故相談があり、加害者でも、事故の総じた相談ができます。
こういった場所の専門家に相談して、まずは事故の対処について正しい知識を身につけてはいかがですか?

あくまでも、参考として聞いていただきたいのですが、事故の状況を見ると、あなたは相手のを確認して、自転車を止めて、よけるの待っていた事から考えると、相手側の過失が大きくあるように思えます。
(しかも相手もこの状況を認めていたら。)
ただし自転車同士の過失割合は、車のように定型的に決まったものはありません。参考にはできますが、あくまで、相手との交渉になります。
もちろんその上で相手への誠意はわすれないことです。むろんあなたが悪くなくても、求償の可能性がありますので。

投稿日時 - 2005-04-11 03:00:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

これもあくまで、アドバイスですが、自転車に明確な過失割合を示すものはありません。
おそらく自動車の過失割合を参照にします。
基本的には、自転車も左側通行ですので、そこにあなたの過失はあるかもしれません。
ただし、あなたは止まっていたので、基本は相手がよけられる事象であるか、それともよけられない事象であるかが、過失割合の焦点になると思われます。
それから考えるとやはり過失割合は低いと思います。ただ、相手も言い分があるとおもいますので、その計算も入れておいてください。
ただ、相手の方も現在入院して苦しんでいるのだから、それはそれで相手の事も考えて言葉を選んでくださいね。ここで誠意が伝わらないと、あとあと辛いことになります。(既にそうして、おられるようですね・・・。)

事前に出来る限り情報収集(刑事責任の罰金(これは過失割合と関係ない)、過失割合、コスト計算)に勤め、相手に誠意を持って、公平な話会いができる準備を怠らないようにしてくださいね。
相手が、完治、または症状固定になるまで、時間がかかります。その前に相手が示談が言ってくる場合もあります。そのときには自分の中でコスト比較ができるように常に計算をしておき、交渉することです。
裁判は、何しろ高額になります。最低でも調停で話をつけた方が好ましいと思います。できれば、示談の段階で決着つける方がお互いのためになると思います。
お見舞い等時間的にも、そして精神的にも大変と思いますが、頑張ってください。

投稿日時 - 2005-05-02 00:03:41

お礼

そうですね。私も穏便に話し合いで解決したいと思っています。相手の方も「治療費の半分を出して欲しい」と今の所は言っているだけなので、提示された金額を支払うつもりではいます。
 刑事責任の罰金までは言ってこないと思います。とにかく治療費を負担して欲しいだけのようです。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-02 10:03:25

ANo.6

自転車事故経験者として気になりますので、
再度アドバイスします。
おそらく金額は後遺症、治療費を含めても馬鹿にならないと思います。ですので慎重に事を運んで解らないことは専門家(相談所、知り合いの保険屋、もしくは弁護士)に常に聞いていくことが必要です。
相手が健康保険を使っていても、交通事故の場合には、場合によっては、健康保険でもあなたに、治療費を国から第3者行為として求償されることがあります。
(国民保険は病院によっては手続きが面倒なのでしない場合が多いですが、僕の場合は相手が労災保険を使用していたので労災から求償され現在、相手と労災に支払っています。)
ただし、保険を使用することが相手にとっても、あなたにとっても正確な金額がわかるし、後遺症障害の等級も別の医師による検査により正しくわかるというメリットがあります。
また示談はあくまでも民事になるので、お互い同士の話会いから始まります。
それでまとまらないときは、調停。それでもダメなときには裁判となります。
おっしゃるとおり、示談が始まるのは完治、症状固定のときなので、そうなるまでお金に関する約束はしないほうがいいと思います。
ただ、話合う用意はあることを十分に伝えて誠意があることを十分に伝えてください。非常に微妙で大変なことですが。
事故については刑事責任についても、あまたに入れておいてください。これは相手が直ってから警察に呼び出され、告訴するか確認されます。告訴されるとあなたは罰金になります。(約50万。相手の出方で、罰金を支払うか、罰金を出す金をあなたに廻したいとお願いして告訴を取り下げてもらうかの交渉が必要です。わたしの場合は後者でした。)
事故の現場検証結果は、告訴される、されないに関わらず、送検された後は、当事者は地検で確認し、コピーを取ることもできます。
(告訴の内容により、閲覧、コピーは制限されますので。私は告訴を取り下げてもらったので、地検では現場検証結果のみコピーでき、お互いの事情聴取は閲覧できませんでした。)
世の中には、加害者に関する本はありません。被害者がよりお金を取るための本が沢山でていますが、逆に勉強しておくことをお勧めします。
また参考のために、以下のURLでもいろいろ聞くこと、調べることができますので、参考にしてください。
いろいろ辛いと思いますが頑張ってください。

参考URL:http://www.jiko110.com/

投稿日時 - 2005-04-30 13:09:31

お礼

度々、ありがとうございます。相手の息子さんが地方の弁護士で、電話で「お見舞いに頻繁に来て、誠意を見せて欲しい」と言われ、1週間に1度位行ってます。
 今は、とにかく誠意を見せ、相手の言うとおりにしています。
 今の時点では、かかった治療費の半額を出して欲しい。生命保険についている医療保険と老人保健を使う予定だと言ってます。
 しかし、止まったところにぶつかってきて、足も付かずに勝手に倒れたので、もし、歩行者が飛び出してきても同じことが起こったと思うし、私の過失割合は低いと思ってます。
 警察及び、相手の方も私が右側通行をしていなければ事故は起こらなかったと言ってます。確かに驚かせてしまったことは謝ります。しかし、7歳の子供でさえ、よけられる、事故を回避できる状況で勝手に倒れたとしか私には思えません。もし、裁判沙汰になったとしたら、ちゃんとこっちも弁護士をたてて争いたいと思ってます。
 アドバイス、ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-05-01 22:31:15

