こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仮面ライダーアギトを漢字で書くと

仮面ライダークウガの『クウガ』を漢字で書くと、たしか『空我』と当て字されていたように記憶してます(最終話かその一話前ぐらいのタイトルになってたような・・・)。
仮面ライダーアギトの『アギト』は当て字の漢字はあるのでしょうか?

投稿日時 - 2005-04-13 11:21:20

QNo.1328268

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

アギトの公式な漢字表記はありません。

クウガに続いてアギトが制作される時に、
名前の語源として日本語(古語)の「顎門(あぎと)」と、
ラテン語の「AGITO」が用いられて、
「アギト」に決定したという事です。
(そういう意味では、「顎門」でも間違いではないですね。)

日本語の「顎門」は、
アゴを意味していて、肉体の一部分というより、
”噛み砕く”みたいなイメージだそうです。
どっちかというと、ギルスみたいですが、
このイメージはアギトの角に反映されているらしい。

ラテン語の「AGITO」は、
「止まっているものを動かす」「目覚めさせる」という意味で、
番組のテーマに合っているとのこと。
予告で使われたフレーズ『目覚めよ!その魂!』は、
ここから来ていると思われます。

あと、アギトは英語表記すると、「AGITΩ」とされます。
これはΑ(アルファ)からΩ(オメガ)までという意味も含まれ、
”はじまり”と”おわり”を指しています。

これらをひっくるめて、「アギト」という言葉が作られたという事で、
製作者の作品への想いの深さが感じられますね。

一応、テレビ朝日の公式サイトには、
↑の様な事が書いてあったと記憶していますので、
間違いないと思います。



ちなみに「空我」は第48話、第49話(最終回)は「雄介」でした。
「空我」は、クウガそのものを指すとともに、
エンディングテーマの「青空になる」にもかかっていて、
これまた奥深かったりします。

投稿日時 - 2005-04-13 18:13:00

お礼

詳しい解説ありがとうございました。
すっごい奥深いですね。
アギトもクウガもそういう奥深いところが、ただの子供番組と一線を画していて、面白かったんですよね。
毎週日曜日早起きして楽しみに見ていたのを思い出しました。
放送から年数が経っているにも拘わらず詳しく説明して下さってありがとうございました。

投稿日時 - 2005-04-14 11:37:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

#1です。

#1のURLのno.130には、「顎門」と書かれていますね。
こちらの方が当て字としては正しい?のかも。


因みにクワガは、「空我」でいいみたいですよ(^^)
                                 

投稿日時 - 2005-04-13 11:36:16

お礼

早速の回答ありがとうございました。
添付のサイトも興味深く拝見させていただきました。
放送から年数が経っているので、公式な情報での確認はもう難しいみたいですね。
(テレビ朝日のサイトは閉鎖されているようですし、東映のサイトでは私の問いに関する情報はなかったです。)
もし公式な情報をご存知でしたら、教えて下さい。
引き続きよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2005-04-13 16:21:25

ANo.1

こんにちは。

アギトは漢字で書くと「顎」(あご)と当て字にされているようです。

下記URLの(no.131)を参考に。
              

参考URL:http://www.bellcity.ne.jp/~wild7/bbs/tokusatsu_bbs/tnote.cgi?book=agito_bbs

投稿日時 - 2005-04-13 11:29:41

あなたにオススメの質問