ANo.5

NO2ですが、NO1の方申し訳ございませんでした。
揚げ足をとったような書き方になったことに謝ります。ごめんなさい。

ここでは、Tomato55さんが一番困っています。
わたしも実際に起きたことがあるので、最初はかなり不安に思っているとおもいます。

tomato55さん、なにしろ早いうちに交通事故相談にいくことをお勧めします。

投稿日時 - 2005-04-11 08:19:47

補足

 事故を起こした当日に、菓子折りを持って、病院に行きました。
 まだ、痛みが取れていないと思うので、落ち着いた頃、お見舞いには行こうと思います。 
 調べた結果、私自身の保険は入っていなくて、使える保険がないのです。

 交通事故相談は、市役所のそういった窓口があるのか調べてみます。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-12 10:07:33

お礼

完治してから、金銭的な交渉をすることに話し合いで決めました。相手の方は「私にも過失がある。治療費の半額を出して欲しい」と言ってます。私としてはそんなに出す必要はないと思ってます。言いたい事はたくさんあるのですが、「定期的にお見舞いに来てください」と相手の方から言われてしまったので、今は何も言わず、交渉の時にちゃんと言うつもりです。

 ありがとう御座いました。

投稿日時 - 2005-04-25 09:28:55

ANo.4

No.1 です。補足させていただきます。

> NO1さんの意見を否定するわけではありませんが、お見舞金を持っていくと、相手は示談金と勘違いして怒る場合があります。
【中略】
> 正しい知識により、きちっと話し合っていく誠意を見せる事が必要だとおもいます。

No.3 で、上記のように仰っていますが、“見舞金もいくらか包んだほうが良い”というのは、断定しているのではありませんので、誤解の無いように願います。あくまでも、“状況に応じて判断した上で”ということで、一例を挙げたまでです。見舞品でも良いですし、不要と思えばしなくても良いと思います。

P.S.
“NO1さんの意見を否定するわけではありませんが”と仰っていますが、十分否定されています。しかも、“正しい知識により”と私が誤った知識を与えているかのように仰るのはいかがかと思います。言葉足らずなところがあったかも知れませんが、揚げ足を取るのは止めていただきたいです。 (--#

投稿日時 - 2005-04-11 07:13:47

補足

 お見舞金の問題は私も相手の息子さんが言ってくるまでは、差し控えようと思っています。
 相手方も完治してからでないと何も言えないと思っているのではないでしょうか?
 後遺症が残った場合とかいろいろ違ってくると思うので。
 事故を起こした当日、病院にお菓子折りを持って、行きましたが、痛みが落ち着いた頃またお見舞いに頻繁に行こうと思います。
 ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-12 10:14:42

お礼

 完治してから、金銭的な交渉をすることにしました。
 相手の方は「私にも過失があるので、治療費の半額を出して欲しい。定期的に見舞いに来て欲しい」と言ってます。
 私としては主人とも相談したのですが、半額も出す必要はないと思ってます。でもお見舞いに定期的に行かなくてはいけないので、今は何も言わず、交渉の時に言いたいとこを言う予定です。

 ありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-25 09:34:03

ANo.3

NO2です。
さいごに誠意を忘れずにと書きましたが、誠意はあくまでお金ではありません。
お金も一つの手段ではありますが。
NO1さんの意見を否定するわけではありませんが、お見舞金を持っていくと、相手は示談金と勘違いして怒る場合があります。
とくに弁護士さんが息子にいるということになれば気をつけなければなりません。
また相手が悪い人の場合には金を引き出せる人と思われてしまいます。
手ぶらで寂しいと思うのでしたらお見舞いは通常のお見舞い物にしたほうがいいと思います。

正しい知識により、きちっと話し合っていく誠意を見せる事が必要だとおもいます。

また、基本的に示談が始めるのは、病状が完治または、症状固定となった時ですので、それ以前に相手がお金等を求めてきたときには、やはり地域の交通事故相談所に相談してみて対処したがよろしいと思います。
また、症状が完治、固定した時に相手から突然、求償してくる場合もあります。
そのときのためにも、自分で正しい知識を身につけ勉強していくことがポイントとなります。

投稿日時 - 2005-04-11 03:18:27

ANo.1

既に実行されていると思いますが、まずは誠意を持って対応することが大切と思います。

定期的に見舞いに行ったほうが良いと思いますし、見舞金もいくらか包んだほうが良いかも知れません。

質問内容からは詳しいことは分かりませんが、車両は左側通行となっており、自転車も例外ではありませんので、貴方には過失があると思います。しかし、交差点では徐行運転となっていますので、止まれないでぶつかった相手にも過失はあると思います。(もし、ぶつかったのが歩行者であれば、相手の方が加害者になっていたでしょう)

ですから、仮に賠償請求されるようなことがあったとしても、100%にはならないと思います。(警察による現場検証がきちんと行われたようですので、ややこしいことにはなりにくいと思います)

今のところ、相手は自分の医療保険(?)で賄って、貴方には請求するつもりは無いようですので、何とかなるのではないかと思います。

投稿日時 - 2005-04-10 22:18:53

あなたにオススメの質問